戻った青空戻った体調、おさまった咳に潔く走り出すしろちゃん

2016/11/12 Sat

DSC_1039a_convert_20161112105019.jpg

「皆さん、こんにちはなのです。
木枯らし1号が僕のお家にもやってきました。
夜中じゃなくて昼間に来たのです。
たくさんの枯れ葉のおみやげ、ベランダに置いていったのです。
いつも僕に、ご心配ありがとうございますなのです。」




水曜日に東京では木枯らし1号が吹いた。
図書館に行く道々は、まるで落ち葉のドシャブリだった。
昨日は冷たい雨も降った。
「木枯らし途絶えて、冴ゆる空より、地上に降りしく奇すしき光よ~♪」
いよいよ冬の夜空の饗宴が始まる。
冬の凍てつく夜には、星々を眺るお楽しみがある。


DSC_1278a_convert_20161112113800.jpg

木枯らし1号に震える木立

DSC_1234_convert_20161112113827.jpg

八重のサザンカ

FotorCreated小菊_convert_20161112113841

イソギク咲く前、咲いたあと


。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜

いつもしろちゃんとしろちゃんママに、暖かいお気持ち、励まし、ありがとうございます。
感謝しております。
木枯らし1号も水曜日に吹いて、いよいよ晩秋、紅葉の季節ですね
皆さんは風邪などひいていませんか?
お蔭様でしろちゃんは、この一週間心臓発作を起こすことなく過ごすことができましたが、不安定な状態でした。
先週の木曜日からは下り気味の体調のまま横這いで、今週の火曜日、水曜日は、人間でいえば寝込んでいるという風でした。
心臓がバクバクとかカックンカックン呼吸するとか、そういったお具合の悪さではないんです。
一触即発の危険はない代わりに、グッタリと憂鬱なしろちゃんでした。
咳き込む回数が多く、うつろな目つきでどこか痛そうに怠そうにじっと横になっている時間が多かったです。
運動会もお風呂の出待ちも、パタリと途絶えていました。
それでもなんとか持ち直し、昨夜から運動会をするようになりました。
お声が大きく出ず、うれしい雄たけびはファルセットボイスの悲鳴です。
持ち直せば、それでいいんです。
ずっとなんでもないほうがむしろ不自然。
美しい秋の日に、今日は朝からのんのんとひなたぼっこしています。
時折寝言を言って観る夢が、楽しいうれしい夢であれと願うばかりです。

。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


11月5日の写真

DSC_0725a_convert_20161112104804.jpg

「僕はちょっと寝込んだのですが、もう、ぜんぜん治ったのです。」



11月7日の月曜日に、ご近所病院に薬をもらいに行きました。
しろちゃんのお具合が悪いからではなく、いつも2週間に一回処方されている分をもらいに。
今週は水曜日が2週間目だったのですが、しろちゃんママの場合、行く日が毎回微妙にズレます。
①早め早めに行動しないと不安になるしろちゃんママの性格。
②しろちゃんが吐いてしまうことがあり、数が足りなくなる。
ズレるのはこんな要因で、です。
1日1錠の抗生物質は今回からもう処方されないことになっていましたが、続くことになりました。
しろちゃんママがごり押しに求めたわけじゃないです。
長く飲む場合の抗生物質は、やめ時があるそう。
体調がバッチリ良好な時に、やめるべきなんだそうです。
このところしろちゃんはお具合が下降気味で咳き込むことが多いので、やめ時ではないということになりました。


DSC_0847a_convert_20161112104843.jpg

「この下に青ヘビがいるのです。」

DSC_0856a_convert_20161112104857.jpg

「つかまえるまで、一晩中でもさがすのです。」


肥大型心筋症は、心臓の壁が厚くなり心臓そのものの体積は小さくなる。
(しろちゃんの場合、肥大型心筋症と決まったわけではありません。)
ですが他の心臓病でも同じく、心臓が悪い場合内部でうっ血し、内臓としての心臓自体は大きくなるそうです。
この大きくなった心臓が、その向きにより気管支を圧迫する。
そうすると咳が出る。
おまけにしろちゃんは、肺水腫もあるのでその咳も出る。
ただでさえ咳が出るのに、気管支に何等かの炎症でもあると、その咳はひどくなる。
咳が出ているときは、できるだけ気管支に炎症を起こさせないようにすることが大事だそう。
人間は、風邪をひいて気管支がやられていると、ラーメンやおうどんから立ち上る湯気で咳き込んだりしますね。
あれと同じことで、炎症が起きているとちょっとした刺激でも咳につながりやすいそう。
しろちゃんの場合、抗生物質を飲んでいることで、気管支および全身の炎症は抑えられています。
ということで、咳が出やすい時期にやめるべきじゃないとなりました。



11月6日の写真

DSC_0938a_convert_20161112104937.jpg

「おのどに虫がいて、おせきがいっぱ出るのです。」

DSC_1030a_convert_20161112105036.jpg

お具合の悪かった日曜日の朝。


今回はご近所病院の院長先生不在で、サブの先生が処方、説明してくれました。
なんだか、こう言っちゃあれだけど、妙にわかりやすかったです。
ご近所先生=院長先生は、その独特のカリスマ性で敵も多いが、かかりつけとしている患者さんには全幅の信頼を得ています。
ゆえに、インフォームドコンセントに力を入れる必要性が低い。
サブの先生は、代打という地味な存在であるがゆえに、持てる医学的説明に力を入れている。
しろちゃんママはこんな風な印象を持っています。
このご近所病院のことは、何回もあーだこーだ言ってますが、10か月通院してみてちょっとわかってきました。
近隣の動物の家族には、とても信頼されています。
丸投げ状態でこのご近所先生を信頼しているという話を、待合室でたびたび聞くことがあります。
つまり、町の良い動物病院なのだと思います。
しろちゃんママは、そもそもの動物病院の出発点が比較的新しいコンセプトの中核病院だったため、信頼するかしないか二つにひとつ的な病院に、面食らったことが多いのだと思います。
愛しい子の病気に関して、丸投げにできない自分の性格もあります。



11月10日の写真

DSC_1262a_convert_20161112110717.jpg

アンヨ、おっこちてる~
拾っちゃおう。


DSC_0585a_convert_20161112110704.jpg

「僕のアンヨなのです。
返してくださいなのです。」




①の不安になるほうですが、しろちゃんママここの心配性は、一生治りそうもありません。
薬が切れるその日にもらいに行ったことなど一回もありません。
常に3日分程度の残量のあるうちに行きます。
もしもその日、よんどころない事情で行かれなくなったらどうしよう。
そう思うと、予備あるうちに行かなくちゃと思うのです。
もしも大地震が来て病院が機能しなくなったらどうしよう、とまで思ったこともあります。
そんな場合は、しろちゃん一個の命どうのこうのと言ってる場合じゃないので不安から却下です。
毎日欠かさず飲まなければ命に関わるお薬を飲んでいることって、こういう尽きせぬ不安があります。



11月11日の写真

DSC_1544a_convert_20161112110903.jpg

「僕はすっかりケロリと治ったのです。
運動会でママを元気づけてあげるのです。」


DSC_1542a_convert_20161112110922.jpg

しろちゃんの基地は、〇〇屋敷のよう。


②ですが、お薬を飲んでいる猫ちゃんたちは、このことで悩むことがありませんか?
はて、もう一回飲ませるべきか否か!
しろちゃんにもたまにあるんです。
飲んだあとで吐いてしまうことが。
しろちゃんの場合、お腹の事情で吐いてしまうこと、80%。
故意に吐いてしまうこと、10%。
飲ませたつもりでお口の外へなどのミス、10%
夜間救急病院の先生曰く、1時間経って吐いたら、二度目を飲ませなくてもいいと。
30分だと微妙で、そのお薬の種類に寄りけりだそう。
直後はもちろん、飲ませ直しです。
あくまで目安です。
しろちゃんママは、直後の飲ませ直しを省いては、お薬の量で調整しています。
30分以内の場合、ほぼ半分を追加で飲ませています。
10分以内の場合、飲ませ直します。
正しいかどうかわかりませんが。



DSC_1457a_convert_20161112110811.jpg

「青ヘビ、早く出してくださいなのです。
モジモジ」


DSC_1458a_convert_20161112110827.jpg

「ヒャッホー、待っていたのです。」


しろちゃんは昨夜から、運動会をし始めました。
お具合がよくない時には、当たり前ですが絶対しません。
ということは、してもいいかどうか、しろちゃんが自分でしっかり判断しているということ。
いや、判断ではなく、しろちゃんなりの潔い踏ん切りかもしれません。
してもいいかどうか、獣医さんの判断ではNOです。
日常的にNOなのに、お咳が多かった日が続いたあとなんて、ましてやNO!
しろちゃんは、身体にいいかどうか判断できるわけじゃなく、心にいいかどうかだけを判断しているんだと思います。
「心にいいかどうかだけじゃダメでしょ。」
そう思って止めたいしろちゃんママは、ここにはもういません。
心にいいことが最優先です。



DSC_1614a_convert_20161112111001.jpg

「ライオンの雄たけびが聞こえているのです。
どこかにかくれているのです。」

目つきに、まだ具合の悪い名残りがあるのですが、わかるでしょうか。
ちょっとだけ虚ろなままです。


DSC_1595a_convert_20161112110943.jpg

「えっ、あの雄たけびはテレビのアニマルプラネットなのですって?
がっかりなのです。」



寝付いたと思ったら、ピョンとベッドを飛び出だして、ご飯をポリポリ。
食べ終わったかな~と思ったら、ダダダダダッビューン。
薄明りの寝室で、うふふっと笑みがこぼれるしろちゃんママ。
良かった~しろちゃんの身体が走れるまでに復活した~。
しろちゃんの気持ちが、走りたいと思うまでに立ち直った~。
猫の本能のままに、想定した獲物を追って、敵から逃げて、家の中を行ったり来たり。
この場合、しろちゃんママは起き上がっちゃダメなのです。
仰向けに寝たふりをしていないといけません。
しろちゃんがベッドにボンと飛び乗ってきて、フンフンと鼻息荒く、ライオンのように手足を踏ん張ったままの姿勢でしろちゃんママを、威張って見下ろすその時まで。
「どうですか、僕はかっこいいでしょう?」
薄明りの中で、クリクリと黒いお目々が輝くまで、しろちゃんママは寝たふりです。


DSC_1618a_convert_20161112111018.jpg

「走り回っていれば、また青ヘビやlライオンに会えるのです。
僕のお家は、夜にジャングルになるのです。
遊びに来てくださいなのです。」




潔いしろちゃん。
そう思わざるを得ない。
走ったあとに咳が出ちゃう。
走ったあとには痛くなる。
コツコツと積み上げていく生真面目な性格でありながら、幸せには向こう見ず。
しろちゃんの思う幸せには、後先なんてものはない。
幸せは、今、この時この一瞬にしかないことを、しろちゃんはちゃんと知っている。
ママには知ることが到底難しい。


DSC_0994a_convert_20161112104959.jpg

「木枯らしが吹いて冷たい雨が降ってお咳も出て、僕はちょっとだけ泣きました。
待っていたら今日はあったかいお日様がやってきて、ケロリと治してくれたのです。
お日様、優しいのです。」








にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
調布、三鷹、府中あたりで猫が傷つけられる事件が起きています。
猫を外に出すことはやめましょう。
お外の猫に少しでも不審な様子を観た方は、最寄の警察や市役所、保護団体、猫ボランティアさんに連絡してください。
詳しくは、百猫物語のsabimamaさんまで。
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*


参加しています。
クリックすると投票されます。




にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

こんばんは

しろちゃん
しろちゃんまま

しろちゃん元気でいてほしい
しろちゃんいつまでも
ママと一緒に元気にあそんでいてほしい

しろちゃんママ
私のしろさんはお薬を飲ますのが一苦労でした
最悪な場合は
後からしろさん吐き出していたことも・・・
でもしろちゃんはおりこうにお薬を飲むのですネ
かしこしですね 
私もしろちゃんママのようにもっとしろさんと
病気に向き合えれば良かったな・・・と
思います

これから寒くなります
どうぞしろちゃんのお具合安定しますように

一ファンですがしろちゃんが元気で居てくれる事が
私にははげみになっています
しろちゃんママさんごめんなさいね
私はしろちゃんがしろさんと重なってしまって・・・

応援しています
しろちゃん
しろちゃんママ











No title

kakoboxさん、しろちゃんこんにちは~

今日はスーパームーンの日だというのにこちらは残念ながら雨です。
しろちゃん地方はいかがでしょうか?
町医者先生のお話を読んでいて、古き良き時代の人情的な先生なのかなって思いました。
病院選びは本当に難しいですよね。
先生との相性もありますし、何より先生をどこまで信頼できるのかってことも…
kakoboxさんとしろちゃん、町医者先生が三位一体となって良い方向へ進むことを祈っています。
しろちゃーん、夜のジャングルにスーららが遊びに行きたいと言っています。
お行儀よくするそうなので、お具合の良い日にニャレパシーを送ってください♪
今日も特大の元気玉を送るので受け取ってくださいね♥

No title

元気なしろちゃんに会えて嬉しいです。。
しろちゃんにとっては過去も未来もない
今の一時が元気でシアワセなら良いのでしょうね。。
生きる術を心得ているようです^-^

今日も特大の元気玉と祈りを置いて行きますね☆

No title

こんにちはしろちゃん&しろちゃんママ
木枯らし吹きましたね~ヘ(´o`)ヘ とほほ・・・
こちらは、刺さる風で有名な地方です。
北海道の方に、こちらの方が寒いと強気で言わせた地方なんですよ
しかしながら、日照時間は日本一?とか?聞いた事があります
それでも、、寒さはキツイですよ~~

しろちゃん、ファルセットでもお歌を唄えるようになって良かったです!
ファルセットなんて素敵じゃないですか~~♪
歌うお歌もちょっとブルースっぽかったりしてw
にゃごは聞いてみたいよ、とっても^^
ニャン助兄ちゃんが喚きすぎて(病院通いで)ファルセットを
通り越してドスが聞いたドラ声になってしまって
当時は胸が痛んだもんですが、
しろちゃんのファルセットはなんとなく素敵な感じがします。。
なんだ、この違い・・(~ヘ~;)

ママさんの早め早めのお薬調達、お見事です。
でも、自分もそうだったわー。
自分が抗える全てのリスク回避をしておりました。
会社の仕事さえリスクの一つでしたよ、ええ!
いや、一番のリスクでしたな、ワッハッハ!!

晩秋の美しい季節をしろちゃんとともに
充分お楽しみくださいね
しろちゃんに辛い時間が来ないよう祈ってますね!!

No title

しろちゃん、こんばんは。
最近、忙しくてなかなかメッセージが伝えられないけど
いつも、しろちゃんの様子を楽しみにして、そして、元気な
様子にほっとしていますよ。

今週も運動会をしようと思うまで、気分が回復したんだね。
本当に良かったです。
また、お風呂の出待ちも復活するのかな?

寒くなるけど、体調には十分に気を付けてね。

うちの白猫兄弟さんも、大好きな毛布で毎日ふみふみして
ご機嫌ですよ。
クリスマス会が近いので、しろちゃんとシロちゃんと
打ち合わせとかするのかな?
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック