ママ医者を信じるしろちゃんと反省するしろちゃんのママ医者

2015/10/31 Sat

IMG_8117_convert_20151031114016.jpg

「みなさん、秋がいっぱいなのです。
僕のおうちのおとなりの森はにぎやかになったのです。
木の実の落ちる音も聞こえるのです。
ポンポン出して寝んねしている人はいませんか?
朝と夜には寒くなったので、風邪をひくのです。」




10月25日は、十三夜、栗名月だった。
9月の中秋の名月を見て、陰暦ひと月後の十三夜を見て、本来のお月見は完結するのが古来からの言い伝え。
中秋の名月だけだと、片見月といって願いが半分しか叶わない。
濃い夜空に煌々と、今年は十五夜、十三夜、双方の名月を観ることが叶った。
今年はお月様の当たり年だという。
何の名月でなくても、満月のたびに、ささやかにお祈りしたってバチは当たらない。
どのお月様も美しいことに変わりはないのだから。



DSC_3592_convert_20151031121602.jpg

静かにゆっくりと色が変わる樹木もある。

DSC_3514_convert_20151031121650.jpg

ドングリのかわいい帽子だけが落ちていた。

DSC_3616_convert_20151031121829.jpg

お日様大好き、ノコンギク


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

しろちゃんに、引き続きご心配頂き、本当にありがとうございます。
今日現在のしろちゃんも引き続き元気に明るく過ごしており、どこかお具合の悪いようには到底思えません。
ママの贔屓目を抜きにしても…です。

朝はママとほぼ一緒に5時半頃に起き出します。
薄暗いうちからお日様を待ってひなたぼっこ。
午後1時過ぎまでずっと起きたままで、ママ相手に目いっぱい遊んでいます。
飛んだり跳ねたりをできる限りさせないために、ママが猫ジャラシで四六時中お相手をしているのですが、しろちゃんは飛んだり跳ねたりせずにはいられません。
以前にしていた午前中の仮眠はしなくなりました。
夜の7時頃からうたた寝しますが、夜間にはグッスリ眠り、猫にしてはメリハリあるな~という感じです。
ご飯は相変わらず、規定量内のカリカリをでモリモリ。
体重増加のことがあるので、「おいしいさ~ん」のスプーン一杯のウェットフードを、さらにすり切り一杯に減らしました。
排泄関係も全く問題ありません。
昨日と同じ今日を、精一杯楽しんで、ご機嫌さんで日々を過ごしています。
季節の変わり目も過ぎ、秋に落ち着いたからかなとも思います。

ブログの記事そのものを「ですます調」で書くことは、なんだか自分じゃないような妙~な違和感を感じますので、ここから記事そのものを「だである調」に戻します。

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


IMG_8174a_convert_20151031114420.jpg

「僕はもともと元気な上にさらに元気になったのです。
ありがとうございますなのです。」



10月27日に、しろちゃんのシニア猫用検査セットの結果が出た。
尿素窒素(BUN)だけが、通常15~33のところ36と高マーク。
それでも、何かを始める特別な数値ではないので、この数値は経過観察ということになった。
もともと、お外から来た時点で高かったものをジワジワと落としていった。
獣医さんによると、この程度のことは正常な振れの範囲内とのことだった。
ということは?
ママとしては安心なんだか不安なんだか、微妙な気持ちである。
いったい発作の原因は何?
まあまあ良好な検査結果が出ても素直に喜べないなんて、こんなことはしろちゃんと暮らして7年間で初めてのことである。


IMG_8167a_convert_20151031114320.jpg

「すなおに喜んでいいのです。」


次は糖尿病を疑い血糖値関連の検査になるはずだけど、そこに何を加えるか、今後、かかりつけの獣医さんとジワジワと話し合っていくつもり。
ひとつの検査結果が出ました、はい次回はこの検査で明日来てくださいと、矢継ぎ早な検査を先生は勧めない。
その根拠は、今現在のしろちゃんが、一回だけの軽微な発作にとどまっているということである。
連続して初めて、癲癇ないしは癲癇様発作と診断が下り、その原因追求が始まる。
要は、たった一回の軽微な発作で次々と検査を重ねるには、時期尚早と言われた。
病気を追いかけることはしないほうがいいということか。
一回は一回でしょ、0ではないでしょうと不安になるママではある。
獣医さんに不信なのではない。
獣医さんに抗するまでの医学知識が、残念ながらママにはない。


IMG_8168a_convert_20151031114337.jpg

「ママ医者は獣医さんに負けないのです。」


10月11日の発作から20日も経った。
自分自身が落ち着いて行くに伴い、発作周辺の様々なことに気づいていった。
当たり前のことだけど、冷静に物事を観、考えることはとても大事と改めて感じた。
ほとんどの人がその場で冷静沈着になれるはずもない。
顧みて、冷静に賢明に再考すればいいわけだ。
事前に起きた予兆めいたものはひとつも無かった。
事後には、こんなことがあった、あんなことがあった。
事後の些細な変化はいったい何なのか?
直接発作とは関係ないことかもしれないながら、なんだろうと思うことがある。
だけど知りたいのは、病気のメカニズムじゃなく、しろちゃんのことだけ。


IMG_8169a_convert_20151031114350.jpg

「ほら、ポンポンをよく見てくださいなのです。
僕はどこもお具合わるくないのです。」



発作後、ほどなくして、しろちゃんがいつもどおりに戻ったと私は思っていた。
そのようにも書いている。
だけど、どこか具合が悪いようではないけれど、いつもどおりでもなかったと、その後おいおい気づく。
私に、東日本大震災の津波で有名になった「正常バイアス」が働いていたのだと、わかった。

⇒ 正常性バイアス(normalcy bias)
人間が予期しない事態に対峙したとき、「ありえない」という先入観や偏見(バイアス)が働き、物事を正常の範囲だと自動的に認識する心の働き(メカニズム)
何か起こるたびに反応していると精神的に疲れてしまうので、人間にはそのようなストレスを回避するために自然と“脳”が働き、“心”の平安を守る作用が備わっている。


IMG_8170a_convert_20151031114404.jpg

「竹馬のアンヨ、もう治ったのです。
運動会、できるのです。」



そもそも発作後、しろちゃんが竹馬のアンヨで歩いていることがおかしい。
爪とぎできないことがおかしい。
ママが隣室にいるのに、オシャベリなしろちゃんがひと声も発せず、台座にうずくまることがおかしい。
それなのに、しろちゃんが自力で寝室から出てきたというだけで、ママは正常と思い安堵した。
その時点で私はパソコンとスマホで連絡先を探していたわけだけど、自分が寝室で見た発作終了時の場所から、しろちゃんが自分で移動したということが安堵感に結びついた。
人間の正常バイアスをグイグイと発揮させてしまっている。
過大なる期待的評価を下してしまっている。
見せかけの正常に自分自身を騙そうとした。


IMG_8115_convert_20151031113935.jpg

「ママ医者はだまされていなのです。
僕はおかしくなんかないのです。」



だからと言って、発作以来しろちゃんの身体に何かの運動機能の障害が起きているわけではない。
竹馬アンヨ、爪とぎできないは、脳の電気回路が正常に戻ったけれど、四肢の筋肉まで指令が伝わるまで回復するのに時間がかかるということで、癲癇に限らず発作後にはよくあることだそう。
お声を発しなかったのは、しろちゃんのショックの表れなんだそうだ。
つまり、
異変が起きたのはしろちゃんの心。
しろちゃんの心が、発作後いつもどおりではなかった!
いつもどおりの心に戻るのに時間を要している。
ショックな出来事から、毎日毎日、ジワっと戻りつつあるということがわかってきた。

発作の起きたその日、ママはしろちゃんの心に気づいてあげられたか?
残念ながら気づいてあげられなかった。
起きたことの衝撃で、しろちゃんの命のことばかりを考え、しろちゃんの心の問題まで考えられなかった。


IMG_8113_convert_20151031113924.jpg

「誰だって、ビックリした時は、ビックリするのです。」


「しろちゃんは知っています。
自分に何か悪いことが起きて、ビックリするような目にあってしまったこと、ちゃんとわかっていますよ。
驚いた、怖かった、悲しかった、(痛かった、苦しかった)どうしていいかわからなかった。
そんな感情を持って、しろちゃんは今日まで過ごしていますよ。」
なんと、しろちゃんは知っていたのか?
21日の時点で、かかりつけの獣医さんとは別の獣医さんに伺ったご意見である。
だからこそ、様々な普段とは違った側面を見せたりするというのだ。
しろちゃん自身が、自分の心の修復のために、自分自身を癒す行動を取るそうである。
そう言われてみれば、思い当る節がいっぱいある。
(後日バラバラと記事にします。)


IMG_8121_convert_20151031114151.jpg

「僕は知らないのです。
知らないったらぜったい知らないのです。」



当たり前だけど、猫にも身体と心がある。
人間の場合、意識があって話せる以上、自分の心を伝えることができる。
周囲がどんなにアタフタ慌てていても、自分の心と感情を伝えることができる。
しかし猫は、自ら伝えることはとても苦手。
本来、個で生きる動物ゆえ、悪いことはできるだけ隠そうとするのが猫の本能なので、なおさらわからない。
私達が観て聞いて感じて、察しわかってあげるしかない。
しろちゃんママは、発作直後、そして当面の間、自分の衝撃や不安感に精一杯で、しろちゃんの心や感情を読み取る余裕がなかったように思う。
ここは痛く反省だ。


IMG_8128_convert_20151031114235.jpg

「ママ医者はクヨクヨしちゃダメなのです。」


せめてあの時、どんな高度な病院に駆けつけるよりも、優先すべきはなんだったのか。

意識が戻った後、起きたことに怯えて動揺していたのはママだけか?
しろちゃんだって恐怖におびえていたのかもしれない。
突然起きた出来事に、とても怖かったのかもしれない。
ママ、そばにいて。
離れないでそばにいて。
僕をしっかり抱っこしていて。
僕だけを見ていて。



IMG_8109_convert_20151031113842.jpg

「ピンクの猫ジャラシさん、
僕だけを見なさい、なのです。」



しろちゃんは、例えかけられたとしても、どこにも電話をかけたりしない。
もっとも信頼している人の温もりの中に抱きとめられたかっただけ。
連絡先を探していたママは、あの時しろちゃんの声なき声を聞くことができなかった。
そばにも居なかった。
もしも仮に、一千万分の一の確率であの発作が死に至った場合、しろちゃんは、さびしくはなかったか。。。
ママは、しろちゃんにはママ医者と名乗ってはいるけれどお医者じゃない。
けれど、「お医者じゃなくてもいいのです」ときっとしろちゃんは言うだろう。
僕のママがそばにいればいいと。


IMG_8293_convert_20151031114448.jpg

「僕のママ医者は、なんだって治せるのです。
ほんとうの秘密なのです。」



その後しろちゃんに、今日まで続く激甘え、赤ちゃん還りという傾向がある。
その時与えられなかった何かを、強く取り戻すかのように。
数日前からとうとう、ママのお膝に自らの意志で乗ってくるようになった。
倒れたふりしてお膝に乗って、寝ぼけたふりしてママの腕を掴む。
自分の両手でギッチリと掴んでいる。
ギッチリときつく強く、痛いほど掴んで離さない。
ママは何もできない。
しろちゃんを抱っこしていること、以外は。
あの夜しろちゃんが、ひたすら望んだことを、ママは今、叶えてあげられているのだろうか。


IMG_8298_convert_20151031114502.jpg

「今夜も、ママのおひざに乗るのです。
僕がママをギッチリつかんであげれば、ママは何も怖くなくなるのです。」





banner (5)

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
調布、三鷹、府中あたりで猫が傷つけられる事件が起きています。
猫を外に出すことはやめましょう。
お外の猫に少しでも不審な様子を観た方は、最寄の警察や市役所、保護団体、猫ボランティアさんに連絡してください。
詳しくは、百猫物語のsabimamaさんまで。
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*


参加しています。
クリックすると投票されます。


banner (5)

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

こんばんは☆

しろちゃんに発作が起きていないこと、kakoboxさんに顧るだけの余裕が出てきていらっしゃること、拝読しながら、まずは安堵の気持ちを抱きました。

kakoboxさん、しろちゃんに救われていらっしゃいますね。
しろちゃんは、赤ちゃん還りをすることで自身を癒し、kakoboxさんをも癒しているんですね。

しろちゃんとkakoboxさんとの関係を想像する時、いつも脳裏にりぼんと私とのそれがオーバーラップしてしまいます。
なんかすみません。ちょっと色々思い出されることなどもあり、言葉がでてきません。短いですが今回はこれで。

No title

迷子の猫については、知人にも連絡してみます。
私も気にしてみます。
シロちゃんの事は、難しくて素人の私にはアドバイスさえ出来ませんが、
春に最愛の子を失った経験から言えるのは、
一人の獣医さんを頼らず、意見は幾つか聞いて、判断材料を多くする。
最近、ある獣医さんに聞いたら、、、春に失った子を助ける手段があった様でした。悔しかったです。
ブレーンは最低二ヶ所・・・悔しい思いをした経験談です。

たぬちゃんのご心配を頂きありがとうございます。
もう帰る方向で話はつきました。
それが良いと双方の合意です。
コメントを頂き嬉しく思いました。
ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

kakoboxさんがあれこれと考えて心配になるお気持ちは
とても良く分かります。。
でも、今はkakoboxさんこそが平常心でいつも通りにしろちゃんに接してあげることが大事だと思いますよ^-^
飼い主の心の変化を敏感に感じ取りますからね。。
そして細かな観察の目を持つことです。。
頑張ってくださいね^-^

かりんさん、こんにちは

いつもご心配、ありがとうございます。
幸いにもその後発作は起きていないのですよ~。
次へ次へと進んでいくような気持ちでいましたから、なんだか妙な安堵感もあるのです。
幸いにと書きましたが、よしんばこの後、発作が続くようになったとしても、それはしろちゃんが不幸なこととは思いません。
そうですね、しろちゃんにはこれまで、非常事態であればあるほど救われてきました。
子猫時代を知らない私にとって、しろちゃんの子猫還りは心がキュンキュンしちゃうようなものなんです。
全身全霊で身を任せることで、しろちゃんはママの成長を
促しているのでしょう。
しろちゃんの心も幸福に満たされているなら、ホメオパシーんとまでは言わないものの、きっと自然治癒力につながるものと思っております。

りぼんちゃんのこと、ブログにポロリポロリと書かれることがあるので、かりんさんにはまだ昇華しきれない生の思い出なんだな~と思います。
りぼんちゃんとの関係は私としろちゃんのようだったのですね?
熱い想いは受け取りましたから。
コメント、ありがとうございます。

sabimamaさん、こんにちは

お久しぶりですね。
調布の迷子の子にお気遣い、ありがとうございます。

獣医さんの件、意見だけはあちこちに伺っているのですが、実際に連れていくとなると、しろちゃんの負担も考え、なかなか踏み切れないのですよ~。
一から検査のし直しになるそうです。
獣医さんの経験、見識で命の長さまで違ってくるなんて、人間医療では許されないことですね。
掛かり付けはしろちゃんの好きなように遊ばせろといい、ある獣医さんは、できるだけ静かな遊びをさせろといい…。
私達は選択する賢明さを要求されますね。
ご心配、ありがとうございます。

たぬちゃん、戻すことにしてくださり、ありがとうございます。
大事にされ愛されていた猫が、里子に出て愛されない状況になるという逆転が耐え難い気持ちでした。
コメント、ありがとうございます。

のん福レオちゃんのお母さん、こんにちは

ご心配、ありがとうございます。
mamiさんに励まされ、なんとか落ち着いておりますよ~。
しろちゃんがママの心を読み取る能力は、一人っ子ゆえ研ぎ澄まされたものがあると思うんです。
全幅の信頼を置いているママが右往左往だと、しろちゃんはどんなに不安になることでしょうね。
しろちゃんの平穏のためにも、私はなんとかドーンとしていたいものと思っております。
猫の経験豊かな方のお話を伺うことは、すごくためになります。
やはり経験の数ですね~猫のことは。
今後もどうかアドバイスお願いします。
コメント、ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

kakoboxさん、こんにちは~。

まずは、しろちゃんが元気に過ごしている様で安心致しました。
血液検査が良好でも手放しで喜べないなんて辛いですね…
あれは1回限りの秋の夜の夢だったのです。
現実にそうなる事を引き続き微力ながら祈っています。
しろちゃんにはママのお膝が何よりも安心出来る場所ですね。
温もりや重さを感じながらお互いを満喫して下さい♥
しろちゃんのポンポン写真モフモフで堪りません~

どうもポンポン出して寝てる子はうちのしろいひとの様です(汗)


No title

しろちゃんの心の異変に気付いて良かったじゃないですか。
発作発生当時、そういう体の変化を見ることってなかなか難しいと思います。
こういうのって普段の生活でそうそう遭遇するものじゃないし
経験とか知識とか場数がないと、とっさの対処は難しいと思う。
これが、その場に2人以上の人間がいて、しろちゃんを見る担当、
電話をかける担当とわかれることができたらいいのでしょうけど
夜だったというのも怖さに拍車をかけたかもしれませんね。

獣医さんたちに言われた言葉は、冷静な今だからこそジワリジワリと
頭の中に入り込んできてハッと気づく・気づけるのかもしれません。
そうしたら気づいた今がスタートですよ!
しろちゃんは強引に主張してくるタイプじゃないからね~。
今から、今から。
kakoboxさん、大丈夫ですよ(^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちはしろちゃん&しろちゃんママ
今回のお話は自分にとってとても感慨深いものでした。

>せめてあの時、どんな高度な病院に駆けつけるよりも、・・・・・・
以降は泣きながら読みました。
これですよね~必要なのは。
自分が子供の頃、そして今でも心の隅に
”ママ、そばにいて”があるんです。
竹馬あんよでママを探したしろちゃんと自分の幼少時代が重なります
でも、今の母にはもうそんな感情は起きません~
逆に自分が彼女を守っていかなくてはならなくなっちゃいました
自分ね~、子供時代は今で言う虐待に近い育てられ方をしました
でも、自分くらいの年齢の人は少なからずそんな人居ると思います。
よちよち歩きでおもらししながら泣きながら母を捜した記憶があります
また、その話は別の機会に。。
だから、しろちゃんがママを必要なときに一緒にいてあげるだけで
もう充分!って思っちゃいます。
たくさんたくさん抱っこちゅーしてあげてください

へんな言い方で悪いんですが、そんな愛せる相手(猫だって充分)が
居て、良かったですね、お互い。
私なんか、ペットと入るお墓にしようって思ってますよ 笑

ニャン吉さん、こんにちは

お返事遅くなりました。
ご心配ありがとうございます。
私もしろちゃんの元気な明るい笑顔に救われておりますよ~。
お祈り、うれしかったです。
私も祈るしかありません。
お膝に乗らないしろちゃんがすすんで乗ってくるようになったんですよ~。
7年目にしてやっと。
色んな出来事がないことを願うのではなく、出来事があっても、それを乗り越えてゆく力、私もしろちゃんも持っているのだと思います。
一歩一歩深まる親子の絆を幸福だな~って感じます。

ポンポン写真、かわいいでしょ~。
スーちゃん、もうポンポン出す季節じゃないからしまいなさいって、しろ兄ちゃんが言ってますよ~。
コメント、ありがとうございます。

ミルクさん、こんばんは

お返事遅くなりました。
ご心配、励まし、ありがとうございます。
そうそう、そうなんです。
しろちゃんは、身体よりは心が傷ついていたんだと、あとからアドバイスを受けてわかったのですよ。
発作そのものが私にもたらしたインパクトの陰に隠れて、しろちゃんも密かに悲しい気持ちになっていたのでしょうね。
何も感じないほど、猫はバカじゃないと思うのです。
突然に見たこともない姿を観るって、私は何回あっても慣れられないような気がします。
夜中は何事も恐怖が倍増しますね。

獣医さん達の言葉、反芻しちゃってます。
癲癇発作に治療法はないですが、古典的な病気でもあるので、どうも対処は確立されているようですね。
そもそもの癲癇の定義は今もって獏としてわからないのですが、その中にたくさんの要素を含むものだってことまでわかりました。
しろちゃん、普段から控えめで慎み深いので、こういう時はそれが仇です。
励ましをありがとうございます。
大丈夫って言葉、本当に胸に染み入ります。
コメント、ありがとうございます。

にゃごさん、こんばんは

お返事遅くなりました。
ご心配、ありがとうございます。

慌てると、人は、特にママ族は、本質を見失いますね。
命の危険があるかも…と思って、必死なんでしょうね。
知識がないって、そういうことですね。
あの時、しろちゃんはそんなママをじっと見ていましたからね~。
ふり絞るような悲しみの中にいたのかもしれません。
「ママ、そばに居て」のトラウマ、持ってる人は結構いるかもしれませんよ。
私も小学校から上ではそうかも。
だからこそ、自分があの時に欲しかったものがわかり、今回はしろちゃんに与えられなかったな~と痛く反省です。
丸一晩いなかったわけじゃないですが、ここぞの時に居なかった。
動物医療にも、どうすることもできない領域はまだまだありますね~。
人間の何%、治療できるようになったんだろうか。
そんな現状を嘆いてもしかたないので、私達は愛しい子が一番欲しているものを、その都度与えてあげたいものですね。
猫には、大好きな人と過ごす時間がすべて。
何年先にこうしよう、こうなろうなんて目的がない猫には、言い古された言葉で陳腐ですが、今日一日、今ここがすべて。
今幸せかどうかが大事なのですね。
ほんとほんと、こんなに愛せる相手を見つけられたことに感謝です。
そうできる自分もちょっと誇りです。
コメント、ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック