なめこ足が治ったら今度はハゲ?今日も元気な不思議なしろちゃん。

2017/06/18 Sun

DSC_3311b_convert_20170617160752.jpg

「みなさん、こんにちはなのです。
おとといは大きなカミナリさんがどんどん来たのです。
こわかったのです。
カタツムリさんがお家に来る前に、夏になっちゃったのかなって思いました。
いつも僕にご心配ありがとうございますなのです。」

in 酸素ハウス


一昨日の夕方には都内に雷雨があった。
雷雨のあとは、梅雨が明けたかの如く、青空が見えるサラサラしたお天気だった。
紫陽花の開花も遅かったし、ギボウシなどこの時期に咲くお花もまださいていない。
今年の水事情が心配になる。


DSC_4978_convert_20170617160205.jpg

夏の暑さそのもの、ノウゼンカズラ
背丈くらいの樹木。

DSC_4650a_convert_20170617160305.jpg

1㎝未満の土の上のかわいい金平糖、ヒメイワダレソウ
グランドカバーとして至るところにある。

DSC_4826a_convert_20170617160221.jpg

遠くからでもその香りでわかるクチナシの八重



。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。

いつもしろちゃんとしろちゃんママに、優しいお気持ち、励まし、応援、ご心配ありがとうございます。
感謝しております。
またこのところは、更新が不定期になってしまい、訪問してくださった方、すみません。
お蔭様でしろちゃんは、8日以降、心臓発作を起こすこともなく、血栓症を起こすこともなく、過ごすことができました。
お手々のcも、確実にであったようで回復しました。
15日木曜日から急激に元気になり、体調③~④、時に⑤でした。
今日のところは③。
若干昨日よりは下り気味です。
先一昨日など、このところ二度と戻れないのじゃないかなと思っていたレベルの元気さで、うれしいのなんの。
なんだ、しろちゃん、こんな元気を隠していたんだね?と、話しかければニャーニャーニャンニャン。
何を問いかけても笑顔で答えてくれる、明るいしろちゃん復活でした。
こんな日を一日でも多く過ごさせたい。
こんな日には、何をしたっていいことにする。
このように願う結果、とてもわがままなしろちゃんのできあがりです。

酸素ハウスに入っている写真ばかりですが、入っても一日二回30分。
酸素ハウスに入ってるしろちゃんはカメラを避けない、写真が増えるということです。

しろちゃんの体調の目安表を常に付けておきます。
①心臓発作が今にも起きそうな危機一髪な状態。
②鬱々として怠そうにグッタリしている時。
またはちょっと動くと心臓バクバクな時。
③病気の猫として普通の時
④元気な時
⑤絶好調に元気な時。


。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。




DSC_4294a_convert_20170617161045.jpg

「僕は元気になったのです。
もう走ったりもできるのです。
酸素ハウスに入るのは、ほんの遊びなのです。」




「なめこ足」ですが、新しい肉球が生えたかと思ったほどの大きさ、状態だったのに、しなびたようになっていって、今はほぼ消えています。
ステロイドと抗生物質が効いたことは確かでしょうが、自然治癒する類いのものだったんだと思います。
しろちゃん以外に猫と暮らした経験がないしろちゃんママには、ビックリな出来事でした。
猫にたくさんのご経験のあるスコクラブののん福レオちゃんのお母さん、にゃごさん、アドバイスありがとうございました。
今のしろちゃんは抵抗力が劣っているので、何が起きてもおかしくない、最悪は悪性腫瘍とまで病院に脅かされていましたので、ほっとひと安心です。
肉球ギュムギュムギリギリは止まりません。
毎日やってます。
また肉球が生えてくる(なめこ足)のようなら、仕方なくアンリッカラーを着けてもらおうと思っています。
去年、毛づくろいがひどくなって買ったアンリッカラーですが、今のしろちゃんには重たく感じられ、よほどでないと着けられない感じです。
↓↓↓ 去年買ったアンリッカラー

アンリッカラー

猫に負担のないように考えられて設計されているものなので、たいした重量ではないのですが、面積が広いので風圧がかかるのだと思われ、しろちゃんは歩きにくそうにします。
おまけにアンリッカラーを着けたしろちゃんは、トイレに入れません。
着けたままで狭い場所に入れることが特徴のひとつなのに!




6月11日の写真、in 酸素ハウス

3KRhHZoLuCjGCf71497685264_1497685318.jpg

酸素ハウスから出てこない写真
しろちゃんママにはあり得ない光景だった。


TakSuAXhQqTRpqg1497684848_1497685239.jpg

開いた扉の向こう側で、微笑んで落ち着いちゃってるしろちゃん。
ウソーッ
ロックした扉の隙間をこじ開けてでも出てきたしろちゃんなのに!





アンリッカラーは布地に中綿でできており、猫が狭い場所でそのまま猫が進むと、しなっって身体に沿うような感じになっています。
が、しろちゃんは、進まないのです。
トイレ以外でもアンリッカラーが当たる場所では、そこでストップ。
おバカなのか~?
ドーム型トイレの入り口を入れません。
先週、ヒ~ンヒ~ンと悲し気なお声で泣いていると思ったら、アンリッカラーを着けたしろちゃんがトイレの前で立ち往生。
そのままぐいっと進めば入れちゃうから、と何度お尻を押してもダメ。
ドーム型じゃない子猫用トイレもあるのですが、どういうわけだかアンリッカラーを着けた場合に限って、こっちは使いません。
もしかすると、「お首に障害物があって進めませんのでママ取ってください。」と、わがままを言ってるだけかもしれません。
わがままなのか、それともおバカなのか。



6月11日の写真

DSC_1985a_convert_20170618114451.jpg

「夜中には、お家の中が違った世界に思えるのです。」

DSC_2030b_convert_20170618114502.jpg

「毎晩夜中に、フラフラしたいのです。」




7日から14日まで、30分をめどに、昼間に一回寝しなに一回、酸素ハウスに入る日々でした。
心臓は平穏なのですが、全身倦怠状態でグッタリなしろちゃんでした。
元気がなく、香箱組んで座っていることも辛いようで、すぐにゴロンと横倒しに身体を横たえてしまいます。
お外を観に窓辺に行ってはゴロン。
しろちゃんママのあとを付いて、寝室に来てはゴロン。
お風呂の出待ちに来ても、トイレにお迎えに来ても、その場で床にゴロン。
これはかなり切ないものがあります。
ちんまりと香箱組んで座っているのが普通と思っているので、ゴロンするなら来なくていいのに…と言いたいところ。
でも、行きたいところに行くこと、お迎えに来ることがしろちゃんにはとても大事なことであり、「自分が楽なように過ごしていてね」という親心は、かえってしろちゃんには酷なことのようです。



6月12日の写真、in 酸素ハウス

DSC_1383a_convert_20170617160436.jpg

酸素ハウスを出してほしい時のしろちゃん。
出られないものかと扉をしきりと気にします。


DSC_2304a_convert_20170617160501.jpg

「出してくださいなのです。」



ご近所獣医さんがいつも言う、「苦しませたくないは、飼い主の勝手」とは、このことかなとちらっと気づきました。
「飼い主の勝手で苦しませる」は、長い闘病のお話でよく聞く言葉ですが、ご近所獣医さんのご意見はその反対。
しろちゃんママも、獣医さんの真意を理解するまでに時間がかかりました。
「犬も猫も、その人と一緒にいることが自分の使命であり、喜びなんです。
辛そうな姿を観るに堪えないから、ベッドの中で楽に寝んねしていてね、は、犬猫にとっては、飼い主さんに差し出した愛情を拒否されたも一緒。
動くのも辛い状態ても、頑張りたいのがしろちゃんの愛情なんだから、切なくても受け止めてあげないと。」
賛否両論あることでしょうが、この獣医さんのいわんとするところは、身体的苦痛は獣医学でできるだけ取り省くけれど、取り省けないその先は本人任せということ。
かわいそうと思うのは人の身勝手であって、動物は精一杯自分の勤めを果たそうとしているということ。
動物が選ぶことを人間が受け止めてあげないと、それこそかわいそうで、人間がどう感じるかなど、二の次だということ。
賛否両論あるでしょう。
しろちゃんママも然りですが、獣医さんが言いたいのはこれなんだなと、最近は気づく瞬間が増えました。



6月12日の写真、in 酸素ハウス

DSC_2460a_convert_20170617160535.jpg

「ちょっとかわいいお顔で言ってみるのです。
ママちゃん、出してくださいなのです。」


DSC_2492a_convert_20170617160547.jpg

「知らんぷりするなんて、ひどいのです。」
本当は、出して出してと自己主張できるようなら、入れておく意味がないので出します。




14日の水曜日からじわっと元気がよみがえり、15日には元気そのもの、16日には、絶好調と言ってもいいくらいの元気なしろちゃんでした。
何がどうしてこうなるんだか、が、しろちゃんママにとっての永遠のテーマですが、全然わかりません。
ひと眠りするたびに、何かのスイッチの入り切りがあるような感じ。
14日からは、そのスイッチが入のままになっている感じ。
切になってしまうのが惜しくて、昨晩など、眠らないでしろちゃんと遊んでいようかなと本気で思いました。
限りある時間ならば、それでもいいんじゃない?、
24時間、時間に関係なく、しろちゃんが元気な時はその元気に付き合ってあげよう。
しかし、眠らせないのもしろちゃんの身体に悪い?
バカみたいに悩むしろちゃんママでした。
お蔭で三晩、寝不足でした。
しろちゃんの今日は、③の体調はキープしています。



6月12日の写真、in 酸素ハウス

DSC_2544a_convert_20170617160559.jpg

「酸素ハウスに入るのが、からだに良いってことはわかっているのです。」

DSC_2656a_convert_20170617160613.jpg

「だけど僕は、正直なところ、ママとはなれていたくないのです。」




しろちゃんの右わき腹に、うっすらピンク色の部分が出現。
危険なものでなく、毛づくろいし過ぎで被毛が極端に薄くなった模様です。
しろちゃんママは、毎朝しろちゃんの全身をくまなくシリコンブラシでブラッシング。
抜け落ちるべき被毛を先に取ることもさることながら、しろちゃんの血行をよくするためです。
これもやり過ぎ?と、ブラシを控えめに、あとは指でしました。
毛づくろいのし過ぎと肉球ギュムギュムギリギリは、本当に目下の悩みの種。
獣医さんも、これはおそらくストレスでやっているものだと。
しろちゃん自身に、具合が悪くなることへの不安があるのではないかと言われました。
今のしろちゃんに、ストレスがない状態は無理。
だとしたら、忘れさせてあげる時間を増やすのみです。
それが多少、心臓の病気にはふさわしくないことであっても!



6月12日の写真、in 酸素ハウス

DSC_3341a_convert_20170617160811.jpg

「お鼻でグイグイやればドア開くかもしれないのです。」
「しろちゃんは、自分のお鼻がどうなってもいいんだね?}

DSC_3535_convert_20170617160859.jpg

「ほら、やっぱり出られたのです。」
内緒の声、
ロックせずに、ガムテープも貼らずに、たた扉を閉めておいたのはママです。
しろちゃんの自由を尊重しました。





寝たふりのしろちゃんママの目の前を、白っぽい影がビューン。
出したままのタンスの引き出しに立ちあがって、黒いお目々がベッドをジーッ。
猫のしろちゃんと、しろちゃんママの子しろちゃんが交差する。
せっかく元気になったので、もっと遊びたい、駆け回りたい、大きなお声で雄たけびあげたい。
だけど、だけど、だけど…。
何かに引かれて、しろちゃんがベッドに戻ってくる。
柔らかい毛の塊がドンと、こちらに寄りかかってくる。
その重さの持つ温もり、優しさ、尊さ。
その目に見えない何かが、今夜と言わず永遠に君を引き戻してくれるよう、ママは今夜も祈るよ、しろちゃん。
どこに遊びに行っても、どんなに遠く離れて遊びに行っても、君はここに帰ってくる。



DSC_3727a_convert_20170617160917.jpg

「ですから、何度も言うように、僕も10代になったのです。
遊んでいても、ママはチャンと眠っているかな?って心配するのです。
愛情や思いやりを持っているのは、人間だけではないのです。」







人気ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
調布、三鷹、府中あたりで猫が傷つけられる事件が起きています。
猫を外に出すことはやめましょう。
お外の猫に少しでも不審な様子を観た方は、最寄の警察や市役所、保護団体、猫ボランティアさんに連絡してください。
詳しくは、百猫物語のsabimamaさんまで。
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 4歳、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*



スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

kakoboxさんしろちゃんおはようございます。

こちらに遊びに来てくださってありがとうございました。
しろちゃん穏やかに過ごせているようで安心しました。
なめこ足枯れてしまって良かったです~
ご近所獣医さんの言うお言葉に少し涙が出てしまいました。
私は猫に対してつい自分の気持ち優先で考えてしまうので、もっと猫の気持ちを考えてあげなければいけないなぁ…と。
また可愛いしろちゃんに会えるのを楽しみにしています。
今日も元気玉を送るので受け取ってくださいね~

こちらも梅雨だというのに全く雨が降りません。
農作物が心配です。

No title

しろちゃん、こんばんは。
毎週、しろちゃんの様子をとても気にしていましたよ。
なめこ足も、良くなったようで安心しました。
「なめこ足」状態なんて全然知らなかったので、もし
うちのシロチビちゃんにもあらわれてしまった時には
参考にさせてもらいますね。

しろちゃん、少ししんどかったりしても、しろちゃんは
ママの出待ちするのが使命なんだね。愛情なんだね。
ママの出待ちや、寝かしつけがしろちゃんの愛のお仕事
なんだね。
獣医さんとしろちゃんママの言葉、とても考えさせられました。
深く胸に刻んで、これからもシロチビちゃんと生きていきたいです。

しろちゃん、梅雨がやってきたけど、気圧の変化による
体調に気を付けてね。
また、来週も元気な日記を楽しみにしていますよ。

No title

しろちゃん、kakoboxさん、こんにちは~。。
しろちゃん、元気になって良かったです~♪
なめこ足も治って安心ですね^-^
なめハゲはのんちゃんも時々作ります。。
荒傷にならないようなら様子見でも良いですよね。。
しろちゃん、酸素ハウスで退屈だったのかな^-^
大雨は大丈夫でしたか??

No title

こんにちはしろちゃん!ママさん!!
昨日はご心配おかけしました
た~~っぷり水浴びしましたよ~~☆☆
携帯の警報が鳴りまくった日でした。。。
(アレ、すごい音量で鳴るんですよね、、、驚くっちゅーの!!)

聴診器センセの話、、苦しませたくないっていうの、、、
なるほどな~~とも思います
ちょっと心が軽くなりますね。。。(いいとこ有るかも)
使命、、とか言われても!!!
って本ニャン(ワン他)は言いそうですが。。。
究極のその日暮らし、、とでもいいましょうか
ま、本ニャンはヒト族より余分な考えを持ってないでしょうね
いい時、とよくない時がある。。
それを、いろんな風に膨らましてしまうのが飼主(の役目かもw)

今日SNSで数年前の思い出っていうので
プチ子が登場してきました
天使になる1年前ですね~~
当時も気にしてましたが、、おひげとか下に向いてるんですよ
尻尾も上に向くなんてありえなかった。水平でした
小さい頃からいるので、おひげも尻尾もピンピンだったなぁ~
と、しんみりしていた時期です

しろちゃんおひげピンピン!
きっとまだまだパワー潜めてますよ~!!
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック