猫の日に野良時代の僕を思い出そう。

2011/02/22 Tue

IMG_3254_convert_20110222175759.jpg


「ママ~、今日は『猫の日』なんだって、ふふんふふん

そうそう、今日はニャンニャンニャン222で猫の日なんだってね。
でもしろちゃんは、お誕生日、バレンタインデーと続けざまにお祝いをしたので、今日は何もありませんよ。

「ガッカリだな~

そんなことより猫の日くらい、お外の気の毒な野良猫ちゃんのことを考えてごらんなさい。



無いと思っていた野良猫時代~外猫時代のしろちゃんの、旧型コンデジカメラの写真が、一部出てきた。
私にはかなり衝撃的で大事な写真なので、チビチビと出し惜しみすることにする。

しろちゃんは、私を見つけて、私にママになってもらいたくて、前の家のお庭に通ってきていた。
遠巻きに、遠慮がちに。
何でもっと早く、保護してあげられなかったのか。
公園に居た猫の話ではない。
自分の家の庭に出入りしていた猫の話なのだ!
猫ちゃんのほうから、自分を訪ねてきたとは思えなかったのか?
声は出さないが、必死に訴える猫ちゃんの気持ちが読めなかったのか?
冷たい人。
ママはいまだに後悔

暖かなお家、おいしいご飯、きれいなお水、ふかふか寝床。
そして人の優しさを、何でもっと早く、この子に与えてあげられなかったのか。
返す返すも、ママは申し訳ない気持ちでいっぱい。
今ここに、その子は愛情に包まれて居るからといって、写真の中の子は、まだそれを知らない。
そう思うと、写真を見ることが、ママは辛かったりする(泣)



白猫 002


↑ 2008年早春、来たり来なかったりする頃の、半野良しろちゃん。



IMG_1961_convert_20110222175924.jpg


↑ 4歳、今のしろちゃん。


白猫 001


↑ 半野良しろちゃん。



IMG_1870_convert_20110222180132.jpg


↑ 4歳、今のしろちゃん。



どっちが大人っぽい?
どっちが立派な猫?
どっちがどっちが…

いつも片方どちらかの目が、真っ赤。
目ヤニや涙で、ちゃんと開いてなかった。
お手手で目をこするから、左右順番に結膜炎が移っていたんだね。
寒い時期にはいつも、鼻がジュルジュルしてた。
猫風邪をひいたまま、完治することは無かったんだね。
耳は真っ黒け。
身体の毛も、汚れたグレー。
毛皮のように胸の毛がふさふさだが、外の寒さの中で冬を越すには、自然が力を貸してくれていたんだね。
1歳になるまで、野良猫さんだったんだ、しろちゃんは。


白猫 009


↑ 半野良しろちゃん。


それでも地面にじかにではなくて、物干し台のコンクリートや捨て置かれたブロックの上に座ってた。
………
しろちゃんらしい。
こんな頃から、しろちゃんらしい。

たたずむ姿もそろえた両手も大人しく待つその性格も、しろちゃんだ。
当たり前、しろちゃんだもの。

庭に、私達にとってこの世でたった1匹の猫が、幸せという宝物を両手いっぱいに抱えて、座ってたんだ。
そのことに気づかなかったのは、優しさを忘れてたその頃のママやしろパパさんなんだ。
愛されると、猫ちゃんは姿形まで変わるんだねと、思う。
でもしろちゃんは、自分の姿形を変えたくて、来たんじゃない。
ただ単に、「幸せ」と書いた宝物の箱を、猫の神様から預かってきただけ。

「目には見えない箱だけど、君に優しさを差し出してくれた人の胸に、そっと渡すんだ」
猫の神様はきっとそう言ったんだと、今の私は自信を持って思ってる。


IMG_2919_convert_20110222183505.jpg


「ママ、僕は少し悲しいことを思い出したよ。
どこにも行かないで、僕を捨てないでね


悲しい写真を見せてごめんね。
でもこれも、しろちゃんの生きてきた大切な証。
しろちゃんこそ、どこにも行かないで!
ママを捨てないでね


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

ほぅ!
今日は猫の日なんだ~!
そんなのあったんですね~。

しろちゃんのお外時代の写真
別のねこちゃんみたい。
顔つきが全然違いますね。
やはり自分1人で生きている険しさが
ある様に感じました。

でもそれがあったからこその今のしろちゃん
なんだ!って感じました。

今日、うちのアンちゃんにミルクをあげたときの話。

私が起きて、水も飲まずに心をこめて作ったミルクを

フ~んこんなのならいらニャ~イ
ってするアンちゃん

だから、「感謝の気持ちがなさ過ぎるよ!」って
いってもわかんない猫に文句をいいました

このように苦労を知らないとありがたみが
感じられない不幸があると思います。

しろちゃんは今きっと
苦労知らずの猫ちゃんの何倍も、幸せをかみしめてられているんじゃないでしょうか?
それがわかるのも外猫ちゃん時代があったからこそ!

辛いことも山ほどあったかもしれないけれど
それこそが今のしろちゃんの幸せに繋がっているんだと
思わずにはいられない

ラグママなのでした(^^)

しろちゃんお家に迎えてもらってホントによかったね!

rag mamaさん、ありがと♪

あらま!
いまっときの猫飼いのお若いrag mamaが、猫の日を知らないなんて! i-278
アニマルプラネットでは、24時間猫の番組ばっかりですよ。

しろちゃんの野良時代の姿、きったないでしょ~i-282
きったないんだけど、一人自分の力をあてにして生きる強さが、厳しい顔つきに出ていて、私は敢えて掲載しました。
今よりは全然大人な、立派なしろちゃんです。
事実、怖かったですよ、その頃のしろちゃんは。
いつもピリピリしてて、野生そのものの感じがしました。

>私が起きて、水も飲まずに心をこめて作ったミルクを…
↑ rag mamaえらい!えらいぞ!!i-1
やっぱり赤ちゃん猫は、カリカリを「ほいっi-234」ってわけにはいかないものね。
かわいい時期を見られる分、ママは手間がかかるってことですね。

猫に文句、言ってもいいと思います。
文句を言うrag mamaの周波数i-5みたいなものを猫ちゃんはキャッチして、いつかは必ず気持ちは通じます。
苦労を知らないとありがたみが感じられない…ということはあるかもしれないけど、その分、人に対するトラウマがないでしょう?
かわいがられるために生まれた猫ちゃんだもの。
それでいいんですi-237
もしも、rag mamaがアンちゃんメイちゃんに出会わなくて、誰もアンちゃんメイちゃんに目を留めなかった場合のことをちょっと考えてみて!
(超かわいいから100%そんなことはないと思うけどね)
rag mamaも、二つの命を救ってるのよねi-228

しろちゃん、本当に今は24時間ママママでまとわり付いて、「うるさいi-231」って思うこともあるけど、この野良時代の写真を見ると、それも無理ないかと思えます。
絶対に失いたくないのよね、今の生活を…i-241
忙しいのに、コメントをありがとうv-22


No title

しろちゃんのお外での写真には、“ほんの少しだけ、優しさを分けてくれませんか?”
宝箱を抱えながら、そんなことを訴えかけているように感じます。

神様から預かってきた、宝物の入った宝箱を開くためには鍵が必要だったのです。
その鍵は誰にでも与えられるものではなかった。しろちゃんが外で暮らし、
それを間近で感じなくては決して見つからなかったこと。
その為にはどうしても時間が必要だったのでしょう。

そして、
> 「目には見えない箱だけど、君に優しさを差し出してくれた人の胸に、そっと渡すんだ」
しろちゃんの持っていた宝箱と優しさが出会って、初めて鍵が開いたのだと思います。
こうして、しろちゃんはおうちの子になったんですよ。
そう、神様が用意してくれた温かな場所へ。

No title

ノラちゃん時代のしろちゃんと今にしろちゃん顔が違いますねぇ。
なんだか泣けてきちゃいます。
しろちゃんkakoboxさんに会えて良かったですねぇ。

パンちゃんも顔が違います。汚い子でした。


つくね♂さん、ありがと♪

しろちゃんの野良時代って、やはり今とはだいぶ違いますよね。
言いかたが失礼ですが、野良猫さんの持つ、きつい険しい表情をしています。
でも確かに訴えかけているような表情で、今見ても胸がキューンとします。

鍵を開けるための時間が必要だったとは、私の気持ちが楽になるようなことを言っていただけて、ありがたいですi-228
どうしてあの時早く…夢にまで見るような後悔の気持ちがありますから。

神様が用意してくれた温かな場所…その神様の期待を裏切らないようにしなければ…特別なことはできないけど、一緒に眠る夜が穏やかに続くよう、自分にできることは精一杯してあげるつもりです。

つくね♂さんにはかなわないかな~i-229
愛情には自信があっても、病院さえ一人で連れていけない私ですから(笑)
つくねちゃんはセカンドオピニオンで古い骨折の痕が確定したようですが、つくねちゃんの現在の元気さが何より大事な宝物なのでは?

ステキなコメント、ありがとうございますv-22

ビクママ、ありがと♪

野良時代のしろちゃん、きつい厳しい顔でしょう?
野良猫ちゃんって、こんなお顔をした子が多いですよね。
生半可なことでは、お外では生きていけないという何よりの証拠。
そう思うと、私も写真の子に泣けてくるんです。

>パンちゃんも顔が違います。汚い子でした。
↑ うんうん、そうでしょうとも。
小さいなりに、必死でご飯を食べようとしてたのに、のけ者にされてたんですから、パンちゃんの受けた悲しみも深い。
今、どんなに甘やかし過ぎても、過ぎるということはないと思います。
優しいビク兄ちゃんもビクママも、パンちゃんが自分で見つけた家族なんですよ!
きっとそうなんですv-22




プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック