ママ医者判断、意外なことに抗生物質はしろちゃんの元気の源?

2016/08/06 Sat

DSC_1212a_convert_20160806141455.jpg

「暑い夏がやってきましたが、みなさん元気にしていますか?
僕は毎日楽しくやっているのです。
蝉がお部屋に入ってきたら、ママに捕ってあげようと待ち構えているのですが、なかなか来ません。
いつも僕にご心配、ありがとうございますなのです。」



とうとう猛暑がやってきた。
森では蝉が夜まで鳴いている。
風に乗って、遠い町の盆踊りの太鼓の音が聞こえる。
鎌のような鋭いお月様も昇った。
この月が満ちるころ、夏は熟れ始める。
そう思うと、夏の行き過ぎるのもなんだか早い。


DSC_3268_convert_20160806141213.jpg

青モミジの中、2~3枚だけ紅葉

DSC_3142_convert_20160806141147.jpg

大きな手の平サイズの芙蓉

DSC_3168_convert_20160806141226.jpg

赤い葉っぱが好きな蝉、脱皮しました。



*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜

いつもしろちゃんんとしろちゃんママに優しいお心遣い、暖かいお気持ち、励まし、ありがとうございます。
心より感謝しております。
お蔭様でこの一週間、発作もなく過ごすことができました。
先週のように絶好調とは言えませんが、なんとか穏やかに居られました。
また、お薬が一種類増えました。
お薬やサプリメントに、できるだけ頼らないで自然にいさせたい。
それがしろちゃんママの信条ですが、明らかに効き目がわかると、飲ませずにはいられません。
しろちゃんのしたいように。
しろちゃんの楽しいように。
しろちゃんの幸せなように。
ひたすらそう思って過ごすこの頃ですが、そのおかげでしろちゃんは、とってもワガママになってきました。
四六時中、ママママと追いかけまわす始末。
パソコンに向かうと、キーボードの上から頑として降りなくなり、困ってしまいます。
ええ、ママとしては幸せですとも。
良い写真が撮れなくても、すべきことがはかどらなくても、しろちゃんさえそこに居れば。
そんなわけで、いい写真がありません。
ここ2週間の寄せ集めの写真ですが、しろちゃんのかけがえの無い日常です。
いつもご心配、ありがとうございます。

*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



8月5日の写真

DSC_3032a_convert_20160806141725.jpg

写真がイヤで、そっぽ向いてばかり。
とうとうママが悲しいため息をついたら、カメラ目線のこのお顔してくれました。
ママを気にしてくれたんだね、しろちゃん。

やけっぱちなのかも。




抗生物質がしろちゃんの新たなお薬として加わりました。
7月19日の心臓発作からお熱が引かないために、7月21日~28日まで、抗生物質をきっちり飲ませました。
お熱は順調に下がりましたが、前回のブログにも書いたように、体調もびっくりするほどすこぶる快調に!
30日まで、お咳もまったく出ず、心臓もバクバクせず、何をしても穏やかな状態を保てたのです。
抗生物質を飲んだことで、何かが良いほうに変わった?
しろちゃんママは素人判断ながら、そういう気がしてなりませんでした。
誰がなんと言おうと、現実にとても良い状態だったのです。
これって、医学的な理屈より大事なことなんじゃないかと思うのです。
ややこしい経緯があったので、病院とのやり取りを箇条書きで。



7月24日の写真

DSC_3007b_convert_20160806141253.jpg

なんでもない表情」なんだけど、しろちゃんママは結構好きなんです。

DSC_3013b_convert_20160806141304.jpg

横顔は、ちょっと文学的



28日
→抗生物質が切れるので病院に電話。
お熱が下がったら、抗生物質を飲ませた目的は達成されたので、もう飲む必要はなしと言われる。
この日は病院は休診で留守番の看護師さん対応。
31日
→微熱が復活し、病院に電話。
微熱なようなら、そのまま外部から冷やし、しばらく様子を観るように看護師さんに言われる。
抗生物質を飲んでいる間、いかに快調だったとしても、目的もなく飲ませると抗生物質に耐性ができてしまい、いざという時に効かないことになってしまうと看護師さんより言われる。
1日
→お熱が下がらないので病院に出向き、先生と話す。
今後、抗生物質をずっと飲ませることにしましょうと、先生から言われる。



7月28日の写真

a href="http://blog-imgs-95.fc2.com/s/h/i/shirochan115/DSC_3015a_convert_20160806141349.jpg" target="_blank">DSC_3015a_convert_20160806141349.jpg

何かにキョトンと驚いているお顔だけど、ボケちゃった。

DSC_3049a_convert_20160806141402.jpg

毛並と色は、お具合悪くてもそうそう変わっていないように思えます。



先生としろちゃんママの意見の集約。
※お熱が何で出ているのか不明。
しろちゃんの場合、風邪などのウィルス感染は考えられず、肺水腫のお水からの発熱かもしれない。
また、脳関係の問題かもしれない。
脳関係は、ご近所先生は診ていないので判断できないとのこと。

※抗生物質が全身的に良い結果をもたらしたということから、あらゆる感染を抑制したことは間違いない。
今後も抗生物質を飲ませ続けてみる価値あり。

※21日~28日に一週間飲ませ、いったん中断していることから、飲んだ抗生物質の種類に耐性が発生している可能性がある。
1日~8日まで飲ませてみて、効かなくなっているようなら抗生物質の種類を変更。



7月29日の写真

DSC_0882a_convert_20160806141419.jpg

アニマルプラネットを観ながらママを待っているけれど、眠っちゃうしろちゃん。
この頃は、夜10時も過ぎると起きていられません。




前回のブログの中で、
「咳も出ない、目ヤニも鼻水も出ない。
お熱のために飲んだ抗生物質の副産物なんだろうか。
そうならば、ずっと続けて飲ませたいような気もする。」

としろちゃんママは書いています。
獣医さんでも看護師さんでもないしろちゃんママが、独自の判断でどーのこーの言うべきではないと思って、病院への発言はいつも控えめにしています。
が、今回ばかりは強く推してみました。
しろちゃんかわいさに!
治らないことは重々わかってる。
それならば、できるだけ苦痛のない日々を送らせてあげたい。
できるだけ楽に、できるだけ楽しく。
しゃべって走ってはしゃいで、できるだけ幸せな日々を、いや、確実に幸せな日々をしろちゃんに過ごさせたい。



7月31日の写真

NLViqhwI7DTERKZ1470462815_1470462870.jpg

ママがソファに腰かけていると、脚の上に乗ってくるしろちゃん。



飲んだ薬が正しかろうが正しくなかろうが、しろちゃんが苦痛なく過ごしていることのほうが、大事なんだ!
長かろうが短かろうが、しろちゃんがしろちゃんらしく幸せに過ごす日々が、ずっと大事なんだ!
それ以上大事なことはないんだ!
しろちゃんママは、そんな心境です。
毎日観ているのは自分、24時間観ているのは自分。
しろちゃんのお具合を、自分が一番わかっていると思っても、そうそうバチは当たらないのじゃないか?
しろちゃんママは、獣医さんでも看護師さんでもないけれど、しろちゃんの生死に全責任がある。
責任とれるのも、またしろちゃんママだけだろう。
他の誰でもない、しろちゃんのママであるしろちゃんママだけだ。



8月1日の写真

DSC_1343a_convert_20160806141549.jpg

暑いのに、ママ抱っこでグースカ

zC3BrDeqINX6y721470462720_1470462744.png

汗かきつつも、ニヤニヤとうれしいしろちゃんママ



そういうわけでしろちゃんは、抗生物質を常時、一日2回飲むことになりました。

先日、心臓発作を起こして以来、一回も行く勇気がなかった美容室に、しろちゃんママはやっと行きました。
シッターさんを頼もうともせずにです!
こういうわけで来られなかったと話をしたら、大型犬とニャンコと暮らしたことのある美容師さんはおもしろいことを言っていました。
「だったら、一緒に連れて行けばいいじゃない。
ここへでもどこへでも。
動かすことが危険だって?
お留守番も危険なんでしょ?
同じ危険なら、肌身離さずそばに置く危険のほうを僕は選ぶな。
自分が動物だったら、そうして欲しいと思う。」




8月2日の写真

DSC_2728_convert_20160806141621.jpg

エンドレスに毛づくろいをし始めたので、アンリッカラーを一時的に着けました。
着けたままでは、トイレに入れないことが判明。
(しろちゃんに限ってのことです)
ドーム型トイレでは入り口を漕ぐることができず、子猫用オープントイレでは、足もとが見えないので跨げません。
今後の課題です。




ベランダの前の電線に、野鳥が来てとまることがよくある。
しろちゃんはもう、ケケケッとも言わない。
静かに首を傾げて野鳥を観ている。
しろちゃんは変わったんだね。。。
夜半に蝉が、ジジジっと言いながらベランダに入った。
しろちゃんが向こうのお部屋からすっ飛んで来た。
網戸に手をかけ、どこかどこかとキョロキョロ探している。
必死に探している。
…変わったんじゃない。
野鳥を友達と認識しただけで、本能は昔のしろちゃんのまんまだった。
蝉を捕獲できないママに、捕ってあげたいというしろちゃんの気持ち。
香ばしい美味しい蝉を、ママに食べさせたいというしろちゃんの愛情。


8月4日の写真

DSC_3096a_convert_20160806141655.jpg

「ママは何が好きなんだか、何が食べたいんだか、考えているのです。」


いつもいつも、慈しんでいるのは自分と思ったら大間違い。
愛することより愛されていることに気づいてやっと、しろちゃんがわかってきた。
この先、どれほど愛してくれるのか。
こんなママをどれほど愛してくれるのか。
細いお月様に、しろちゃんに出会えたことを今さらながら感謝した。


DSC_0886a_convert_20160806141441.jpg

「ママは蝉が嫌いだって言うのです。
僕はお外に買い物に行かれないし…。
ママのワガママにも困ったものなのです。」







人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
調布、三鷹、府中あたりで猫が傷つけられる事件が起きています。
猫を外に出すことはやめましょう。
お外の猫に少しでも不審な様子を観た方は、最寄の警察や市役所、保護団体、猫ボランティアさんに連絡してください。
詳しくは、百猫物語のsabimamaさんまで。
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*


参加しています。
クリックすると投票されます。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

kakoboxさん、ご無沙汰しました。。
千代の事、長い間応援してくださってありがとうございました。。
お陰様でハッピーな結末を迎えることができました
本当に奇跡だったと思います。。
少しづつですが日常に戻れそうです。。

しろちゃんも元気な様子で安心しました^-^
何気ない一日一日が幸せですよね。。

No title

しろちゃん

今週もかわいい姿見れてうれしかったですよ

ママにいっぱい甘えて
ママの膝にのって
この夏を乗り越えてね

かわいいね
かわいいな~

私も息子のしろちゃんが元気だったころ
ほんと毎日といっていいくらい
「しろさん か・わ・い・い・ね~」
と言ってました

ほんとしろちゃんかわいいですよね
かわいい姿見れてうれしかったです

ありがとうしろちゃん
ありがとうございますしろちゃんママ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

kakoboxさん、しろちゃんこんばんは~

ママにたくさん甘えちゃってー
しろちゃんが穏やかに過ごしている事をとても嬉しく思います。
カメラ目線のお顔は「ママがそんなに撮りたいのなら撮るのです!」って感じでしょうか。
うちのベランダに蝉がたくさんやって来ます。
今日は花火大会もあります。
しろちゃんこっそり遊びに来れないかなー(*´∀`*)
今日も特大元気玉を置いていきますね。

No title

しろちゃんへ

こんばんは。
今週もしろちゃんの様子が分かって嬉しいです。
うちの白猫兄弟さんは、有り難いことに、まだ
病気をしたことがないので、お薬のことは何も
アドバイスとかできないけど、しろちゃんが
楽にいられて、しろちゃんママが安心できたら
いいなと思っています。

今日は、しろちゃんが6歳になったときの
日記を読みました。
その時にしろちゃんママが紹介してくれていた
お歌を読んでみて、私も、うちのシロちゃんチビちゃんの
命のカウントダウンをして悲しむよりも、健やかな
成長を喜びたいと思いましたよ。

しろちゃん、しろちゃんの10歳の誕生日は、
うちの白猫兄弟さんもお祝いに駆けつけてもらうからね!
夜の猫ちゃんパーティーに入れてあげてね。

No title

こんにちはしろちゃん&しろちゃんママ~~☆
連日火のように暑いですがちゃんと生きてますか?
自分は半分溶解した妖怪、、なんか用かい??
---と、このようにデッドラインを振り切っております
あづい~~~~><
しろちゃんもママさんもなんだか涼しげに見えるんだけどぉぉぉ~
中ほどのしろちゃんのキメ顔!
どうよ!この清涼感!!!美しすぎる~~~!
水琴窟の音色を思い浮かべちゃいましたよ~
https://www.youtube.com/watch?v=2I2B6kI1JJs
聞きたくなってYoutubeさがしたらありました。
ママさんも気が向いたらきいてみてください
(自分が水琴窟を知ったのは某山中の
小さな滝の裏側で鳴っている自然の音でした
この映像よりもっとリリカルで美しい音色でしたよ!)

ちゃんとした理由がわからなくっても抗生剤が効いて良かったですね
そりゃ~ちゃんと診察受けるんじゃないんだから
どこがどうしたかなんてわからないですよね!
でもママさんの頑張りに聴診器も理解があった様ですね
良かったですね!
あーあ、猫のインフルエンザとかだったらいいのにな~
お薬で治る病気だったらな~~
ごめんなさい!ママさんが一番そう思ってるでしょうに。。。

今も悪くない状態が続いているとうれしんですが
なかなか思ったようにはならないのが世の常だったりします
でもでも、このかわいい小さな家族に長く長く幸せを感じてもらいたいって
強く強く思っています。。。
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック