あの狐につままれた夜から1年、走れることは神様のご褒美。

2016/10/08 Sat

DSC_4247a_convert_20161008131108.jpg

「みなさん、そちらでは雨こんこんはやみましたか?
秋のいい匂いが、ベランダに入ってくるのです。
香水みたいな匂いなのです。
秋は絵具と香水を持っているのです。
僕も欲しいのです。
いつも僕にご心配、ありがとうございますなのです。」



一昨夜、空は晴れて、空気が見事に澄んだ。
サラサラサラサラ、あるかないかの風に枯葉がなった。
暗い森の梢の向こうに三日月があがった。
散歩の道を遠回りした。


DSC_1070_convert_20161008132355.jpg

秋の空は高く雄大だ。

DSC_2665_convert_20161008133400.jpg

こういう角度で観ると、南国のお花のようなキンモクセイ

DSC_4465_convert_20161008132440.jpg

赤い宝石ピラカンサの実


。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜

いつもしろちゃんとしろちゃんママに、暖かいお気持ち、励まし、お祈りをありがとうございます。
感謝しております。
お蔭様でしろちゃんは、この一週間も、心臓発作を起こすこともなく、至って平穏に過ごすことができました。
お日様が出れば、大好きなひなたぼっこに精を出し、雨が降ればこんこんと眠り、メリハリある毎日を楽しく過ごしていました。
平穏どころか、活発になって、狩りごっこやら大運動会を催し、別な意味でしろちゃんママを寝不足にするほどでした。
どういうわけで?どうしてこうなる?
しろちゃんママは、心臓のメカニズムの点で不思議でしかたありません。
肥大型心筋症+心筋炎の子が、こんなに走れるの?
穏やかとはいえ、心臓は傷んだままではないの?

素朴な疑問に、答えは見つからないままです。
清々しい秋の夜長に、難しいことを考えるのはもったいない。
十の言葉を語り掛け、百の夢を一緒に見て、千の喜びにしろちゃんと笑って過ごす。
そんな一週間でした。

コメント、いつもありがとうございます。
お返事したくて、ウズウズしています。

。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


9月29日の写真

DSC_4228b_convert_20161008131121.jpg

「えっ、走っちゃダメって先生が言ったのですか?
ほんとですか?
アンヨ、悪くないのに?」


DSC_4230a_convert_20161008131136.jpg

「走らないと、心がおれそうなんです。」


かけがえのない日々、貴重な時間。
これはしろちゃんに限らず、どこの猫さんでも同じこと。
お互いに永遠の命があるのではない以上、常に限りある時間を消費しつつ生きているということになります。
普段は意識しないでいられるこの大法則を、嫌でも意識しなければならないのが、病気になった時。
言葉で言うのは簡単ですが、じゃあかけがえのない日々、貴重な時間のために、いったい何をする?どう過ごす?ということは、けっこう難しいことなのです。
しろちゃんママには、病気になる前のしろちゃんとの普通の過ごし方、普通の日々、それを再現することかなと今は思えています。
それこそがかけがえのない日々、貴重な時間であった!


DSC_4285a_convert_20161008131223.jpg

「大好きなオヤツでも食べて、気をまぎらわすしかないのです。」

DSC_4294a_convert_20161008131241.jpg

「ハフ―、おいしいのです。」
食べているのはオヤツではなく、11歳の猫用総合栄養食のパウチ、スプーン一杯です。
しろちゃんは、食べなれないのでオヤツと思っています。



あった!にしないために、しろちゃんのお具合の良い時には、極力普通の生活をしろちゃんにさせてあげたい。
獣医さんが聞いたら、ビックリするようなことであっても、そうしてしろちゃんとしろちゃんママは、ずっと過ごしてきたんです。
それでしろちゃんも幸せ、しろちゃんママも幸せだったんですと、胸を張って言いたい。
病人生活みたいなことが、しろちゃんを幸せな気持ちにするとは、どうしても思えません。
お薬を省いては、医学的に最善と言われていることがしろちゃんに最善とは限らない。

こんなことを書いたからって、何もご近所獣医さんとケンカしたわけではありませんから、ご心配なく。
人間の場合ですが、過剰な医療行為のことを友達と話す機会がありました。
胃瘻(胃に穴を開けチューブで液体状の食物を流し込む)、気管切開(自発呼吸できないので、気管を切開し酸素のパイプを差し込む)など、医学の発達はどこまでも人を死なせないというお話です。
「最先端の医療を受けていた場合、いったいどうやったら死ねるの?」
いったいどうやったら助かるのではなく、どうやったら死ねるかを考えちゃうような時代になったという話をしていました。
あくまでも人間のお年寄りの話で、ひと昔前なら無かった救命措置のお話です。
これは猫にも言えると、気づいた点がありました。
動物医学も進んでいます。
その反面、腎臓病が不治の病であるなど、妙なところが足りなかったりもしますが。



DSC_4236a_convert_20161008131338.jpg

「本当はオヤツじゃないって知っているのです。
まんまとだまされたフリをしているのです。」




さて、暗いお話はさておいて、このところのしろちゃんの元気ぶりについて。

「運動会」ですが、完全に復活しました。
普通の運動会と大運動会と。
秋だから…ではないのです。
何かがしろちゃんの身体の中で、目覚めたような感じに見えます。
最初に心臓発作を起こした1月23日から、眠ってしまった何か…です。
それが何か、わからないところが悔しいですが。
猫ジャラシで遊ぶ行為も、目覚めのひとつです。
しろちゃんママは、脳の問題じゃないかなと、うっすらと思っています。
いずれにせよ、うれしい目覚めです。
だってしろちゃんは、楽しく遊んで、幸せな雄叫びをあげているのですから。


10月2日の写真

DSC_0640a_convert_20161008131537.jpg

あははっ、お日様うれしいいのです。」

DSC_0653a_convert_20161008131440.jpg

「ママも来て、一緒にひなたぼっこしませんか?」



去年の10月11日、静かで清々しい秋の夜長に、しろちゃんは、癲癇様発作を起こしました。
この記事⇒狐につままれた夜、その時しろちゃんに何が起きたのか

一時的に活動が強制停止するという、静の発作で、その後、一過性の微小脳梗塞かもしれないと言われました。
心臓病まで、すべてがそこから始まったようにしろちゃんママには思えますが、ご意見を伺った獣医さん達は、心臓発作とそれとはは関係ないというご意見が多かったです。
別々なことが重なったという見解の獣医さんが多いのです。

あの時から丸1年を迎え、同じ季節、同じ気温、同じ空気感の夜を迎えると、しみじみとあの夜のことが思い出されます。
あれからたった一年です。
たった一年の間にしろちゃんは、脳の発作に次ぐ心臓の発作を起こし、人生最大の危機が何度も襲い、おまけにその危機を脱することができません。
その危機の中をずっと生きているのです。
休む日もなく、その危機の中を生きているのです。
今日はお休みという日が、病気にはない!


10月3日の写真

DSC_0519a_convert_20161008131635.jpg

「お休みの日なんか、いらないのです。」

DSC_0509a_convert_20161008134011.jpg

「遊べるようになったから、もういいのです。」


しろちゃんは、身体の中で何が起きているのか、身体がどんな感じなのか、言葉で教えてはくれないのです。
例えば元気に走り回っている時でさえ、心臓や肺に違和感があるのかもしれません。
静かに眠ろうと思っても、シクシクと心臓や肺が痛いのかもしれません。
あくまでも想像ですが、いくら猫だからといって、心臓発作以外の時間、身体的に何でもないということはあり得ない。
何かあると思うのです。
しろちゃんは自分のお具合を、ちゃんとわかっていると思うのです。

しろちゃんが、いったいどれほどのストレスを抱えて日々過ごしているのか!
どれほどの我慢を強いられているのか。


そう思うだけで、しろちゃんママには耐え難い。。。
代われるものなら代わってやりたい。。。。。


9月29日の写真

DSC_0471a_convert_20161008131648.jpg

「痛くもなんともないのです。
心配いらないのです。」



ここのところ連日、深夜になると大運動会を始めます。
普通の、じゃありません。
壁を蹴って身体を斜めにして走り出し、キャットタワーとタンスを両端のゴールにして、家中をくまなく、何週も走り回ります。
その間に、ベッドの自分の定位置にピョ―ンと飛び乗る!
もちろん、しろちゃんママは、その音に叩き起こされてしまうわけです。
「きゃ~っ」とママに言わせて、またすぐに飛び降りて、斜めに走ってゆくのです。
これはもう、しろちゃんのおふざけ心とした言いようがありません。
ママを驚かせたいその一心で、ベッドに寄り道しているのです。


10月3日の写真

DSC_0495a_edited-1_convert_20161008133901.jpg

「たまにはカメラを見てあげましょうなのです。」



心臓のためには、絶対に良くない。
しろちゃんママは当然そう思います。
でも止められません。
だから、ご褒美なんだと思っているのです。
しろちゃんママが与えるご褒美ではなく、神様からの。
そう思ってもバチは当たらないと、思えるのです。
この1年、しろちゃんがどれだけの苦痛を味わってきたか、日々、どれだけのストレスを抱えたままで過ごしているのか。
神様はちゃんと見ていてくださる。

思い切り大運動会できる日々を、ご褒美としていただいたのだなと。
このご褒美が、一週間か一ヶ月か、その先も続くことなのかは神のみぞ知るです。


9月29日の写真

DSC_4272a_convert_20161008131200.jpg

「神様のごほうび?
表彰状ももらえますか?」


9月30日の写真

DSC_4303a_convert_20161008131421.jpg

「次はちゅ~る100本、お願いしますなのです。


そう思わなきゃ、理屈に合わない。
穏やかでありがたいですが、とても不思議な現象なんです。
走っても走っても、しろちゃんの心臓はバクバクしません。
ドキドキもしません。
走り終えたしろちゃんのお胸に耳を当ててみますが、シーン。
呼吸もシーン。
健全な子以上のシーン。
シーン、シーン

人間だって、100メートル全力疾走したら、心臓がバクバクドキドキしませんか?
呼吸が荒くなりませんか?
心臓も肺もシーンって、いったいどういうことなの?
それこそ問題なんじゃないの?
また別な疑問が生まれますが、…神様のすることだもの。
人間には計り知れないことと、理解するしかありません。


10月5日の写真

DSC_0748a_convert_20161008131716.jpg

「神様だけが知っていてママの知らないこと、
それはきっと、ものすごいことに違いないのです。」



斜めに走る白い猫が横切る。
あははっ、うふふっっと、かわいいお声が聞こえる。
笑顔もはっきり見える。
キャットタワーの4段目で、自慢げにツンと鼻先を上げ、胸を反らす仕草も見える。
うつらうつらしていたって、半分眠っていたって、ママには見えるよしろちゃん。
君の幸せ、ママには目を閉じていたって見えるのです。


DSC_0637a_convert_20161008131706.jpg

「見ていたのなら、ママも起きて参加してくださいなのです。
一緒に走れば、こんなに楽しいことはないのです。
ママも幸せな気持ちになれるのです。」







にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
調布、三鷹、府中あたりで猫が傷つけられる事件が起きています。
猫を外に出すことはやめましょう。
お外の猫に少しでも不審な様子を観た方は、最寄の警察や市役所、保護団体、猫ボランティアさんに連絡してください。
詳しくは、百猫物語のsabimamaさんまで。
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*


参加しています。
クリックすると投票されます。




にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

しろちゃん、しろちゃんママさん、こんにちは~。。
今日も元気なしろちゃんに会えて嬉しいです^-^
運動会までできる程絶好調なのですね。。
今のしろちゃんは奇跡そのものかもしれません☆
それが神様からのご褒美なら
何も疑わず嬉しく享受しましょうよ^-^
誰しも、人間も他の生き物も、生きていることが奇跡なのかもしれませんから。。
>代われるものなら代わってあげたい
しろちゃんママさんの気持ちを神様が汲んでくれているのでしょうね^-^

No title

kakoboxさんしろちゃんこんにちは~

阿蘇山噴火のご心配を頂きありがとうございましたm(_ _)m
秋空の写真綺麗ですねー
金木犀の香りが大好きなのですが今年はまだ匂いを嗅いでいません…

ベッドにわざわざ寄っての大運動会!
ママが驚く顔が見たいのね(笑)
しろちゃんが元気に過ごしてることが本当に嬉しいです♪
日向ぼっこの手を伸ばしてる写真可愛いですね~
どの写真もしろちゃんらしい!
珍しくカメラ目線のお顔。生真面目なしろちゃんらしいです♥
また可愛いお顔のしろちゃんに会えるのを楽しみにしています♪

しろちゃんしろちゃんママこんにちは。
秋になりましたね。
もう1年になるのですね!
1年後にこんなに元気に運動会出来ているなんて、当時は私も想像できませんでした。
猫神様はいるのですね。見ていてくれてるのですね。ママともっともっと一緒にいなくちゃダメですよ。と言ってくれているのですよね♪

調子が良くて本当に本当に嬉しいです。

人の何倍もの早さで人生を駆け抜けていってしまう子達。もっとゆっくりゆっくり年をとってくれたらいいのになぁ。と、いつも思いながら私も我が子たちを大事にしたいと思います(*^^*)

明日も明後日もしろちゃんが元気で楽しく運動会開催できますように、元気玉ど~ん。(σ´∀`)σ=○○○

No title

kakoboxさん、しろちゃんこんにちは~
ご無沙汰してました。
今日も可愛いしろちゃんに会えてほっとしてます。
運動会、しかも大運動会してるのね。うふっ。
そうです、そうでなくっちゃ、しろちゃん。
本当はよろしくないんでしょうけど、それをやめる位だったら猫やめます!ってことよね~
しろちゃんが元気で楽しく過ごせればそれが一番!
それが一番のお薬です。
おばちゃんも脳に爆弾抱えて生きてるけど、楽しい事はやめたくないもの。
あれはダメ、これはダメではつまんないものね~
いつも真面目に頑張ってるしろちゃんとしろちゃんママに神様はご褒美を下さってるのよ。
又会いにくるから、それまでは特大の元気玉置いていくね~

しろちゃん、穏やかに過ごせているどころか
運動会まで開催しているのですね(^^)
この世の中には様々な病気がありますけど
「こういった症状が特徴としてあります。」
って代表的なものはありますけど

全ての人や動物たちにイコールではないですよね。
なので、ここだけは例外だね、なんてことも
あるのかなと思います。

私はなんの根拠もないのですが
しろちゃんは大丈夫ってずっとずっと思っていました。
でも根拠がなかったから言えなかったけど
あの悪夢のような症状が出てから
一年経ったのですね。
kakoboxさんも気が気じゃない
とても大変な一年だったと思いますが
私はやっぱり、しろちゃんは大丈夫!って
思っています。今も。
毛繕いも、走るのも、食べるのも
出来るってことは、大丈夫ってこと。
私はそう思っています。

そうそう、うちの猫たちの寝床は
時間で決まっているのか?
昼間はゲージのベッドで寝てたりすることが多いです。
夜は寝室が多い。
そうじゃない場合もあるから
みんな好きなところで好きなように寝ています。

No title

こんにちはしろちゃん&ママさん!
本当に秋がきてしまいましたね。。
にゃごはマジに憂鬱ですよ!
秋と冬がない地域に移住しないといけませんな。。
でもそういうところは台風が多かったり、虫とか
病気とか・・・衛生面が心配。。
一長一短ですね。全く
ただの我儘だと思ってらっしゃいます?
そうなんです!我儘です!あたぁ~り~!!

しろちゃんが調子いいようで良かったです。
最近ずっといい感じですね!
抗生物質のおかげも????
しろちゃんは細菌性心筋症という新しい病に罹患していたのかも。。
本当にウィルス性の心筋症ってないのかしらね~??
私が知らないだけ??
神様~!しろちゃんにもうあんな事が起きないようにお願いしますよ!
なかった事にしませんか~

しろちゃん!ちゅ~るだったらにゃごがあげるって~!
いや、ここに来る皆さんが全員しろちゃんにご褒美のちゅ~るを
くれるんじゃないかな~
大運動会、今夜も勃発しちゃうのかな?
ネンネしてるママのお鼻をカリッっとやっちゃえ~ψ(`∇´)ψ
(最近やられるんですよコレTT)

No title

しろちゃん
しろちゃんママ
こんにちは

しろちゃん
秋の匂い
いいですね
でもきっとしろちゃんのママは秋の匂いよりも
しろちゃんの匂いが大好きだとおもいますよ

しろちゃんのひなたっぼこの姿
大好きです
しろちゃんの笑い声がきこえてきそうです
そしてしろちゃんの香りが
届きそうです

今週もいっぱい遊んで
好きなものを食べて
かわいい姿が見れて
私まで幸せな気分になれました

しろちゃん
しろちゃんママさん
ありがとうございました
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック