幸福を両手に抱えて天使になった子猫、静岡のピカリちゃん

2015/02/28 Sat

IMG_2565_convert_20150228143339.jpg

「みなさん、春がやってきたような気がすると思ったら、風が冷たくなったのです。
今日は悲しいお話です。
僕も涙をこらえているのです。」




三寒四温が始まった。
行ったり来たりを繰り返して春は来る。
今日のしろちゃん地方は、程よい風にどことなく草花の匂いがする。

本日は、かわいい子猫の写真がいっぱい♪


IMG_0163_convert_20150228143140.jpg

↑↑↑ 「静岡のキラピカブラザース、ピカリちゃん」


IMG_0098_convert_20150228143038.jpg

↑↑↑ 「静岡のキラピカブラザース、ピカリちゃん」


といっても、この青いお目々のかわいい白猫さんは、もうこの世にいない。
この世に生まれて7ヶ月の日々を、幸福に過ごした子猫のお話。
悲しいけれど、病気には勝てないというお話。
ここ十数年、動物医療が発達し、猫のフードも「猫まんまって何のこと?」と言うほど変わった。
猫の寿命が画期的に延びて、猫は進化の第三時代に入ったと言われるくらいだ。
それなのに、猫の感染症で致死率100%の病気「猫伝染性腹膜炎FIP」「⇒」は、なんで治療法が発見されない?


IMG_2569_convert_20150228143325.jpg

「怖い病気なのです。
僕は病気がにくいのです。」

白猫は区別がつかないという方に、↑↑↑ うちのしろちゃん


いつもコメントくださるにゃごさんの子猫、ピカリちゃん男の子7か月が2月11日天使になった。
まだ7か月!
たった7ヶ月の日々を、ピカリちゃんは幸福そのものの猫として過ごした。
こういう運命だったのならば、にゃごさんのお家に迎えられたことはピカリちゃんの幸福の始まり。
大好きなママとパパに会えたんだもの。
短くても、人と暮らす喜びを知って旅立ったんだもの。
愛されて逝った子はみんな天使になる。
猫の天国は、天使でいっぱい。


IMG_0086_convert_20150228155613.jpg


IMG_0066_convert_20150228155023.jpg

↑↑↑ 「静岡のキラピカブラザース」



にゃごさんは昨年9月、プチ子ちゃんという愛猫を大往生の18歳で天国に送った。
こちらの記事⇒
プチ子ちゃんの残した膨大なフード、療法食を、猫の保護ボランティアさんに寄付しに行かれた際に、3か月の子猫兄弟とバッタリ運命の遭遇。
にゃごさんのご主人は、プチ子ちゃんよりにゃごさんとの生活歴が浅く、したがって病気じゃない猫を知らない。
そのご主人のたっての願いで、プチ子ちゃんを失った悲しみの癒えないなか、キラピカブラザースを迎え入れた。


IMG_0007_convert_20150228142407.jpg

白猫ピカリちゃんと茶トラのキラリちゃんのキラピカブラザーズ。
10月にお家に来た頃。



生まれて3か月で暖かいお家をみつけることができたキラピカブラザーズは、とても運の良い猫だった。
私はそう思います。
そのピカリちゃんが、元気いっぱいだったピカリちゃんが、あれこれお具合が悪くなり通院が欠かせない日々に。
一緒に生まれて、手と手を取って一緒に幸福見つけたキラリちゃんと、成長の大きさがどんどん違っていくという悲しい写真に、胸が痛んだ。
18歳のプチ子ちゃんで、3年間の病気の看護、介護経験のあるにゃごさんだから、子猫のこの危機を、誰よりうまく乗り越えさせてくれるだろと思っていた。
長い闘病にはなるかもしれないけれど、治らない病気かもしれないけれど、応援していこうと思っていた。


IMG_0009_convert_20150228142934.jpg

↑↑↑ 「静岡のキラピカブラザース、ピカリちゃん」


2月にFIPと診断された。
限りのある命とわかった。
厳しい運命に泣いた。
FIPを確定するための正式な培養結果を待つ間に、ピカリちゃんは天国に召されてしまった。
にゃごさんの留守の間にそっと…。
兄弟猫のキラリちゃんは、いつものようにピカリちゃんにピッタリ寄り添って眠っていた。
キラリちゃんには、ピカリちゃんに何が起きたのかわからない。
ピカリちゃんの段々と消えゆく命のぬくもりを、キラリちゃんはどんな思いで感じたのだろう。


Kkdsyv2irZGKYl21425104111_1425104185.png

おかえりピカリちゃん
帰宅後すぐのキラリちゃん

mioXLCUB9vuGqBM1425104222_1425104255.png

ピカリちゃんの気配がするのだろうか。
↑↑↑ 「静岡のキラピカブラザース、キラリちゃん」

天使になるべく虹の橋に向かった。
プチ子ちゃんが迎えに来たのだ。
神様はいるのか?と、嘆いたにゃごさん。
神様はいますよ。
残されたキラリちゃんのこの瞳が、命の喜びに輝いている。
悲しみを乗り越えて、ピカリちゃんの分も健やかに大きくなってね。


IMG_0134_convert_20150228143058.jpg

IMG_0121_convert_20150228155140.jpg

↑↑↑ 「静岡のキラピカブラザース、キラリちゃん」


ピカリちゃんは、天国でプチ子姉さんに見守られ天使修業をしていることでしょう。
猫の大先輩プチ子ちゃんがいるから大丈夫!
ピカリちゃんは悲しくなんかないし、寂しくもないでしょう。
春には美しい桜の花びらになって、そよ風に舞い踊ることでしょう。
あまりにも理不尽、不条理な病気のことなんて、ピカリちゃんは小さいので何も知らずに逝ったのです。
愛された姿と魂のままで、天使になったのです。
生まれてきて良かったと、笑顔で思っているのです。
ママ、パパ、大好き、ありがとうと、天使の大先輩プチ子姉さんと合唱で歌っているのです。


IMG_2007_convert_20150228153252.jpg

「大きくなったら、一緒にお祭りや盆踊りに行く約束だったのです。」

IMG_2023_convert_20150228153306.jpg

「キラちゃん、ピカちゃんの分も僕が遊んであげるのです。
だから泣かないで、元気を出すのです。」




参加しています。
クリックすると投票されます。


banner (10)

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*



参加しています。
クリックすると投票されます。


banner (10)

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

7ヶ月・・・
まだまだ可愛い盛りで、にゃごさん、プチ子ちゃんに引き続いて
お別れはさぞや悲しくて辛かったとお察し申し上げます。。

そっと天国に召されたピカリちゃんの寄り添って寝ていたキラリちゃんが
ピカリちゃんの分も長生きして幸せな猫生を送れますように願ってやみません。。

ご冥福を心からお祈り申し上げます。。

No title

初めまして、キラリちゃん綺麗なお目目してましたね。
猫って色々な病気があるんですね。
でも短い命でも十分に幸せだったので天国に逝っても感謝していますよ。
キラリちゃんのご冥福をお祈りいたします。
又覗かせて頂きますね。

のん福レオちゃんのお母さん、こんにちは

お悔やみ、ありがとうございました。
にゃごさんにも伝わることと思います。
7か月って、まだまだ猫に生まれたことがうれしくてたまらない頃ですね。
神様はなんで…と思います(泣)
プチ子ちゃんに、どこか似ている子猫だったんですよ~。

キラリちゃん、毎日24時間一緒だった兄弟のぬくもりが恋しいでしょうね、かわいそうに。
にゃごさんには、キラリちゃんがいてくれて本当に良かったと思います。
生き物と暮らすと避けては通れない悲しみを、猫友さんと励まし合えること、分かち合えること、感謝しています。
コメント、ありがとうございます。

タラコさん、初めまして♪

お悔やみをいただいて、ありがとうございます。
猫には、治らない病気っていくつかあるんです。
そうですね、短い間でも、兄弟で一緒に貰われて幸せいっぱいに暮らしなにより苦しまないで良かった。
亡くなったのは青いお目々の白猫のピカリちゃんで、残されたのは茶トラのキラリちゃんです。
わかりずらくてごめんなさいね。
これからもよろしくお願いします。
コメント、ありがとうございます。

No title

こんにちはしろちゃん&しろちゃんママ~♡
まず、心からのお礼を言わせてください
ここにきていただいて、この記事を読んでいただいた全ての方達も、
「ありがとうございます!!」
ピカリの短い生涯をこんな美しい言葉で見送っていただいて、
飼い主涙が止まらなくなっちゃいました・・・
美しい歌声が聞こえてくるような気がします。。
無念なのは変わりませんが、
日を重ね、段々と落ち着きを取り戻しております。
昨日、動物病院にキラリの血検で行きましたが、
それと同時に、動物医療のさらなる発展によりFIPが治る可能性を見出してもらいたい!と切にお願いしてきました

実は、心の片隅で、悲しみを忘れる=亡くなった子を忘れていく、、、
という方程式ができてしまっていて、
いつまでも悲しまないと自責の念にさいなまれる。。。
という、強迫観念のようなものがあるんです
亡くなった子を忘れるはずはないのですが。。

キラピカブラザーズ。キラリは過去2頭の茶トラの息子がまとめて1頭になって帰ってまいりました!と、言わんばかりの子なんです。
過去の1頭はプチ子のお兄ちゃんのニャン助。
ニャン助とキラリはお顔がそっくり
もう1頭の「にゃんじ君」。寒い雪の中で凍えてお腹をすかせていた子。その1年前に他界したニャン助が自分達の前に寄こしたようでした。
にゃんじはあいにく末期の腎不全で1年で他界しました。
この子は4脚に白い靴下をはいていたんです。
キラリはこの靴下を履いて生まれました
なんていうめぐりあわせ!猫ちゃんも生まれ変わるのですね~
(と思いこんでいますw)

さて、ピカリちゃんはというと、やっぱりプチ子なんです。ボランティアさんの所でもピカリのいるケージに吸い寄せられた気がします。
考え方はいろいろですが、
1.プチ子がピカの運命を知ってて自分の所に送り込んだ
2.プチ子さん天使修行をサボってピカリになって帰ってきたけど神様に見つかって舞い戻るw
勝手なこといってますね。自分・・・w
要するに、修行を満業したニャン助、にゃんじ
まだ、行ったばかりのプチ子。。。。(まだ5カ月ですもんね)

しろにいちゃん、こんなおバカなママのとこのキラリ君と遊んでくれるの~?
ありがとうね!
落ち着いてTVを眺める事を教えてくれたら本当に嬉しいんだけどな~
長文失礼しました。。。

こんにちは。

早過ぎましたねぇ・・・
可愛い盛りだったのに。
上手にコメントが出来ないくらい悲しいです。
ご冥福を申しあげます。

No title

何歳だからいいっていうわけではないけど
やっぱり7ヶ月は若すぎる。
まだまだ子供で、成長過程で、これからなのに。。。
ピカリちゃんにとって幸せだったことを勝手にあげるのならば
まずは保護されたこと。そして里親さんが見つかったこと。
兄弟で引き取られたこと。暖かいお家で暮らせたこと。
大切にしてくれる誰かと出会えたこと。
短い猫生だったけどそこにはラッキーが凝縮されていたね。

飼い主さんも悲しいでしょうが、キラリちゃんの事も心配です。
当たり前のように隣にいたピカリちゃんがいないんですものね。
キラリちゃん、ちゃんとご飯食べるんだよ。

命あるもの必ず終わりがある、ということはわかってはいますが
やはり悲しいものですね。
ピカリちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

にゃごさん、こんばんは

辛い記事になりましたけど、ピカリちゃんという猫が、短いけれど幸せに生きたことを皆さんに知ってもらいたくて…。
失った悲しみには何の慰めにもなりませんけど、長さじゃないんですね。
ピカリちゃんは生まれてきたことを、きっと喜んでいますよ。
この世は生きるに価するって、きっと思っていますよ。
愛されたんだもの。
落ち着きを取り戻されたとのこと、ホッとしました。
有名な猫の病気なのに、よくわからないってなんだかな~と思います。動物医療の進歩を強く期待するしかありませんね。

悲しみを忘れる=亡くなった子を忘れるじゃありませんとも!
そしてまた、いつまで悲しんでもいいような気もするのです。
甘い悲しみって言葉もあります。
悲しむ時間がピカリちゃんと会話する時間ならば、それでいいじゃないですか。

へえ~キラリちゃんはニャン助君と似ていましたか!
にゃんじ君からソックス、もらってきましたか。
なんだか不思議です。
私は、今回改めてピカリちゃんのお顔をしみじみと眺めて、なんてプチ子ちゃんに似ているのだろうと、ビックリしていました。
上手く言えないけれど、同じタイプのお顔。
生まれ変わりとにゃごさんが言うなら、その通りだと思います。
1のほうの考え方に1票!
プチ子ちゃんは、天使候補のピカリちゃんに愛される幸せを教えてあげたかったのでしょう。
ほらね、神様はいるでしょう?
短い間に悲しみが相次ぎましたね。
私も運命に嘆きつつ、いろいろと学ばせてもらいました。

キラちゃん、みんなが寝静まった真夜中に、僕のお家に来るのです。
落ち着かなくてもいいから、わははって、大声で笑って遊ぶのです。

長文、大歓迎です。
コメント、ありがとうございます。

ビクママ、こんばんは。

悲しい思いをさせちゃいましたね。
心を寄せてくださってありがとうございます。
大人猫ももちろんかわいいけれど、ほんと、誰もがかわいいと思う子猫の盛り。
病気は残酷ですね。
ビクちゃん達の元気は宝物ですよ。
コメント、ありがとうございます。

ミルクさん、こんばんは

お悔やみ、ありがとうございます。
何歳だからいいなんてことは絶対にありませんね。
幼いなら幼いで惜しい、大人猫なら一緒に過ごした年月の分が重たく悲しい。
そうなんです、ピカリちゃんの一生には、ラッキーが凝縮されていたんですよ。
ポンポンポンとラッキーなことが続いて、楽しい日々の中に召されたってことです。
大切に大事にされながら、大好きな兄弟とピカリちゃんは眠っただけの感覚なんだと思うのです。
にゃごさんのお家に来なければ、そんな幸せも知らなかったかもしれません。

さくらこ、きなこ、えーす君も、ラッキー続きな子じゃないですか!
子猫のうちに暖かいお家をみつけたんだもの。
あの子達、幸せがお顔に出てますよね~。
どんな小さな病気も、知らずに済みますように。


乙女さんも、「来たわね~ちびっ子」って、仲間に入れてくれたかな~。
キラリちゃんのショックってものも、心配ですよね。
人間とはまた違った感覚の大きな喪失感があるかもしれません。
キラリちゃんにとっては、ピカリちゃんの暖かい温もりが、一番の安心だったことでしょうから。
にゃごさんのことだから、これでもかってほど、キラリちゃんを幸せ
にしてくれることでしょう。

生と死の理を納得できるほど、私も成長できてないな~。
コメント、ありがとうございます。
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック