咳こむあとはお口パクパク、しろちゃんの猫気管支炎

2015/07/18 Sat

IMG_5453_convert_20150718144015.jpg

「みなさん、台風でしたが、こわい目にあったりしませんでしたか?
ムシムシ暑くて、お具合悪くなってませんか?
僕はいたって元気なのです。
そろそろ盆踊りが始まるので、練習をしているのです。」




金曜日まで、東京ででは雨が降り続いた。
梅雨と重なった台風のせいで、潔いほど雨が降った。
雨の晴れ間に野原を歩いた。
湿った腐葉土がフワフワと足に優しい。
名も無き野の花達が水を得て、一面に咲き乱れていた。
野の花は我先になんて競わない。


DSC_1832_convert_20150718152113.jpg

花火のように立派に咲いた紫ツメクサ

DSC_1824_convert_20150718154131.jpg

背が高いヒメジョオン

DSC_1912_convert_20150718152758.jpg

それらはみんな、一緒に咲く



しろちゃんはここ数日、軽い猫風邪の症状が出ている。
前にも書いたけれど、一ヶ月のほぼ半分はこの状態だ。
だからといって、しろちゃん自身はなんてことはない。
いつもどおりの元気がある。
目ヤニ→目の周囲が赤く腫れて、赤茶色の目ヤニが出る。
鼻水→透き通ったお水が鼻の穴からにじみ出る。
鼻づまり→プーピー系の音のイビキをかく。
そして、お決まりの、鼻水を毛が吸い上げるストロー現象。


G5PoFuQKaXS4WyA1437198982_1437199225.jpg


IMG_5448_convert_20150718144056.jpg

「てへへ、照れくさいのです。」


しろちゃんが子猫の頃から引きずっているものが、猫ウィルス性気管支炎だとわかったのは、ほんの2年前だ。

猫気管支炎⇒こちら
症状
元気がない・疲れやすい 咳をする 涙を流す 熱がある 目やにが出る 触られるのを嫌がる 食欲がない 鼻水・くしゃみをする 
命の危険
【低い】 命に関わる恐れは低いですが、注意が必要です


IMG_5591_convert_20150718144159.jpg

ママのそばにジリジリとにじり寄り
画像と記事は別々に進みます。


しろちゃんは突発的に咳き込むことがある。
お家の子になった当初から程度の差こそあれ、ずっとある。
「これは猫の嘔吐、よくあること。」
身近な人間にそう言われて、ずっとそうだと思いこんでいたが違ってた。
しろちゃんが初めての猫な私は、猫がよく嘔吐することも知らなければ、嘔吐がどんな状態なのかも知らなかったのだ。
確かに、咳こんだ結果、嘔吐に結びつくことがある。
でも、嘔吐と咳は似て非なるもの。


IMG_5592_convert_20150718144216.jpg

お膝乗りことしないものの、甘えたい。


そうとわかると、しろちゃんは嘔吐が少ない猫だということもわかった。
毛玉を飲みこんだことによる嘔吐そのものは、月に一回もない。
毛玉は順調にウンチに交じって排泄されている。
「毛玉は排泄される仕組みになってます。
そうじゃなかったら、お腹の中は毛だらけで大変だ。
なので、猫草を与える必要はありません。
好きで食べる分にはいいですが、胃の粘膜を荒らすのでおすすめしません」
しろちゃんの獣医さんはこのようなご意見。
排泄される仕組み…なるほどね~という感じでウンチをしみじみと見ている。


IMG_5594_convert_20150718144252.jpg

なんですか?しろちゃんと、イジワルに聞いてみる。



咳き込むことと嘔吐の区別がつかなかったのは、タイミングよく病院で診察中に咳き込むなんてことが無かったからだ。
今思えば、動画を撮って持っていけば簡単にわかったことだけど、そもそも嘔吐と思いこんでいるので、敢えて動画を撮って獣医さんに見せようとは思わなかった。
「しろちゃんはよく吐きますが、ブツは何も出てきません」
たびたびこう説明していた愚かな私がいた。
事実と違う情報を吹き込まれ、すっかり思い込むことは、かように真実を知るチャンスを逃す。


IMG_5596_convert_20150718144308.jpg

答えはないものの


もしかすると、咳き込むことと嘔吐を区別できないでいる方がが私の他にもいるかもしれない。
そう思って動画をと思うけれど、突発的なのでいつも間に合わない。
※急に立ち上がって、まさに人間のように咳き込む。
※首が前に出る。
※首を、民芸品の赤べこのように振る。
※ひとしきり咳き込むと嘔吐虫垂が刺激されるので、嘔吐しようとするが何も出ない。
※この発作が段々と治まるまで2~3分くらい。
※治まったあと、声がまったく出ない。
※再び声が出るようになると、しばらくはしわがれた声。
※体力をそこそこ消耗するようで、グッタリする。


IMG_5599_convert_20150718144352.jpg

お目々が語ってる。


しろちゃんは何年も何年も、この咳の発作の時に身を隠そうとしていた。
少なくとも、ママがそばに居ることを避けていた。
そっぽを向いて、あっちのほうで咳き込んでいた。
背中をさすろうにも、触れようとするとどんどん遠ざかってしまう状態だった。
ところが、2年前にこれは咳の発作とわかったあたりから、しろちゃんの様子が違ってきた。


IMG_5602_convert_20150718160747.jpg

もう、みないでくださいなのです。」


発作が始まると、目でママを追う。
背中をさすってくれと言う。
息も止まるかというほど激しく咳き込みつつ、その目は何度もそばにいるママを見上げる。
涙をためて見上げる。
涙が出てしまうのは咳こみのせいだけど、私には違ったようにも見えるのだ。
声なき声が、苦しいと言っている。
助けてママと言っている。
都合のいい解釈だと言われても、私にはそうとしか思えない。


IMG_5450_convert_20150718162119.jpg

「お背中スリスリしてもらうと、セキがピタッと止まるのです。」


治ったの?と、グッタリしちゃったしろちゃんの頭を撫でる。
何度も撫でる。
大きな瞳をこちらに向けて、お口を開いてしろちゃんは一言二言何か言う。
パントマイムのように、お口だけパクパク。
声が出ないので、咳のあとは決まってパクパク。
そのパクパクの短い時間の甘美さを、私は文章にできない。
いつかきっと遠い日に遠い遠い世界で、あの時はこう言っていたんですと、しろちゃんはママに教えてくれるだろう。
甘美な時間の甘美な言葉を、そっと教えてくれるだろう。
その日まで、私は知らないほうがいいのだろう。


IMG_5455_convert_20150718162650.jpg

「お声が出ないって、便利なこともあるのです。」



追記
しろちゃんのウィルス性猫気管支炎ですが、子猫の頃に罹ったものであり、その症状だけずっと引きずっているということで、今現在病気なわけでも、新たに発症したわけでもありません。
出会った時からずっと気管支炎のせいで咳き込む子であって、しろちゃんもママも慣れっこ。
ご心配ありがとうございます。


banner (5)
 
にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*


参加しています。
クリックすると投票されます。


banner (5)
 
にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

kakoboxさん、こんにちは。

しろちゃん、目の縁がピンクになって痛々しいですね。
私も気管支炎に度々なっているので苦しさが分かる気がします。
ママが背中をさすってくれる事で、安心するのでしょうね。
症状が早く治まる様、願っています。
こちらから元気玉を送ります☆
しろちゃんに届きます様に…

しろにいちゃん、スーららが盆踊りを教えてもらうと
張り切っていますよ~♪

No title

こんばんは☆

しろちゃんとkakoboxさんとの慈しみあう時間が、しろちゃんの無言の声と同じで、見えなくとも聴こえなくとも、伝わってきました。

しろちゃん、がんばってますね。
猫は我慢強いだけに、見ていると胸が痛みます。
快癒を願うとともに、良い状態が少しでも多くなりますように。


野花の美しさは、ガーデニングの借景のようではありませんか?
決して主張せず、そっと寄り添って咲いている。
でも、あるとないとでは、全体が大きく違いますもの。

それから・・・
まだ数回のやりとりですが、kakoboxさんのブログを、私のブログのお気に入りリンクに入れさせてもらってもよろしいでしょうか?

No title

苦しそうに咳き込むsろちゃん、可哀想ですね。。
小さい頃の環境のせいとは言え
治せるものなら治してあげたいです。。

咳が止まってママを見つめるしろちゃん
無言で何を言っているのでしょうか??
「もう大丈夫、楽になったよ。。だからママ、心配しないでね」って言っているのかな~。。

ニャン吉さん、こんにちは

元気玉、ありがとうございま~す。
縁のみならず全体が腫れたりもするんですよ~。
歌舞伎の隈取の薄いのみたいなお顔になっちゃいます。
汚いお顔になっちゃうの~。
でもね、しろちゃんはいたって元気。
咳き込むこともだいぶ少なくなったんですよ~。
ニャン吉さんは気管支炎にたびたびなるんですって?
しろちゃんから倍の元気玉お返しします。
余病にご注意くださいね。

スーちゃんのかわいい浴衣、いよいよ出番じゃないですか!
今年は妹連れてデビューですね。
しろ兄ちゃん、張り切っちゃうから♪
コメント、ありがとうございます。

かりんさん、こんにちは

咳き込んだあとのお口パクパク時間は、すごく濃密な親子時間なんです。
しろちゃんに御礼や感謝を言って欲しいなんて、これっぽちも思ったことはないですが、すべてのことが報われる…そんな時間なんです。
嘔吐かと思ってましたが、お家の子になった時から咳き込む子だったわけです。
多分一生、症状は消えないものと思いますが、乗り切りかたが段々と上手くなってきたかな~。
年齢がすすむと共に目や鼻の症状は頻繁になりましたが、咳
こみは少なくなってます。
ご心配、ありがとうございます。

野の花のあり方は本当に感動的。
何のために?という視点に立つことばかりしがちな我々を、生きることの喜びに導いてくれますね~。
置かれた場所で咲きなさい。
まさにそれです。

リンク、もちろんですとも♪
相互リンクしましょうね。
これからもよろしくお願いします。
コメント、ありがとうございます。

のん福レオちゃんのお母さん、こんにちは

mamiさん、私の無知だったんですよ~。
出会った時から咳き込んでましたが、嘔吐しようとしているのだと思ってたんです。
YouTubeで咳する猫を見て、しろちゃんこれだ!と。
病院の先生も、子猫の頃の気管支炎とは診断してましたが、しろちゃんの咳き込みは見たことがないわけですからね~。
目ヤニだの鼻水だのは年年齢とともに頻繁になってきましたが、お蔭さまで咳き込みは少なくなってきましたよ~。
心身ともに安定してるのかも。
しろちゃんからの報いなんて、これっぽちも求めていないですが、お口パクパクでじっと見つめられるあの瞬間に、愛情はちゃんと伝わっているんだなと思えるんです。
ご心配ありがとうございます。
スコクラブは誰も咳しませんか?
コメント、ありがとうございます。

こんにちは。

しろちゃん気管支炎なんですねぇ。
苦しいでしょうねぇ。
ママさんに背中をさすって欲しいと要求するのですねぇ。
我が子ですからいつでも観察していないと病気が手遅れになってしまう時がありますよねぇ。

最後のしろちゃんの写真可愛いですv-238

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

しろちゃん、いつもママさんが
そばにいてくれて、安心ですね。
ママさん、しろちゃんのことが
いつも心配で心配でたまらないん
ですよ。
症状が早く落ち着きますように。

ビクママ、おはようございます

気管支炎は子猫時代のね。
今はなんでもないですよ。
気管支が過敏になっちゃって、咳こむクセが残ってるんでしょうね。
なんでもないとはいえ猫の咳は見て居るこちらが辛いです。
呼吸困難になったらどうしようなんてハラハラしますよ。
お留守番の時だってしてるんでしょうけどね~。
ビクちゃん達は咳はしませんか?

かわいいって言っていただいてうれしいです。
透けてるお耳のピンクがいいでしょ~。
コメント、ありがとうございます。

するるさん、おはようございます

ご心配ありがとうございます。
月の半分は汚いお顔の猫になっちゃって~。
でも本にゃんはいたって元気で走ってます。
咳は、留守中に呼吸困難になったりしたらどうしようなんて思いますが、頻繁にしているわけではないので、薬も飲んでないのですよ~。
できるだけ免疫力を下げさせないで、見守りたいと思います。
コメント、ありがとうございます。

No title

はじめまして。
昨年天国に逝った愛猫も、男の子で白猫で
目も緑色です。しろちゃんにソックリなので
見入ってしまいました。
いつまでも、お幸せに。

kazukittyさん、はじめまして。

そうでしたか。
緑の目の白猫は珍しいそうですね。
もしや悲しい記憶を呼び覚ましてしまいまいたか?
その白猫さんは、きっとあなたを見ていると思います。
雨の日も風の日も、ただじっと見ていると思います。
あなたには見えないだけで。

また寄ってくださいね。
白猫さんの写真もぜひ見せてくださいな~。
コメント、ありがとうございます。

No title

猫風邪はノラ猫さんならみんなもっていて当然。
そういわれました。
で、治るものでもないから、上手に付き合いなさいと。
しろちゃん、ちゃんとご飯は食べているのですよね?
例え少量でも食べてはいるのですよね?
ウチはけっきょく、えーすとさくらこは自力で治してもらいました。
1週間、遊ぶこともせず、ただひたすら寝てましたよ(^^;)

私も病院では、免疫力を下げないようにするしかないと言われました。
食事をとらなくなったなら別ですが。
獣医さんは、鼻水が黄色くて詰まっているとか、口で呼吸しているとか
本当にひどい状態の子なら治療するべきだと言っていました。
飼い主としては心配なんですけどね(^^;)

咳ね、乙女さんもしていましたよ。
ウチは咳き込むと逃げる、逃げる。
撫でられるのも嫌な感じでした。
咳き込みがひどくなると吐くのかな?というくらいの感じになりますが
吐いたことは一度もないです。
が、内臓が飛び出てくるんじゃないかって思うほどの咳き込みようでした。
これも猫風邪の影響なんでしょうね。

暑くなってきましたから猫にも影響は出るかもしれません。
今年の夏も工夫しながら乗り切っていきましょうね(^^)

No title

こんにちはしろちゃん&しろちゃんママ
しろちゃん  お咳もするんですね。
お目目まわりが赤くなってるの~白猫さんだと余計に赤く見える気が・・・。
なんとかしてあげたいっ!
そんな状態にママさんは慣れてれてらっしゃるんですね
いいぞ~その調子!なんちゃって。。
しろちゃんの猫カゼのおかげで、
不調な状態に慣れる事ができてるんですもの
そうなのですか、苦しくなってママさんに助けを・・・
な~んかすごい結びつきを感じます。
世の中の猫さんのどのくらいが苦しいときに飼い主に頼るでしょう?
殆ど無いことだと思います。
ウチで一緒に暮らした子達は、発作のような苦しみがあったときは
必ず、ヒトリになりたがる、というかヒトから離れました。
しろちゃんはママさんに100%の信頼をもっているのね~
なんだか、うらやましい関係です。

ママさん、来ちゃいました。子猫。2ヶ月のシャムMIX.
女の子です。「ちゅら子」といいます
ものすごいビビリーで、私とパパさんが怖い。
でも、巨大猫となったキラリは大好き!自分から寄っていき甘えてます
キラリは温厚過ぎるほど温厚な子。お母さんしてます
実はこの子猫、しろちゃんと似た、腹壁ヘルニアです
場所はおへそなので「臍ヘルニア」なんですが、
ヘルニアの中に腸が通っています。
ビックリするほどでべそ。
医者から、危険なのでもうちょっとおおきくなったら手術を、と。
また病院通い始まりました=3

写真はまた新しいストリームつくって
URLをご連絡しますね~

ミルクさん、こんにちは

その獣医さんの見解、心強いですね。
うちの子に限って不幸が見舞ったわけではないと安心します。
感染力が強いのだから、野良猫さんの子猫が軒並みかかっても当たり前ですね。
エイズなどの重篤な感染症でなかったのが幸いですね。
整理すると、猫風邪にかかったまっただ中の時にえーす君とさくちゃんは寝て治したってことですよね?
しろちゃんには、症状だけクセのように残ったということですよね?

症状が出ている時も、ご飯はちゃんと規定量食べていますよ。
まったく変化なしです。
ストレスの極力ない生活を送らせている自信はあるんです。
自然治癒力は以前よりアップしているような気がします。
しろちゃんの先生も、対処療法の目薬、点鼻薬があるにはあるけど、苦痛を与えてまで薬を使うほどの意味がないって。

乙女さんも咳があったんですね。
しろちゃんだって、一昨年まではサーっと逃げてましたよ~。
自己防衛なのでしょうが、恥ずかしいって感じに見えました。
人間もそうですが、咳こみがひどいと嘔吐したくなりますよね。
毎回最後はそれです。
顔色真っ青、ピンクの鼻っちょが真っ白になるんですよ~。
本物の嘔吐のほうが、滅多にないだけに私は怖いです。

留守番の冷房、乙女さんの29度を真似させてもらってます。
人にも猫にも、日本の夏は年々厳しいものになって、どうなることやら。
コメント、ありがとうございます。

にゃごさん、こんにちは

プチ子ちゃんは咳をしませんでしたか?
猫風邪の症状が残ったということはありませんでしたか?
お目々が、歌舞伎の隈取のようになっちゃうこともあるんです。
不気味な色の目ヤニが出て、それをこするしろちゃんのお手々も茶色になっちゃう。
鼻っちょに赤茶色の線ができちゃうし鼻から赤茶色の鼻水が出ることも(泣)
でもね、ケロッときれいに治っちゃうんですよ。
月の半分ずつやってます。
しろちゃんだって、咳も嘔吐も、脱兎のごとく私の前から逃げてしまってました。
嘔吐は今もってそうですが、咳はほんとうに慣れたのか、私に向かってきますからね~。
咳と、せいぜいが熱があって怠い時だけですよ。
他の来るしい場合は、やはり一人でいると思うんです。
全面的に頼ってくれるわけではないですよ~。
だから、プチ子ちゃんとにゃごさんとの壮絶な看護、介護の記録、何かの形で残してくれたらありがたいと思ってます。

きましたか~赤ちゃんちゅら子♪
キラちゃんを大好きで、キラちゃんが受け入れに難色を示さないことが何より一番大事なことじゃないですか!
人にはいつか必ず慣れますものね。
さすが茶トラのキラちゃん、温厚と社交性は抜群なんですね。
臍ヘルニアですか!
あ~にゃごさんのお家に来て、良かったね~ちゅら子ちゃん。
そのままでは生きられなかったことでしょう。
猫助けの旅、始まりましたね。
私も具合が悪くなったらにゃご家に行きたい(笑)
写真楽しみに待ってます。
コメント、ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック