キャットタワー考、物が幸せにするんじゃない。

2011/02/20 Sun

IMG_0574_convert_20110101083839.jpg


既出画像だが、今日のテーマがキャットタワー考ということで、リピ。


茅ヶ崎に嫁いだ大親友が我が家に遊びに来るたび、キャットタワーのことを「猫の遊び台」と言う。
「キャットタワーって言うのよ」とは私も訂正しない。
「猫の遊び台」、いいじゃないか!
キャットタワーより、ずっとリアリティがある。

今日は、しろちゃんのキャットタワーを紹介しよう。
キャットタワー購入を検討されてる方の参考にでもなれば幸い。

前の一戸建ての家からマンションに引っ越すにあたり、しろちゃんには、精神的に迷惑をかけたと思っている。
(実は、私のミスで引越しの当日1日だけ外に出してしまい、肉体的にも迷惑をかけちゃった。
別枠で記事にします。)
私達大人二人は当然ながら、引越しをずいぶん前から知っており、なぜするのか、引越しとはどういうものかを知っている。
猫ちゃんは、いずれの理由も知るはずも無い。
ある日突然、見知らぬ人が大勢やってきて、大好きなお家の中から家具が運び出され、がらんどうになり、自分もそこから運びだされ、二度とそこには帰れなくなるのだ。
人でたとえれば、感じる違和感は拉致のようなものかもしれない。
拉致と違うのは、愛する家族がそばに居るということだけで…。



IMG_0561_convert_20110219180134.jpg


「僕のキャットタワー、茅ヶ崎のおばちゃんに言わせると遊び台だね
柱に巻きつけている腕に、しろちゃんの所有のうれしさを感じるのはママだけかな。



それに、しろちゃんは前のお家の周囲で生まれ育っている。
前の家のお庭から、窓越しにママを見つけ、ママになってもらいに毎日やってきた。
雨の日も風の日も雪の日も雷の夜も、お庭に姿を現した。
大人の事情があるとはいえ、そんな家から離れてしまうことは、しろちゃんにとって、どれほど悲しいことだろう
もし仮に、次の家がお城や御殿であっても、しろちゃんにとっては前の家が最上の自分のお家。
ましてや今度はマンションで、土の匂いも草の匂いもはるか下に遠く、他の猫に網戸ごしに出会うなんてことは皆無。
しろちゃんの心中を考えただけで、泣けてくるママなのであった

前のお家でしろちゃんは、キャットタワーを持ってなかった。
2階への階段があったから、登り降りだけには不自由していなかったと思う。

新しいお家に移ったら、そこのリビングにキャットタワーを設置しておいてあげよう。
見上げるような大きなキャットタワーを…。
そしてその周囲に、目新しいオモチャを並べておこう。
「何だこんなお家、僕のお家じゃないぞ」と、しろちゃんが叫ぶその前に、びっくりさせてあげようじゃないか。
遊園地に来たような、楽しい気分にさせてあげようじゃないか。


IMG_0562_convert_20110220175603.jpg


「きゃ~楽しいよ~ママ~


ママは3ヶ月くらいかかって、ネットでキャットタワーを探した。
安いオモチャと違って、「使わなかったからそれまでのこと」というわけにもいかない。
買えばいいというものではない。
大きければ大きいだけいいというものでもない。
付属のハウスや椅子などの大きさも、考慮しなければならない。
天井ツッパリ型か自立型か、ハイタワーかミドルタワーかロータワーか、ハウスか椅子か…。
愛しい一人息子の遊ぶ姿を想像しつつ、ママの悩みは尽きることなく続いた。
購入した方のレビューをどれほど見たことか!
しかし、どれほど見ても意見は違っている。
当たり前だが、要は猫ちゃんの個性次第ということだ。
猫ちゃんの個性に見合ったタワーを買った人は満足し、個性に見合わなかったものを買ってしまった人はクレームを残す。
国産でなければ嫌という人もいれば、アメリカ製でも国産でも、製造はみな中国なのだから同じことなのだと書いている人もいる。

メーカー自体は、日本メーカー、アメリカメーカー、この2種類が大手だが、製造はどちらもほとんど中国。
純粋に国内で手作り生産というものもあった。
まるで、高級家具のよう。
キャットタワーの柱は、ほとんどのものが爪とぎを兼ねている。
その爪とぎは、麻縄か綿縄であり、柱に爪とぎの生地を巻きつけるタイプのものもあった。



IMG_0575_convert_20110204165651.jpg


「今日は、大木の上から、ライオンさんを脅かしてやろうかな
うそばっかり、アニマルプラネットでライオンさんの声を聞いただけで、しろちゃん、腰が引けてるよ


引越しとあって他にしなくてはいけないことが山のようにあるのに、私はどうしてこんなことに時間を費やすの?
ふとしろちゃんを振り返ると、遊んでかじってほとんど毛もなくなって、筒ではなく平面になってしまった猫じゃらしを、大事そうに両手に抱えて仰向けになっている。
しろちゃんに、初めて買ってあげたオモチャがこの猫じゃらし。
寒い冬や暑い夏の、ママとしろちゃんの一歩一歩の歩みが、この猫じゃらしには刻まれている。
オーソドックスな古典的猫じゃらしが、たくさんの生き物となって、しろちゃんの遊びの中に登場したよね。

決まった。
オーソドックスな古典的キャットタワーにしよう。
つまりは、フツーのキャットタワーだ。
しろちゃんの度肝を抜くようなものではない。
が、しかし、キャットタワーがしろちゃんを遊ばせてくれるわけではない。
しろちゃんが、キャットタワーで遊ぶのだ。
シンプルであればこそ、想像力も沸き、使い方も考えるということになるだろう。
私が子供だったとき、木製の積み木が一番のお気に入りのオモチャだったように。


IMG_2993_convert_20110205163650.jpg


これだ。


柄は選択肢がなく、若干派手目だが、この一見ビビッドなドット柄が、思いのほか部屋に溶け込むから不思議。
生成りの色やベージュでは、白猫のしろちゃんがどこに居るのか、咄嗟にはわからなくなるので、ちょうどよかった。

選択ポイント(あくまでもしろちゃんの場合。
※ミドルタワー……カーテンレールの上に上がるほどには、しろちゃんは高い場所に行かない。
※自立型……天井ツッパリ型より設置が簡単だし、床を滑らせて、女性の力でも位置を移動できる。
※椅子が最上階についているもの……中途階にハウスの付いたものでも良かったのだが、しろちゃんの動きは時に過激なので、ハウスの入り口の穴に首吊りしかねない。
※階段状に上がってゆける5階建てのもの……垂直に立ち上がるタイプのものが多いが、柱に爪をかけて登り、飛び降りることを想像すると、頭打ちが心配。
また、階段状の形状が、無くなった階段の代わりを果たすだろう。
※その階段の一段一段が、香箱座りできる大きさであること…キャットタワーを窓辺において、上段に香箱座りしたままで、大好きなお外の景色を心行くまで眺めてほしい。
※柱以外のすべての部分に、フリース生地が縫い付けてあること……別にフリース生地でなくてもよいのだが、ひんやりとした感覚を嫌う猫ちゃんには、温もりのある生地で覆われていることが心地よい。
布で覆ってあることで、猫ちゃんの身体が不用意に滑らない。
※綿の縄で柱を巻いてあるもの……麻縄は女性の手には手ごわい、ということは、猫ちゃんの柔らかな肉球にも麻の繊維は刺さることがあるだろう。


IMG_0570_convert_20110219180206.jpg


「僕、結構大事に使ってるでしょ?



あくまでも私の個人的意見だが、キャットタワーは、無くても良いものであると思っている。
住宅事情などにより設置できなくても、嘆くべからず!
愛しんで一緒に暮らすあなたがいれば、猫ちゃんはそれだけで幸せなのである。
百のオモチャを持っていても、人に愛されないままお家の中に居る猫ちゃんは、虐待されているのと同じこと。

キャットタワーがあれば、猫ちゃんは、自分だけのとまり木のように使う。
自分だけのとまり木…そうママは、どんなにそうしてあげたくても一緒に登ることはできないからね。
あっても無くても良いものだと思う。
本来は、家具や階段を移動して遊ぶのが猫だろう。
キャットタワーが必要なお家は、ちょっと寂しいお家なのかもしれない。


IMG_0560_convert_20110219180243.jpg


「今は大事なの、しろちゃんにって買ってもらったものは、みんな大事なの

身一つで、何の持ち物も持たずに外を生きてきたしろちゃんならではの、大事論です


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

家は小さいキャットタワーがあります。もっと大きいのが欲しいと思っています。マンションの窓から鳥を眺めて「きゃきゃ!」と言っているからので天井まである高いタワーを希望しています。
背の高いタンスがないので高い所に登りたいかなぁ?と思います。

しろちゃんのタワー凄く素敵ですよ(^^)vしろちゃんに合ってる(^^)v

パンちゃんもタワーが好きで良く遊んでいます。
パンがいないと思うとタワーの小屋に入って寝ています(笑)ビクは小屋には入れないので・・・
パンちゃん専用の小屋ですよ(^^)v

No title

誤字があります(・_・;)すみません<m(__)m>

ビクママ、ありがと♪

大きいキャットタワーを欲しいと思ってらっしゃるんですって!
猫ちゃんが鳥を見つけて「きゃきゃ!」という様子は、かわいいですもんね~♪
我が家のは天井まではない160センチ程度のものですけど、窓の外が見れて、お空が見れて、鳥さんが見れます。
腫れた日の午後には、陽だまりになるので、お日様を浴びて日光浴する絶好の場所になってます。
しろちゃんの場合、一番上の椅子のところには、登りません。
慎重派だからかしら。

タワー、しろちゃんに合ってますか?
うれしいな、迷った甲斐があります。
柄の選択肢がこれしかなかったんですけどね(笑)

タワーの小屋に入れないのは、ビクちゃんが大きいからなのかな?
猫ちゃんを喜ばせたくて買う買い物は、私達自身が本当は一番うれしいんですよね~♪
キャットタワーを買った際には、是非ブログにアップしてください。
それから、URLの欄には、ビクママのブログアドレスを記入しておくといいですよ♪(^。^)


これで良いのかなぁ???

まだブログ初心者なので、いろいろ教えてください。
よろしくお願いします。

ビクママ、O.K.です。

そうそう、それで大丈夫。
そうしておけば、コメントを見た他の方も、ビクママのブログに簡単に飛べるじゃない♪
そうやって猫の輪を、広げていくのは楽しいじゃないi-236
私でわかることならご遠慮なくね~v-22

ありがとう。

また教えてv-238

頼りにしていますv-222
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック