慌てたしろちゃん、物置の中でいったい何があったのか。

2016/10/22 Sat

DSC_0179a_convert_20161022114543.jpg

「みなさん、こんにちはなのです。
すっかり秋になりましたね。
おイモや栗を食べましたか?
今日の僕は怒っているのじゃないのです。
カメラに向かってお澄まししたら、こうなりました。
いつも僕にご心配、ありがとうございますなのです。」



紅葉の声が北から下がってきた。
日は短くなって、町全体が静かになった気がする。
暗い冬を前に、人々は秋に落ち着きを取り戻す。
秋チャンスに、たまには図書館へ足を向けよう。
知らなかった言葉達が待っている。


DSC_0172_convert_20161022163025.jpg

まだ紅葉には早い

DSC_0159a_convert_20161022163106.jpg

野菊の墓のノコンギク

DSC_0168a_convert_20161022163124.jpg

マンホールの蓋の隙間に咲いたアサガオ



。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜

いつもしろちゃんとしろちゃんママに、暖かいお気遣い、励まし、ありがとうございます。
お蔭様でしろちゃんは…
と言いたいところですが、今のところお具合がよくありません。
心臓発作を起こすことなくこの1週間を過ごせたことはありがたいことと思っています。
咳の発作、それに伴いちょっとだけ心臓バクバク、お熱は中熱。
しろちゃん自身も、鬱陶しいお顔で、ガッカリしたようなゆううつな表情をしています。
動くと心臓は不安な動きをしますが、眠って安静にしていれば穏やかになります。
本人もそれがわかっているので、四六時中眠って過ごしています。
ご飯が美味しく食べられて、身じまいが猫らしくでき、生活上何の問題もありません。
猫らしく恥じらい猫らしく隠し、猫らしく気丈に泣き言言わないしろちゃんであります。
お顔の表情からすると、どこか痛いように見え、我慢しているように見え、修業の足りない人間しろちゃんママは胸がキューッとします。
するべきことは常々しており、これ以上どうしてあげることもできません。
不調を乗り切って、また走ってくれることを待っています。

追記
ブログを書いている間に、急にメキメキ復活しました~。
走って遊んでいます。


。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



10月19日の写真

lG_7YflDbAnkXGy1477104655_1477105039.png

ちょっと照れる写真ですが、しろちゃんからママへの誕生日プレゼントだそうです。


いったい何が原因で、胸の中でどういうことが起こっているのか。
素人のしろちゃんママが追求しても、解決に結びつかないことはわかっているのに、ついつい堂々巡りを始めてしまいます。
10の病院に行き、10人の獣医さんに診てもらい、100の検査をし、100の薬を試してみる。
その中に、しろちゃんママの思惑に合致する大当たりの診断があって、大当たりのお薬があったとしても、その大当たりは、しろちゃんママの気持ちを満足させるだけ。
その大当たりに行きつくまでに、しろちゃんは疲れ果ててしまうことでしょう。
しろちゃんは最近、タンスの上に登った際に、キャリーバッグに入って遊ぶようになりました。
観るだけでも後ずさりするほど嫌いだったキャリーバッグに?
わかっているんです。
もう、病院に連れて行かれる心配がないって。
これはただのバッグだって。


10月16日の写真

DSC_0023a_convert_20161022114907.jpg

「僕がパソコンに乗ろうとすると、ママがすかさずタオルをしくのです。」

DSC_0061a_convert_20161022114917.jpg

「なにも僕はここでおみずを飲んだりしないのに。
乗って、ママにお手伝いしようとしているだけなのに。」




発端は一昨日。
しろちゃんママは衣替えをしようとしていました。
しろちゃんはとても元気で、あちこち走り回って遊んでいました。
玄関脇に室内物置みたいな場所があって、使わない家電製品とかシーズン物などが入っており、滅多に開けない暗いその場所は、しろちゃんの興味をかきたててやまない場所です。
入ってしまうと、自力で出てもらうしか、しろちゃんママが引っ張り出すこともできないような奥が深い場所です。
衣替えとあってここの戸がうっかり開いており、ゴソゴソガサガサ、奥のほうで音が。
あ~しろちゃんが入っちゃったな~と思いましたが、ちゅ~るやマタタビでおびき出すこともしませんでした。
せっかく元気に遊んでいるんだもの、好きなだけ遊ばせておきたかったんです。
遊び飽きたら出てくるだろうと。


10月17日の写真

DSC_0116a_convert_20161022114846.jpg

「う~む、飛び降りるべきか、とどまるべきか、そこが問題なのです。
衣替えのお家は、楽しいのです。」


DSC_0221a_convert_20161022114554.jpg

しろちゃんは、お水はよく飲みます。
大きな瓶のような入れ物で飲むのが大好き。
野良猫さんの時に、池のある場所にいたのじゃないかと思っています。




ほんの10分経って、「いったいどこまで入ったの?しろちゃ~ん」と奥に声をかけると、意外な方向から、虫の鳴くような弱々しいお返事が。
リビングの窓辺の床に横になったしろちゃんがいました。
そのお腹が、ペッコンペッコン
呼吸のたびにお顔が左右に揺れている。
久々に、ほんとに久々に観た光景なので、しろちゃんママのほうが心臓ドキドキ、血圧急上昇。
ざっとブログを遡ると、7月19日の小心臓発作以降、心臓バクバク、カックン呼吸がずっと無かったのです。
その時のしろちゃんは、呼吸が苦しそうというほどではないにしろ、心臓が激しく動き、お腹がペッコンペッコンしていました。
心臓が普通に動いていたんじゃ足りないので、腹筋を使ってまで激しく動かしているということです。


10月19日の写真

DSC_0273a_convert_20161022114727.jpg

「実は物置の中にほんとにいたのです。
口では言えないものをみちゃったのです。」


3oswCoXIZglZ4291477105191_1477105271.png

「ママを怖がらせるのがいやなので僕は黙っているのです。」



屋内物置に入るまでは元気に明るく走り回っていたのに、物置の中でいったい何が!?
物置の中にオバケでもいた?
怖くなって、中途にある段から慌てて飛び降りてアンヨくじいた?
いやいやそういうことじゃなくて…。
やりかけの衣替えをそのまま押し戻し、部屋の中をシーンとさせました。
とにかくしろちゃんを落ち着かせるしかない。
暖かいお日様の当たる場所へ幸いにも横たわっていたので、そのままそこで静かに静かに。
さてお薬は…。
ピモベハート(強心剤)、利尿剤、消化薬は朝に飲ませています。
呼吸は苦しくないので、ステロイド、ニトロの出番でもない。
酸素ハウス?
全然出番じゃありません。


wN0ZTbHDbVXVF4i1477105687_1477105703.png

「う~ん、あれは何だったのでしょう。」



運動会をしていることをブログでもずっと書いていましたが、この朝も、キャットタワーを基地にして走り回っていたんです。
前夜も運動会していたんです。
段々とお具合悪くなって…じゃなかった。
例えば、カケラのようなものが心臓の周辺をウロウロと動いていて、何かの拍子にプッと、心臓のまたは脳のどこかに詰まる。
しろちゃんの様子を無理やり言葉にしてみると、そんな感じに思えます。
そのカケラのようなものが、また何かの拍子にプッと外れる。
みるみる間にお具合が好転し、元気よく走り出す。
前回の心臓発作の回復段階はそうでした。
そう見えるというだけで、カケラに何の根拠もありません。


TdUD2L_lFXMiZb21477105109_1477105162.png

「気のせいなのです。
でも気になるのです。」




一昨夜も昨夜も、運動会はしません。
寂しく静かな夜でした。
肺水腫の咳が多くなり、昨夜は、12時半、1時半、2時半、3時半、4時半と、きっちり1時間おきに咳き込みました。
この咳は、夜遅くなると増えるという特徴があります。
肺水腫の咳には、肺の水分を絞り出す効果のある利尿剤が一番顕著に効きますが、寝る前に追加で飲ませているので、夜中に咳き込んでも追加することができません。
おさまってからは心臓の動きが咳で悪化していないかを観察し、そのまま寝かせてもいいかどうか、判断します。
しろちゃんが咳き込み始めると、「どんどんお咳しちゃえ!」と、背中を撫でさすりながらも鬼のようなことをしろちゃんママは言うのです。
「ゲエってしちゃえ!」とも言うのです。
実際に咳き込んで吐いたことは一回もないですが。

心臓のどこかにプッと詰まったカケラが、咳の拍子にポンと、出てくるのじゃなかと思えるのです。
ゲエっと吐いたら、出てくるのじゃないかと思えるのです。
しろちゃんが咳き込み始めると、しろちゃんママもいくばくかは緊張し、こんな漫画的なことがあり得るように思えてくるから不思議です。


sO5GBSRpoJjiTCP1477127216_1477127303.png

「もしや、神様でしょうか。
神様、僕に会いにきてくれたのでしょうか。」




暗い話になりました。
先日、晩の7時頃に散歩していて、カメラの連写のようなカシャカシャっという音が草むらから。
えっ、何?もしや盗撮?オバサンを?
ブタクサの間からひょっこりと、クリーム色の猫がお顔を出してさらに、クシャンクシャンクシャンクシャン。
なあんだ、猫のクシャミだったのね~。
連続15回もしたかもしれません。
ブタクサの花粉でやられたの?
風邪、ひいちゃったの?
11月並みの寒さだった日のことです。
集合住宅敷地内でご飯を誰かにもらい、敷地内で生活している猫だと思います。
しろちゃんママをキョトーンと見上げたそのお顔に、何だか鼻の奥がツーンとしました。


DSC_0081a_convert_20161022114927.jpg

「風邪ひいた猫ちゃん、早くなおりますように。」


あの日のしろちゃんも、灰色の猫だった。
木枯らしの中、お庭の冷たい土の上に立ち尽くしていたっけ。
クシャミしたって、誰にも知られることもない猫だった。
最初に観たその時点では、1歳未満だったかもしれない。
もしも別のお庭に立っていたなら、しろちゃん君には、まったく別な人生が待ち構えていた。
そのまったく別な人生を歩む9歳の君は、病気になっていなかったかもしれない。
思ってもせんないことながら、10回も100回もママは思うよ。
戻せるものならあの時点に、戻してやりたいと思うよ。


DSC_0084a_convert_20161022114937.jpg

「僕は、こんなにお具合よくなったのです。
さっそく走ったら、僕もママも幸せな気持ちになれたんです。」



今日今現在のしろちゃんは、こんこんと眠ったあと、オヤツを食べに出てきました。
咳も治まり、少しは持ち直したようです。
しきりとパソコンに乗り、しろちゃんママは大変に迷惑だけど、お具合悪いとしない行動ゆえ、うれしい悲鳴です。
そのせいで、更新が遅くなりました。


DSC_0312a_convert_20161022114805.jpg

「でもお具合よくなっても、しばらくママに甘えん坊するのです。
元にもどされても、きっと僕はもう一回ママのところに来ると思います。」







人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
調布、三鷹、府中あたりで猫が傷つけられる事件が起きています。
猫を外に出すことはやめましょう。
お外の猫に少しでも不審な様子を観た方は、最寄の警察や市役所、保護団体、猫ボランティアさんに連絡してください。
詳しくは、百猫物語のsabimamaさんまで。
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*


参加しています。
クリックすると投票されます。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

しろちゃんへ

こんばんは。
しろちゃんのお写真いっぱいでかわいいよ~~
物置の中には何があったのかな・・・?
しんどい日もあったみたいだけど、それでも、しろちゃんが
今は調子が良さそうで安心しました。

しろちゃんは、しろちゃんママのところにきて、後悔なんて
ひとかけらもないと私は信じて疑ったことはありません。
しろちゃんママ、今のしろちゃんがあるのは、しろちゃんママと
一緒だったから以外に、何ものでもないと思っていますよ。
しろちゃんは、しろちゃんママと一緒で、最高に幸せに
見えます!!!!!

そうだよね、しろちゃん!!

No title

こんばんは

しろちゃん
しろちゃんママ

しろちゃんママへ
しろちゃんはママにみつけてもらって
幸せなにゃん生をすごせているんだとおもいますよ
他の人ではここまでしろちゃんを幸せに
出来ないと思いますよ

お誕生日プレゼント
何よりも嬉しいですね
私も家のしろちゃんが
「抱っこっ」って
足からよじ登って来ることが
痛いんですが幸せでした

しろちゃんへ
しろちゃんママと出会えて
ほんとうによかったね

ママの為に
元気でいてあげてね

いつもしろちゃんの様子
楽しみにしています

コメント出来ない時も
陰ながら
しろちゃんの元気を
何時も願っています

No title

いえいえ、しろちゃんはkakoboxさんを選んでお庭に立っていたのですよ。。
よそのお家へ行っていたら、9歳の命もなかったかもしれません・・・。。
しろちゃんとママさんは運命共同体なのだと思います!!
パソコンの上から珍しくカメラを覗き込むしろちゃんの
何と可愛い目なのでしょうか^-^
一途にママさんを想っている目ですよね。。
今週も無事にしろちゃんとママさんが過ごせますように
特大の元気玉を置いて行きますよ!!

No title

kakoboxさんしろちゃんこんばんは~

kakoboxさんお誕生日おめでとうございます♥
とても素敵な誕生日プレゼントですね(*´∀`*)
愛あふれるしろちゃんに思わずホロリ…
ママが大好きなんだって伝わって来ますね♥
しろちゃん物置でいったい何を見ちゃったのでしょうか!!
怖がりなおばちゃんはもうドキドキですよー
しろちゃんのお具合が落ち着いていることを祈りながら書いています。
今日も特大の元気玉を送るのでママと一緒に受け取ってね♪

No title

しろちゃん&しろちゃんママ こんにちは~☆
昨夜は寒かったです~!そちらはいかがでしょうか?
また冬が来るのですね。。やめて欲しい。。

しろちゃんの状態、ほんとに「カケラ」っぽいですね~
物置に入る前は元気だったのでしょう?
で、リビングでペコペコになるのに10分くらいですか?・・・
その10分になにが?
ママさんもしかして物置に巨大な掃除機でも入れてあるとか??
物置の中ではその掃除機さんが威張ってるとか??
しろちゃんがビックリしてペコペコになったとか。。

わかります、ママさんの方が心臓に来ますよね~
血圧にも出ますよね~~

ホントにお咳でカケラが出ちゃえばいのに。。。
しろちゃんを苦しめる悪いカケラだ。。
以前、超小さい棘が血管に入って心臓まで行き
結果亡くなったって話を聞いた事があります。
しろちゃんの話を聞いていると、そんな事を思い出します

No title

しろちゃん、kakoboxさん、こんにちは~。。
週中、しろちゃんの様子はどうですか??
穏やかな時間を過ごしていることを祈ってますよ☆
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック