遠い町の風と輝くツリーと、しろちゃんのささやかなクリスマス

2015/12/26 Sat

2015nen
無料写真加工


「みなさん、楽しいクリスマスでしたか?
おいしいさんを、いっぱい食べましたか?
僕のお家にもサンタさんは来たのです。
プレゼントもらったのです。
今年はいいですよって、ママ、じゃなくてサンタさんにお手紙書いたのに。」




森は静かになった。
落ちるべき葉っぱが、みんな落ちてしまったから。
ご近所に、竹林を発見した。
真冬でも、枯れない落ちない葉っぱもある。
裸になったシンプルな冬の樹木にも、青々と飄々とした竹林にも、どちらにも冬は等しく訪れる。
昨日はクリスマスで満月だったそう。
38年ぶりの満月クリスマスだったとか。
前回の満月クリスマス、ママはどこで誰と?と、しろちゃんに聞かれた。



DSC_4848_convert_20151226145824.jpg

発見した竹林

DSC_4854_convert_20151226145838.jpg

その中では静謐な時間が流れる


DSC_4903_convert_20151226145852.jpg

寒くてもがんばって咲いた松葉菊


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

いつもしろちゃんへのご心配、ママへのお心遣い、ありがとうございます。
お蔭様でしろちゃんは、この1週間は発作もなく過ごすことができました。
ここ2~3日は格別に元気でスッキリしており、またしてもあれは幻だったの?という錯覚をママもしろちゃんも起こしそうです。
他の病気との違い=症状がずっと続かない、病態が続かないということは、時折来る天災のようなものかもしれません。
ご飯もモリモリと食べて、運動会を朝と夜おそくにぞんぶんにします。
日によって、体調にかなり差があることがわかりました。
一方的に下降して行かないことが本当に救いです。
しろちゃんと二人、ポカポカと暖かなお日様を浴びていると、妙な緊張感も緩和されこの時間が永遠に思えます。
心構えは大事だけれど、ずっと緊張し続けているのも不健康なことなので、忘れて過ごすような時間があってもいいと思っています。
例えそれで、動画を撮り損ねることがあっても、診断のための記録よりもっと大切な何かを取り逃がさないために。
闘病の段階にはいたっていませんが、しろちゃんもしろちゃんなりに、自分に起きるかもしれないことと闘っているように思えます
不安感を甘えという形に変えて、地味に闘っているのだと思えます。

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*



DSC_4928_convert_20151226144225.jpg

「イブの日、夜中もずっと起きていて、サンタさんのソリが夜空を走るのを見ようと思ったのです。
そしたらママに叱られたのです。」



12月22日、遠い病院へしろちゃんと行ってきた。

DSC_4940_convert_20151226144133.jpg

病院の帰りに、駅で観たイルミネーションツリー。
大都会からみれば、ちょっと野暮なイルミネーションだけど、しろちゃんとママには十分にゴージャスで派手に観えた。
しろちゃんはお目々クリクリだった。
普段の生活でしろちゃんは、ネオンはおろか、自動販売機の灯りも見ることがない。
しろちゃんとツリーを一緒に写したかったけど、しろちゃんのキャリーをツリーの横に置いて後ろに下がった隙に、しろちゃんを盗まれちゃっても大変に困る。
(親バカ)

前回の通院でしろちゃんが願ったように、とても良いお天気で、ポカポカ陽気の日だった。
行く先が病院じゃなかったら、どんなに楽しかっただろうと思わずにいられないけれども、しろちゃんが玄関から外に出る理由は通院以外にない。
楽しめないほどのお具合の悪さのないことに感謝しつつ、用事はなんであれ、外出を楽しんだ。
電車の窓の外に飛び退る景色に、しろちゃんは声を出さずにいられないらしい。
怖いとかイヤだとかのお声ではなくて、明らかにヤッホー系の楽しいお声を出す。
電車に乗ったことのある方ならご存知とは思うけれど、座席からキャリーの中の猫が外を観られるようにするためには、キャリー自体を持ち上げておく必要がある。
しろちゃんのヤッホーの明るいお声に、ママはそこそこ頑張った。


DSC_4944_convert_20151226144204.jpg

「サンタさんに来てって言ってるんじゃないのです。
ソリが走るところをみたいだけなのに~。」



診察結果は、前回の記事の追記に書いたように、
①癲癇発作
→→→真性癲癇(癲癇と言う病気)
②癲癇様発作
→→→他の何等かの疾患により、発作を起こすこと。
この②癲癇様発作の中がさらに 
②A脳腫瘍、髄膜腫瘍などの原因のはっきりした進行する脳内の疾患によるもの。
②B脳以外の病気によるもの。
②C脳内のものであるが原因がはっきりしないもので、進行が観られず不規則なもの。
一過性脳梗塞など。


この②Cが、今現在のしろちゃんへの診立てである。
何度も書いているけれど、MRIを撮れば相当な確率で確定する。
撮るか撮らないかの問題を先送りしている以上、先生の診立ては、ママにとってはMRIに匹敵する。


IMG_9957_convert_20151226144454.jpg

「朝起きたら、こんなトンネルがお部屋の中にあったのです。」


今回は先生に、突っ込んだ質問もしてみた。
脳の中に疾患があった場合、それが進行するものであってもなくても、その障害がどこまで及ぶのかというお話。
手足の麻痺などの身体的な傷害のことじゃない。
しろちゃんの脳の機能、及び心に、どのようなことが起きるのかということ。
言い換えれば、これはすでに起きていることなのかもしれないのだ。
「しろちゃんが緩くなっているような気がする」という曖昧なママの感じ方が正しいのか違うのか。
実際にそのようなことがあるのかないのか、そこを伺いたかった。
私にとっては、ここが一番重要かもしれない。


DSC_5054_convert_20151226144256.jpg

「うれしくてすぐに遊んだのです。」

DSC_5045_convert_20151226144344.jpg

「今年は何もいりませんって言ったのに」

DSC_5051_convert_20151226144313.jpg

「ママ、じゃないサンタさんがやっぱりプレゼント持ってきてくれたのです。」


仮に身体が動けなくなってもしろちゃんはしろちゃん。
だけど、
しろちゃんが自分がどこの誰だかを忘れ、ママをどこの誰だかわからなくなるような時が来るのかということ。
この残酷な日が来ることが、私は切に怖い。
忘れられてしまっても、もちろんしろちゃんが幸せであるように、連綿と密接な日々は続いていく。
続いていくわけだけれども…だ。
どこのお家の猫ちゃんもそうかもしれないけれど、言葉を話す私達人間と、言葉を持たない猫とを結ぶ、あの見えない会話の根源のような部分。
想いとか心とか感情とかで表されるあの部分のこと。
先生は、それは猫の心の分野であり、人間の心さえ科学ではわかりかねるのに大変に難しい質問だと仰った。
動物のそこがわかったら、獣医さんは苦労はしないだろう部分のことだから。
この質問の答えは、今回は未消化なままなので書いたことも未消化。
いつか、先生にこちらから提案できるくらいの案件を、きっと私は手に入れると思う。
心はまったく別の場所にあるのだと、私は実は思っている。
何ものを以てしても、絶対にふれられない場所に心はあるのだと思ってる。
特に猫の場合は。


IMG_9912_convert_20151226144535.jpg

「サンタさんは僕のことを忘れなかったんですね。」

IMG_9913_convert_20151226144545.jpg

「サンタさん、ありがとうございますなのです。」


暗いお話ばかりになってしまうので、方向転換。
その診察室では、先生と診察台を挟んで、患者さん側に椅子が二個置いてある。
ママは右側の椅子にキャリーバッグを置いていた。
一通り診察が済むと、しろちゃんはソワソワしだし、キャリーバッグに入りたがった。
お家ではあれほど入りたくないキャリーなのに、いそいそと入った。
そこからママと先生のお話が延々と続く。
「聞いてますよ、しろちゃんが。」と先生が言う。
しろちゃんは、キャリーの中に座り、角の固い部分にちょこんとアゴを載せてしっかり前を向いていた。
ママはお話に一生懸命で、しろちゃんの様子に気づかなかった。
つまり、しろちゃんもママと並んで診察台を挟み先生に対峙していた。


VWti8sdkWV1aCiP1451108840_1451108892.jpg

「うふふっ、ママありがとうございますなのです、グリグリ」
あら、なんでママありがとうなの?
サンタさんからもらったんでしょ?


「しろちゃんはさっきからこうしてずっと話を聞いていますよ。
しろちゃんがどうしたこうしたという話にちゃんと反応してます。
声に出さずに頷いています。
難しい話になると、つまらないから寝ちゃおうかなってお顔をしてます。」
振り向くと、緑色の美しいお目々を大きく開けて、しろちゃんは前を向いていた。
お口だけ開けて声のないシューっというお返事を、ママにした。

この先生ならば、二人三脚ができると確信した。
先生はママだけに向かってお話していたわけではなかったのだ。
対峙するしろちゃんにも同じく目を向け、話をしてくれていたんだと気づいた。


IgzFMIAwVwLUqp_1451108993_1451109024.jpg

「そうです、サンタさんがくれたのです、うふふっ」


この子はなんでもわかってしまうので、そのつもりで居てくださいと言われた。
たくさんの猫に接して来られたわけだけど、猫の反応は一概にみんな同じではなく、猫にも色々とあるそう。
しろちゃんは繊細で感受性が強い猫だと言われた。
「お母さんが神経質になってしまう気持ちもわかるけれど、お母さんが気にしていること自体を、しろちゃんが気にしている」と、がっつり言われた。
「ママが僕をじっと観ている、僕は何か変なの?」
こんな悲しい気持ちにさせないよう、少し気を楽に持って…と言われた。
楽にとは難しいかもしれないけど、いつものとおり、楽しい時間をしろちゃんと過ごすようにと。
今だから敢えて、いつものとおりが大事なんだと。
(いつもそのことを指摘してくださる猫友さん達に感謝します。)


E2VbGii4Za75MQU1451108919_1451108959.jpg

「サンタさんがママだって知ってるなんて、僕はぜったいに言わないのです。」


病院の帰りには、なんだかすごく気が軽くなった。
何かが解決したわけじゃないのに、足が弾んだ。
病院からタクシーに乗るはずが、知らない町のバスにも乗ってみたくなり、タクシーを断った。
日が傾いて、風は冬の寒さを連れてきた。
そこは平野なので、遠い山並みが観えた。
しろちゃんを連れて、どこまでも歩きたい気分だった。
キャリーの上からマイクロフリースのひざ掛けをしっかり巻いた。
メッシュの窓から覗きこむと、しろちゃんもそこから前を向いていた。
ママと同じ方向を観ていた。
お目々があったので、しろちゃん、風が寒い?と聞いてみた。
シューとお口だけ開けて、しろちゃんが応えた。
「僕とママは、この風をつかみに来たのでしょ?
遠い町から電車に乗ってわざわざ来たんでしょ?」


IMG_9975_convert_20151226144512a.jpg

「今度の僕のお誕生日こそ、ぜったいにプレゼントはいらないのです。
神戸屋のケーキなんて、いらないのです。
七色の猫ジャラシなんて、いらないのです。
チュール大袋、削り節一袋なんて、いらないのです。」

ふむふむ~。




banner (5)

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
調布、三鷹、府中あたりで猫が傷つけられる事件が起きています。
猫を外に出すことはやめましょう。
お外の猫に少しでも不審な様子を観た方は、最寄の警察や市役所、保護団体、猫ボランティアさんに連絡してください。
詳しくは、百猫物語のsabimamaさんまで。
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*


参加しています。
クリックすると投票されます。


banner (5)

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

kakoboxさん、お早うございます。

しろちゃんとのお出かけお疲れ様でした。
しろちゃんはママとのお出かけを楽しめたようですね。
ママと見たクリスマスツリーはしろちゃんの目にどう映ったでしょうか♪
遠くの病院の先生はとても頼りになりますね。
ママとしろちゃんの気持ちを大事にしてケアしてくれる…
なかなかそんな先生に巡り会えません。
kakoboxさんの気持ちが少し軽くなったようで安心致しました。
もちろん不安は残っているかと思いますが、問題に対する心の落ち着き場所が決まった事で少しでも肩の力が抜けると良いですね。
「お母さんが気にしていること自体を、しろちゃんが気にしている」
私もかなりの心配性なので気を付けなきゃです(^_^;)
しろちゃんと楽しいお正月をお過ごし下さい♪

No title

遠くの先生が、信頼できる先生で良かったですね。。
その事が一番大切だと思います^-^
人間とて、健康そのもでいれることは稀有です。。
しろちゃんの全てを大らかに受け入れてあげてくださいね。。

スコクラブも明日の更新で今年最後となります。。
しろちゃんと一緒に良いお年をお迎えくださいね。。
今年も一年、ありがとうございました^-^

No title

こんにちはしろちゃん&しろちゃんママ~
>ご飯もモリモリと食べて、運動会を朝と夜おそくにぞんぶんにします
これサイコーですよ~♪
しろちゃん、電車楽しかったみたいですね~
ヤッホーっていいたくなっちゃったのね。
しろちゃんが楽しむためにママさんは腕がプルプルになってたでしょうね~
ふふふ。お・や・ば・か~ (v^ー^)

いつかはどんな子でも、年相応の運命が来ます
身体は動きが緩慢になり、頭だって。。。
飼い主さんは劇症のある病気にならないことを痛切に願いますよね。
どんな形でお空にいくかなんて、1頭1頭違いますもんね
ウチのニャン助はお話した通り、最後の最後で頭がプッツン。
寝ているとき以外は大音量のワメキ声で家中を徘徊してました。
どうにもできない飼い主は、抱きしめてめたり、ケージにいれてみたり
できる限りの全てをしましたが、ワメキはとまらず、
動物病院に相談して精神安定剤にたよったりも。
こんなおかしくなっちゃったニャン助、ママが分からなくなっちゃったか、っていうと
分かるみたい。でも、これまでの関係とちょっと違うのですが。
でも、彼がママを分かってるのは、もう、嗅覚とか触覚とかの太古からある感覚。
「知恵」の中のママは吹き飛んじゃってるんです。
でも、これで充分でした。それだけでも神様に感謝しました。
それからプッツンしたとき、目と耳がダメになったみたい。
だから余計に大声でワメいていたって自分は思ってます
でもね、当時、自衛隊のエアフェスタ直前で、ブルーインパルスが
(最近よりもっと)激しく練習をしてました。物凄い爆音なんです><
さすがのニャン助にもそれは分かったみたいです。家も振動するし。
ブルーインパルスのバリバリバリバリーーっ!って音に耳を澄ましていた姿を思い出します

お話したと思いますが、プチ子も最期の3週間くらいはボケ症状出ましたよ。。
ゆるいって感じより、逆です。
彼女もワメキでした。ニャン助ほど飼主が困る感じはなかったですが、
自分が入浴中、ずっとお風呂のドアの外側でギャーギャー鳴いてました。
あまりに鳴くので体力消耗しそうで怖かった。

しろちゃんも先生とママさんの会話に参加してるのね~
プチ子もいつも参加してました。
先生が、プチ子ちゃんはいつもちゃんとお話を聞いているね~と
言ってくれてました。
やっぱり、しろちゃんとプチ子はなんだか似ている気がします
遠くの先生と「三者面談」状態だったのが目に浮かびます

今後の事は今後考えて、今は楽しく生きていきましょうよ~
なんて言ったって、しろちゃんは元気なんですから。。。。

クリスマス、そのトンネルをもらったのかな?良かったね~
白いトンネル?しろちゃん見つけるの大変かも!

クリスマス過ぎると転げ落ちるようにお正月が襲って来る気がします
自分はまだ9月くらいにいるんですがね。
世間に付き合ってお正月を迎えるようになってもう長いな~
今年もありがとうございました
来年も宜しくお願いします!

ニャン吉さん、こんにちは

しろちゃんは、電車やバスが嫌いじゃない子なんですね~。
キャリーに入ってお家から出るのはイヤだけど、外での出来事や変化に興味が持てる子なんです。
獣医さんにも電車やバスに乗せることの是非を確かめたら、本人が楽しくしているようならいいとのことでした。
混んだ場所を歩く時には、怖いだろうから外を見せないようにしています。
しろちゃんとママは、普段ネオンのない世界に住んでいるので、クリスマスツリーには、きっとビックリしたことと思います。
遠い先生は、私に合った獣医さんなのでしょうね。
現実は大きく変わらないけれど、気持ちや不安を受け止めてもらえて、心の持ちようをアドバイスしてもらえるんです。
何より、しろちゃんの細かな表情や仕草を観ていてくれたことがうれしかったですよ~。
しろちゃんのために通院しているわけですもんね。
ママ、パパと一心同体になちゃう猫がいるそうで、しろちゃんはまさにそれですね。
スーちゃんは、性格が陽気で前向きな子なので、きっと大丈夫。
ららちゃんが居て注意が分散することも、神経質にならないで済む要因なのでは?
ニャン吉さんご一家も、良い年をお迎えくださいね~。
賑やかで楽しいお正月休みでしょうね~。
ご主人もゆっくりと猫との時間を過ごせますね。
コメント、ありがとうございます。

のん福レオちゃんのお母さん、こんにちは

ほんとですね~。
こういう先生に巡り合うことができて、私おしろちゃんも本当に運が良かったと思っています。
通院が神社詣でのような気持ちです。
スコクラブでは、長年のお馴染みの獣医さんがいらっしゃるのでしょう?

今までしろちゃんが健康で元気に過ごしてくれてたばっかりに、8~9歳の年齢なりの変化をわかってないところもあると思います。
発作は経年変化ではないけれど、こんなしろちゃんのはずはないというステレオタイプの思い込みをしているのかもです。
自分だってあっちだこっちだおかしいのにね~(笑)
しろちゃんには、ピカピカであることを求め過ぎないことにします。

今年もお世話になりました。
猫を通じて暖かな時間を共有できたこと、感謝しています。
スコクラブにとって、健やかで平和な一年がまた来ますように。

にゃごさん、こんにちは

にゃごさんに言われるのは現実味がありますね~。
ご飯が要な子達のお世話をしてきたんですものね。
電車内のしろちゃん、景色に声を出すってことは、やっぱりきゃ~わ~なわけですよね?
ずっと声出してるわけじゃないんですよ。
どうお?って聞くと、ヤッホーって答える。
お目々は外に向けたままで。
腕だけでは重たいので、脚も使ってますよ~。
ほんと、キャリーから出して、窓に向かって立たせてあげることができたら最高なんだけどな~。
現実にあり得ませんけども、親バカな想像です。

本日のコメントはシビアでございますな~。
でもそれが現実なんですもんね。
私は実家のワンコを送ったことしかなくて、そのワンコは、静かに老いてロウソクの火が消えるように旅立っていきました。
母の号泣と私の涙では桁が違うという感じでした。
私はしろちゃんにひょんな形で出会ってしまったので、未来予想図が描けないんだと思います。

お目々とお耳がダメだったら、猫はどれほど怖い世界にいることでしょうね。
ニャン助君がわめくのも、自分がいるのは声だけの世界なんですから致し方ないですよね。
なんだか泣けちゃう。
プチ子ちゃんのボケ?な行動はリアルタイムで聞いてましたが、傍目にはボケじゃないのよね。
ということは、知恵の領域での認識に、ママって存在は重点を置いてるってことなんでしょうね。
ママ=お世話する人じゃない!って、こと。
私も知恵の領域でしろちゃんと関わりすぎて、細か~い変化にも心を痛めてしまうのかも。
もちろん、今はまだ最後の日々じゃないわけですけどね。
小さな変化を、これでもかってほど探すような観察はしないように先生に言われました。
探すママの疑心暗鬼な目を、しろちゃんが何より不安に思って悲しむって。
しろちゃんにとっても、ママの変化、なんでしょうね。

プチ子ちゃんも三者面談だって言ってましたね~。
トラ白猫を18歳で見送った友人が、白猫は違うなんか違うといつもしろちゃんを観て言いますよ。

ブルーのトンネルが汚くなったので、このトンネルに買い替えたつもりでしたが、洗ってみたらすっかりきれいになっちゃった。
二車線トンネルってことで、楽しんでもらいましょう。

こちらこそ、今年もお世話になりました。
たくさんの励ましやアドバイス、ありがとうございました。
また来年も引き続き、しろちゃんとママを見守ってくださいね~お願いします。
コメント、ありがとうございます。

No title

発作なく過ごせているようで良かったです。
今は、「何が、どこに、どうなっている」などの
ハッキリしたことはわからないけど
急を要する状態じゃないってことですもんね。
心配はもちろん尽きないと思います。
いつだって頭の片隅にあると思います。
でも、なんともなく過ごせている日が多いなら
その時間を大切にして欲しい。
笑って過ごしてもらいたいと思います。
そのために、kakoboxさんも溜め込まないでね〜。

今年もありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
良いお年を〜(^^)

ミルクさん、こんにちは

あけましておめでとうございます。
快晴で良き元旦ですね。
少しはゆっくりできてますか?
賑やかに過ごしていることと思います。

ご心配、ありがとうございます。
結果的にいつもどおり過ごせているのはありがたいのですが、発作には何がどうおなると起きるっていう法則性がないので、心配には休む暇がないって感じです。
疲れがたまってきているのを感じますよ~。
出掛ける時はそれなりに平気なのに、家でそばにいると、イヤでも観察しちゃう。
眠っている間も、心底安心できません。
でもみなさんにアドバイス頂いて、楽しい時は楽しいだけでいいんだって、思えるようにはなりましたよ~。
しろちゃんとの心理戦のような状態は、お互いにストレスですもんね~。

こちらこそ、今年もよろしくお願いします。
コメント、ありがとうございます。

No title

あけましておめでとうございます^-^
しろちゃんと一緒にゆっくりとしたお正月をお迎えと思います。。
今年はしろちゃんの発作がなるべく起きない様に
(できれば100%起きない様に)祈ってますよ☆
今年もよろしくお願いします^-^

No title

しろちゃん、ママさんと一緒に
がんばってますね。
本年がしろちゃんにとって
穏やかな一年になりますように。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

のん福レオちゃんのお母さん、こんにちは

明けましておめでとうございます。
昨年はお世話になりました。
本年もよろしくお願いいたします。
スコクラブのご多幸をお祈りします。

毎年同じご挨拶を交わし合っている気がしましが、新年のご挨拶って、いいものですよね~。
お正月には、日本人に生まれて良かったなと思います。
しろちゃんも、お蔭様でなんとか、穏やかに新年を迎えることができました。
発作ばかりは、私も起きないことを祈るしかありません。
mamiさんからもありがとうございます。
今年もまた、あれこれと相談に乗ってくださいね。
時に、猫の本質を見失うこともあるこの頃です。
コメント、ありがとうございます。

するるさん、こんにちは

明けましておめでとうございます。
昨年はお世話になりました。
本年もよろしくお願いいたします。
するるさん家のみんなが、今年こそ健やかに過ごせますように。
しらすちゃんの吉方が舞い込みますように。

しろちゃんの今までと変わらぬ笑顔に、私が励まされています。
ご心配かけてすみません。
お蔭様で、穏やかな年明けを過ごすことができました。
コメント、ありがとうございます。
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック