夜明けの大爆走と失敗ジャンプの痛い教訓

2014/11/29 Sat

IMG_1075_convert_20141129141224 k


「みなさん、そちらでは雨こんこんはもうやみましたか?
お日様がいないと、つまらないのです。
ひなたぼっこできないと、寒いのです。
雨の日の猫は眠いのです。」



朝には、風に七色の枯葉が舞い、お昼前には、雨のような音をたてて散っていた。

と思ったら、本降りの雨が来た。
晩秋に降る雨は冬を連れて来る。
来週の火曜日から、極端に寒いそうだ。

DSC_0574_convert_20141129141138.jpg

一昨日のお散歩で撮った写真。
小学生のお絵かきじゃあるまいしな色合いに、ちょっと興ざめだ。
晩秋の本当の美しさは、青空じゃなく小雨まじりが似合うと思う。


今朝、明るくなった頃、しろちゃんは大爆走していた。
家の中に仔馬が走り回るような足音で目が覚めた。
いったいなにごと?
しろちゃんに気付かれないよう、そっと観察してみた。
リビングの端っこのキャットタワーから、寝室の端っこのタンスまで、猛烈な勢いで行ったり来たりする。
(間の仕切りは常時開けてあります)
キャットタワーの4段目に飛び乗り雄叫びをあげて、飛び降り疾走。
タンスの引き出しに飛び上り、また雄叫びをあげて飛び降り疾走。
7歳になって、キャットタワーの4段目には、一気に飛び乗れなくなったと思っていた。
なんだ、必要に迫られれば飛び乗れるじゃないの。
必要に迫られる?
しろちゃんの頭の中では、お家の中に猛獣でも住んでいるのか?
朝がただけ出てくる、ママには見えないタテガミのある猛獣か?


IMG_1085_convert_20141129141243 k

「ママが眠っているときに限って、猛獣が出てくるのです。
逃げないとやられるのです。」



タンスの引き出しの真ん中の段を、就寝中だけ毎夜開けておく。
7歳の声を聞いてしろちゃんは、タンスの上に一気に乗ることに失敗するようになり、ある日不自然な姿勢で落下するのを目撃したからだ。
タンスの上には、雑誌のねこのきもちが3冊重ねてあった。
その上に目覚まし時計が乗っていた。
しろちゃんは、飛び乗れるつもりで一気に飛んだが、爪の先が雑誌の端に引っかかっただけだった。
ねこのきもちを胸にしっかりと抱え、目覚まし時計もろとも、伸びた姿勢のままでしろちゃんが、スローモーションのように落ちてゆく。
ふたが開いて電池が出た目覚まし時計が転がる横に、茫然と私を見上げるしろちゃんがしゃがんでいた。
「叱りませんよ、ママは、叱りませんとも。」
傷ついたしろちゃんの心に、優しい言葉は余計に悲しかったようで、ベッドの下に潜ってしまった。
しろちゃんも、難しいお年頃にさしかかった。


IMG_1087_convert_20141129141259 k

「むずかしいおとしごろってなんですか?
僕はまだ7歳で、来年には8歳なのです。
いっぱいご飯を食べて、もっと大きくなろうと思っているのです。
ポリポリッ」



というわけで、タンスの引き出しは就寝時にだけ開けはなしてある。
しろちゃんには、ママが閉め忘れた!ということにしておいてください。
真夜中の大運動会で、終着点のタンスは重要なアイテムなのである。
事故があっては困るのだ。
閉め忘れた引き出しをジャンプ台に使ってくれたまえ。
相変わらず、雑誌と時計だけは端っこに置いてある。
ノリノリの気分で一気に飛び乗るとどうなるか、少しはしろちゃんも察したほうがいい。
この先、若返ることは決してないのだから。


IMG_1097_convert_20141129141313 k

「失敗ジャンプはただの失敗なのです。」


しろちゃんのアンヨのために、フローリング部分も畳の部分も対策を施してある。
(防音のためもある)
フローリング部分のすべてに、ジョイントマットを敷き詰めその上に静音カーペットを敷き詰めた。
キッチン部分もしかり。
年中仕様のカーペットなので、真冬だけはその上にさらにラグを重ねる。



IMG_1080+k_convert_20141129152445.jpg

「そこまでする必要はないのです。」


ここまでする必要がある?
1年半以上もお外で生活していたしろちゃんは、お家の子になって、猫の誰とも直接会えないことになってしまった。
他の猫と遊ぶことがない。
=自分の経年変化を自覚できるチャンスが少ない。
と、私は思っているので、アンヨや背骨の怪我が心配なのである。
タンスの上から落下したとき、背骨を痛めたかとゾッとした。
私には、背中から転がったように見えたのだ。


IMG_1101_convert_20141129141208.jpg

↑↑↑ 静音カーペットonジョイントマット
本来の使い方では、ジョイントマットのみでショック吸収効果がある。


猫だもの、高い場所からジャンプするのは得意技なはず。
落下途中で身をくねらせて着地姿勢を正し、ショック吸収のために手足を体内に収納できる。
それは重々わかっていても心配なのである。
経年変化対策を施すに越したことはない。
この先、決して若返ることのない猫と、同じく決して若返ることのない人間の、かくも切ない工夫の数々。
時は常に、悠々として過ぎて欲しいものである。
しろちゃんとママに等しくひとしく…。


IMG_1098_convert_20141129141332 k

「ママが若返ることがないのは悲しい現実ですけど、僕は若返ったらむしろ困るのです。
子猫になるしかないのですから。
7歳の今のほうが、だんぜん楽しいのです。」




参加しています。

banner (12)

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*


参加しています。

banner (12)

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

>これから先、決して若返ることのない猫と、同じく若返ることのない人間(飼い主)・・・
切なくなりますね・・・。。
でもね、共に老いて行く時間には何か意義とそれなりの楽しみがあるかもしれませんよ^-^
老いて弱くなっていくと、若い時の可愛さよりも
愛おしい慈愛を感じます。。
ただ、猫達の方がそのスピードが猛烈に早いことが
とても悲しいです。。
一日一日を大切にして楽しみましょうね^-^

のん福レオちゃんのお母さん、こんばんは♪

しろちゃんは、7歳を過ぎて急に、若くないんだな~って年齢を感じることが多くなったんです。
徐々にじゃないんです、急にです。
7歳シニア猫とは、良く言ったものだなと思いました。
子猫のかわいらしさはいっときのこと、大人猫の魅力は一生のこと。
しろちゃんのかわいらしさは私にとっては変わらないのです。
共に老いてゆくからこそかもしれませんね。
意識はしないけれど、一日の終わりに今日も幸せね~と猫と言い合える時間を、お互いに持ちましょうね。
コメント、ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

夜中や明け方に走り回ることありますよね。
そんな時は「走りたい気分なんだな~。」と思って
気が済むまで走らせておくことにしていました。(乙女さん談)
ぶつかったり、落ちたり、引っかかったりすることもあるけど
それはそれでテンションが上がっている一部だから
危険だったら自分で止めると思うんですよね。
と思っている放任主義の飼い主(^_^;)

しろちゃん、雑誌に手をかけたのは災難だったね。
でも部屋中ジョイントマットとカーペットがあるならば大丈夫ね!
コンクリートよりも断然柔らかいし、トゲトゲもない。
猫の柔らかい体と柔らかい床が吸収してくれたよね(^^)

年齢を重ねることは仕方のないことだけど(人間も)
工夫次第で楽しめることはたくさんあるのだから
ダンスの引き出しを一段開けておくのは良いアイディアですね!
ウチは今までずーっと大小様々な棚とラックを組み合わせて
上下運動が出来るようにしてきたし、それもちょっと配置を変えたり
足場をプラスすることで、また違う動きが生まれたりするんですよね。
新しい配置にドキドキワクワクしながらチェックしたり
それを予想外の使い方したりして工夫しながら遊んでいるのを見て
こちらも楽しくなったりしますよね(^^)

しろちゃんもしろちゃんの今の年齢を楽しむのだ~♪

kaoboxさんこんばんは!

猫ってある時突然ストーンと老いを感じますよね。
それが何年か置きに起きているような気がします~。
うちの猫はしこり発見してからの通院を境にかなり衰えたような気がします。

箪笥の真ん中の引き出しをそっと開けといてあげるだなんて…kakoboxさんの優しさ、しろちゃんに伝わっているでしょうね(あ、伝わったらバレちゃうからいけないですね)。
今回の記事で、知人のシニア猫ちゃんが棚から棚へ無理して飛んだらヘルニアになってしまったという話を思い出しました…。
kakoboxさんのそういう心遣いが愛猫の健康を支えている、と私は思います~。

本筋とは離れてしまうのですが、ジョイントマット、いいですよね。
私もハニーの負担軽減の為に試した事があるのですが、なんと食べてしまいました…。
においに強烈に惹かれるみたいで、上に絨毯を敷いても引っぺがして食べようとしてしまうのです。
もしかして猫ちゃんはみんなジョイントマットのにおいが好きなのかな?と思っていたのですが、しろちゃんを見るとそうでもないようですし、うちの猫が少し変わった嗜好を持っているんだな~と、やっと分かりました(笑)

No title

しろちゃんも朝方に運動会するのですねぇ。
家でも4匹で行っています。
みんなジャンプは失敗しています。
勢いあまって落ちていきます。
痛くはないのかと考えるけど直ぐに走っていると言う事は痛くないと勝手に判断しています。
ママさん宅はジョイントマットを敷いているのですねぇ。
家でも苦情が来るのではないかと心配になります。

ミルクさん、こんばんは♪

ミルクさんの猫への接し方には、いつも気づかされることがあります。
走りたい気分…そんなシンプルなことを忘れちゃってますからね~。
乙女さん、走りたいだけ走ってたんですね?
なんだか乙女さんの意外な一面を見たようです。
ミルクさんの愛ある放任主義は、私のような愛ある神経質からすると、本当に刺激的なのですよ。
こんな考え方もあるんだなって。
床への着地の衝撃って、以前は全然考えてなかったのです。
高さのある場所から飛び降りることしか注意してなかった。
高さじゃなく、床のコツンというあの感じが、猫だってひびくわけですよね。
ツルッと滑ることもあるしね。
住宅用フローリングは猫に優しくないのかもしれませんね。

年齢を重ねることのその段階なりのお楽しみも、乙女さんに教えてもらいました。
乙女さんはいつも、今の自分に自信をもち楽しんでましたね。
活発なことだけ賞賛しないでね、猫はもっと複雑で賢いのよって、乙女さんは気高い姿を見せてくれました。
人間と一緒ですね~。

今のミルクさん宅は、家庭内アスレチックですよ。
工夫の数々を感心して見ています。
大がかりな猫家具は少ないのに、すごく楽しい場所、猫天国ができてますね。
それもまた、ミルクさんに積み重なった乙女さんの経験ならではのことでしょう。
偉大だったな~乙女さん。
コメント、ありがとうございます。

ふじもりさん、こんばんは♪

ああ、やっぱりそうですか。
段々徐々に年齢を感じるのじゃないって私の感じ方、あたってたんですね。
その突然がキッカケになる何かによって段階的に来る?
なるほど~心しておきます。
年上猫さんの経験談はみんなとてもありがたいものです。

タンスからタンスへ飛んだらヘルニア?
猫だって、クネクネだけど無敵の身体じゃないですものね。
タンスの引き出しを開けておかないと、心配でおちおち寝てもいられなくなっちゃうんです。
朝方にハッスルしますからね~。
猫が長生きできるようになった分、老化も長いってことですものね。
ある程度対策を考えてあげなくちゃね。

フローリングのままのほうが見栄えもいいかもしれませんけど、大事なのは見栄えよりはしろちゃんの安全です。
どなたも同じ心境だと思います。
ハニーちゃんがジョイントマットを食べた?
ジョイントマットとガムテープの匂いは似ていますから、あの匂いはハニーちゃんのツボなのかもしれませんね。
しろちゃんは匂いには幸い反応していませんよ。
ハニーちゃんは、孤高のグルメなのかも~。
コメント、ありがとうございます。


ビクママ、こんばんは♪

ビクママ家でも朝方に運動会なのですね。
猫は夜明けに狩りをしますから、その本能ですね。
ビクママ家でもジャンプに失敗しますか。
4にゃんみんなってことは、しろちゃんの失敗はそれほど恥ずかしいことでもないのかな。
なるほどなるほど、すぐに走っていけば無事ってことですね。
ジョイントマット、幼児のいるお宅には必需品なんですって。
幼児もドタバタしますしフローリングで転ぶとコブも作りますものね。
4にゃんだから、音は気になりますよね。
柔らかい床になっていい感じですよ。
コメント、ありがとうございます。

No title

こんにちはしろちゃん!&しろちゃんママ
>ねこきもをしっかりと胸にかかえたスローモーション落ち
↑↑すいません爆笑でした
私の貴公子(猫)しろちゃんがこんな間抜けチックなミステイクをするなんて!!
イヤイヤ、、、すいません!分かります分かりますよ~ったら!
もう何度も目にしてきました。
ママさんとしたら、切なさがにじみますよね~
あ~この高さこの子にキツくなっちゃたんだな~って。。。
そのうちトライしなくなるんです
そしてそして・・・より人間に近いイキモノになりますよ!
言葉もより一層通じるし!
しろちゃんだったら、ママさんと一緒に
ダイニングテーブル座っておやつ食べそうなんですけど
で、お天気の話なんかしちゃって・・・・・
これもいいもんですよ~~
経年しないとできません。この醍醐味!
プチ子は病院の先生も「プチ子ちゃんは一緒に話を聞いていた」
と言います。他人からみてもそう見えるようになるのもおもしろいです
ずっと子供でいて欲しいけどそれは神様でもできない事ですもんね
そのかわり味わい深い関係を構築できるのです~

キラピカの深夜の暴走は凄いです。
逮捕しないと寝ることできません
もう牢屋に入れちゃいます(ソフトケージですが)
棚の上一気のぼりからカーテンを裂きながらのクライミング。。
金メダルあげたい!TT
プチ子との違いに・・・分かっていても翻弄されてます

にゃごさん、こんにちは♪

爆笑していただけて何より。
しろちゃんに隠れて私も爆笑でしたから。
雑誌につかまったところが彼の痛恨のミスですね。
下からは雑誌が見えないのです。
にゃごさんは何度も目にしてきた…年上猫さんと暮らしている方の話を伺うと、本当に教えられることが多いです。
比較対象が経験上ないので、なんでもしろちゃんだけのことと思ってしまいます。
自分の変化を悲しいとか寂しいとかって思わないで、淡々と受け止めて受け入れてしまう心もち、猫に見習いたちものです。
その点が人間の悪あがきと全く違うところ(笑)

人間に近い生き物になるというにゃごさんの言葉、すごく納得です。
うすうす感じているのですよ。
しろちゃん、絶対にしゃべってるよねって思うたび、この子もとうとうしゃべれるようになっちゃったんだと。
単純なワードじゃないんですよ。
あれがどうしたこうしたって、長いフレーズを語るのですよ。
そんなしろちゃんと、テーブルに向かい合って腰かけて…。
妄想は膨らむいっぽうですが、にゃごさんの言う経年しないとできない醍醐味、その兆しが見えているのです。
年上猫さん達のお蔭で、シニア猫に突入したしろちゃんに、更なるお楽しみができました。

キラピカ、逮捕されて牢屋で眠る毎日なのですね~(笑)
うんうん、わかっていても翻弄されちゃうことが、また幸せでしょ~?
キラピカ、お怪我だけはしないように。
コメント、ありがとうございます。

プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック