エゴか知恵か?当たり前と思っていることが当たり前じゃない。

2014/11/15 Sat

IMG_0162_convert_20140913154921.jpg

「みなさん、青いお空に白い雲がポッカリポッカリなのです。
小さな黄色い鳥さんの形をしたイチョウの葉っぱを見に行きませんか?
赤ちゃんのお手々みたいなモミジの葉っぱのほうがいいですか?」



抜けるような青空のもと、今日明日は絶好の紅葉日和だそうだ。
近所の有名な銀杏並木を見にいこうじゃないの♪
小さな白いお手々をギュっと握って、歩いて行かれるものならば…。

先日、某SNSの相談掲示板で、こんなトピックを見た。
その①
「あなたの猫さん、去勢避妊手術していますか?
どうなんですかね?去勢避妊って。」
その②
「あなたの猫さん、完全室内飼いしていますか?
猫にとっての幸せはどっちなのだろう?」
横合いから、「あのーそのー」と口を挟みたい気持ちは山々だけど、やめておく。
当たり前と思っていることが当たり前なのは、当たり前と思っている世界の中でだけ!!!
これが常識と思っていることが常識なのは、同じ常識を共有する世界でだけ!!!
そこに特段の法規制がない以上は、世の中はだいたいこういうことになっている。


IMG_0142_convert_20141115132655.jpg

「ふ~ん、どっちがいいのでしょうね。
猫の猫語で話せるSNSで聞いてみるのです。」



どうなの?どっちなの?なんて、ここで敢えて問題にしようなどと思わない。
議論も必要なし。
キッパリ!!!
しろちゃんは、去勢手術を経て、適切な医療を受けられる環境で完全室内飼いされている猫である。
そういう猫のブログだし、そういう猫のブログと思って観てくださっているものと思っているので、敢えて議論はしない。
SNSのトピックで「今だにそこで議論?」とは思ったものの、「今だに!」という感想も、言ってはいけない個人的感想だと思う。
猫の避妊去勢手術、完全室内飼育は、法律で規制されているわけじゃない。
環境省から推奨されているだけである。
完全室内飼育は、住宅密集地という条件付。
去勢避妊は、生まれた命に責任が持てなければという条件付。


IMG_0143_convert_20141115132710.jpg

「なんのお話だか、僕にはさっぱりわかりません。
ポカーン」



私は押し付けない。
直系の家族を増やしたい意向がないならば、去勢避妊しましょうよ。
性ホルモンの影響を受ける様々な病気を防ぐこともできますよ。
家族を増やしたいならば、直系とは言わず、すでに生まれた命を救ってあげましょうよ。
命の誕生を新たにひとつ見ることと、ひとつの命がむざむざと奪われることと、あなたはどちらに心が動きますか?
命の感動は、生まれ出る新しいものだけではありません。
今ここに日々息づく命に感動しませんか?
…なんて、押し付けない。


IMG_0450_convert_20141115132853.jpg

「ひなたぼっこにもあきたので、何をして遊ぼうか、それが僕には今の現実問題なのです。」


私は押し付けない。
猫の安全安心を思うなら、住居密集地に限っては完全室内飼いに徹しましょうよ。
広いお外で、自由に遊びまわる猫の姿は実に微笑ましいけれど、狭いお家の中を工夫をこらして自由に遊び回る猫の姿も、相当微笑ましいですよ。
猫は、与えられた場所で目いっぱいに生を謳歌する抜群の能力を持っています。
場所じゃありません、広さじゃありません。
一番悲しいことはなんですか?
命の一部が損なわれたり全部が損なわれたりすることではないですか?
…なんて、決して押し付けない。


IMG_0440_convert_20141115132754.jpg

「持ってこいオモチャのペンギンさんが来ました。
ペンギンさん、南極からわざわざ来てくれたのですね?」



自分が当たり前と思っていることが世間的な当たり前じゃないという現実を踏まえて、今日も口を慎み、ただただ猫ちゃん達の幸せだけを願おうと思う。
すべてに通用する正しい当たり前、常識なんてない。
当たり前も常識も、その場、その段階(レベルではありません)でのローカルルールの最大公約数的な拡張であるに過ぎない。
そのSNSの掲示板を見て、しみじみと感じた。
その掲示板のトピックはとどのつまり、
猫は自由奔放な動物であって、人の意のままにはならない。
閉じ込めるなんてもってのほか。
動物の身体に人間が、去勢避妊手術を強制するのは人間のエゴ。
というところに落ち着いたようである。
トホホ、結論はエゴなのか。
そのエゴの中でしろちゃんを慈しむ私は、「人間の優しさの生み出した知恵」と、口を挟んでもいいだろうか。


IMG_0447_convert_20141115132817.jpg

「ペンギンさん、南極の氷のおみやげ、早く出すのです。」


うちのしろちゃんは、1歳半まではお外で生活していた猫だけど、今では一歩も外を歩かない。
どう間違っても自分の足で外には出ない。
うちのしろちゃんは、去勢手術をして、本能に引きずられてわけのわからない衝動に駆られるということが100%無くなった。
常に、自分がどうしたいかという自己をしっかり持って生きている。
だからしろちゃんは、今日も明るく穏やかに過ごしています。
想像力頼りの、妄想で遊ぶ猫ではあるけれど、与えられた場所で小さな幸せ見つけ出し、織物のように幸せ紡ぎ出す猫なのです。
…なんて、私は言わない、押し付けない。


IMG_0449_convert_20141115132835.jpg

「ペンギンさんがもう帰るって言うのです。
僕のお家におとまりするように、ママも説得してくださいなのです。」




参加しています。

banner (13)

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*


参加しています。

banner (13)

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

おはようございま~す。。
猫ちゃんの去勢避妊手術と完全室内飼いを
飼い主のエゴとだけで片付けられないですよね。。
そこには小さな命に対しての全責任と深い愛情があるはずです。。
当猫達もまんざらでないお顔をしてお昼寝していますものね~^o^

のん福レオちゃんのお母さん、こんにちは♪

こちらのブログのお付き合いだと当然、常識と思うことが、そうじゃない場所に出くわすと、ビックリしちゃいます。
かわいいから閉じ込めておくというエゴだって(泣)
猫の心が捻じ曲がるって(泣)
室内飼いで心が捻じ曲がった猫を見たことがありますか?
むしろより豊かな感情表現をするようになると思うのですけどね。
仰るように、ここが僕のお家と自慢げな幸せなお顔でお昼寝していますよね~。
人それぞれ…でいいのですけど、猫は飼った人により境遇がかなり違う生き方をするということですね。
コメント、ありがとうございます。

No title

kakoboxさんこんばんは!

ブログのお付き合いとは別の世界の考え(これも沢山あるうちのひとつですが)に出くわすと、愕然とする事ありますよね。
かくいう私も、病院で手術の詳細と術後の傷の写真・摘出した子宮の写真を見て、「我が愛猫にこんな事をするのか」と動揺し、数年間手術を見合わせてしまいました。
その後、やっと心の折り合いがついて手術した際には、子宮蓄膿症になっていました(摘出した際に発覚しました)。
数年間も手術を迷った事をとても後悔しました…。
やはり去勢避妊手術は、自分の人生に巻き込んだ命に対しての果たさねばならない責任のだと理解しました。
完全室内飼いは、この世の中、何が起きるか分からないですものね。
事故、毒物、暴行…エゴ云々以前に愛猫の命の安全が最優先です!

結局全部エゴと言われてしまうかもしれませんが、それでもうちの猫は穏やかに毎日を過ごしております。
本猫も未避妊・外飼いより今の方が好きと言ってくれる…と信じております(これこそエゴですね・汗)。

こんにちは。

人と暮らすなら去勢は当たり前だと思います。
子孫を残さなければ去勢をしないと発情しちゃうし~~~
オスは家の中でマーキングしちゃうし、それも困りますよねぇ。
エゴと言われても困ります。
室内飼いでも幸せは感じてると絶対に思います。
お外の子の方が可哀そうに思えます。

No title

「猫が好き。」と言ってもみんな考え方は違うし
誰しも自分の考えが正しい(常識)だと思っているのです。
自分もその一人なんですけどね~(^_^;)
時々、人との会話でハッとさせられる事もあります。
「完全室内飼いでご飯もあげています。」だけがいいとも限らないですよね。
人間の都合で可愛いからそこに居て欲しい的な、ぬいぐるみのような感覚ではいけないと思う。
だって猫にも心はあるのだから。
深い問題ですね。
私はブログをやることで広い猫世界を知ることが出来ているので
自分の考えにとらわれずに良いと感じた事は吸収したいと思います。
答えは一つじゃないものね。環境によって違ったりするものね。

ふじもりさん、こんにちは♪

そうそう、ブログの世界が基準のようについつい思ってしまがちですが、ここは一つの世界に過ぎないのですよね。
私なんて猫初心者だったので、みなさんに学ぶことが多く、猫の標準とか常識とか世間一般がここにあると思っちゃう。
ここが一般的じゃないという意味ではなくてね。
ハニーちゃんの避妊にも、ドラマがあったんですね。
ハニーちゃん、避妊する前からお腹が痛かったのかもしれませんね(泣)
「去勢避妊手術は、自分の人生に巻き込んだ命に対しての果たさねばならない責任」
いいことを適格に仰ってる!
私もお外の猫全員に施せとは思わないのですよ。
そういう意味で言えば、完全に室内で暮らす子は、普通の猫じゃないと考えたほうがいいのかも。
人と一緒に生きるために、姿形を変えてくれた子なのかな~。
それであっても、しろちゃんの命を守ったと私は思っているのです。

外の世界は、昔ほどに平和でもなくお腹を満たす獲物も少なくなったと思うのです。
暴行や虐待なんて、昔は聞かなかったような気がしませんか?
現にしろちゃんも、おそらく暴行と思える行為で腹壁ヘルニアになってました。
別な考えの人にエゴと言われたっていいですよ。
猫を虐待しているわけじゃない、人一倍慈しんで大事にしているんだもの。
胸を張って自慢できます。
うんうん、ハニーちゃんもしろちゃんも、今の生活が大好きって、きっと思っています。
そう思ってない猫なら、あんなにいいお顔は見せないと思います。
コメント、ありがとうございます。

ビクママ、こんにちは♪

掲示板にはね、猫がスプレーするので困っているというお悩み相談もありましたよ。
では去勢したらどうですか?と誰かが回答すると、猫の身体にメスを入れるなんて人の傲慢だって!
難しい問題ですね。
私達にとっては、当たり前なようなことなのにね。
ビクママのストレートな意見、ごもっとも!
現代は、まったくの野良猫が幸せに生きられる世界ではないと思うのです。
でもね、人それぞれですから。
パンちゃんに一回聞いてみたいものですよね。
どっちがいいかを。
コメント、ありがとうございます。

ミルクさん、こんばんは♪

誰しも自分の考えが正しいと思ってる…そうなのですよね。
まったく別な見方もあって、斬新でいいかもしれない。
だから、頑固になっては損をしますね。
私も常々、戒めています。
ぬいぐるみのような感覚で買ったり買ったりするからこそ、要らなくなる時が来る!という人がいる。
冗談じゃないですよね。
仰るように猫にも心がありますし、人格の猫版もあるし、頭脳だって思うよりは高度かもしれません。
ミルクさんの猫の学校発想は、すばらしいと思います。
その子その子の個性尊重で一歩距離を置いてみられるミルクさんを、参考にすることが多いですよ~。
私はほら、ともすると赤ちゃん扱いしがちだから(笑)
ブログで、学んだり知ったりしたこと、私は人並み以上です。
だからこそ、自分が発信することも、おろそかにしたくないと思ってます。
コメント、ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんはーしろちゃん&しろちゃんママ
当たり前ですが、みなさんイロイロ思うこと有るんですね
確かに自分なんか、かわいいから閉じ込めておきたい気持ちが無いっていったらウソになりましゅ〜
でも、外に出さないことで、事故や感染症から守られるのは大きいですよね。。
猫好きの知り合いは、隣人が非常に猫を嫌うので
一戸建ての自宅を丸ごと(もちろん屋根の上から)ネットで覆ってしまいました
それはそれは異様な風景でした
当時、自分は家猫化問題で毎日カッカしてたので、このいさぎよさに気持ち良かったですけどね・・・
猫はこれで心配なくお庭のお散歩ができるんですしね。。
外に出してる猫は好きなとき、 雨だろうが嵐だろうがお外に行きたがります。。
いざ家猫化したくとも、出さないと大きな声で喚きまくり、とうとうヒトが我慢できなくなってお外に出してしまうっていう悪循環がなかなか断ち切れません
だから、外に出しっ放し?
堂々巡りになりますね
ヒト社会でヒトと一緒に暮らす子はヒトの常識を適用しても不幸ではないかも。。
プチ子のお兄ちゃんは10年かかって家猫になりました
お外には、1日おきにお散歩。
窓や網戸を破って出るのは反則
などなど猫の希望とヒトの希望をすりあわせて。。。
やはりFIVには感染しましたよ
どこでやられたのか、晴れた日にずぶ濡れになってきましたし。
しろちゃんはお外からきたのにお外に出たいって言ってないように思います
この違いはなに?個体差?
やっぱり猫の姿に変えられた王子なのかしら?

にゃごさん、こんにちは♪

あははっ、ウソになりましゅ~の気持ち、すごくわかります。
理屈じゃないものなんですよね~。
理屈抜きでお家の中に閉じ込めちゃう派の自分のことは抜きにしてのお話ですが、お外の様子が猫には決してやさしくないでしょ?
私はひと昔前の猫事情がさっぱりわかりませんが、今は、どう考えても危ないと思います。
平穏な山里なら話は別ですが。
感染症になってない子を、感染症の危険のある場所に出すのも、ソフトな虐待かもしれません。
お知り合い、ビックリです。
でもね、そうまでして隣人から苦情の無いよにしようというのも強い愛情ですね。
私は思うのですが、お外に出す派の飼い主さんは、思い込みってこともあるのでは?
この子はお外に行きたがる…と思い込んでしまってるってことです。
しろちゃんを完全室内飼いにする時に、リードを付けて庭を散歩させてあげようと、私だって思っていました。
だってしろちゃんは、お外を絶対に歩きたいはずと。
お外を歩く楽し気な姿を見ていると、そうとしか思えなくなる。
ところがどっこいですよ。
だから猫は、置かれた場所で楽しみを見出す天才だと思うのです。
プチ子ちゃんのお兄ちゃんはFIVに感染しちゃってたの?
出さないことで免れる病気はいっぱいありますね。

しろちゃんは、お外に出たいと大声で泣いた記憶がないんですよね。
去勢手術と同じタイミングでしたから、よくわからないのです。
今はにゃごさんのお見立てどおり、お外に行きたくないと思います。
王子様じゃないけれど王子様のように愛すると、王子様のような子になる?(笑)
猫の姿に変えられた王子様に、元の姿に戻って欲しくないママであります。
コメント、ありがとうございます。
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック