腹壁ヘルニア その20 病み上がりの招き猫

2011/02/09 Wed

IMG_2289_convert_20110209173758.jpg


既出の写真だが、「病み上がりの招き猫」

ヨチヨチよっこらしょと、足場足場を探しては、窓辺のカウンターまでずり上がってきた。
ボケてますが、この写真こそ、愛猫の病気や怪我で悩む飼い主さんに、そして猫ちゃんに見て欲しい。
ある意味、このブログの主目的である。
「人生は、できることに集中することであり、できないことを悔やむことではない。」
スティーブン・ホーキング博士


退院後の12月2日、3日、4日はほとんど変化がない。
写真もまったく同じよう。
(手帳の覚書と写真を見比べていて、デジカメの日付設定が一日前にずれていることに気づいた。)

ご飯に関しては、病院では3泊もしたのに、a/d缶をスプーンで何杯という単位しか食べていない。
退院の際、先生から、
「いつものカリカリを食べてもいいんですよ。
食べるなら、あげてください。
しろちゃんはロイヤルカナン派だから、ロイヤルカナンの退院サポート缶を一応つけました。
好きかどうかわからないけど。」。
と言われた。
病院からのサービスということで、こんな気遣いをママはとてもうれしいのだ。

先生がそう言ったので、胃腸関係にはさして支障をきたさない手術だったのかと察する。
人間だったら、普通食に戻るまでに1週間程度はかかる。
動物一般は、その点、強い。
のんびりと回復していたのでは、野生の場合は生死に関わる。

退院した当日は、まったく食べない←「まあ、しろちゃんにはありうることね。」とママは心配しない。
「目を覚ました時には、いつもご飯をあげてみたほうがいいよ。」としろパパさんが言うが、その目を覚ました時ってのが、あまりないんだもの。
翌日の目を覚ましている時に、カリカリのお皿と退院サポート缶をちょっぴり入れたお皿を持って、ベッドの上のしろちゃんのところに持ってゆく。
「患者さん、お目目覚めましたね~ご飯の用意、出来ましたよ~。
普通のご飯ですか? おいしいおかゆにしますか~?」
明るく明るく笑顔でね


IMG_2292_convert_20110209174020.jpg


リビングに出てきて、しろパパさんに握手を求められるが、迷惑そうなしろちゃんなのだ。


しろちゃんは、いつものカリカリを2粒程度食べたが、カリカリを噛むカリッという衝撃がお腹に響くらしく顔をしかめ、ペースト状のサポート缶に目がいく。
スプーンで口元に差し出してやる。
口に入れてみて、「はひっ」というおかしな顔をした。
歯ごたえの無さに面食らったらしいが、珍しいのかスプーン2杯は食べた。
カレーのスプーンじゃない、ティースプーン2杯だ。
お水を、ママはマグカップに入れてきた。
平たいお皿だと、ママがこぼしそうなので…。
しろちゃんが飲んでる間は、カップを傾け続けなければならない。
しろちゃん、楽しいじゃないか、こんな飲み方も

術後の都合で変わってしまう生活習慣をすべて、遊びでやっているような感覚にさせるのだ。
「ママ、看護士さんごっこだね。じゃしろちゃん、患者さんになるね~
「ベッドには、段々であがるんだね、あははっこれも楽しいや
「ご飯をママが食べさせてくれるの~? うふふっ、赤ちゃんごっこだね、ママ
「すぐそばにおトイレがある~屋根の無いトイレだ、これもまた、面白いね~ママ
「僕、変わったお洋服着てるけど…仮装パーティごっこ?」。



こうして楽しく騙すことはできるが、騙せないのはしろちゃんのお腹の中の都合。
「僕のお腹、ちょっと痛いし、なんだか変だよ~ママ
僕、いつものように元気に動けないんだ
ママ~、僕はもしかして病気…なの???




IMG_2111_convert_20110209174958.jpg


悲しそうに見上げるしろちゃんに、ことの次第を説明できないことが本当にもどかしい。
お腹の中では、相当変てこな状況が起こっていることは推測できる。
「10日程度は、引きつって思うように動けないんです。」
先生もそう言った。
また、ママの買った術後服には、「行動を抑制したい猫ちゃんに!」とう用途もあるのだ。
手術後のあまり動いてほしくない時期に着せることで、猫ちゃんの行動を抑制するというわけ。
猫ちゃんはそもそも服を着ると、慣れないうちは歩けないこともあるらしい。
術後服の背中側がダブルガーゼになっているのは、わざと着心地が悪くなっているのだ。


IMG_2295_convert_20110209174044.jpg


「たまにはテレビでも観ようかなと出ては来ましたが、起きてられない僕でした
術後服、ずり下がってます(笑)


「何をしろちゃん、勘違い勘違い。
病気になったんじゃなくて、病気を治したの。
先生がジョッキン!チクチクして治してくれたんですよ~。
少しの間は、元気に動いてはダメなの。
それはどうしてかっていうと………
…そこがしろちゃんにわかる言葉で説明できないママは、下を向いてしまうのだ。
ずっとじゃない、今年いっぱい1ヶ月だけのことと、自分を自分で慰める。

ちなみに、
「ジョッキン」は我が家の猫用語で切ることを意味する。
お料理中のママの足元にまとわりつくと、「ジョッキンだよ」と包丁を見せられ叱られる。
はさみやカッターを使っている際にも同じ。
チクチクは針状のものすべて。
ジョッキンと言うときに、わざと大げさに「ジョッキン」。
と大きな声で言う。
言葉の持つ言霊や響きで、それは怖いことと猫でもわかる。
我が家には、変てこな猫用語があるので、後に猫用語辞典をまとめましょう。
自然に口から出た言葉で、私は真顔で使っているのだが、他の人からすると結構笑えるらしい。

猫は(ワンちゃんもかもしれないが)、私達大人二人より、自分の置かれた環境と状況をずっとよくご存知。
遠いはるかな野生の猫の母さんの声が、しろちゃんには聞こえているのかもしれない。

傷ついたときには、じっと耐えなさい。
泣かないで耐えなさい。
暗いところで耐えなさい。
動かないで耐えなさい。
痛みはすぐにきっと消える、
傷はいつか必ず癒える。
数日食べないでも死にはしない。
数日飲まないでも死にはしない。
自然の力が、お前に魔法をかけてくれるよ。
きっと治る魔法をかけてくれるよ。
だってお前は猫だもの。

IMG_3072_convert_20110209174603.jpg


「ママ~赤ちゃんごっこ、楽しかったよね
しろちゃんの要求で、そのまんま続いてますが…(笑)


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

しろちゃんへ。

しろちゃん、お母さんの言いつけ(自然の教え)を忘れていいんだよ。
もうここはお外じゃないんだから。
耐えることも我慢する必要もない。
自然の力を借りなくてもしろパパさんとしろママさんが魔法をかけてくれるから。
あらん限りの愛情でずっとずっと守ってくれるから。

しろちゃんが楽しいなら、しろパパさんもしろママさんも楽しい。
しろちゃんが嬉しいなら、しろパパさんもしろママさんも嬉しい。
しろちゃんが悲しいなら、しろパパさんもしろママさんも悲しい。
しろちゃんが苦しいなら、しろパパさんもしろママさんも苦しい。
しろちゃんが幸せならば、しろパパさんもしろママさんも幸せ。

しろちゃんとこうして出会えたこと、それだけでみんな幸せ。


しろままさんへ。
しろちゃんは赤ちゃんごっこでなく、赤ちゃんになったのですよ。
何年経ってもいくつになっても、しろちゃんはしろパパさんとしろママさんの赤ちゃんです。

つくね♂さん、ありがと♪

感動的なコメントをありがとうございますi-241
もうそのまんま、記事の続きにしたいようです。
つくね♂さんと一緒で、つくねちゃんは本当に幸せですね~i-178

しろちゃんは約1年半もお外生活ですから、すぐに野生の呼び声に呼ばれちゃうんですi-182
耐えることも我慢する必要も無いのよって、どれだけ言っても、自分の身は自分で守ろうとしちゃうんですよ~。
腹壁ヘルニアの元凶となる怪我のトラウマも、きっとあると思います。

>しろちゃんは赤ちゃんごっこでなく、赤ちゃんになったのですよ。
↑ そうでしたそうでしたi-228
年々赤ちゃんがえりしてゆくことを、むしろ喜んでいるママでしたi-229
そんな感じで、本当に年齢もマイナスになってゆけばいいのに。
つくね♂さんもそう思うでしょ~v-22

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ジョッキンはすごく腸にクルぅ;(||゚Д゚)ヒィィィ!

とても分かりやすい表現ですねぇ

kakoboxさんの猫語はすごいです

実はアンちゃんにピカピカパチパチを
使わせてもらったんです(無断拝借しました;)

なんと一発で分かったみたいです

パソコンって言っても全然理解してくれなかったのに
スグ納得してくれて寝てました

今まではしつこく邪魔しに来てたんですよ

それが一言でw(゜o゜)w

だからkakoboxさんの猫語はスゴーク沁みる言葉使いなんですよ~尊敬♪



写真の丸まって寝ているしろちゃんの口元が言葉では言い表せないほど具合が悪そうで・・・

可哀想で苦しいです(´`:)

でもしろちゃんホントに一生分がんばった!

偉すぎる!しろちゃんもしろちゃんママとパパも。
ご家族皆すごいと思います。





このブログしろちゃん今はだいぶ元気って聞いてるから読めますよぉ;

rag mamaさん、ありがと♪

ジョッキン、怖かったですか(笑)

アンちゃんにもピカピカパチパチを使ったんですって!どうぞどうぞi-237
通じましたか~!
よかったわ♪、アンちゃんはお利口だから、飲み込みが早いのねi-178
(そういうとこ、長女気質かなとも思います)
猫用語は、何でも大げさに言うことがポイントと思います。
特に、危険なこと関係の猫用語は、しっかり身にしみこませたほうがいいと思いますよ。

しろちゃんは、上がってはいけないところ(机、テーブル等々)に上がったときには、「あーーやだよやだよーいーけないんだー!」としろパパさんと二人で指差します。
これやると、慌てて飛び降りますよ(笑)
人の感情や危機感を猫ちゃんはしっかり読み取るんですね。
大人二人に批難されてるっていう空気を読めるんですよね~。

尊敬してもらっちゃったので(笑)猫語辞典、本気で作ろうと思いますi-179

具合の悪い時期のしろちゃんは、頑張ってる姿がわかりやすい=顔や姿が変てこなんですよ!
なんとしてもリビングに一緒に居ようとする涙ぐましい努力、こういうところがしろちゃんの性格かな。
 私には、自分の得た幸福を手放すまい!って感じに見えるんです(涙)

>でもしろちゃんホントに一生分がんばった!
↑ しろちゃんに伝えますね~rag mamaさんがほめてくれたよってi-1
今後も、何があっても頑張りますよ~♪
いつも長い文を読んでくださって、本当にありがとうございますv-22



プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック