寒い夜には、テレビで世界の猫を観るお楽しみがある白猫

2014/12/13 Sat



「みなさん、寒いけれどとても良いお天気ですね。
大寒波が、また来るらしいのです。
マフラーしてテブクロはめてお外に行こう、なんて思っちゃダメです。
君の好きなテレビはなんですか?
一緒にお家でみましょうなのです。」



このところの天気予報を観ていると、失礼だけどなんだかおもしろい。
異常気象のせいもあって、天候の予測も難しくなったことだろう。
今、日本列島を覆っている寒さは、当初は8日の月曜日あたりで一息つくはずだった。
ところが、予報は大外れ。
寒さの厳しい日々はずっと切れ目なく続く。
NHKの天気予報は、予報が外れても謝らない代わりに、外れたことが○○のせいと、何かのせいにもしない。


IMG_1309_convert_20141213144631.jpg

「岩合さん、待っていたんです。」
ウキウキ、ワクワク」



皆さんの猫ちゃんも、きっとテレビを観ることと思う。
しろちゃんが、それがテレビの映像とわかって観るようになったのはいつからだったか思い出せない。
それがテレビの映像とわかって、というところがポイント。
①四角い囲いの中に猫がいる、きっと四角い箱の裏側に居るに違いない。
②四角い箱の中に猫がいる、きっとあの箱の中に住んでいるに違いない。
③四角い箱の中に猫がいる、だけどその猫はここにはいない。
④四角い箱の中に猫がいる、これはテレビ番組というものに違いない。
段階的成長を経て、しろちゃんは今、テレビはテレビということを理解し、観て楽しむという人間並みの娯楽を獲得した。



IMG_1297_convert_20141213144720.jpg

NHK BS プレミアム
岩合光昭の世界ネコ歩き

「ノルウェーの森でニャン」
ノルウェージャンフォレストキャットがノルウェーのフォレストの中で自由に歩き回って遊んでいるなんて感動だ。
ショップのケージの中にしかいないとすっかり思い込んでいるが、ノルウェーのフォレストの中に居る猫だからノルウェージャンフォレストキャットなのだった。



決まった時期にあるわけでもないこの番組を、心待ちにしているしろちゃんである。
毎回目を輝かせて身じろぎもせず、くいいるように観ているのである。
瞬きもしない(当たり前だ、猫だもの)
「ここにあなたの撮った映像を心待ちにしている猫がいますよ。
世界のあちこちの猫の様々な暮らしを、へえ~ほお~うらうやましい~なんて思いながら観ている、名もなき完全室内飼いの雑種猫がいますよ。
完全室内飼いの猫だもの、あなたの撮影対象になることは決してない生き物ですけど。」
と、岩合さんにメールでも出そうか、しろちゃん。
録画したものを繰り返し再生しても、それはそれで構わないらしい。
食い入って観る姿勢はまったく同じだ。
観るたびに、何か違った見かたができるのかと思ってしまう。


IMG_1293_convert_20141213144702.jpg

「ノルウェーの猫さん、こんばんは。
僕は日本のしろちゃんです。」



しろちゃんがお家の子になって最初、初めてテレビに興味を持った時のことをありありと覚えている。
テレビに映し出される猫の姿を観て、しろちゃんは驚いて後ろに飛び退った。
その日以来数日、テレビへ近寄らなくなってしまった。
その後しばらくしてから、今度は映像に映し出された猫や鳥を探し始めるようになった。
テレビ台の下からテレビの裏、壁際まで、絶対にここにいるに違いないという信念で探していた様子のしろちゃん。
たくさんの疑問符を頭の中に浮かべつつも、そのうちテレビに飽きてしまった。
リアルな猫は探しても探しても見つからない。
つまらないといったところだろう。


IMG_1306_convert_20141213153552.jpg

「テレビで世界をみられるのです。
僕は海外旅行に行きたいとは思いません。
飛行機も、お空を飛ぶなんて危ないのです。」



あの日から6年も経って、段階を踏んでテレビに慣れた今のしろちゃんはもう、リアルさをテレビに求めない。
猫や鳥やお魚の出てくるテレビ番組を楽しめる猫になっている。
成長というのか退化というのか。
人間の暮らしに溶け込みきってしまったことを猫的にどう考えているのかわからないけれども、一緒に暮らす人間としてはうれしい限りだ。
リビングがどういう用途の部屋なのかわかった。
ソファは何に使われるのかわかった。
食後の時間を、静かにくつろぐのだとわかった。
遠い世界のことや生き物のことを光る動く映像で目の前に観て、楽しむということがわかった。
その映像を観ながら、一緒に笑ったりしゃべったりすることがまた楽しいのだとわかった。
あくまでも、我が家のしろちゃんの場合だけれど。


IMG_1287_convert_20141213144647.jpg

「ママはちゃんと録画してあるのでしょうか。
明日もあさってもみるのです。」



再三、しろちゃんがテレビを観る記事を書いてきた。
何年にもわたって、しろちゃんがテレビを観るそこに何の変化もないけれど、しろちゃんの小さな頭の中は日々成長を続けていると私は思っている。
今は、私の選択した番組を静かに観賞しているけれど、もうじきリモコンの争奪戦になるかもしれない。
むっくりしたあのお手々で、リモコンのボタンを押す気がする。
その時、どこら辺を使うのか。
多分、人差し指の肉球あたりだと思う。
例えば本日我が家の場合、ママが観たいのはケーブルのアニマルプラネットで、しろちゃんはNHKの選挙報道番組などを選択しそうな気がするのである。


IMG_1301_convert_20141213144604.jpg

「20以下の猫にも選挙権を!」
20以上の猫でも選挙権はないのですよ。


テレビに見入るしろちゃんを、特有の感慨を持って眺めている。
猫は、気ままで自由な生き物なので、閉じ込めて暮らすべきではいと、多分岩合さんもこのような意見だと思う。
それはそれでわかる。
岩合さんの番組に出てくる猫達を観ているとなおさらわかる。
では、もう一つの猫を観ていただきたい。
人間の勝手な都合により、妥協を強いられたけれども、泣き泣き妥協し続けているわけではない猫のことだ。
これはこれですばらしい生き方かもしれないと、新たな生活の仕方を獲得する猫がいる。
猫としてとても不自然という声をよそに、人間の生活の中に深く根を下ろし、そこで新たな境地を開拓して、人に寄り添って人とともに、屋内だけで時を刻む猫もいる。
その猫は、テレビを観ることを楽しみにしている。
テレビを観るにふさわしい時間を知っていて、静かに観るべきことを知っていて、そこに映し出される世界に想いをはせる猫がいる。
進化していくのが生物の決まり事だとすると、これはもう、ネコ目- ネコ亜目- ネコ科- ネコ亜科- ネコ属- ヤマネコ種- イエネコ亜種のそのまた先の、完全室内亜亜種かもしれない。


晩秋のお外しろちゃん

↑↑↑ 晩秋のお外に立つしろちゃん。(向かって左)
その瞳は、ガラス越しの私をじっと見上げていた…と私は幸せに思い込んでいる。
推定年齢9か月


テレビに見入るしろちゃんを、私はかわいいと思っているので、身じろぎもしないため同じ姿勢のままなのだけど、ついつい何枚も写真を撮ってしまう。
(同じ写真ばっかり続くと思った方、ごめんなさい。
一応、全部違うのです。)
テレビに見入るしろちゃんに、私は魅入られている。
7年前の木枯らしの夕暮れを思い出すのだ。
風の冷たさがひやっと心をかすめ思い出されるとき、今のしろちゃんの横顔が、胸にジンジンとくる。
薄暗闇に立っていた名もなき猫と、長い旅路を歩いている。
ともに歩けることを教えてくれたのは、君だしろちゃん。


IMG_1307_convert_20141213144618.jpg

「僕は、今日もお外の道を歩いている猫を思うと、ジンとしてしまうのです。」



参加しています。

banner (5)

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*



参加しています。

banner (5)

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

食い入るようにテレビを見つめるしろちゃん、
きっと何かを感じながら見ているのでしょうね。。
しろちゃん、どんどん人間化していきますね。。
kakoboxさんと1対1の密な生活をしている結果でしょうか。。
しろちゃんの横顔、キレイですよ♪

ノルウェイの森を自由に歩く猫ちゃんも幸せでしょうが
家猫ちゃんにも家猫ちゃんの幸せがありますよね^-^
クルクルな目をして飼い主を見上げる仕草など
飼い主を信頼して慕っている幸せな猫ちゃん以外何ものでもないですよ。。
ギュッと抱きしめたくなります^o^

No title

写真を撮られようが、まったく気にしてないような感じですね。
それくらいテレビに釘付けなしろちゃん(^^)
人と暮らすことで様々な勉強を猫もしているのだと思います。
現代の家ではそうそう部屋の中をネズミが走りまわったりしませんが
テレビの中であれば、鳥もネズミも猿も車も飛行機も
ものすごいスピードでテレビの中を動きますものね。
それはとても新鮮で気になってしまってワクワクしちゃうでしょうね。

そこはしろちゃんの特等席なのかな?
テレビも見られるし、そのまま寝ることもできそうね(^^)

のん福レオちゃんのお母さん、こんばんは♪

お気に入りの番組だと、このように一心不乱でテレビを観ます。
山でも海でも生き物系がやはり大好きですよ。
何を考えて何を思って観ているのかな~と毎回思います。
仰るように密な生活が人間化の原因だとはっきり感じます。
猫には良いことかどうかわかりませんけど、少なくともしろちゃんには、お家の中だけで楽しく生活するために必要な変化なのではないかなと。
だって、本当に興味しんしんで楽しんでいるように見えるのですよ。
スコクラブではあまりテレビは観ませんか?

ノルウェージャンフォレストキャットがお外を自由に歩いてるってことにビックリしちゃいました。
日本では盗まれてしまいますね。
家猫には家猫の幸せ…それを増やすも減らすも私達次第ですね。
小さな仕草から、この子は間違いなく幸せを感じて生きているのだと思うとき、私達もこの上なく幸せなのですよね~。
我が家ではギュンギュン抱きしめてチュッチュしてますよ~。
コメント、ありがとうございます。

ミルクさん、こんばんは♪

ミルクさんに言われて気づきました。
カメラ大嫌いしろちゃんも、テレビに熱中している間は間近で撮られても平気なんだな~と。
カメラを気にしていられないほど、好きな番組だったということかもしれませんね。
仰るように、人と否応なく暮らす中で、猫は猫で学ぶのですよね。
家の中にネズミは走り回ってないわけですから(笑)
猫は状況に合わせて学習するってことですね。
乙女さんもテレビの自然番組を観てましたよね。
それが映像の中のこととわかってて、キラキラの瞳をしていた乙女さんを思い出します。

ここはリビングの中のしろちゃんの特等席、というか我が家の特等席です。
しろちゃんがいるのは、長年使ってるベッド代わりのカゴですよ~。
私がリビングに居れば、しろちゃんも必ずここにいます。
パソコンテーブルに居れば、そのテーブルの上のカゴに。
こんなにうれしいことはありません。
コメント、ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは。

「岩合光昭の世界ネコ歩き」と言う番組があるのですねぇ。
しろちゃん凄く見入っていますねぇ。
真剣そのものです。
しろちゃんが毛布に包まれてTVを見る姿~不思議です。
にゃんこじゃないみたいですねぇ(笑)
ビク達はTVは見ないです~
遊びの方が面白いのかなぁ?
しろちゃんはTVの事をどう思っているのでしょう?
動く楽しい物が写っている箱にとでも思っているのでしょうかぁ?

これから寒くなるので風邪に注意ですねぇ。
私も頑張ります。

ビクママ、こんばんは♪

ビクママはこの番組をご存知なかったなんて!
NHKのBSプレミアムですよ。
ミニお15分と普通版があります。
不定期でやるので、普段NHKを観てないと見つけるのは難しいかもしれませんね。
ビクちゃん達がテレビを観ないのはビクママがあまり観ないからでしょう。。
お家の中に猫が自分以外に3にゃんもいるのだから、今さらテレビで観る猫に興味はないかな。
家族で一緒に遊ぶのがなにより楽しいビクちゃんだもの。
しろちゃん、猫とは思えない真剣さでしょ?
1時間でもこうして観ています。
一人っ子だから、他の生き物が観たいのかなと思うと、ちょっとかわいそうと思います。
コメント、ありがとうございます。

No title

こんにちはしろちゃん&しろちゃんママ
なるほど~
しろちゃんは始めっからTVを眺める子ではなっかったんですね
考えてみたらそうですよね~
しろちゃんも四角箱の周囲をさぐったんですか!
おかしいですが、、安心しちゃいました
あの、TVを眺める落ち着きが最初からだったらコワイか。。
実は最近自分の中でしろちゃんをヒトにしてしまってまして。。
チャンネル選び用に新聞抱えてるしろちゃん☆
リモコンをなくして探すしろちゃん☆ ぷぷぷ^^

7年前の木枯らしの夕暮れ・・・・
しろちゃんの姿に胸が苦しいですね。ギュンギュンします
良かったママさんにメッセージが届いて。
でもあの時間に戻れるなら
両腕でやさしく抱っこして暖めてあげたいですよね
一刻も早く暖かい部屋に!

ウチのピカリちゃんどうやら先天的な異常で
肝臓の数値がドッカーンと高値です。。
そのためか、真菌も風邪も良くなりませんTT
キラリのほうはもう小山のようになっていますが
ピカちゃんはまだ子猫の域にいます
門脈シャント、、ご存知でしょうか?
確定はしてませんが可能性がかなり高いようです
膀胱の先天的な異常も抱えており、
貧血にはならずとも血尿です
腸も少し気になる状態でして。。ああ。。
プチ子時代と変わらず病院通いをするのでした。。。

今回は保険入りましたよ、と特筆なのでした・・・・

にゃごさん、こんばんは♪

テレビっ子しろちゃんにも、テレビとは何ぞやという時代はあったのですよ。
箱型テレビの裏を探ってるしろちゃんの姿が、今もありありと目に浮かびます。
やはり人っぽい?(笑)
色んな方に、テレビを観るしろちゃんは人っぽいと言われるんですよ~。
冬なので籠の中で観ているからまだしも、例のスコ座りもどきの姿勢で観ている日には、我が家に白い小さなオッサンがいるようです(笑)
リモコン持って新聞見ていたら、どう言葉をかけていいのやら(笑)
実はというか、もっともっと人っぽい部分が増えつつあるのです。
写真が撮れない状況なだけで。
しろちゃんがなりたくて人になる分には、大歓迎なのです。

時折お外しろちゃんの写真を載せますが、私なりに思い込みあってのこと。
この写真は、大人猫しろちゃんの登場した時のものなんです。
子猫の時に一回だけ見て、次がこのしろちゃんですから。
今観ると、外に居るというだけで胸がギュンギュンです。
お家の子になるまでにここからまた時間がかかるわけで…。
無理させなかったと言えば言えますけどね。
一緒に立ってるしろちゃんのお姉ちゃん、二人は仲が良かったのですよ(泣)

ピカリちゃん、問題抱えていたんですね。
にゃごさんの子になって、なおさら良かったこと。
門脈シャントと聞くと、大変な病気と思ってしまいます。
血液が肝臓に行かないってことですよね?
そのために大きくなれないの?
可能性ってことで、実は違ったという結果であればいいですが…。
膀胱の奇形は、リンク先のスコクラブのフクチョンという女の子が、やはり血尿が治らずに奇形と気づいて、手術し治りましたよ。
また病院通いとは、にゃごさんはご苦労なことですが、にゃごさんのところに来なければならなかった子だと私は思っています。
にゃごさんを頼ってきた猫の子だと思うのです。
その後をまた知らせてくださいね。
少しでも良くなりますように。
コメント、ありがとうございます。
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック