面会は是か非か?

2011/01/25 Tue

IMG_2441_convert_20110125173224.jpg


「しろちゃん、面会は行って良かった?」
うう~んとお……


手術の翌日のお話。

猫の入院とその面会ということに関して、女の子猫ちゃんのママパパさん達は、避妊手術で経験があることと思う。
しろちゃんの去勢手術は日帰りだったので、しろちゃんは今回が初めての入院だ。
私も猫飼い初心者なので、経験が無い。
昔、実家で飼っていた大型ワンちゃんも、入院などしたことがなかった。
最初、もちろん、毎日(といっても3日の入院だったが)会いに行く気満々だった。
「もちろん、行きますよ~ママは。」
ふと、あることに気づく。
しろちゃんには、面会に来たということがわかるの?
私の頭の中からは、NOという答えが出た。
しろちゃんの場合だが、きっと、迎えに来たとしか思えないだろう。
ママが来た=お家に帰る……だ。
それなのに、顔を見せておいて置いて帰れるのか?
自分にそれが出来るのか?

かつて、愛犬の脚を手術して1ヶ月恨まれたという茅ヶ崎に住む親友に聞いてみた。
「うちのタロチンはね、会いに行ってもいつも背中を向けてたのよ。
怒ってたのね。
でも私は毎日会いに行ったわよ、会いたいから。」

とある猫雑誌の獣医さんの電話相談に電話してみた。
「猫ちゃんは、面会という概念がわかりません。
あなたの言うとおり、ママが来た=お家に帰るです。
むしろ、じっと安静にさせておくという意味で、面会には行かないほうが賢明。
捨てられたような気持ちにならないかって?
猫ちゃんは待つ動物ですから、退院の日に、待ってた人が迎えに来てくれればそれで帳消し。」

んんん~どうしたものか…。
神経質なママはとても悩むのだ。


IMG_2428_convert_20110125173158.jpg

ううう~んとねえ………


しろちゃんの先生
「面会は、いいとも悪いともどっちとも言えないんですよね~。
まさに、猫ちゃんの個性による!です。
仰るとおり、飼い主さんが来ると里心がついて、一晩泣く猫ちゃんあり、喜んで興奮して困るほど動き回る猫ちゃんあり、『帰れないけど、会いに来てくれたんだね♪』とわかる猫ちゃんありです。
まずは会いに来てみて、遠くから見てみたらどうですか?」


翌日、しろパパさんと病院に行った。
初対面の看護士さんが、猫ちゃん専用病室まで案内してくれた。
「しろちゃんは、いい子ですよ~。」
「またまた~、お世辞はいいのよ~。」
「お世辞じゃないです。
おとなしくて、何も文句言いませんし、昨夜も泣きませんでしたよ。」

フムフム…それはいい子なんじゃないのよ。
見知らぬ状況に、心身ともに固まっているだけなの。
…しゃべっているうちに、遠くから見るの猶予もなく、するすると病室のドアの中に入ってしまった。

病室自体が細長い造り。
入り口の大きさに比して、奥行きの深い3階建てのステンレスのケージだった。
動物病院の病室ってものを実際に見たことが無い私は、ちょっと戸惑う。
もちろん、薄暗さと適度な狭さが猫ちゃんの安静のために不可欠であり、それは平均的な病室のありようだと後々に知るが、「差額ベッドは無いの?」と、質問したくなった。

薄暗い3段ケージの真ん中、奥のほうに白いものが居た。
ケージのドアを看護士さんが開け、「どうぞ」と場所を交代する。
思わずしろパパさんと顔を見合わせる。
想像していたような、「わあ~しろちゃん♪」と、再会のうれし涙っていう感じでは、全然ない。
なんというか、見てはいけないものを見てしまった感じ?

しろちゃんは、最奥の壁に張り付いたように座ったまま、いつもの高い声でか細く「ミャ~ン」と一声だけ泣いた。
胸が詰まって苦しくなる。
左手には点滴、そのチューブがしろちゃんの足元でグルグルしたあと、ケージの側面にぶら下がる点滴の袋につながっている。
点滴を固定するために巻いたバンデージが緑色でかわいいが、なんと細い手首なの!
点滴をする猫ちゃんの写真は見なれているが、実際目の前に愛猫のほっそ~い手首を見ると、涙腺が熱くなってくる。
ここで涙を出したら、ママとしては負けなのだ。
飼い主が悲しい顔をすることが、猫ちゃん達には何より悲しいことだもの。

「しろちゃん、がんばったじゃ~ん♪」とうそくさい明るさで呼びかけたが、前に出ては来ない。
看護士さん
「ずっとあそこから動かないんですよ」


「動けないの?」
看護士さん
「いえ、トイレは使ってるのでヨチヨチとは歩けます。」


しろちゃんはモジモジと手を踏み変えながら、じっと視線を私達からそらさない。
5分に1回くらい、点滴の刺さった左手を、小刻みに振る。

ステンレスのケージの床にベッドパッドのような敷物が全体的に敷いてあり、一部分に例の電気ホットマットが敷物の下にあって、ちょうど猫ちゃんの身体分、ポカポカと暖かい。
寒ければ、そこに移動すればいい状態になっている。
右半分にはペーパーチップを入れたトイレ、寝床のすぐ前にカリカリとお水があった。
そのカリカリに、ふりかけがどっさり。
看護士さん
「しろちゃん、全然食べてくれないんです。」


「しろちゃん、おいで~ママのとこに、おいで~」
しろパパさん。
「バカだな、痛いんだよ!
痛いから、できるだけ歩きたくないんだよ、歩かせるなよ!
…2種類の親バカが交錯する。

お腹の傷がなかなか見えない。
私達に身体の左側だけを見せて、右側を見せない。
足元にグルグルになった点滴のチューブを、足の絡まないよう直してやってから、逃げるように病室を出た。
ママとしろパパさんの涙腺の蛇口にも、限界はある。

面会は是か非か。
猫ちゃんにとっての是非は私には判断できない。
飼い主さんにとっては是だと私は思う。
行くべきだ。
行って、あなたの愛する小さな身体の生き物が、痛みに耐え闘う姿を見るべきだ。

IMG_2443_convert_20110125173251.jpg


うれしかったよ、ママ


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

ママさ~ん
私も涙腺ユルユルなんですよ~(泣)
今日も泣かせて頂きました。
しろちゃんのお顔を見ると可愛すぎて泣いちゃうってのもあるんですが。

いい子だね。
しろちゃん♪

ちよさん、ありがと♪

長い記事を、いつも読んでくれて、本当にありがとう♪
愛する猫ちゃんの痛々しい姿は辛いですよね~。
腹壁ヘルニアの原因となった怪我の時点までさかのぼって、しろちゃんを叩いたり蹴飛ばしたりした人を、殴ってやりたいです。
殴るだけじゃすまないな~。

私もね、思い出して泣けちゃうんです。
ちよさん、涙は愛の湖から流れてくるんですよ~♪
ちよさんのとこの猫ちゃん達も、ちよさんがママで幸せですv-22

初めまして

訪問していただきありがとうございました。

呼んでて涙が止まんなかったです(;;)

この記事読まなかったら面会がペットにとってどうゆうものか気づかなかったかもしれません。

すごく考えさせられました。

貴重な体験談を読ませて頂いて大変参考になりました。

頑張りましたね

しろちゃん、痛くて心細くて辛かったと思います。
我が家のちぃは今日、避妊手術で入院しました。明日の夕方まで会えません。手術が無事に終わったのか、その後どうしているのかも分かりません。無事に戻って来れますようにて祈るしかありません。

rag mamaさん、初めまして♪

こちらこそ、来ていただいてありがとうございます♪
rag mamaさんのとこの猫ちゃんは、ゴージャスですね~☆
ゴージャスで美しいのに、小悪魔でかわいいv-345

面会の是非の記事が、少しでもお役に立てれば幸いです。
考えてみれば…ってこと、結構ありますよね。
おばさんゆえ、観察眼だけは発達しちゃったようで…(笑)
今後も、皆さんの情報のカケラになるような記事を書けたらと思いますが、ただの親バカ猫バカかもしれません。
rag mamaさんのところにもお邪魔させて頂きますね~。
今後も仲良くしましょ♪

くるみざわうめさん、ありがと♪

猫ちゃんが今夜は居ないんですね?
大丈夫!、手術は無事に済まなけりゃ、電話の1本も来るでしょうからね。
しろちゃんの下段のケージにも、避妊手術の猫ちゃんが入院してましたが、薄暗い中で丸まって、一番楽な体勢で静かに眠っていましたよ。
ちぃちゃんが、今夜泣かないように、無事に帰宅することを私も祈ってます☆
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック