諦めがいいしろちゃんが、絶対に諦められないこと。

2016/04/21 Thu

DSC_9460b_convert_20160421125707.jpg

「みなさん、こんにちはなのです。
お外のにゃんこ達、風が強いので、飛ばされないでくださいなのです。
僕はタンスの上にいるのです。
自分でもすごくカッコイイと思うのです。」



窓の外は一面の新緑の海だ。
風が波を運んで来る。
雨が息吹を運んで来る。
次の季節へ次の季節へ。
自然の歩みは遅くとも止むことがない。


DSC_9549_convert_20160421130712.jpg

しろちゃんちより徒歩1分の森

DSC_9521_convert_20160421130728.jpg

一面の野原にタンポポいっぱい

DSC_9583_convert_20160421130910.jpg

八重桜



このたびの熊本地震で亡くなられた方々に、心よりお悔やみ申し上げます。
被害に遭われた方々に、お見舞い申し上げます。
一日も早く地震がおさまりますように。
支援がくまなく行き届きますように。


いつもしろちゃんとしろちゃんママに、ご心配、お心遣い、応援、励ましをありがとうございます。
暖かいお気持ちに感謝しております。

お蔭様でしろちゃんは、4月1日以来、心臓発作もなく、それなりに穏やかに日々を過ごせています。
特に日、月、火と、とても明るく活発で、こちらが面食らってしまうくらいでした。
朝にすっきりと起き出し、走り回る、キャットタワーに駆けのぼる、タンスの上に飛び上る、トンネルをくぐって走る、オモチャのネズミを追いかけて狩りごっこをする。
お声もちゃんと出て、自分からよくしゃべり、お返事はする、こちらの問いかけることにはちゃんと答える。
……等々
まるで、溜まったエネルギーをまとめて発散しているようにも見えました。
至福の日々、至福の時間。
こんな風に思うような、思いたくないような、複雑な気持ちのしろちゃんママであります。
最初の心臓発作以降、3か月弱経ちました。
応援して見守ってくださるみなさんに、心より感謝いたします。
ありがとうございます。



4月16日の写真

DSC_9447_convert_20160421125448.jpg

しろちゃんはきれいに香箱を組みます。
お手々が前から見えません。



4月16日

朝から活発に走り回り、キャットタワーの下から4段目に登ろうとするものの、断念。
長いポールをよじ登るところまではいいのですが、段の上にひょいっと登れない。
ぶら下がる力はあるものの、懸垂の力が弱いということです。
しろちゃんは、ママに失敗を観られることを恥じており、登れなかったんじゃない、途中から飛び下りて遊ぼうとしたんだという風に、派手に着地します。
照れ屋だな~。
派手な着地も心臓に良くないと思うけど、しろちゃんの気が済むことが一番。
遊びたい気持ちはあっても肉体が付いてこない。
1歳半までお外で暮らしていたしろちゃんにとっては、相当悲しい変化なんだと思います。



DSC_9428_convert_20160421125404.jpg

ママとアニマルプラネットを観ていても

DSC_9441_convert_20160421125430.jpg

コックリコックリし、すぐにコテン寝


毎晩夜11時あたりには、眠くてコックリするようにもなりました。
本当は横になりたいのだけど、頑張って香箱座りの姿勢でママと一緒にアニマルプラネットを観ていて、コックリコックリ、お舟を漕ぎだします。
猫のコックリは、身体に比べて頭が重いので本当にかわいいです。
すると自分でも我慢できなくなるらしく、コテンと床に、どういうわけか必ず横を向いて横向きに横たわる。
眠いのならば寝んねしましょうと誘うと、急に飛び起き、再び香箱座りに戻り、
「いいえ、そんなことはないのです。
僕はママと一緒にテレビを観ていたいのです。」

と、頑固に言い張る。
結局はしろちゃんに余計ながんばりをさせることになてしまうので、しろちゃんママはコックリは観なかったことに。
遠慮とは言わないまでも、しろちゃんママに対して、あくまでもがんばる姿勢を取り続けているのです。
律儀も、時と場合によるよ、しろちゃん。


4月16日の写真

DSC_9453_convert_20160421125518.jpg

アンヨの先々までも丁寧に毛づくろいし。

DSC_9456_convert_20160421125504.jpg

疲れてコテン



4月17日。

前日に引き続き、起きて早々に家の中を走り回ります。
この日はキャットタワーに楽々と飛び乗っていました。
だけど、すぐにお顔をしかめて蹲る。
心臓病なのだから、どこもなんともないわけもないのだけれど、痛みや苦しみに我慢強いと言われる猫が、眉間にシワを寄せてお目々を閉じている。
平静を装ってはいるけれど、装えない何かひしひしとあるということ他なりません。
これは、傍で観ているほうが辛い。
かなり辛い。
しろちゃんがどこもなんともなく元気な時には、眉間にシワを寄せて何かに耐えるお顔なんて、観たことがありません。
発作のある時以外にも、ずっとどこかが痛いんだとは、どの先生からも伺っていません。
本当はどうなのか?


4月18日の写真

r9cEaqjraZHdF1W1461211965_1461212024.jpg

ふと見ると、険しいお顔で眠っている。

AUptD8YBKyvjNLw1461211239_1461211311.jpg

そんな時はママ抱っこで甘えん坊タイム。
抱っこすると、少しは険しい表情が和らぐように感じます。



4月18日

朝からかっとんでいるしろちゃんでした。
ちょっと目を離すと、ダダダダーっと走り回る。
ダルマさんが転んだゲームみたいに、しろちゃんママが振り返ると、キューっと急停止します。
タンスのてっぺんに飛び乗ろうと虎視眈々と床から狙うしろちゃんを見つけ、タンスの引き出しを足場代わりに開けました。
止められても叱られても登りたい。
足場がなくても登りたい。
そんなしろちゃんの気持ちは丸見えなので、だったら少しでも楽にとの痛し痒しの配慮です。
タンスのてっぺんに乗ったら乗ったで、今度は天袋に入りたいしろちゃん。
タンスのてっぺんでウズウズと、「ママがトイレに行かないかな~」と思っているのです。


4月18日の写真

DSC_9459b_convert_20160421125652.jpg

ママとしろちゃんとのにらみ合い
「それ以上高いところに登ってはダメです。」


DSC_9461b_convert_20160421125723.jpg

「ママが早くトイレに行かないかな~」


遊びたい気持ちがあるということは、しろちゃん自身が身体の不調を感じていない日だという何よりの証拠。
どこもお具合悪くなく、痛いところも無いはず。
だけど、そんな日々がずっと続くわけじゃない。
猫としての輝くような時間を、一日を、しろちゃんから奪ってっもいいのか?と、しろちゃんママはいつも悩ましい気持ちになります。
生きることとは何?
命を大事大事に過ごすこと?
命を顧みず、したいことをすること?
これは、人間しろちゃんママにも答えの出てない問題なので、どうしていいかわかりません。


4月17日の写真

DSC_9450_convert_20160421125537.jpg

毛づくろいする気力が出てきたら、これでもかってほど、毛づくろいします。
もしかするとしつこい毛づくろいは、痛みなどから自分を守るための防衛手段かもしれません。
毛づくろいすると、必ず心臓ドキドキ。
イタチゴッコです。


DSC_9625_convert_20160421125925.jpg

横になって寝ていても、気になる動物が出てくるとテレビに釘づけ。


4月19日

しろちゃんママのお友達が来るはずですが、ちょっと遅れました。
10時のオヤツのモンプチクリスピーキスを、オバちゃんがもらおうね~と待たせていたら、諦めてとことこと歩いて寝室へ消えるしろちゃん。
こういう後姿、しろちゃんママはすごく胸がキュンキュンします。
落とした小さな肩をぎゅんぎゅん抱きしめたい。

しろちゃんは、何事にも諦めが早い猫です。
しろちゃんが諦めがつかず、どうしても執着したのは、今までにたったの二回だけ。
一回目は、野良猫のしろちゃんが、自分の足でママを見つけ、ママの子にしてくださいと足しげく通ってきた日々。
雨が降っても雪が降っても、軒下でじっと待っていた日々。
白猫じゃなく、グレ―猫だったあの日々。
冬から春へ、そして夏に移り変わったあの日々。


4月19日の写真

DSC_9507_convert_20160421125855.jpg

「あの時は大変だったのです。
諦めたら、生きていかれないのです。」


DSC_9500_convert_20160421125906.jpg

「お外の生活は、きびしいのです。」



諦めずに待っていた甲斐があったの?と、ママは今、しろちゃんに問いたい。
君の描いた未来は、そこにあったのか?
きっと心暖かい人に違いない、きっと優しくされるに違いない、きっと幸福になれるに違いない。
君があの時思い描いたママはそこに居たのか?

申し訳ないと思う。
病気にしてしまったことを申し訳ないと、しろちゃんママは悔やむ。
医学的に予測は不可能とか、心臓発作はすべて突然で急なものとか、そんな理屈じゃない。
まったく違う猫生を歩んでいたら、まったく違う今があったのではないかと、しばしば思う。


4月20日の写真

DSC_9630_convert_20160421125951.jpg

「夜のお外に、にゃんこが歩いているのです。
もしもママを探しているのだとしたら、かわいそうなのです。」



しろちゃんが諦めないことのもう一つは今。
今日を明日を明後日を、しろちゃんは全く諦めない。
爪の先ほども諦める気持ちがない。
しろちゃんの耳元では、もう諦めてもいいからね、もう十分にがんばったと、天使や悪魔が代わる代わるささやいているかもしれない。
だがしろちゃんは諦めない。
眉間にシワを寄せて、聞く耳持たない、諦めない。

けなげで律儀なしろちゃんに、初めてママのところにやってきたあの懐かしい日々からの年月と同じだけの年月を、もう一度、そのアンヨに歩ませてやりたい。
ママにも、やり直させてほしいことがある。
後悔とかではない。
しろちゃんと、もう一度、長く歩みたいだけ、それだけ。


DSC_9487_convert_20160421125820.jpg

「今日もママと歩いているのです。
明日も明後日も、ママと歩いていくのです。
明後日の先の、その先の日も、ママと歩いていくのです。」







人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
調布、三鷹、府中あたりで猫が傷つけられる事件が起きています。
猫を外に出すことはやめましょう。
お外の猫に少しでも不審な様子を観た方は、最寄の警察や市役所、保護団体、猫ボランティアさんに連絡してください。
詳しくは、百猫物語のsabimamaさんまで。
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*


参加しています。
クリックすると投票されます。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

しろちゃん、しろちゃんママこんばんは。
調子が良さそうで安心しました(*^^*)

眉間にシワをよせているお顔とママのお膝の上のお顔、全然違いますね。ママのお膝は温かいね。

たしかお外でママが用意した傘の下に座っている写真があったかと思いますが(間違っていたらすみません)、とても印象的だったのを覚えています。それから引越し騒動、手術と、kakoboxさんの愛いっぱい溢れる記事を繰り返し読んでほっこりしたものです。

誰しもが考えますよね。特に病気になってしまうと。
「この子にはちがう猫生があったのではないか。我が家でなく違うおうちの子になっていたら・・・」私もつい口にだしてしまい、知人にものすごく怒られました。

しろちゃんとしろちゃんママ。ママといられて、しろちゃんは間違いなく幸せだよね。まだまだ遠くから、応援していますよ、眠い時は無理に毛繕い頑張りすぎず、いっぱい寝てね(*´∀`)

No title

しろちゃんママこんばんは。
しろちゃんが気分が良さそうで安心しました。
でも、お顔をしかめて耐えている姿は、本当に辛いですね。
kakoboxさんが、もう一度、同じ月日をしろちゃんと歩みたいというお気持ちに、私も何とも言えない、、、切ないような、、、気持ちになりました。
うちのシロちゃんたちとは、乳飲み子の頃から一緒に暮らし始め、
1歳の誕生日を迎えた時に、嬉しいけれど、もう1歳になってしまったと、悲しくもありました。
人間よりも駆け足で一生が過ぎてしまう猫さんとの暮らしは
1日1日がとても大切で、かけがえのない日々ですね。

しろちゃんは、かけがえのない日々を、今も必死に過ごして
そして、写真から、宝物もたーくさん抱えて、キラキラしている
ように、わたしにはそう見えます。

しろちゃんママとの、ガラス細工のような日々が
壊れてしまわないように。。。
ずっと祈ってます。

No title

kakoboxさん、しろちゃんこんばんは。

お具合が良いようで安心しました。
最初の写真はしろちゃんらしく生真面目な表情ですね。
ママの子になったしろちゃんはあの時思い描いてた以上に幸せだと思います。
大好きなママを独占してたっぷり愛情をもらっているんですもの。
しろちゃんに聞いたら照れてしまうかもしれませんが…
ママのお膝での表情堪りませんね。
オヤツをもらってる顔からアンヨの写真も可愛い(*´∀`*)
また可愛いしろちゃんに会えるのを楽しみにしていますね。
穏やかな日々がずっと続くよう祈っています。

No title

kakoboxさん、しろちゃんこんばんは!
しろちゃん穏やかに過ごせているようで安心しました。
だけども猫は人に痛みや苦しみを見せない生き物です。
ママさんの気持ちは痛い程分かりますよ。
しろちゃんはママの所へ自分で望んで来た子です。
幸せに決まってるじゃないですか!!
しろちゃんが自分で決めた事です。

これからもしろちゃんとママが穏やかで過ごせるようずっと祈ってますからね。
今日も特大の元気玉置いて行きますね~!

大丈夫ですよ

しろちゃん、しろちゃんママ、こんばんは。
春から初夏へと、一番気持ちの良い季節ですね。しろちゃんのお具合も安定しているようで、本当によかったです。
私もななが病気になった時に、自分を責めました。でも今はななが家に来たのは運命だったとすべてを受け入れられるようになりました。大事なことは今のしろちゃんのそのままに受け止めることだと思います。もちろん、しろちゃんママはそんなこととっくに承知で、寝る間も惜しんでしろちゃんを見守っていらっしゃるのは、痛くなるほど伝わってきます。しろちゃんはそんなママに全部委ねて、ママと一緒にいられるのを一番の喜びにしているのではないのでしょうか?大丈夫ですよ。しろちゃんはとても賢い子です。ママを悲しませるようなことにはなりませんよ。お体、大変だと思います。倒れないようにしてください。わたしもいっぱいいっぱいお祈りしています。

No title

しろちゃん、しろちゃんママさんこんばんは。しろちゃんのお写真をたくさんありがとうございます。コテン寝や眉間にシワで寝ているしろちゃんをみると心配になりますが、タンスの上のいたずらな瞳のしろちゃんはいつもと何の変りもないキラキラおめめのしろちゃんです。一緒にTVを見たり、ママの側で眠ったり、ママの隙を伺ってイタズラしたり・・・。こんな、何気ない日常のかけがえのない時間の大切さ。そしてそれはママがいないと成立しない時間なのです。
しろちゃんとしろちゃんママが優しい時間をたくさん過ごせますように!

No title

健気な健気なしろちゃん、
今日も明日も明後日も
しろちゃんママと共に暮らしてくださいね。。

飼い主にも分からない痛みや辛さとしろちゃんは闘っているのでしょうね。。
命を諦めることなく戦っているのだと思います。。
ママの傍に居たいのでしょうね・・・。。
健気過ぎて泣けてきます。。

No title

しろちゃんなりにペースを掴んできているのかな。
調子のいい時にテレビ見たり、毛づくろいしたり、
疲れた時は寝て充電をはかったり。
kakoboxさん「病気にしてしまった」なんて考えないで。
人生は戻れないし、先にどんなことがあるのかわからない。
誰かが作為的にやったことでもない。
そんなことを考えている時間があるなら
しろちゃんとの楽しくて嬉しい時間を過ごそう。
長期戦だと思って体調は万全にね!

No title

こんにちは~しろちゃん!ママさん!
いう事ないほどいい季節ですな~~
一年中こうだったらいいですよね~~

今回しろちゃんのお顔がハッキリ見えるお写真が多いですね~
ちょっとだけお顔の丸みが取れたかな?
「9歳なんだから子供じゃないんです」ってしろちゃん言いそう。。
でも、そう見えるのもキラのまん丸顔ばかり見てるからかも・・・
しろちゃんやっぱりキレイだな~ってあらためて思っちゃった。
元気があって大変よろしい、ですがもうちょっとおとなしくってもいいんじゃない?
しろちゃんの気持ちはよ~く分かるけど・・・(ママさんのも=3)
眉間にシワ寄せて・・・ってどこがどうなってるんでしょうね
ハートがキューってなっちゃうのかなぁ。。。。
しろちゃんなりに自分のお具合と相談してるのかなぁ。。。
見てるの辛いですね。。

ママさん、ママさんはしろちゃんの思い描いた暮らしを実現していますよ!
充分!200%!
しろちゃんはママさんとずーっと一緒にいたいだけですよ~。
ママさんはそのために頑張っておられる。
病気にしちゃったなんて思わないで欲しいです~。
しろちゃんもママさんと長く歩みたいと思ってます!間違いなく!
しろちゃんは全てを受け入れて生きています。
見習わなくっちゃってつくづく思います☆
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック