腹壁ヘルニア その15 退院の日 その2

2011/01/31 Mon

IMG_2865_convert_20110131191816.jpg


「お日様大好き~♪」


昨年の12月1日は、とってもお天気がよかった日と記憶している。
先生の指摘の時間、午後3時過ぎにしろちゃんを迎えに行くことになる。
前日の眠る前から、ちょっとウキウキ
看護の課題は残ったままだが、「しろちゃんが帰ってくる~♪」といううれしさは、今後のどんな苦難をも乗り超えさせるのだ。
たった3泊の入院で大げさなと、自分でも思う。

手術の説明の際に、先生はこんなことも付け加えていた。
「言っておきますが、退院後1週間~10日程度は、猫ちゃんがナーバスな状態になりますよ。」
例えばどんな?とは尋ねなかった。
手術を選択した以上、聞くことが、怖かったのかもしれない。
愛犬の脚の手術で、茅ヶ崎の親友が「1ヶ月恨まれたわ。」と言った言葉が気がかり。
タロチンというその柴犬は、膝関節の問題で脚の長さが左右若干違うという成長をしてしまい、本犬は行動に何の不自由もないものの、立っている状態で常に足の1本が浮いているという状態だったそうだ。
私がその犬に会ったときには、そんなこと、何も気づかなかった。
タロチンは、「あんなに信じていたのに…僕を騙しましたね。」という顔をして、1ヶ月間、家族に冷たい態度を取り続けたそうだ。
結局その膝関節の問題は手術では治らず、傷が癒えてからも元の状態のままだったそう。
「タロチンが、『僕はこのままでよかったのに、痛かったですよ』と言うのよね。」と親友は、人間の都合のよいエゴを嘆いて反省していた。


IMG_2855_convert_20110131192007.jpg


「親バカママで、僕は恥ずかしいよ」



診察室に入り、先生の手術後の説明を伺った。手術の詳細←(ここに書いたもの)
聞いている私達は、本当に無力な人間の大人でしかなく、手術の様子の痛々しさに目を閉じるばかり。
「私達は迷いましたが、ずばり、先生は、して良かったと思われますか?」と伺ってみた。
先生
「もちろん、良かったと思います。
僕が思ってたよりは、お腹の中はひどい状態でしたからね。
若いうち、他の疾患のないうちにして良かったと思います。
猫ちゃんが歳をとってゆくのは早いですから。」


ふいに鼻の奥がキューンとしてくる。
そう、猫ちゃんは、まるで早回しのテープのように、人を超えて命を駆け抜ける。
なぜ一緒の時間を生きられないの?と思う。
こんなに深い愛情の絆で結ばれるのに…。
猫ちゃんに限らず、ワンちゃんもウサギも小鳥もリスもハムスターも、だ。

生きとし生けるもののすべての神様が、そのように決めたのだ。
人があまりにも尊大だから、先に送るという喪失の悲しみを敢えて与えたのだろう。
先に送る…ことがわかっていながら、一緒に暮らすころを選択し慈しんで愛せるか?と、人に試練を与えているのかもしれない。
試練と引き換えに、限りない愛情と微笑みの年月を、人は与えられるのだ。


IMG_2862_convert_20110131191852.jpg


「日なたぼっこは眠いにゃ~ん


先生が退院後の過ごし方を説明する。
「2~3日は絶対安静ですよ!
極端に言えば水平移動のみと心得てください。
まあ、しろちゃん自身が動かない=動けないと思います。
表面の傷だけなら動いても問題ないんですが、筋肉を切って縫ってるので、引きつって思うように動けないんです。
ご飯、お水、トイレは、しろちゃんの様子を見て、もし介助が必要ならしてあげてください。
ご飯、お水、トイレの回数、量をチェックすることはもちろんのこと、異常がないかどうかを確認。
お留守番は短時間に!
10日後の抜糸までは、できるだけ安静を心がけてください。
1ヶ月間は、飛び上がる、飛び降りるなど激しい上下運動をさせないで!。
特に、飛び降りる…これはダメです。
抱っこも基本ダメです。
お尻を抱えてそっとならいいですが、脇から上げるような抱き方はしないでください。
お腹の中の人工的な修復の仕方を考えてもらえれば、おのずとわかると思いますが…。
前にも言いましたが、キャットタワー、オモチャ禁止、猫が登れる高い場所をふさぐようにしてください。
猫運動会も禁止といいたいのですが、どうしても走りますよねえ。
長い廊下をドアで遮断してください。
ケージには入れたくないということなので、人間が眠る時間には、猫ちゃんの眠る部屋=お宅の場合は寝室のドアを閉めきってください。」


しろパパさんはこの説明を頭で聞いたかもしれないが、ママはもっと別なところで聞いた。
母性の源で聞いたので、理屈ではない。
傷ついた子が、心身ともにいたく傷ついた子が、我が胸に帰ってくるのだ。
どうすればいいか、私の中の遠い呼び声のようなものが、おのずとわかっているだろう。

しろちゃんがうるさく付きまとうので、ここまで!
ずっとずーーーと「寝ましょ寝ましょ」」と泣きどうしなしろちゃんなんだもの
またまた記事上は、しろちゃんを退院させてあげられなかった


IMG_2863_convert_20110131191918.jpg


「ママ~いつも待ちくたびれるほど、長いんだよね


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

おにぎりおにぎりをしてみたんですけど、「アハハハウフフフ」とは笑ってくれませんでした。「グルルル…」って感じで
ちぃはもうすっかり元気です。溶ける糸なので抜糸も不要との事。でも傷跡を見せがてら、ワクチンの注射に行ってきます。
みぃは人間大好きな子で、言葉もよく理解してくれたんだけどちぃは…
でもきっとこれも個性なんでしょうね

くるみざわうめさん、ありがと♪

おにぎりおにぎり~♪、不評でしたか(笑)
「グルルル…」じゃ、イヤだってことですね。
しろちゃんは、ママの可愛がり方のひとつって思ってるみたいです。

ちぃちゃん、元気になってよかったですね♪
最近は女の子も溶ける糸なんですね…。
みぃちゃんとちぃちゃんは別の個性を持った別の猫、だけど、くるみざわうめさんを好きだってことは共通点。ちぃちゃんはこれから言葉を覚えていくのかもしれませんね。
その過程も楽しみじゃないですかv-22
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック