静岡のデイジーの似合うプチ子ちゃん、天使になる

2014/09/27 Sat

IMG_0240_convert_20140927135457.jpg

「みなさん、大好きな静岡のプチ子ちゃんが天使になったんです。
でもゆうべ、僕のところに遊びに来たのです。
背中に羽が生えて カッコよかったのです。」



快晴の予報だったのに、午後になって雲行きが怪しくなってきた。
秋だもの。
変わらないものなんてないと思ったほうがいい。
木々は色づき、山々は燃える。
その山々から、じきに雪の便りが届く。
1年の廻りは早い。


9月21日、とても美しい秋晴れの朝に、にゃごさんからメールが来た。
4時55分に、18歳の一人娘のプチ子ちゃんが天使になりました…と。
空の青はなおさら深く濃く遠ざかって、一点に凝縮した。
。。。。。
7月15日に乙女さんを見送ったばかりなのに、涙の乾く間もない。
やるせない気持ちでいっぱいだ。
わかってはいても現実はつらい。


IMG_0193_convert_20140906133706.jpg

「僕は、聞かなかったことにするのです。
悲しいお知らせは知らないのです。」



プチ子ちゃんは18歳だったので、猫としては立派なご長寿だ。
天寿を全うしましたねと、謹んで言わなければならないところだけれど、達観することのできない小さな私は、その死が悲しくてしかたない。

早く過ぎていく猫の年を、押しとどめるものがあったなら、何を引き換えにしても惜しくはない。
毎日呪文のように思うけれども、押しとどめることができないあたりに、命の深淵なる意味があるのだろう。
そう思って、今日もしろちゃんの瞳の中をのぞき込む。


プチ子ちゃん1

↑↑↑ 去年、17歳のお誕生日のプチ子ちゃん。


しろちゃんの大先輩、17歳の白猫プチ子ちゃん登場!
今年5月のプチ子ちゃん18歳のお誕生日。
ブログはやっていないにゃごさんなので、こちらの↑↑↑記事をクリックして、是非観てあげてください。


抗がん剤治療が2年、強制給餌が3年半。
がんばってという言葉をかけるのがおこがましいような、長期にわたる堂々たる闘病生活だった。
あちらを立てればこちらが立たずの様々な疾病を併発しつつも、プチ子ちゃんから笑顔が消えることはなかった。
明るくてオシャベリで、「あたちが一番」なお嬢様だった。
ひとたびイヤと言い出したら、とことんイヤを貫くプチ子ちゃんだった。
さすがに18歳の猫ちゃんだ、その姿に威厳を感じた。
「猫として、堂々と生きてきましたの。」
女の子らしくかわいい仕草で、18歳のプチ子ちゃんは言ってのける。


IMG_0049_convert_20140927160602.jpg

↑↑↑ ママを、じっと見ているプチ子ちゃん、18歳



[広告 ] VPS


↑↑↑ パパさんに経鼻チューブからお食事をもらうプチ子ちゃん。
がんばり屋のプチ子ちゃん。 



遠くないいつか、その日が来ると思っていたけれど、旅立ちはいつも唐突に訪れる。
不条理なくらいに唐突に。
病気の子に、獣医さんは、あと○ヶ月とよく仰る。
お世話の準備のためにも予めの気持ちの準備のためにも、その予告は必要なものなのだろうけれど、気持ちの準備っていったいなに?
言われて準備が整うものなのか?
準備が整ったら、OKですよと言えるのか?
獣医さんに八つ当たりしても意味がないけれど、悲しみは腹立たしさと背中合わせになることもある。


IMG_0053_convert_20140927153917.jpg

↑↑↑ 強制給餌のあとのプチ子ちゃん


今日一日を乗り越えると、きっと大丈夫と思えてくる。
明日も明後日も、この子にはあると…。
人はあまりに厳しい状況になった時、自力で脳内モルヒネを出すのだという。
自分で自分に魔法をかけて、悲しみを遠ざけようとする。
非現実的なことのほうを、過大に評価するようになるという。
乙女さんのときにも、プチ子ちゃんの場合にも、大きな現実より小さな希望の光のほうばかり、私は見続けていた。
じっと見続けていれば、いつか願いが叶うと思って…。


IMG_0204_convert_20140927135441.jpg

「僕もお祈りしていたのです。
やっぱりお祈りはつうじないんだ!なんて、僕は思わないのです。」



やっぱり願いは叶わないんだ!
なんて、私はゆめゆめ思わない。
乙女さんとプチ子ちゃんと、立て続けに見送ることになっても、願いは叶わないなんて、ゆめゆめ思わない。
絶対に思わない。
祈ったり願ったりしたことが、無駄とも思わない。
命について、立ち止まって考える時間をありがとう。
愛について、立ち止まって思う時間をありがとう。
ステキな猫ちゃんがそこに居たという、奇跡のような真実。
そのかけがえのない日々に関われたことに、心からの感謝を捧げます。


AcGtbamM_ITWb7T1411793743_1411794217.png

「猫の形の白い雲が、僕のお家にやってくるのです。」



5歳の息子を、天国に送った悲しみの中でエリック・クラプトンが作った歌「Tears In Heaven」を、
乙女さんを送ったミルクさんに
プチ子ちゃんを送ったにゃごさんに。
そして、愛しいわが子を天国に送ったすべての方に、私なりの解釈をつけて捧げます。

Eric Clapton(エリック・クラプトン) - Tears In Heaven



動画が削除されることがあるかもしれません。
その時は、手持ちの音源でのEric Clapton(エリック・クラプトン) - Tears In Heavenにさし替えます。
クラプトンで観たい方はお早めに。


もしも天国であなたに出会えたら、私のことを、覚えていてくれるだろうか。?
もしも天国であなたに出会えたら、私は変わらない私だろうか?
私は、強くならなければいけないね。
そしてがんばって生きつづけなければ…ね。
だって私は、天国には行かれないのだから。

もしも天国であなたに出会えたら、私の手を取ってくれるだろうか?
もしも天国で出会えたなら、私が立っていられるよう、あなたは支えてくれるだろうか?
私は、一生懸命自分の道をみつけて生き続けなければ…ね。
だって私は、天国には行かれないのだもの。

時が経って、落ち込むことがあるかもしれない。
ひれ伏して、起き上がれないかもしれない。
どうかお願いと、神様の前でその時を乞いたいような気持になることがあるかもしれない。

でもその扉のむこうには、きっと穏やかな心の平和がある。
天国には、深い悲しみも苦しみも存在しないのだから。

もしも天国であなたに出会えたら、私のことを、覚えていてくれるだろうか?
もしも天国であなたに出会えたら、私はもとのままの私だろうか?
私は、強くならなければいけないね。
そしてがんばって生きつづけなければ…ね。
だって私は、天国には行かれないのだから。



↓↓↓ ランキングバナー、いろんなのが出てきます。

参加しています。

banner (12)

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*


参加しています。

banner (12)

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

こんにちはしろちゃん&しろちゃんママ
あ~~~!プチ子はなんて幸せな子なんでしょう。。。
ありがとうございます。
クラプトンのTears In Heaven・・・
これも大好きな曲です。なんて優しい詞なんだ~TT
この歌所有してはいませんでしたがDLしようと思います!
亡き子をを思う自分のテンションとバッチリですTT
18年も生きてくれ、かつ寿命の来た子、と表現され3年5カ月。
後悔は、、無いと言ったらウソになりますが、
これ以上なにができたんでしょう?
プチ子に辛い治療ををもうしたくはなく、
食道チューブを付ける決定もできかねていたところでした
プチ子は自分で決定したんです。
最期の道行の中、もう逝かせてあげてください!
と真剣に願いました。。
プチ子は立派に旅立ちました。
さびしいのはたまらなく、涙も止まりませんが
虹の橋で待っていてくれる??んですよね~?

しろちゃんプチ子の羽カッコ良かった?
にゃごはまだ見てないんだ~
一番目と一番最後のお写真、しろちゃんオッドアイみたいー!
プチ子のブルーがかたっぽに入ったかな?
またエアプチ子が遊びに行くと思うからよろしくね☆

No title

可愛い可愛いプチ子ちゃんのご冥福を心から
お祈り申し上げます。。
にゃ誤算は大変なお世話をされていたのですね。。
プチ子ちゃんは嬉しかったでしょうね。。
爽やかな秋の日に旅立ったプチ子ちゃん・・・。
私達がその生を終わらせてあの世に行った時には
愛する我が子達に会えますよね。。
にゃご様、哀しまないでくださいね・・・。。

にゃごさん、こんばんは。

少しは落ち着きましたか?
プチ子ちゃんは、もともと幸せな子でしょ。
にゃごさん家で大事にされて生きてきて、病院も十分にかけてもらい、ママパパに手厚い介護と看護をされて、幸せでなくてなんでしょう。
いつも笑っていたのは、幸せだったからにほかなりません。
私も同じような境遇になったら、同じ風にできるか、はなはだ疑問です。
姿をにゃごさんに見えられなくても、これ以上の幸せはないってほど幸せな猫ちゃんだったと思います。

私はクラプトンがヤードバーズの頃から大好きなのです。
この悲しい歌をこんな風に聴くことになるとは、思ってもみませんでした。
今回、真の意味をわかった気がします。
思い切り泣いたほうがいですよ。
涙も癒しなのですから。

「これ以上なにができたんでしょう? 」
にゃごさんのおっしゃるのはごもっとも。
これ以上はないのでは?
動画のプチ子ちゃんは、すごく頑張ってますね。
途中で、ウプッってなってますよね。。。。。
もう十分だったと思います。
にゃごさんの気持ちをわかって、プチ子ちゃんも頑張っていたのでしょう。
にゃごさんを悲しませたくないばっかりに、頑張ってくれたのだと思います。
立派な猫ですとも!!!
虹の橋で待っていてくれますが、天使には時間の概念がないので、待ちくたびれることもないのです。
『淑女はおいとま時をご存知』
私の大好きな映画の中の言葉を、プチ子ちゃんに贈ります。

しろちゃんも羽を買って欲しいらしいですが、20年生きたら買ってあげると言っておきました。
エアプチ子ちゃん、忙しいね~♪
コメント、ありがとうございます。

のん福レオちゃんのお母さん、こんばんは♪

お悔やみの言葉、ありがとうございます。
お祈り申し上げます。。
私が知った時すでに、強制給餌でしたからね。
にゃごさんは十分過ぎるほど十分に、にプチ子ちゃんを 介護看護されたんですよ。
次々と不調が相次いでも、プチ子ちゃんは気丈にがんばりました。
にゃごさんの気持ちに、答えてがんばったんです。
猫じゃないみたい。
クラプトンの「Tears In Heaven」は、mamiさんにも捧げているのですよ~。

そうそう、みんないつかは行く場所に先に行ったんですね。
人間の幼い子を先立たせる親の気持ち…と同じで、悲しみはなかなか癒えないけれど、愛しい子は胸の中に…ですね。
コメント、ありがとうございます。

No title

あぁ~・・・。プチ子ちゃん。。。
17歳のお誕生日の写真、よ~く覚えています。
真っ白な毛でとてもキュートなお顔の猫さんだなと。
そして乙女さんの闘病の時にも経験先輩猫として
希望を感じさせてくれたプチ子ちゃんでした。
強制給餌が3年半・・・。
飼い主さんもそうですが、プチ子ちゃん、頑張りましたね。
小さな体で幾度も辛い状況を乗り越えてきたのでしょうね。
たくさん愛されて育ってきたのだなと、プチ子ちゃんの表情を見て思います。
一緒に過ごせた時はとても幸せな時間でしたよね。
出会えて良かったですよね。
プチ子ちゃん、頑張ったね。ありがとうね。
ご冥福をお祈り申し上げます。

ミルクさん、こんばんは♪

プチ子ちゃんにお悔やみ、ありがとうございます。
性格もとってもキュートな女の子だったんですよ。
乳飲み子からにゃごさんに育てられて、蝶よ花よで18歳。
もう病気云々じゃないと思うんですよね。
生ききって、全うして、本にゃんは納得しての旅立ちだったのかなと感じています。
プチ子ちゃんが希望になってましたか。。。
きっと今頃は、乙女さんに、プチ子姉さんって言われて一緒にお茶しているかも。
2にゃんとも気丈な子達だから、大きなお声で明るく笑って人間界を観ているかも。
いっぱいがんばったご褒美の休暇を、めくるめくご馳走とオモチャに囲まれて過ごしていますね。
私には経験のないことですが、ミルクさんもにゃごさんも、大変な日々を送られたのだと、想像するにあまりあります。
猫は自らその幕を引かないのかはたまた引けないのか、永遠のテーマですけど、どっちでもないと思う。
彼女たちの残してくれたものは大きく、私達が何を学ぶかのほうが問題ですね。

乙女さんもプチ子ちゃんも、蝶よ花よで育ったから、蝶やお花に姿を変えたかな。
「一緒に過ごせた時はとても幸せな時間でしたよね。
出会えて良かったですよね。 」
ミルクさんの言葉は重たいです。
私も幸せな時間を自覚して、過ごそうと思います。
コメント、ありがとうございます。

こんばんは☆

プチ子ちゃん
心からご冥福をお祈りします。
人事ではないので何と言葉にしたら良いのかわかりません。
経鼻チューブからご飯をもらっていたのですねぇ。
気丈なプチ子ちゃんです。
>↑↑↑ ママを、じっと見ているプチ子ちゃん、18歳
とても可愛いプチ子ちゃんです。
安らかに~

ビクママ、こんにちは♪

お悔やみを、ありがとうございます。
他人事ではない…確かにそうですね。
ビクママ家なんて、まだまだ先のことなのですから、プチ子ちゃんのようなご長寿目指していきましょう。
経鼻チューブ、不快を通り越して痛いかもしれないのに、プチ子ちゃんはけなげにがんばっていましたよ。
自分が経鼻チューブつけたらって想像してみてください。
にゃごさんは、3年半もの間の強制給餌もホント頑張りました。
プチ子ちゃんに嫌われても逃げられても、プチ子ちゃんの明日の命のためにとやっていた姿は、すっかり猫の母親なんだな~って、感心していました。
天使になって、ずっとにゃごさんのあとをついて歩いているのだと私は信じています。
コメント、ありがとうございます。
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック