ヘンテコ画像と親子で踊る真夜中の「蚊取り音頭」

2015/06/20 Sat

IMG_4756_convert_20150620143220.jpg

「みなさん、僕のお家のほうは、とっても良いお天気なのです。
梅雨も休むことがあるらしいのです。
じゃないと、虫さんが水たまりでおぼれてしまうからです。」




昨夜までの雨で、空はすっかり洗われた。
今朝早くには、大気は昨夜からの冷気を含んでいて清々しい青空が広がった。
森の中でたくさんの植物や虫たちが、濡れた身体を乾かしてノビノビと深呼吸しているかと思うと、なんだかホッとする。
たくさんの虫の卵も、ひび割れて新しい命が生まれ出てくる。
虫たちは、とてもはかない一生だけど、その誕生の過程にはのちの一生の何倍もの月日を費やしたりする。
どれだけ生きるか…ではなくて、どうやって生きるか、どのように生きたかが大事だと教えている。


DSC_1471_convert_20150620133355.jpg

雨上がりの濡れた紫陽花。

DSC_1422_convert_20150620133418.jpg

雨上がりの多肉植物
乗った雨粒が宝石のようだった。



木曜日の大雨の真夜中のお話。

真夜中の大雨と大風がママはとっても怖い。
怖がる必要のない住環境であっても怖い。
集合住宅であって、お隣もその向こうのお隣さんもいるのに怖い。
これは、理屈じゃなくて本能的な恐怖なのだと思う。
しろちゃんは、真夜中の大運動会をどんなことがあっても必ず敢行する。
小一時間に渡って、自分なりのストーリーに基づいてなりきって遊ぶ。
おおよそしろちゃんは逃げるライオンで、ママは捕まえようとする素手の悪徳ハンターといったところ。
怖い顔と怖い声を出して追いかけるほど喜ぶ。
たまに転がされて、お腹をガリガリ攻撃されればますます喜ぶ。
我が家の最長直線距離を足音も高く何度も走り抜ける。
もちろんママも泣く泣く走る。


IMG_3986_convert_20150620133823.jpg

「小さな鳥さんだと思うことにします。」
記事と写真は別の日で、写真はしろちゃんのおバカ画像が続きます。


この日、いつもより早く眠ることにした。
ゼーゼーハーハーしながらもまだ遊んでいたいしろちゃんに、ちょっと短めに切り上げてもらった。
キッチリ窓を閉めてしまうと、雨音も遠い。
しろちゃんとママの安心安全な真夜中が始まる。
しろちゃんはさすがに6月とあって抱っこ寝はせず、真横に同じ姿勢でピッタリと寄り添って、背中トントンで眠る。
ママが背中トントンの手を止めると、しろちゃんは尻尾トントン。
贅沢にも、寝付くまで背中トントンさせるつもりなのだ。
この場合の回避方は、ママが先に寝てしまうこと。
眠ったフリでもいい。
しろちゃんはママの寝息を確認してから諦める。


1434775443f26pp9kf8mOHD7V1434775442.gif
gifアニメ

「捕まったら、みんな僕に食べられるのです。
パクン」



フリなので、ママは本当は起きている。
上掛けを夏用の羽毛から冬用に戻したほど、肌寒い夜だった。
ブ~ン
えっ、蚊?
うわ~参ったな~。
去年は屋内で蚊は皆無だったので、ペットに安全な蚊取りグッズが我が家にはない。
寝たフリなので動けないまま、そっと薄目でしろちゃんを見やると、しろちゃんも頭を動かしていた。
ブ~~~ン
部屋の中がとても静かなので、その羽音さえ聞こえるよう。
…ということはよほど耳元に来ているってこと?
しろちゃんとママのお耳は並んでいる。
…ということは、しろちゃんが刺されるかもしれないってこと?


1434775647hOsHcJwurcxLNAr1434775644.gif
gifアニメ

「ああ~おいしいヤキトリだったのです。」
酔っ払いオヤジのようなしろちゃん。


デング熱、エボラ出血熱、MERS、フィラリア、猫エイズ、etc.etc.
瞬く間に目まぐるしく、蚊が媒介する、または媒介するかもしれない感染症が思い浮かんだ。
季節外れの1匹の蚊に刺されたぐらいじゃ、人間は全然大丈夫。
季節外れの蚊は刺す力も弱いそうだし、感染菌を保有する力も弱い。
「フィラリアを媒介する蚊が確認されていますけど、お宅は1階じゃないから大丈夫。」と、先だって獣医さんが言っていた。
1階じゃないから大丈夫ってことは、飛んで来られず蚊がいないから大丈夫ってことじゃないの?
蚊がいるのよ、ここにー!
ギャーッ


1434775546ywTTYKQU1CvZNYl1434775544.gif
gifアニメ

獲物をまったく見逃しているし、全体的になんだか関節が変だし。
しろちゃん、それはもしや、蚊取り音頭の練習ですか?


せっかく寝つきかかったしろちゃんを投げ出さんばかりに起き上がった。
しろちゃんも慌てて立ちあがった。
先にも書いたけど、去年は室内で蚊に刺されることが一回も無かったので、殺虫剤の類は何も買い置きがない。
なんでもいいわけじゃない。
犬猫に安全な殺虫剤じゃないと使う勇気がない。
犬猫に安全と書いてあっても、所詮は虫を殺す成分なわけで、死なないまでも脳など神経系に差しさわりがあるのじゃないかと言う気もする。
ベランダに、数か月効く「ペットに安全な虫除けグッズ」があったけど、今年はまだ買ってない。


IMG_4104_convert_20150620133719.jpg

そのことがショックだったのか、悲しいお顔


かくして、ベッドの上に座ったママの「蚊取り音頭」が始まった。
上下左右、右斜め上、左斜め下。
パパンッパパンと、両手を合わせて手を叩く。
これしかないのだ、蚊を撃退する手立てが!
ブ~~~ン
パパンッパパン
ビックリしたお目々でママを見ていたしろちゃんが、真似をする。
いや、しろちゃんのお目々には、フットライトだけのほの暗さのなか、小さな蚊が見えているのかもしれない。
宙に細い腕を伸ばして、まさかゲットする気?


1434775725kjdX4w2RaYjunpS1434775724.gif
gifアニメ

「夜中に、ブ~ンてきたのです。
ママが刺されてデング熱になるかと僕は思ったのです。」



親子で深夜の「蚊取り音頭」を踊ることになった。
が、
しろちゃんは踊らなくていいのだ。
踊ってもらっては困る。
むしろ踊らないほうが親孝行というもの。
そのみっしり毛の生えた身体に、蚊が潜んでしまったらどうするの。
しろちゃんの血液をグングン吸って大きくなって、そこで卵を産んだらどうするの。
ママがやり始めた「蚊取り音頭」が、楽しそうって思った気持ちはわかるけれども。
ママが踊るなら僕もって、思った気持ちはわかるけれども。
神経質ママはしろちゃんを毛布の中に包み込み、ブ~~~ンが消えるまで深夜の「蚊取り音頭」を踊る決意だった。


IMG_4995_convert_20150620143159.jpg

「そろそろお昼寝しませんか?」
と、毎日必ず言うしろちゃん。
昼下がりには決まって眠いしろちゃんは、お耳とお鼻のピンクが濃くなる。


しろちゃんとママには、昼下がりにお昼寝タイムがある。
この暑いのに、お昼寝では、しろちゃんはママの懐に背中をくっつけてすっぽり収まっている。
ママは、胃のあたりに「息づく湯たんぽ」を抱えて眠ることになる。
湯たんぽを抱えて輪にした腕から、しろちゃんのお顔だけニョッキリ出ている。
暑いよ~しろちゃん…と思うけれども、この我慢大会はやめられない。
愛しい子の、私にとってはこの上なくかわいいお顔に飽きることなく見入る。
汗をかきつつ、そっとゆすり上げたりする。
こんな腕の中の幸福が何年も前に、外から薄汚れた姿でやってきた。

幸福は幸福じゃない顔をしてやって来るらしい。


DSC_1409_convert_20150620140002.jpg

「白猫なので、身体がよごれることはしかたがないのです。
心がきれいなら、それでいいのですと、僕の猫母さんは言ったのです。」





参加しています。
クリックすると投票されます。


banner (5)
 
にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*


参加しています。
クリックすると投票されます。


banner (5)
 
にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

こんばんは^^

今日はこちらも梅雨がお休みだった様です。
この時期の紫陽花は本当に綺麗ですね~。
多肉植物、お花の様な形ですね!

しろちゃんったら、ママにトントンしてもらって寝てるのですね♥
スーさんに負けず劣らずの甘えん坊ですね~(*´∀`*)
深夜の「蚊取り音頭」大変だったと思いますが、
ママさんとしろちゃんと二人で踊っている姿を想像して
笑ってしまいました。
これからの時期、虫刺されが心配ですよね…
私もそろそろ、レボリューションをしようかと考えていた
所です。
真夜中の大運動会、とっても楽しそうです♪

ニャン吉さん、こんにちは

ニャン吉さんと話していると、遠いのにお天気がけっこう同じなんだな~と、意外に感じます。
雨に濡れた紫陽花、今日もきれいでしたよ~。
この多肉直物、つまりはサボテン、バラのようですよね~。
たたえた雨粒がダイアモンドのよう。

ええ、しろちゃんは、世間に公表できないような恥ずかしい甘えっ子なんです(笑)
スーちゃんよりうんとお兄ちゃんなのに。
ニャン吉さんのお住まいは、真夏の屋内の虫対策は要らない感じ?
もし川が近い場合には、飛んでくる蚊からのフィラリア対策は絶必要ですね。
スーちゃんは真夜中の運動会をしませんか?
楽しい半分、私には我慢大会でもある(笑)
小一時間も続けるんですよ~。
相当な運動量で健康には良さそうですけどね。
コメント、ありがとうございます。

こんにちは。

今日も梅雨の中休みですねぇ。

しろちゃん甘えん坊さんですねぇ。
背中トントンしてもらって(*^。^*)

>お耳とお鼻のピンクが濃くなる。
白猫ちゃんだと良くわかりますよねぇ。
ぼくも鼻がピンクになっています。
眠い時だと私は思うのですが?

>「蚊取り音頭」
ママさんなんですかぁ?
笑ってしまいました(笑)

ビクにコメントありがとうございます。
結膜炎良くなりましたよ。

ビクママ、こんにちは

梅雨に中休みが無いと洗濯物が困っちゃいますものね~。

しろちゃんは年々歳々甘え度が増しています。
このままでいくとどうなっちゃうのかな~。
眠い猫は人間の赤ちゃんのように体温があがるらしいですね。
言われてみれば、ビクちゃんはわかりにくいですね。
白猫は白い分汚れるけれども、身体の変化はわかりやすい利点がありますね。

立って蚊を追いかけつつ両手でパチンって叩こうとやってみてくださいよ~。
盆踊りになるから(笑)
ビクママのところも蚊は上がってこないでしょうね。
ビクちゃん、良くなって良かったですね。
他の子にうつらなかったのは幸いでしたね。
ビクちゃんを通院させた顛末、またブログに書いてくださいね~。
コメント、ありがとうございます。

No title

深夜に飛ぶ蚊の羽音は異常なほど気になりますよね^^;
kakoboxさんのようにあれやこれやと想像して
心配のるつぼにはまることはないですが
あの音で眠ることは私もできません~。。
退治するまで頑張ります。。
早急にペットに無害な防虫剤をそろえなくてはですね。。
そんな季節ですね。。

しろちゃん、ママと添い寝してトントンしながら寝るのですね♪
のんちゃんもほぼ必ず枕元に来てナデナデを要求するんですよ^-^

のん福レオちゃんのお母さん、こんにちは

深夜の蚊は、たった一匹でも人を眠らせないんですから、小さいのにすごいもんですよね。
去年の代々木公園デング熱騒ぎのあと、バスに乗ってるシニアの方が腰に携帯用蚊取り線香をぶら下げているのを何回か見ました。
用心しているのはお年寄りというところ、なんだかな~(笑)
しろちゃんはずっと以前は、ベープマットと蚊取り線香のダブルパンチのリビングに平気でいましたよ~。
人間の赤ちゃんだって、昔の赤ちゃんの枕元に蚊取り線香があったりしましたよね。
○○用と付けることによって売れる戦略にハマらないようにしなくては…ですね。
今年は我が家地域のドラッグストアの店頭にペット用がまだ出ていません。

のんちゃんもナデナデ寝んねですね~?
プライドが高いので、昼間に妹弟に譲ってる分、甘えん坊になるのかもしれませんね。
我が家のしろちゃんは、昼間も夜もママ独占なのに、ただの軟弱男子なのかも。
我が子の習慣に、ママのほうが固執しているだけかも~。
コメント、ありがとうございます。

No title

しろちゃん&しろちゃんママこんにちは~
今回しろちゃんのおもしろ画像多いですね~
やきとり親父には笑った笑った!
かわいいしろちゃんがやきとり親父!!ギャハハ~o(>▽<)o
なんだか やきとり食べたくなってきたゾー!

真夜中の蚊取り音頭 ご苦労さまでございました
というか、お見舞い申し上げたほうが良かったかなぁ?
しかしよーく分かります。蚊取り音頭。
さすがしろちゃんママ!しろちゃんを一番に考えてらっしゃる!
危険からは遠ざけてあげるのが保護者の務め!
ママさんがよく言うように、独り立ちさせるわけじゃないんですもん
誠意一杯守ってあげてなんの損もないですよね~

ウチは年中蚊が出ますよ~。本当に寒い時期だけは出ないけど。
だから寝床の近くに必ず電子蚊取りをおいてます
でも眠い最中の「ぷ~~ん」は無視したい、聞かなかったことにしたい!
しかし結局、蚊取りONするために起きるのでした(チッ!)
でも殺虫成分って猫にどうなの???って 不安になったことあるんです
その当時、ネット上にそれについて書かれていることなくって。。。
医者に聞いたわさ~。
肝臓がよっぽどダメな子は「タンスにゴン」すら
取り払っほうがいいって飼い主さんがいましたが、科学的な検証はとれていません、と。
これはプチ子が肝臓の数値が上がり止らなくて不安だった時期の話です。

しかし年々、蚊に刺されたあとが強大な腫れを見せるんですが
分解できなくなってきた?ってことかしら
それとも、蚊が強力になってきた? コワイ~~!><
生き残れるくらいの血はあげるから、おみやげ置いていかないで~

にゃごさん、こんばんは

ボツ画像でgifアニメにしました。
ひどいお顔もこうすると笑えるでしょ。
ヤキトリオヤジ、見てくださってありがとう。

就寝時、しろちゃんも静かに横になって、私はしろちゃんの背中に顔をうずめ眠らんとするまさにその時間にブ~ン。
たかが1匹の蚊ですけどね、タイミングが悪かった。
去年獣医さんが、蚊からフィラリアに感染した猫の話をしたもんだから、それ以来怖くなちゃって。
私はどれだけ刺されたって痒いだけで平気ですけどね~。

にゃごさんのところに年中蚊が出るのは、近くに川とか湿地があるから?
戸建ては致し方ないですよね。
我が家は幸い、去年は蚊知らず。
ベランダと玄関にペット用の○○当番ぶら下げてましたけどね。
今年は何の殺虫剤も買ってないので蚊取り音頭だったのであります。
電子蚊取りは普通の人間用のでしょ?
しろちゃんも以前はベープマットを24時間みたいな部屋で平気で寝てましたよ。
ピレスロイド(除虫菊)系のものは、よほどの量じゃない限り哺乳類には無害だっていいますよね。
ペットの飼い主さんの神経質に付け込んでのペット用殺虫剤なんでしょうね。
私今年はペット用は買わないことにしました。
昔ながらの蚊取り線香を一時的に使うことに。
蚊取り線香の匂い漂う部屋って、夏らしくて好きです。
衣服用だって同じことだけど、クローゼットで遊ぶ子は結構いますよね。
だからどうにかなったという話は聞いたことがないような。

蚊が段々と耐性を高めちゃってるのかな。
にゃごさんがデリケートになってるのかな~。
せめて蚊の大きさだけは、巨大化しないでもらいたい。
見た目が怖いから(笑)
コメント、ありがとうございます。

No title

笑ってしまいました。
読み進めていくうちに、蚊取り線香がないkakoboxさんは
どうやって、何をするのだろう?とワクワクしてたら「パン!パン!」だった。(笑)
やっぱりね最終的には原始的であろうが、人間自ら動くってことが大切ですよね。
そうそう、私も蚊がなぜ上層階にいるのだろうと思うのですが
どうやら人や荷物にくっついてきたりしてエレベーターで登ってきちゃうらしいのです。
いくら何枚ドアがあろうがセキュリティがしっかりしていようが
蚊の侵入を妨げることはできないのですよね~。
ウチ、蚊取り焚いてますよ。
今の子達が来てから、コード式ではなく電池の携帯式にしました。
そうしたら手の届かないところとか、匂いを嗅げないところに置けますから。

ミルクさん、こんばんは

読み進めてくださってありがたいことです(笑)
蚊のブ~ンは、どうにも我慢できないでしょ。
どういうわけか、耳元にばっかりまとわりついてくるんですよ。
急に止んだので、多分、目くらめっぽうのどれがが当たったもののようです。
人にくっついて来る蚊が卵を産むなんてこともあるんでしょうね。
電池の携帯式蚊取りとはもしやあれかしら。
去年、未来VAPEという電池内臓1シーズン使い切りのを買いましたよ。
間欠的にファンが回るんですよ。
日本で発売されている蚊取りの類は安全性が高いので、ペット用は無意味とも聞きました。
今年は古典的蚊取り線香を買ってみようかと。
あの匂いに郷愁を感じます。
コメント、ありがとうございます。
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック