見つかった最良で唯一の里親さんは、保護したビクママさんだった。

2014/08/23 Sat

IMG_8924_convert_20140823113659.jpg

「み、みなさん、お元気ですか?
雨こんこん、カミナリゴロゴロには、ご注意くださいね。
ぼ、ぼくのお家には、今、もう、来ているのです。
座ってる場合じゃないのです。
ドキドキハラハラ」




空に暗雲立ち込めて、雷鳴とどろき、雨がいつきてもおかしくない。
昨日まで、かんかん照りの猛暑の日々が続いていた大地に、やっと水分補給か。
しかし、昨今の気象は程度を知らない。
大人気ない気象である。

広島の土砂災害で亡くなられた方にお悔やみ申し上げます。
被害に遭われた方に、お見舞いを申し上げます。
広島の方々が教えてくださった災害への教訓を無駄にしないよう、地元の土砂災害警戒区域、危険個所のマップを見てみよう。
市区町村のHPから、都道府県の建設局にリンクされている。
されていなかったら、それは大問題。
市区町村を飛び越えて、都道府県にクレームを入れよう。
お住まいの市区町村が、繁栄のために都合の悪いことに目をつぶり…かどうかも確かめられる。




ビクママさんがこちらの、ぼく、あーちゃん、2にゃんの里親募集をやめました。
記事下につけていた写真は取り下げます。
気にかけて見ていてくださった皆様、ありがとうございました。
「里親さんは、とうとう見つかりませんでした。
というわけで、このたび晴れてうちの子宣言いたします」

当初の希望は叶わなかったけれど、とてもおめでたい結末となった。
ぼく、あーちゃん、2年目のおめでとう♪
ハチワレの子が「ぼく♂」、サビ風な子が「あーちゃん♀」です。
今年2歳になりました。


縺シ縺上≠繝シ縺。繧・s蟄千賢・胆convert_20140823114208

↑↑↑ お薬を飲むぼく

ビクママさんは、ぼく達がこんなに小さな頃に仕事場でこの兄弟5にゃんを保護された。

縺シ縺上≠繝シ縺。繧・s蟄千賢・点convert_20140823114147


全員に寄生虫(コクシジウム)がいたことが発覚。
どうしても治りきらないところを、地元の猫ボラさんのお力をお借りして、見事に全員完治させた。
おいおい3にゃんにそれぞれ里親さんにが見つかって、ぼくとあーちゃんだけがビクママさんのお家に残った。
良い里親さんが見つかるまで、焦らず気長に待つことにしたけれど、ここから先がほんとに長かった。
子猫じゃないってだけで、里親さん候補の問い合わせはガクンと減る。
小さいもの、幼いものをかわいいと感じるのは、どうも日本人の習性らしい。
「小さくも幼くもないけれど、この子はなんてかわいいのでしょうと思ってくださる方が見つかるまでは…」
そう思って、安易に手放さなかったビクママさん。
そう、
「この子はなんてかわいいんでしょ」と、一番強く思った当の本人は、ビクママさんだ!
見つけるはずだった最良の、唯一の里親さんはビクママさんだったのだ。



IMG_8926_convert_20140823113714.jpg

↑↑↑ うちのしろちゃん
「えっ、みつかった里親さんはビクママさんだったのですか?
なんだかわけがわからないのです。
ビクママさんちのぼくとあーちゃんに、どうして里親さんをみつける必要があったのですか?」

そうだよね~。
探し物は、最初からお家の中にあったってことだね、しろちゃん。


ビクママ家には、「ビクちゃん」というアメショの男の子と「パンちゃん」というお外から保護した女の子がいる。
そもそもの最初は、ビクちゃん1にゃんだけのビクママ家だった。
優しいビクママさんに、蝶よ花よで育てられ溺愛されたビクちゃんは、深窓の一人息子だったのだ。
ところが予想外に、ビクちゃんは、いわゆるひとりっ子の弊害の微塵もない子に育った。
しろちゃんとは大違いだ。
そして、現場の状況から明らかに捨てられた猫と推定できるパンちゃんをビクママさんは会社で保護した。
パンちゃんも当初は里親さん募集だったが、ビクママの目に適う里親さんは見つからずお家の子となった。
保護当初は飢餓による栄養失調で、どうなることかと危ぶんだけれど、今では丸々とした立派な猫になって、ダイエットをに悩む幸せな女の子となった。


繝代Φ縺。繧・s・胆convert_20140823114241

↑↑↑ 保護する直前のパンちゃん

繝代Φ縺。繧・s・狙convert_20140823114323

↑↑↑ ビクママ家で、幸せな女の子になったパンちゃん


要は、溺愛息子のアメショのビクちゃん、捨てられた猫だったパンちゃんがいるところに、小さな子猫5にゃんを保護。
3にゃんは子猫のうちに里子に出て幸せをつかみ、残った2にゃん、ぼくとあーちゃんが、ビクママ家ですくすくノビノビと成長。
2年里親さんを待ってみて、このたび晴れてビクママのお家の子宣言となったのである。



ビクママ家の猫には、家庭内のいかなる抗争もない。
先住猫と後から来た猫との、序列、縄張り問題もない。
ビクちゃんは、明るくしっかりした子なので、大人しく遠慮しているわけでもない。
抗争は常にビクママVSビクちゃんであって、ビクちゃんVS他の猫には、決してならない。
ビクママが寂しく感じるというほど、ビクちゃんは猫達のリーダーで頼もしく優しい長兄である。
ブログで観たり、実際にビクママから話を聞いているが、決して大げさじゃない。
人嫌いで、家庭内野良さんと呼ばれている気難しいパンちゃんも、超活発でイタズラっ子の明るいぼくも、控えめおっとりなあーちゃんも、みんなこぞって長兄ビクちゃんを頼りに暮らしている。
ビクママを…じゃない。
ビクちゃんを…だ。
毎日帰宅してドアを開けると、ビクちゃんがお迎えに出る。
「たった今の今まで、みんなで仲良く遊んでましたよ~♪」という空気が濃厚に漂っていて、ビクママが疎外感を覚えるほどだそうだ。


Z_KUulkfHd0hZ0t1404548867.jpg

↑↑↑ 左がビクちゃん、右がぼく
二人とも、笑って、一本のオヤツをわけあっている。
まったくの他猫!
ビクママ家には、奪い合いもない。



例えば、
ご飯を出すタイミングが遅れたとする。
みんな空腹でみんなご機嫌が悪い。
ビクちゃんが率先して、ビクママに文句を言いにやってくる。
ご飯のしたくを、そばでうるさく見守っている。
ビクママが、大きな器にこんもりとご飯を出すと、なんとビクちゃんはそこで退く。
退いて、妹、弟達に場所を譲る。
妹、弟達が食べ終わるのを待って、ビクちゃんはご飯を食べ始める。
ビクちゃんは、ブリーダーさん育ちでショップから来た子であるから、「お外生活をしたことがないから、ご飯の危機を知らない」せいだといえなくもない。
が、蝶よ花よで育った子にとっては、自分が常に一番なのでは?
妹、弟達の空腹が満たされたのを見届けて、ビクちゃんはやっと食べ始める。
そこにあるのは、ビクちゃんという一番のお兄ちゃんの、血のつながらない妹弟にそそぐ愛情のみである。
しつけたわけでも教えたわけでもないのに、と、ビクママはうれしそうに言う。



IMG_8927_convert_20140823113728.jpg

↑↑↑ うちのしろちゃん
「ふふふーん、僕が一番なんでも一番、ふふふーん。
じゃ僕も、お家の中をさがしてみることにしましょう。
僕に里親さんが見つかるかもしれないのです…」

しろちゃん、君にはマっママが、純正なママがここに、ここにいるのですが(泣)


そんなビクママ家の中で、ぼくとあーちゃんは、表向き里親さんを待ちながら明るく楽しい時間が2年も流れた。
ブログを訪れる誰もが、「里親さん募集してたんだっけ」と今さら気づくほど、ぼくとあーちゃんはビクママ家の一員になっていた
「今さら里親さんが見つかっても困る」
↑ ビクママさんの、正直な一言である。
何のわけ隔てなく、ビクママは愛情を注いできた。
何のわけ隔てなく、純血種のビクちゃんと元野良猫3匹の猫達は平和に暮らしてきた。
ビクママが、ぼく、あーちゃんの里親募集をやめて「うちの子宣言」したのは、自然な、とても自然なことだった。
えっ、この子達は里親さん募集してたの???
みんな気づかなかった、忘れてた、驚いた。
最初っから、ひとつの家族だと思ってた。
なんて暖かい幸せな家族と、思っていた。

ビクママさん、あなたの強さを超えるほど、この子達を愛せる人はいません。
行くべきところへたどり着いた猫達の幸せを、最後まで見守ってください。


IMG_9822_convert_20140823113808.jpg

↑↑↑ うちのしろちゃん
「あんまり違いがないように僕には思えるのですが、とてもおめでたいことだとママが言うので、僕も言います。
おめでとう、ぼくとあーちゃん。
今までと、どこが違うか、僕に教えてくださいなのです。」




↓↓↓ ランキングバナー、いろんなのが出てきます。

参加しています。

banner (10)


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村



□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*


参加しています。

banner (10)


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

ぼくとあーちゃん、おめでとう~♪
最良の幸せに落ち着きましたね☆
ビクちゃん、とっても懐の大きな良い仔なのね。。
そんなミンニャのお世話をしているビクママさんも
きっと素敵な方なのでしょうね^-^
今日はとっても心が温まるお話でした。。
ありがとうございます。。
ビクちゃんファミリーがこれからも幸せでありますように
心からエールを送りますね☆

しろちゃん~
その座り方、まるでお人形みたいね♪

のん福レオちゃんのお母さん、こんにちは♪

言葉をかけてくださって、ありがとうござます。
自然な形で、とても良い結果になりました。
生活そのものは何の違いもないのですけどね~。
きっちり「今日からうちの子宣言」ができて、ビクママさんも心の重荷が消えたでしょう。
ええ、ビクちゃんは、ビックリするほど大きな心の持ち主なんです。
ビクママの前では暴れん坊で活発な猫ですが、弟妹の面倒をよく見る頼もしいお兄ちゃんなんです。
いつもビクママにほめているんですよ~。
弟妹も、ビクちゃんに右に倣えです。
こんなお兄ちゃん猫、他に知りません。
こんな風な家庭なのも、その中心のビクママさんを反映していますね。
またまたしろちゃんの、スコ座りもどきです。
確かに、お人形を座らせた格好ですね。
この格好でキョトンと座ってると、今にも言葉を話すのではないかと思えます。
コメント、ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます。

ママさん~ありがとうございます。
素敵に里親終了を紹介して頂きありがとうございます。
何度もママさんが書いてくれた記事を見て涙が出ます。
しろちゃん~ありがとう。
ぼくとあーちゃんは家の子です。
これからもずっと仲良しです。
ビクには感謝です。
ビクだから面倒を見てくれたと思います。
私ではなくビクに感謝です。
ありがとうございます。

ビクママ、こんにちは♪

ビクママこそ、感謝されて当たり前ですよ。
ぼくとあーちゃんを、どこにもやらないって決断、ありがとう。
あの子達には、最高の結末でしたね。
子だくさんな生活がこれからもずっと続くけれど、ビクママならば大丈夫。
みんなを幸せに健やかに過ごさせてくれるに決まってます。
しろちゃんは、ぼくとあーちゃんをビクちゃんの弟妹と思っているので、今回の意味がわからないそうですよ~。
ビクちゃんはほんとに偉い猫。
ビクちゃんだからこそって、その通りと思います。
アメショは社交的と聞きますが、ビクちゃんは特別ね。
これからも、頼もしいお兄ちゃんで、妹弟を面倒みてくれることでしょう。
おおらかに健やかに、みんなが幸せ感じて一生過ごしていけますように♪
コメント、ありがとうございます。

No title

すごく良い記事ですねぇ~(^^)
小さな頃から育てて、一緒に過ごしていれば
いつの間にか家族になっているんですよね~。
それにしてもビクちゃんはカッコイイですね!
長男がビクちゃんだから猫達も落ち着いているのかな。

しろちゃんのその脱力した座り方が可笑しくて可笑しくて(^^)
その姿勢は楽なのか?と問いたい。(笑)

ミルクさん、こんにちは

わ~ミルクさんが評価してくれたあ~♪
ビクママさんは優しく愛情深い人だからと思います。
先に来たパンちゃんも同じ経緯ですからね~。
ビクちゃん、そうそうミルクさんの言うように、カッコイイんです。
男子のカガミみたいな子ですよ。
強く活発な子なのに、後から来た子に親のように優しいなんて、人間の男性も見習ってほしいものですね。
確かに、みんなが落ち着いて暮らせるのも、ビクちゃんの性格所以だと思います。

脱力スコ座りもどき、これ、しろちゃんの標準ですから、特別なことじゃないんですから。
キョトンと外見たりテレビを観たり。
お茶、出さなくちゃって思っちゃいます。
しろちゃんにミルクさんの問いをぶつけたところ、「尻尾の支えがいいあんばい」だそうで。
コメント、ありがとうございます。

No title

こんにちはしろちゃん&しろちゃんママ
ビクママさん一家 うちの子宣言おめでとうございま~す!!
「今さら里親さんが見つかっても困る」ですよね~~
とっくにかわいいわが子になってたのですね

ぼくとあーちゃんがビクママさん以外のママに迎えられなくて
よかった~!!です
みんなで楽しく遊ぶ毎日がこのまま続くんですね
よかったねビクちゃんパンちゃん!
なになに、、ビクちゃんは一番最後にご飯ですと?
なんでそんなにデキてるのぉ?(ヒトよりエライ!)
以前聞いた話ですが、
野良猫の集団を統率するボスがいて、その子も
みんなが食べてから食べるんだそうです
食事中危険が迫ってもすぐに逃げられるように、、のようです。
その野良の集団は殆どが保護されましたが
殆どが病気で。。。。長生きできている子はいません
そのボスも保護後1年足らずで神様がお迎えにきたそうなんですが
その間、ヒトに飼われたボスはな~んと!
みんな(関係したヒト族)ビックリ!の甘えんぼーさんだったそうです。
最初からおうち子だったらどんなに優しくかわいかったことでしょう!

美人なパンちゃんをはじめ、ぼくとあーちゃんを
厳しいお外の生活から救って、王子と姫にしてくれた
ビクママさんに心からの感謝!です
しろちゃん王子ぃ~そうだね~あんまりちがわないかも。。。。
でももう離れ離れにならないってことだよ~~

にゃごさん、こんばんは♪

ぼくとあーちゃんに、お祝いの言葉をありがとうございます。
どんなことでも猫友さんと分かち合うと、悲しみは半分、喜びは倍ですね。
そうそう、とっくにビクママさんのお家の子だったと言っても過言ではないです。
ビクママさんにとっては、「お家の子だよ」と、公言してあげることも一つの愛情だったのだと思います。
ほんとにね~明るく楽しい家族なんです。
オヤツを食べてる写真でわかりますね~。
猫同士で楽しいから、しろちゃんのようにママママ…じゃないんですよ。
猫には猫の世界ありな生活なのです。
ビクちゃん、すごいですね~出来すぎって思いますが、ホントなんです。

野良集団のボスのお話、感動しました。
ボスが甘えん坊さんだったって、なんか涙が出ちゃいます。
うんうん、最初からお家の子だったら、穏やかな甘えん坊さん暮らしができたものをね~(泣)
でも、最後の1年だけでも、そのボスは甘えん坊できて、幸せだったと思います。
猫は、過ぎたことを恨んだりはしないそうです。
そのことがまた、人間には切ないのですよね。。。

パンちゃんは、きれいな猫さんになったでしょ?
でもね、ビクママに対しては家庭内野良さんなんですよ~。
猫同士では仲良くやっているし、ビクちゃんがパンちゃんのこともちゃんと面倒を見ていから、家庭内野良さんでも、ビクママはいいんだって言ってます。
そういうビクママのおおらかな接し方も、良い結果を生んだのでしょうね。
気の毒な猫さんを見過ごさないって、誰にもできることじゃないですもんね。
「しろちゃん王子ぃ~」に、しろちゃんもニヤニヤしている感じです。
我が家のいくつもある呼び名の一つが、「しろ王子ちゃま~」だもの(笑)
昨日今日、涼し過ぎて寒いですが、にゃごさん地方も同じ?
コメント、ありがとうございます。
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック