怪しい夜の不思議な音、しろちゃんの心臓にガラクタ詰まった?

2016/06/11 Sat

DSC_1984_convert_20160611161744.jpg

「梅雨なのに、雨こんこんはお休みなのです。
カエルさんやカタツムリさんは、出てこられなくて、困っているのです。
みなさん、僕にご心配、ありがとうございますなのです。
お具合悪い日もあったけれど、よくなったのです。」




風にざわつく森の木々。
夕方にはフクロウが、眠りにつく前の歌を歌う。
雨が来ないまま、夏になったら…という歌を歌う。
木々は、穏やかじゃない。
物には何でも順番がある。


DSC_2027_convert_20160611163003.jpg

雨のあとの森

DSC_2166_convert_20160611163017.jpg

瑞々しい紫陽花

DSC_2258_convert_20160611162938.jpg

ガク紫陽花
ご近所の方に切って頂いた。


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜
いつもしろちゃんとしろちゃんママに、暖かいお気遣い、励まし、応援ありがとうございます。
お蔭様でしろちゃんは、今日現在は穏やかに過ごせています。
いつもいつもジェットコースターに乗ったままなので、言い方が変ですが、これといった変化がないとも言えます。
入梅早々、お天気の良い日が続く東京です。
梅雨はどこに?と思うほど、風はさわやか。
我が家の湿度は47%!
午前中のしろちゃんは、カーテンがゆらりゆらりと揺れる窓辺で、ゴロンゴロンしていました。
このところは、座っていることがしんどい時もあって、ゴロゴロすることが増えました。
それでも今朝は、猛烈な勢いで運動会。
家の端から端まで、行ったり来たり。
そりゃもう、お外の生活の経験を感じさせる走り方で、力強いです。
えっ?座っているのもしんどいのに
しろちゃんの体調がどういうことになっているんだか、さっぱりわからないしろちゃんママであります。
止めたい、やめさせたい、じっと寝かせておきたいと思う反面、「しろちゃんの好きなように、したいように」と、自分に言い聞かせています。
これまた、どっちだか、決めかねるしろちゃんママの気持ちです。

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


6月6日の写真

DSC_1973_convert_20160611161659.jpg

パソコンのキーボードさえ奪えば、ママは僕を構うに違いない…のしたり顔


アメショっすの銀ちゃんが3月に亡くなったそうです。
知らずにいましたが、心からお悔やみ申し上げます。
詳しいことはわかりませんが、急性心不全か脳梗塞だということでまったく突然のことだったそうです。
前回の記事に、しろちゃんのことの原因を、
「脳が先か心臓が先か、いずれにせよ血栓が関係しているのではないかと推測しました。」
と書いたばかり。
心筋症も脳梗塞も、そのどちらも、突然亡くなる原因であるのだと再認識した次第です。
しろちゃんも突然に…とそういうことではありません。
突然だったかもしれないことが、幸いにも命を取り留めて、その後も何回も取り留めて、しろちゃんの今日があるのだなと思えました。
しろちゃんの一連のことの発端が、仮に微小脳梗塞だたにせよ、急性の心筋症だったにせよ。



6月7日の写真

DSC_1948_convert_20160611161717.jpg

「う~ん、今度のふろくはイマイチなのです。
爪とぎなんて、僕のお家に山ほどあるのです。」



6月8日9日は、終日怪しいしろちゃんでした。
8日は、起きて早々、しきりに甘えて、かすれ声でしゃべっていました。
いつもなら、ママの朝ご飯中はしっかり待ってくれるのですが、ママにまとわりついて、見上げて、しきりと何かを訴えるのです。
しろちゃんなりにイヤな予感がし、不安になったのでしょう。
段々と肺水腫の咳が出るようになって、咳き込むことしきり。
午後には、カックンカックンと身体全体をを使って呼吸をするように。
我が家ではこれをカックン呼吸と言っています。
開口呼吸やゼーゼーはないものの、カックンカックン。
しろちゃんママは冷蔵庫からお薬の袋を出したり入れたり。
しろちゃんは、カックンでまともに眠れないので疲労困憊。
白猫には、目に隈ができるのです。


DSC_2118a_convert_20160611162120.jpg
行く先々についてきて、ママを見上げるしろちゃん。
黒いのはママの足。



酸素ハウスに騙して入れるものの、数分も我慢ができず、出して出して~と、わんわん泣きます。
声がまともに出せないくらいなので、泣くという行為はしろちゃんにとっては苦しいことのはず。
あらんかぎりの力を振り絞って「アンッアンッ」としか泣けない
しろちゃんを、泣いても閉じ込めておくことが賢明とは、しろちゃんママには到底思えません。
せめて泣かせない、せめて力を使わせない程度のことしか、お薬以外にはできません。
就寝時には、利尿剤とステロイドを飲ませて抱っこ寝。
壊れた車のエンジンルームが真横にあるような心持ちで一晩明かすことに。


6月9日の写真

DSC_1966_convert_20160611161920.jpg

「まただまされて入れられちゃったのです。」

DSC_2127_convert_20160611162026.jpg

オカンムリでプンプンしろちゃん


9日朝になっても、依然と容態は回復せずですが、しろちゃんはきちんと起きて来て、カックンのまま、歩いたり外を観たりするのです。
「呼吸がちょっとでも早くなったら酸素ハウス、ハーハーしたらステロイド、開口したらニトロ」
耳にタコができるほど、ご近所先生には言われていますが、このハーハーしたら…ってところ、つまりステロイドのタイミングが、しろちゃんママにはどうもわからない。
「ハーハーじゃなくて、お鼻フンフンじゃないですか?」
獣医さんにこう反論してみたいしろちゃんママですが、一難去ってしまうと、聞く勇気もなくなる。
猫のハーハーは、すなわち開口呼吸と思うのですが、猫とく暮らしている皆さん、どう思われますか?
フンフンとお鼻を激しく開閉して呼吸すると表現すべきではないでしょうか。


DSC_2043_convert_20160611161953.jpg

「ハーハーでもフンフンでもないのです。
出してくださいなのです。」



ステロイドは、発作の一歩手前で使うべきお薬で、ハーハーしてからでは遅い。
これはしろちゃんママの素人判断です。
しろちゃんの場合、開口呼吸し始めたら、心臓発作に一直線です。
この日はご近所先生がお休みだったので、準ご近所先生に電話でご指示を仰ぐことに。
「こと猫に関しては、投薬のタイミングは、実はお母さんの経験と勘が一番なのです。
今まで発作を未然に防いでいた体験こそが、僕が言うよりも合っている。」
しろちゃんママは今後、フンフンとお鼻で呼吸し始めたら、ためらいなくステロイドを使うことにしました。
何でステロイドが効くのかは、わかっていないそうです。
またステロイドは、治す薬ではなく、一時的に容態を改善させるだけのもの。


DSC_2032_convert_20160611161940.jpg

「出してくれないのなら、自力で扉をこわして出るまでなのです。」


夜間には、何としてでも酸素ハウスに閉じ込め、その扉の前にしろちゃんママが寝るべく準備しました。
しろちゃんママにも、起き続ける限界がありますから。
暗い照明のした、大きなクリクリの黒いお目々が、酸素ハウスの中からママを見下ろして、アンアンアンアン。
結局つまりは、ベッドでいつものように抱っこ寝。
壊れたエンジンのゴンゴン言うような音を心臓からさせながら、それでもしろちゃんは横向きになってウトウト。
ママもウトウト。
突然、
ゴゴゴ、ガガガ、ギーッガッチャン
(本当にこういう音なのです)
し~ん

し~んて、何?


6月10日の写真

DSC_2177_convert_20160611162141.jpg

ひーたんは24時間起きてしろちゃんを観ていてくれる頼もしい存在。


心臓止まった?と思いました。
お胸に手を当てると、動いてる。
照明を明るくしてお顔を覗きこむと、我がしろちゃんはスヤスヤスヤスヤ。
ゴゴゴ、ガガガ、ギーッガッチャンで、カックン呼吸は急激に止まったのです。
心臓に何か詰まっていて、それがポコンと取れた???。
それも、鉄でできたようなガラクタが。
もちろん、そんなことはあり得ませんけど。
最近は、ちょっとやそっとの不思議に、驚かないしろちゃんとしろちゃんママになりました。

その後、そのまま穏やかな状態で、今もカゴの中でスヤスヤと眠るしろちゃん。
「ゴゴゴ、ガガガ、ギーッガッチャンで、カックン呼吸が急に治まって…」
と、ご近所先生には報告しないことにしました。
しろちゃんのお母さんもいよいよアレだね…と、思われることは必至ですから。


DSC_2010_convert_20160611161805.jpg

しろちゃん、何見てるの?
「お祭りや盆踊り、早く来ないかな~とお空をみているのです。」


しろちゃんとしろちゃんママには、しろちゃんとしろちゃんママにしかわからない世界もある。
そんな世界を、二人で歩いているのです。
手に手を取り合って、歩いているのです。
孤独のようでも、二人なのです。
頬寄せれば、微笑みあえる。
困難で険しいけれども、二人なら歩いてゆけるのです。


DSC_2021_convert_20160611161834.jpg

「夏には、ママと手に手を取り合って、盆踊りに行きたいと思うのです。
秋には、ママと手に手を取り合って、公民館でお芝居するのです。
なかなか忙しい僕なのです。」







人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
調布、三鷹、府中あたりで猫が傷つけられる事件が起きています。
猫を外に出すことはやめましょう。
お外の猫に少しでも不審な様子を観た方は、最寄の警察や市役所、保護団体、猫ボランティアさんに連絡してください。
詳しくは、百猫物語のsabimamaさんまで。
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*


参加しています。
クリックすると投票されます。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

しろちゃんへ

しろちゃんこんばんは。
今週もしろちゃんの様子が分かって安心しましたよ。
ギーガッチャンでも、何でもいいのです。
しろちゃんが元気なら。
ちょっとびっくりして、ドキドキしたけど、動じない
しろちゃんママは強いですね。
しろちゃん、盆踊りもお芝居も終わっても、クリスマスや
お正月もまだまだやってくるよ。
これからもたくさんのことを、しろちゃんママと
一緒にできることを、遠くからずっと祈っています。

はじめまして

しろちゃんのファンです

しろちゃんが少しでも長生きしてもらいたいと真剣に願う1人です
しろちゃんのママもステキです

またしろちゃんのお顔を見れる事を楽しみにしております
しろちゃんの口調も大好きです

私は
しろちゃんのブログ
同じものを何度も何度もみるのです
そしてホッとするのです
(しろちゃん口調が少しうつりかけてます^_^)

また楽しみにしております

しろちゃん、しろちゃんママこんばんは。
昨日今日は梅雨の晴れ間で本当にいいお天気でした。思いきり日なたぼっこできましたか?

フンフン、うちの猫が思いきり遊んで走り回って疲れた状態の時には鼓動も早く、鼻でフンフンしています。しろちゃんはその状態と同じ感じでしょうか。なんだか例えが下手なのですが、すみません。

変な話、今まで看取ってきた猫達は必ずみんな口呼吸で辛そうでした。ので、ハーハーはよほど辛いのかなと判断します。

しろちゃんの状態をきっちり見極めて投薬されているkakoboxさんの判断のお陰でしろちゃんも頑張れている。
しろちゃんとしろちゃんママの頼り頼られ寄り添う姿ずっと見せてくださいね、まだまだ応援しています。

明日からは雨ですね。穏やかにすごせますよう、元気玉送ります(*^^*)

No title

しろちゃん、しろちゃんママ、こんばんは。
大変な時と、穏やかな時を繰り返しながら、
それでも今日もしろちゃんのお顔が見られたことに感謝です。
開口呼吸は、それは苦しそうに「ハッ、ハッ、ハッ」とします。今でも、ななのその声がこびりついています。
しろちゃんのお薬や酸素ハウスに入れるタイミングは、やはりしろちゃんママの判断でいいと思います。お書きになっていること、参考になります。しろちゃんママのチカラの限りの看病がしろちゃんにとって大きな支えなんだと改めて感激しています。しろちゃん、夏祭りのしろちゃんの盆踊り、楽しみにしていますね。いっぱいいっぱいお祈りしています。おっと、大きな元気玉も置いていきます。

No title

kakoboxさん、しろちゃんこんばんは。

今日の大分はカラリと晴れていました。
紫の紫陽花、とても綺麗ですね。
今日のしろちゃんのお具合はいかがでしょうか。
どうか苦しくなっていないように願うばかりです。
またkakoboxさんのお身体も気になっています。
家族が病気になると心配で落ち着かない日々だと思います。
どうかご自愛なさってくださいね。
しろちゃんがきっと癒してくれている事と思いますが…
また次回も可愛いしろちゃんに会えるのを楽しみにしています。
今日も特大の元気玉を置いていきます。

No title

こんにちはしろちゃん!ママさん!
今日は久しぶりにこちら晴れてますよ!とっても気持ちいいですよ!

ゴゴゴ、ガガガ、ギーッガッチャンで止まった努力呼吸、、、
ほんとなんだったのでしょうね??
ママさんならそろそろ答えに行き着いてるんじゃないですか?
それか、、もしかしたらしろちゃんはゼンマイ仕掛けか??
ここのところ大変な思いを繰り返してるしろちゃん。。。
影武者登場か????苦しいときは影武者に頼んで自分は奥でネンネ。
ブラックジャックのお話にそんな不思議な話があったような。。。
そう、やはり難病の子供に起きた話だったように記憶しています。

ステロイドってほんとうに不思議なお薬ですね
なぜ効くのかが分かっていないなんて・・・・
確かに、今までいろんな症状にステロイドを出してもらってました
抗がん剤のプロトコルの中にもステロイドはありました。
IBDでもステロイド。もちろん皮膚疾患でも。
獣医は、ある意味万能薬とも言えます、と
心臓発作にもか。。。。う~なにがどう作用するのか・・・

確かに、泣いてる子を酸素ハウスには入れて置けませんね
より一層興奮して心臓が心配ですもんね
ママさん、心配でしょうけど、その時々でいいのでは?
かわいいしろちゃんが精一杯がんばっていられるのは
ママさんと一緒にいたいからですよ~
手に手をとってまだまだ遊んでいたいんだもんね
しろちゃんの楽しい夢をもっと聞かせてね~♪

お山の向こうで応援してるよ(=^・^=)

しろちゃん Kakoさんこんにちは。
しろちゃん、ゆるゆるとがんばってますね(^^)
我が家も、アトムは、おなかの毛は、まだポヤポヤですが、今のところ、食欲もあり、元気にしています。三週間に1回の抗がん剤点滴は、かなり暴れるので、針を刺すまでは、付き添って、そのあと出社し、退社後迎えに行って一緒に帰宅という生活にもなんとなく馴れてはきました。免疫アップのため、コルディMという漢方サプリも併用しています。幸いこれが合うようで継続しています。ぷーちゃんは、アトムのご機嫌とったり、子供猫のハンちゃんの相手をしたり、大忙し。ぷーちゃんのマイペースでおおらかな性格に救われてます。(^^;)アトムが「、しろちゃんも頑張ってるんだから僕も!」と、日々勇気付けられているようです。しかし、毎晩飲むステロイドと肝臓の錠剤が、日増しに警戒して飲まなくなってしまい、奮闘中です。粉にして食事に混ぜても最近はきれいにその部分残すようになったし。。
しろちゃん、今年も潮干狩りにいこうね。今年は、チビ猫のハンチャンも連れてくね(^^)ぷーちゃんは、しろちゃんにお話したいことがたっぷりあると言ってます(=^・^=)
お山の向こうからいつもしろちゃんを思っています。
大好きなしろちゃん。
ママに新しい麦わら帽子買ってもらおうね~
(=^・^=)(^^)(=^・^=)(=^・^=)

No title

良い日もあれば悪い日もある。
何とかこれを繰り返しながら、それでも頑張ってるしろちゃん、頭が下がります。
何だかしろちゃんのお顔を見てると「これも僕の抱えている運命なのです。」と言っているみたい。
しろちゃんは強い子だね。
おばちゃんも見習って強くならなくちゃ!
今日はスーパー特大の元気玉置いていっちゃう!
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック