美しい絵の中のしろちゃん記念にしろちゃん賛美

2014/07/12 Sat

IMG_9101_convert_20140711174648.jpg

「みなさん、すごい台風でしたね。
怖い怖いって、泣いた子いませんか?
台風が行って晴れたと思ったら、また雨こんこん降ってきたのです。
梅雨なのでしかたないのです。」

(7月11日に書いた記事です。)


台風一過で見事に晴れた。
東京都は、今年になって一番暑い。


IMG_9347_convert_20140711174409.jpg


しろちゃんは、眠ったかと思うと、「む~ん」と言って起きてくる。
風が止まったのでお昼寝も快適にできないらしい。
窓を閉めてエアコンを入れた。
気の早い蝉が鳴きだした。
台風も地震も同じだけれど、空振りになってもいいから予報、予知はじゃんじゃん出してもらいたいと思う。
昨夜も、東京への気象庁の予報は、ぐっすり眠っている間に最接近し…と、おちおち寝てもいられないような予報だった。
それでいいのだとも思う。
被害に遭われた方に、お見舞い申し上げます。



のんびりまったりゆるゆる猫漫画のふじもりさんが、しろちゃんの絵を描いてくださった。
ママとしては、感謝感激感無量なのである。


ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

のんびりまったりゆるゆる猫漫画<のふじもりさんが、一枚絵に描いてくださったしろちゃん。
しろちゃんのお目々の微妙な色も、絵にちゃんと出してくださった。
さすがは色の魔術師、色を観察するふじもりさんの目はすばらしい。
衣服の文様まで、それぞれに描きわけていることにご注目。


ふじもりさんは、ハニーちゃんという14歳のペルシャ猫の女の子と暮らしている。
原因不明のアレルギーでかきむしるので、美しい被毛を大胆にカットしているハニーちゃん。
ふじもりさんは、カットしてしまわざるを得ないことを嘆いていたけれど、とてもかわいいと私は思う。
正直、ペルシャらしくフサフサふっさりの長毛だったときより、断然かわいい、断然猫らしい。


のんびりまったりゆるゆる漫画

ふじもりさんの猫漫画は、
のらず←クリックでトップページに飛びます。
野良猫さんの世渡りを微笑ましく描いた笑える漫画
ハニーちゃん←クリックでトップページに飛びます。
↑ ハニーちゃんの日常を描いた漫画
特にハニーちゃんの漫画は、「猫あるある!親バカあるある!!!」がいっぱい。
ぜひぜひご覧ください。
緻密に書かれた猫の表情や仕草に、うんうん、あるあるあるある♪と頷いてしまうこと、間違いなし!

絵を見て改めて、しろちゃんはこんなお目々の色だったと気づいた。
しろちゃんの目は何色ですか」と人に聞かれると「う~ん」となってしまう。


お目々の中のカケラ8

↑ お目々の中の湖がわかる写真、2011年かな。


お庭からやってきて出会った頃は、うすい緑色かな?という感じだった。
その右の瞳に、クッキリハッキリと水色の四角い大きなカケラが入っていた。
丸い瞳孔に重なって覆い尽くすように四角いものがあるので、お目々はちゃんと見えているのかと心配した。
白猫を生み出す遺伝子は、
①色素がない→赤い目の子になる。
アルビノと呼ばれ、一生涯日光に当たることはできない。
②白色遺伝子または白斑遺伝子が優勢
水色の目、片方が水色のオッドアイ、他のたくさんの色の目。
①、②のどちらかである。
遺伝子のことを書くと長くなるので割愛。
水色の目は、すなわち色素の薄い状態であって、すべての毛色の子猫のキトンブルーは、これにあたる。


お目々の中のカケラ9

↑ お目々の中の湖がわかる写真、2011年かな。


しろちゃんの場合、若干オッドアイ気味?という感じだった。
mixの白猫で水色の目を持っていたら、高い確率で聴覚に障害がある。
オッドアイだった場合、水色の目の側のお耳だけ、聴覚障害、または難聴の可能性がある。
最初に診て頂いた獣医さんにも、そうかもしれないけど飼うことに何ら支障はないと言われた。
(今の獣医さんではありません、念のため)
当たり前だ。
聴覚に支障があるからといって、一緒に暮らすことができないとはおかしな話だ。
この私が、「この子はお耳が悪い? じゃママになるのをやめます」とでも言うと思っているのか。
またそういう人が多いのか?
悲しい話である。

しろちゃんと暮らしてしばらくは、お耳の聞こえ具合に注意していたが、何ら問題はなかった。
もちろん、聴覚検査をしたわけではないが、まったく違和感は感じなかった。
そう、お耳の聞こえ具合を心配するほど、しろちゃんのお目々の中の水色のカケラは大きかったのである。
目立っていたのである。
その水色のカケラを、幸福の湖と呼んでいた。
澄んで冷たそうなカケラだった。
見入ると、引き込まれそうな湖だった。
その頃のお目々の写真がないことが悔やまれる。


IMG_9308_convert_20140712150415.jpg

「悔やまれるのです。
僕は、いいお目々をしていたのです。
ママにあげちゃったのです。」



そのお目々の中の湖は、年々歳々、薄く小さくなってゆく。
しろちゃんの特徴だったのに残念と、しろちゃんに接したことのあるある知人女性は言った。
確かに特徴ではあったけど、何が残念なのだ?
お目々の中の水色が目立たなくなったからって、残念とは何事だ。
(と、怒っていた)
姿形で判断されるほど、しろちゃんはミーハーじゃない。
(いまだに怒っている(笑)
子猫の成長にともないキトンブルーが消えてゆくように、しろちゃんのお目々の中の湖も薄く小さくなってゆくのだろう。
お目々の色素が、しっかり定着した証なのだろう。
今現在も、かろうじてその水色の湖はあるけれど、一目見て、「この子はオッドアイ?」と聞かれることはまずなくなった。
しろちゃんから、幸福の湖が消えちゃった???

しろちゃんは、幸福の湖を携えて、私のもとにやってきた。
「この湖をあなたに差し上げます」と言わんばかりに、地面から私を、一心不乱に見上げていた。
「僕のお目々を見てください。
ほらきれいでしょ?
あなたにあげますから、僕のママになってください。」

さして猫を好きとは思わなかった私のもとへ、何を思ってか、しろちゃんは通いつめた。


IMG_9096_convert_20140711174620.jpg

「猫を好きかどうか、一緒に暮らしてみなければわからないのです。」


「消えちゃったわけじゃないね、しろちゃん」と、今、話しかけてみる。
その時点から6年経った、推定7歳5か月ののしろちゃんに話しかけてみる。
しろちゃんの携えてきた幸福の湖は、色素がしっかり定着するように、私の心の中に根を張ってしっかり定着していたのである。
しろちゃんは、その瞳で、もう人に向かって何も訴えなくてもいいのである。
幸福の湖があったんじゃなくて、しろちゃんそのものが幸福というものだったんだね、しろちゃん。
幸福っていうものが、どこか別のところにあるんじゃい。
探したり、追いかけたりするものでもない。
気づくこと…だけだったんだね、しろちゃん。

美しい絵を描いていただいた記念に、しろちゃん賛美を書いてみた。


IMG_9097_convert_20140711174632.jpg

「僕は、生まれたときからきづいていたのです。
さがさないで、笑うだけでいいのです。」



↓↓↓ ランキングバナー、いろんなのが出てきます。

参加しています。

banner (5)

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村



□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*



∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*
ビクの気まま生活のビクママさんが保護された兄弟猫ちゃん、2にゃんの里親さん、募集しています



↑ 愛情豊かなビクママ家ですくすく元気に暮らしています。
詳細は直接ビクママさんに聞いてください。
ママのいない仲良し兄弟猫のために、どうぞよろしくお願いします。
∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*



参加しています。

banner (5)

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

うふふ。もうママさんの心をしっかり掴んだので
幸せを呼ぶ湖はしろちゃんにとって必要でなくなったのでしょうね^-^
瞳の中に綺麗な湖がなくても
しろちゃんは充分に幸せな生活ができるようになったのですから
しろちゃんは何とも思ってないでしょうね☆
kakoboxさんがいつの間にかその幸せを呼ぶ湖を食べてしまったのですよ^-^
だからしろちゃんが傍に居るでしょう~♪

No title

あわわ、七夕の絵、ブログに掲載して頂いて恐縮です…!
ご丁寧な紹介まで…本当にありがとうございます。

私は過去ログを読んでいて、最近しろちゃんの瞳の湖の存在を知りました。
幸福の湖、段々と薄く小さくなっているのは、しろちゃん自身が幸福そのものになっているからですね。
kakoboxさんの子となった時から、幸福の湖を持つ白猫からしろちゃんという幸福へ生まれ変わった…しろちゃんにとっての幸福そのものは、kakoboxさんなのでしょうね。

のん福レオちゃんのお母さん、こんにちは♪

そうですね~しろちゃんにとっての幸せを呼ぶ湖は、その役目を全うしたのだと思いたいです。
猫の真意はわかりませんが、ご飯や喧嘩の心配なく過ごすことをしろちゃんが望んだとしたら、全うですよね。
しろちゃんのその大人しい性格上、野良猫生活が厳しかったのではないかと思います。
お家がある子を外で見て、うらやましかったのではないかと思ったりもするのです。
前の家の一件おいた隣には、外に出る飼い猫さんがいましたからね。
あははっ、私が食べちゃったって言い方はふさわしいです。
食べちゃいたいほどかわいいしろちゃんですから。
コメント、ありがとうございます。

ふじもりさん、こんにちは♪

勝手に載せましたよ~。
印刷して、額に入れて飾ろうと思っております。
こちらこそ、本当にありがとうございました。
7歳の7月7日に七夕の絵を書いていただいたなんて、ラッキーづくしなプレゼントに感謝しております。
ふじもりさんの漫画は、この私が興味をもっておもしろいと思ったので、みなさんにもおすすめしたいんです。
あのワタクシ、漫画を読む習慣がないのですよ。
コマの順番がわからないってほどの漫画音痴ですから~。

しろちゃんのお目々の湖は、幸福のバロメーターってことですね。
しろちゃんにとっての幸福が私だなんて、光栄で倒れそう。
なんという親バカなんでしょ(笑)
親バカごっこしましょうね。
コメント、ありがとうございます。

こんにちは。

素敵な絵ですねぇ。
どうやったら描けるのでしょ?
ビクママ絵が下手なんです。

白猫ちゃんは目が水色だと耳が聞こえなんですねぇ。
会社にいた白猫ちゃんも耳が聞こえませんでした。

しろちゃんの湖見えました。
ビクの目の色はグリーンです。

台風が去った日は凄く暑かったですねぇ。
ムシムシしていましたねぇ。

ビクママ、こんにちは♪

絵の色合いが見事ですね。
ほんと、どうやったら描けるのでしょ。
私も絵心がさっぱりありません。
絵手紙教室にでも通おうかな。
絵が描けたらどんなにいいでしょうね。

会社に居たお耳の聞こえない白猫さんは、迷子になった白猫さんですか?
しろちゃんの実のお兄ちゃんは全くのオッドアイですが、オッドアイの子も聞こえない子が多いですね。
白猫さんだけにある障害ですね。
しろちゃんの湖、きれいな水色なんですよ~。
ビクちゃんのお目々の色もきれいですね~。
毛色にマッチしてますね。
今日も風がないので蒸し暑いです。
お仕事のビクママは、いっぱい水分飲んでいっぱい栄養摂ってね~。
コメント、ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは~しろちゃん&しろちゃんママ
ふじもりさんのイラスト、すっごくステキですっ!!!!
しろちゃんの特徴もさりげなく捉えられてて
ちゃんと しろちゃんだってわかります~~!
いいなぁ~こんなイラストが描ける方って!
リンクからふじもりさんのマンガもみせてもらいました!
かわいくって面白くって仕事中にニヤニヤしながら読んでます^^
ハニーちゃんかわいいですね!カイカイが止まってくれるのを祈ります
早速お気に入りに登録しちゃいました~~v(≧∇≦)v
毎日の楽しみが増えました~しろちゃんママありがとうです!
しろちゃんママ、しろちゃんを息子さんにする前は
そんなに猫さんに興味がなかったのですかー。。
しろちゃんはそんなママさんを幸福にするために
来たんですね。 うう、、素敵な関係~

しろちゃんの青い湖綺麗ですね
こんなカケラっぽくブルーが入っているのもめずらしいように思います
プチ子さんもいちおブルーアイです
しかし時を経て、、今はブルーグレイになってきました
変わるんですね~
でも今でも日に当たると青い光線を放っています
でもその光線が青くなくても全然OK
その存在と、そこから受け取れる幸福感だけで充分ですよね!

ウチのアルビノちゃんは困るほど耳がよく聞こえるようです
彼女のお食事の支度のサランラップをはがす音まで聞き分けています
逃げられないように、他の音を鳴らしていてもバレます(汗)
お薬(錠剤)のしたくも、カチャ、、とも言わせないように
日々頑張ってます~><

にゃごさん、こんにちは♪

毎日ムシムシですね。
そうでしょそうでしょ、ステキでしょ?
しろちゃん、初めて絵に描いてもらいました。
まぎれもなく、しろちゃんですよね~。
絵が描けたらどんなにいいか、私もいつも思います。
にゃごさんは、得意なような気がしますが。
にゃごさんも色の魔術師ですよね。
ふじもりさんの漫画、どちらもハマるでしょ♪
のらずなんて、切ない笑いでいっぱいでしょ。
こっそり私だけ知ってる(ふじもりさんは有名ですよ)のはもったいないって心底思います。
一緒に読んで応援しましょ。

あのですね、しろちゃんに出会う前は、どっちかというと猫嫌いでした(わー石ぶつけられる)
その私が今はこうですからね。
しろちゃんに出会わなければ、知らなかった今の幸福だってことです。
一緒に暮らしてみないうちに、好きだ嫌いだ言ってごめんなさいって感じ。
しろちゃんのお目々、今もこの写真程度には水色のカケラがありますよ。
ほめてくださってありがとう。
プチ子ちゃんのお目々、直にみたいな~。
ブルーフレイは、思慮深いな猫さんになった印ですね。
プチ子ちゃんも、きれいなブルーをみんな、大好きなにゃごさんにあげちゃったのでしょう。
私達人間も、年月とともに瞳の色が変わったら、無駄な若さを装う必要がなくていいかも(笑)

プチ子ちゃんはやはり白猫ですね。
いつもどこか神経質に耳を澄ましているのですね。
薬やお食事ではないけど、しろちゃんに聞かせたくない音があった場合(怖いニュースとかね)、私しろちゃんの両耳抑えてグニャグニャグリグリしています。
プチ子ちゃんのご飯に、にゃごさんがご苦労されていること、本当に感心いたします。
嫌われるとわかってることをしなくちゃいけない愛情って、切ないですよね。
がんばってね。
コメント、ありがとうございます。

プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック