腹壁ヘルニア その17 再現フィルム?

2011/02/02 Wed

IMG_0797_convert_20110202161411.jpg


「僕は元気になりました。
レントゲンフィルムを貸してくれたつくねちゃん、ありがとう。



今日は手術の再現フィルムということで…。
ママは苦心惨憺だけど、出来はイマイチ
タッチパッドでお絵かきするのは、大変なのだ。(タッチパッドのせいか?ん?)
相当へたくそだけど、真剣に描いた努力だけでもかってください。
しろちゃんが描いたのかって?
ママなんだけど…。

四方山話のつくね♂さんが、ご好意でレントゲンフィルムを貸してくださいました。
以下のレントゲン写真はすべて、「つくねちゃん」のものです。
目の中に入れても痛くないほど愛しんでいらっしゃる「つくねちゃん」が、先日猫ドックを受け、不安だった感染症もなく、ほぼ完璧といえるような結果が出ました。
本当に良かったねえ~つくねちゃん
女の子なのに、ハダカンボーを通り越した写真を公開しちゃって、ごめんね~

その際に撮ったレントゲンフィルムが、しろちゃんの手術の再現フィルムにぴったり!なんて考えちゃったママです。
しろちゃんの実物を、要求する知恵も勇気も無かった情けないママなのに…。


写真では左みたいだけど、しろちゃんの腹壁ヘルニアは右わき腹。

つくねちゃんのレントゲン1の1


下腹部の白い線が腹膜で、黄色の線ではさんだ部分が、しろちゃんはすっぽり無かった!
緑の線の辺りがおそらく腹壁で、そこが裂けて損傷していた。


つくねちゃんのレントゲン1の2


こんな風に内臓脂肪層みたいなものが外に出て、肝臓が顔を出していた。
しろちゃんの外見上は、女性の拳大の大きさのふくらみがあったのだ。


つくねちゃんのレントゲン1の5


まずは腹膜を切って腹壁を切って、出たものを出来るだけ元の位置に戻し、腹壁を肋骨の一番下の骨に、ギューと引っ張ってかがりつけた。
ブルーの糸がプラスティックの永久保存糸。


つくねちゃんのレントゲン1の4


腹筋を縫い、表皮を縫う。
赤の糸は溶ける糸。
黒の糸は後に抜糸する頑丈な糸。


IMG_0619_convert_20110202160726.jpg


「なんだって~
僕はこんなに糸だらけだったの?
永久保存糸?
僕はちょびっとだけ、ロボットになったの?」


一部分「ドラえもん」ってことでデビューする?
糸のこと、全然気にしないで大丈夫!
心配は、ママがみんな請け負ってあげるよ。
しろちゃんはただ、猫生を存分に楽しめばいい。
しろちゃんが、ママのところへ自分で歩いてきたんでしょ。
幸せという宝物を両手に抱えて…

参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

今日も愛情たっぷりのUPをありがとうございます!


今日のしろちゃんも超~可愛かったな♪

ちよさん、お久しぶり♪

見てくれてありがとうv-298
いつもかわいいって言ってくれて、感謝感激v-353
寒さ厳しい毎日ですが、風邪などひかないよう、お過ごしくださいねv-22

No title

つくねはいつも裸ですから大丈夫ですよ。
スカジャン着せたら嫌がられました。e-455

分かりやすい説明をありがとうございます。^^
小さな体に人と同じ臓器が収まっているのですものね。
大変な手術でしたね。頑張ったしろちゃんに拍手を送ります。e-460

しろちゃん見ると、綿毛を思い浮かべます。
どうしてこんなにふわふわなんですか?

図解説明ご苦労様です

とてもわかりやすかったです。今更ながら大変な手術だったんだなぁ、と思いました。
主治医の先生に中々レントゲン写真をくれとは言えませんよ私なんかちぃが避妊手術するのに預けただけで、まさか抜糸なしになるとは思いませんでした。
3匹目にもなると慣れが先行してしまってそんなもんです反省してます
しろちゃんはお風呂入った事ないんですね。なのにどうしてあんなに白くて綺麗なんでしょう…うちなんか3匹とも三毛ですが、お風呂定期的に入れてました。毛の手触りが良くなりますよ

つくね♂さん、ありがと♪

つくねちゃんにスカジャンですってv-392
着たらかっこいい女の子だろうなv-345
猫用スカジャン、どこで売ってました?

説明、わかりやすかったですか。
ああ、安心、書いた苦労が報われましたv-356
いつもしろちゃんに、応援をありがとうございます。

しろちゃんと綿毛…。
うれしいな~♪
シャンプーは1回もしたこと無いし、ブラッシングでさえ、しろちゃんは嫌がってダメなんです。
手に付けるブラシでも何を持ってきてもダメ。
しょうがないから、ママの爪で頭周辺をかいてあげるだけ。
正直なところ、しろちゃんの被毛には何もケアなされてません(笑)
触れた感触は、本当にフワッフワ、柔らかいですよ。
手の中で溶けそうな毛です。
きっと天然、手間要らずです(笑)

返す返すも、写真ありがとうございましたm(__)m

くるみざわうめさん、ありがと♪

図解説明、わかりやすくて、良かった。
タッチパッドだから、本当に苦労しちゃいました。
絵心も無いしね(笑)
うめさんも、レントゲン写真をやはり手にはできませんでしたか。
な~んか、言えないんですよね~こんなことじゃイカンと思うのですが…v-7

ちぃちゃんは3匹目の猫ちゃんなんですね!
ベテランママだから、ちぃちゃんも安心ですね♪

ご指摘のとおり、しろちゃんはお風呂入った事が1回も無いですよ~。
死に物狂いで抵抗するのが目に見えているので、入れられません。
先生も、無理に入れなくてもいいと仰ってました。
でも、入れてみた~いv-356

完全室内飼いにした当初、数ヶ月は、しろちゃんの居る場所の敷物、ベッドの毛布や蒲団が黒く汚れました。
それでも一緒に寝てましたよ~私(笑)
Loveですね~v-22

No title

スカジャンはダイソーでわんこさん用のものを300円で購入しました。
ちょっと大きかったです。すごく嫌がったので、今では外ベッドで寝るときの
上掛けになっています。i-229

つくねは骨折跡のせいで保険加入出来ても、同一箇所の骨折は
適用外らしく、その上、加入前審査が必要だとか。
本当に骨折跡なのか、別の病院へ健康相談へ行くことを検討してます。i-228
やはり、暮らす側が納得しないと受け入れ難いです。i-239
レントゲンもデジタル化で印刷ですし、ましてや、
動物を愛してくれる、しろちゃんの主治医なら嫌な顔なんてしませんよ。i-179

うちもあまり毛繕いは好きでないみたいですが、
無理矢理始めると次第にゴロゴロ言い出します。
片手にファーミネーター、もう片方で顎を撫でてます。
つくねは毛玉を吐くのでごまかしながらも必死です。i-278

No title

しろちゃんの中に入っている糸、すごい量ですね。
でも、先生がしっかりしてるから大丈夫そう。
だって、先生が糸のことをちゃんと説明してますから。

前記事のコメントで書いた糸のことですが…。
姉のブロ友さんの犬のことなんです。
去勢手術の時の糸が体の中でからまり、
自分で食べることが出来なくなったんだそうです。
今は飼い主さんが、口の中にごはんを入れてあげてて、
だいぶ調子がいいみたいです。

そういうのを聞くと、当たり前と思っている去勢手術も、
事前にちゃんと説明を聞かなくてはいけないと思いました。

今日のしろちゃんも可愛いですね。
ピンク色の口がちょっと開いていて、
それがまたどうしようもないくらい可愛いです。

こんにちは

しろちゃん大手術だったんですね;
読んでたらまた下腹部痛くなりました。
(影響されやすい;)

しろちゃん!よく手術に耐えたね。
もう残りは幸せだけだね☆

ほんとに大変でした(TT)
それに一緒に耐えて支えたkakoboxさんも本当に苦しく大変な日々だったと想像します。

今日は新月なのでしろちゃんとkakoboxさんとしろちゃんパパの健康と幸せを祈ります☆

それにしてもしろちゃん、よくkakoboxさんのところまで頑張って来たなって思います。偉い!

しろちゃんはkakoboxさんとの出会い。
ぜったいに運命の出会いだわ!

しろちゃんはきっとずっと前からkakoboxさんと深い縁で繋がっていたんですね☆

つくね♂さん、ありがと♪

へえ~300円でスカジャンですか!
それなら、着てくれなくてもOKですね(笑)
猫ちゃん用のものを買おうと思うときの自分の気持ちが、うれしかったり楽しかったりするんですよね~v-25

つくねちゃんは本当のは骨折跡かどうか、疑わしいわけですね?
赤ちゃんから一緒なのだから、骨折ならば、つくね♂さんも気づいたようなものですものねi-230
…ということは、保険加入を本気で検討中ですか?
そうそう、今はデジタルレントゲンなんですよね。
だから、頼めばデータ送信可能なものでしょうけど、どうも言い出すのが苦手なダメママでした(笑)
しろちゃんを良く診てもらうためなら、土下座でもしますって感じの弱い患者でしたi-182

つくねちゃんはファーミネーターできるんですね、すごい偉い。
私は、ひたすらしろちゃん自身の毛づくろいに任すのみです。
今日はしろちゃんも、毛玉を吐いてましたi-203
苦しそうですよね~あれ。

ローズキャットさん、ありがと♪

お姉さんのブロ友さんのワンちゃん、去勢手術でそんなことになるなんて、怖いですねi-282
糸が、腸に絡まったのかしらね。
まさか一生涯、自分で食べられないのではないでしょ?違うでしょ?i-230
今はもう、治ったのかしら。
溶けるはずの糸が溶けなかったのかしら。
かわいそうに…i-241

しろちゃんのお腹の中の溶けるべき糸が溶け、永久の糸が絡まないであるべき位置に留まってくれることを、私はこれからはひたすら祈ることにしますi-189

お口が、「なんだってえ?」に見えるでしょ(笑)
猫ちゃん一般がそうかもしれませんが、お口をめったに開けてくれませんよね~。
カイ君も、お口をめったに開けない感じがします。
アクビの時には、顔が裂けそうなほど、大きく開くのにね。
いつもしろちゃんにうれしい言葉、ありがとうございますi-260

rag mamaさん、ありがと♪

v-22あらまあ、今度はrag mamaさんの下腹部を痛くさせちゃって、いつも同感共感をありがとうございますv-392
猫ちゃんの手術にしては、結構やっかいだったみたいです。
ちなみに、病院の先生は、「去勢は実質5分」って言ってましたよv-356

私は痛みを耐えてたわけじゃないけど、悩むというか迷うというか、するかしないかのほうにかなり時間をかけました。
腎臓病の悪化という懸念もあったので、本当に苦しい決断でしたよv-394
腎臓病に関しては、まだ安心できない状況だけど、ママがんばっちゃうもんねi-86
どんなしろちゃんでも私には宝物だし、どんな試練があっても、しろちゃんに幸せな猫生を送らせてあげたいの。

だから、ブログを書こうと思ったのよ。
誰かがどこかで、この当時の私と同じような悩みを抱えて、眠れぬ夜を過ごしているんじゃないかと思うと、少しでも役に立ちたくて…。
猫、腹壁ヘルニアって検索したら、私の経験談が見つかるようにと思ったの。

今日は新月i-95だったんですね。
お祈りに心から感謝しますi-178

しろちゃんが自分で、前に住んでいた一戸建ての家のお庭に来たんですから~!
まるで「ママ探し」してるみたいだった。
負った病気を自分でちゃんと知ってて、一緒に生きてくれるママを探してたんだと私は思ってるの。
いつも、来てくださってありがとうございます。
アンちゃん、メイちゃんの長~い幸せな猫生を、私にも祈らせてね~

No title

どうして骨折と断定するに至ったのか聞くのを忘れました。
そして、複数の先生の診断で納得しなければ自分が受け入れられないので。
先天性のものならば保険の加入を妨げないでしょうし、
将来、本当に障害が出る可能性はないのか、あらかじめ知っておくと
つくねが年老いたときに有利かと思いまして。

保険に加入出来るということは健康の証ですし、
万が一の場合でも、通院程度の病気ならほとんど保険で賄えるでしょうし。
検査や手術の、保険で賄えない不足分は猫貯金とすることで
万全の体制を組めるのではないかと思いまして。

頭を低くして、げぼっ、げぼっとしているのを見るのはつらいです。
毛玉を吐くとその日は元気が無いんですよね。
小指の第二関節くらいの茶色い毛玉を吐くのを見ると、いたたまれなくなります。
ラキサートンを舐めさせると毛玉を吐きにくくなるみたいですよ。

つくね♂さん、なるほどね。

どうして骨折と断定するに至ったのか…これはすごく聞きたいことですよね。
つくね♂さんに、その骨折の認識がないのならなおさらのこと。
将来のことも、知っておくことは飼い主の義務ですね。

保険に加入したら、是非どちらの保険が良いのか、教えていただきたいものですが、しろちゃんは既往症あり!ですから、もう入れないかもと思っていますi-230
万全の体制を組んでもらえるつくねちゃんは本当に恵まれた幸せな子i-178

>頭を低くして、げぼっ、げぼっと…。
↑ 猫ちゃんは毛玉を吐くものとわかってはいても、あの吐く様子は、何回見てもかわいそうです。
しろちゃんは、背中を撫でてやっても、頭を低く左右に振りながら私に背を向けて吐きます。
私の居ることなんて関係ないって風です。
しろちゃんの場合、毛玉じゃなくて、白濁した胃液みたいなものを吐いてるんです。
毛玉らしき毛が、どこにも見当たらないんですよね~。
これはおかいしことなのかしら?
つくねちゃん、まだ怒ってるみたいですが、気が強いお嬢さんだから、他人にたくさん触れられたのがよほど嫌だったのでしょうね。
つくねちゃんの健康を祝して、また、納得のできる結果をつくね♂さんが得られることを願っていますv-22

No title

病院側でどう思うかは分かりませんが、セカンドオピニオンはお勧めです。
医療を受ける権利も選択する権利も患者にあるのですから。
当然ながら医療相談もボランティアではありませんから、
医療相談に伴い発生する費用については支払いの義務があることを承知の上ですが。

詳しく調べましたら、当然ではあるのですが先天性異常は保険の支払いの対象外でした。
つくねが当てはまるのかどうか分かりません。
アニコムの場合ですが、加入前審査をして3日でメールで連絡をくれるそうです。

人間にたとえてみると、消化が済んでいると胃液しか吐きません。
それでも吐くものがなくなると胆汁を吐きますし。
猫さんの事情はわかりませんが、つくねが吐くのは毛玉か餌です。

去年の8月には餌の嘔吐で病院に行っています。2日連続で吐いたので病院に行きました。
結果、39.5℃で熱がありました。夏バテとの診断でした。
注射、1週間分の粉薬とお腹に優しいカリカリが処方でした。
検査の際に、先生に伺ってみたらいかがでしょう。
取り越し苦労で安心出来ることが何よりですから。

つくね♂さん、ありがと♪

セカンドオピニオン、私も有意義なことと思っています。
欧米では当たり前のことですもんね。
病院側にどう思われようと、大切なのはひとつの命のほうだもの。
セカンドオピニオンを他に求めて、いや~な顔をする病院があったら、それこそ根本の病院を変えたほうがいいってことですもんね。
まだまだ、私は、どこか古い日本人なのかもしれません。
しろちゃんの場合、ちょこっとだけ書いてますが、同じ病院で、前任の先生と今回の院長先生とでは診断が違ってた!
前の先生がお辞めになって、去年夏から院長先生に担当していただくことになったわけです。
院長先生に、「以前は奇形だから心配要らないって診断だったのに、じゃ、診立てが違った!ってことですが?同じ病院でありながら?」
と、この程度は突っ込みを入れました。
プレッシャーをかけたという程度のことですけど(笑)

つくねちゃんの場合、人の脊髄圧迫骨折のよに、知らぬ間につぶれるタイプの骨折かしら。
だって、つくね♂さんも知らないのですから。

保険に入れることは健康の証ですね。

しろちゃんの吐くのは、そうそう頻繁ではないので、先生にはあんまり相談してませんでした。
飲んだ毛に刺激されて、胃液を吐いてるって感じだと思います。
しかし毛玉は無いんですよ。
飲んだ毛がうんPに一緒に出てしまう子もいるそうで、そうかなと、勝手に解釈してました。
私が一人でヒョイと連れて行けるものなら、タクシーにでも乗って、もっと頻繁に病院にも行くのですが…。

つくねちゃんは夏バテもしちゃったんですねi-229
こちらはマンションの最上階ゆえ、夏は屋上からの暑さが半端ではなく、お出かけ時にもエアコン冷房をつけっぱなしにしています。
冬にも、ガス、灯油ストーブは使えないので、エアコン暖房をつけっぱなし。
しろちゃんが季節を感じるのは、窓を明けて網戸越しに外を見るときだけ。
ちょっとかわいそうです。
つくねちゃんの暮らす環境がうらやましいわi-236


プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック