腹壁ヘルニア その10 手術の詳細

2011/01/23 Sun

IMG_0260_convert_20110123053211.jpg


僕は、このお庭からやってきたんだ。
ママにね、僕のママになってもらおうと思ってね。



11月28日
もうしっかりと説明は聞いているので、いまさら先生に、うかがうこともそうそう無い。
先生
「じゃお預かりしますね。」


「どうかよろしくお願いします。」
どうぞよろしくじゃない、どーーーーーかよろしく…という感じ。
キャリーを差し出し、手元に居なくなったしろちゃんの体重分、自分が軽くなってしまったような気がする。
気持ちが…ではない、自分を地球に固定しているアンカーが抜けてしまった感じだ。

ここから下、腹壁ヘルニア手術の説明です。
極端に気の弱い方はスルーしてください!

腹壁とは、簡単に言えば、表皮の中の筋肉層である。
縦横斜めにあり、内臓を本来あるべき場所に留めておく役目も果たしている。
腹壁が裂けヘルニア状態になると、脂肪や内臓が皮下に出てくることになる。
原因は後天的なもののほうが圧倒的に多く、先天的なものに関しては、成長が阻害されるので、成猫の先天的な腹壁ヘルニアは稀とのこと。
事故、怪我によるものがほとんどなのだそうだ。
前にも書いたが、あくまでも推測の範囲内で、しろちゃんの場合、人為的な行為による外傷で腹壁ヘルニアになったのではないかということ。
表皮に古い傷跡が無いことなどから、棒で叩かれる、蹴飛ばされる等々が考えられる。
仮に、木から落下して枝に激突の場合、表皮のほうも裂けて、自然に治癒したとしても、何らかの痕跡があるはず。
そこまで推測する以前に、しろちゃんにはあるトラウマがあって、私も人為的な行為の外傷の結果と思わざるを得ない。


IMG_0279_convert_20110123053305.jpg


僕の右目には、小さな幸運の海があるって、ママが言うんだ。


以下、手術後の先生の説明による。
(この手術結果を聞いたのは、退院の日の12月1日だ。
しろちゃんのお世話になっている病院には、他にも支店の病院があり、院長先生は1日まで支店のほうだった。
別な先生に伺っても、私は納得できないから、結果聞きを1日まで待った。)


表皮は、肋骨の一番下の骨の下から斜めに10センチ程度切った。
まるで、切腹しそこなった猫のよう…(泣)
その中に腹壁と呼ばれるものがあり、それが裂けていたわけである。
次に斜めに交差する腹筋を切り、中から突出してきていたもの→腸の脂肪層というようなものを、腹筋の中の定位置に戻すわけだが、損傷を負ってから年月が経っており、腹筋に癒着ということもあったそうだ。
まずは癒着をはがすという作業が加わり、手術時間が延びた様子。

肝臓も顔を見せていたそうだ。

先生
「今の段階で手術しなければ、肝臓が出てくるところだったんですよ!」


次は定位置に出たもの(脂肪層など)を戻す。

次に修復だが、本来は筋膜で定位置にあるはずの腹筋を、筋膜が避けて無くなってしまっているので、肋骨の一番下の骨に、プラスティックの糸でかがりつけるように縫い付けた。
(カーテンレールとカーテンリングを想像してもらえればわかりやすい。)
この糸は永久にお腹の中に存在する糸である。
腹筋を引っ張って縫い付けてあるこの場所が、今回の手術の一番のネックだそう。
先生
「ギューーと腹筋を引っ張って、無理に肋骨に縫い付けてあるわけです。
片方は骨、片方はお肉なわけだから、強い力が加わると、お肉のほう=腹筋から糸がちぎれて外れてしまう恐れがあるんです。
そのために、手術後の養生の仕方が何より大事。
大げさなようですが、そっとそーーーーと、水平にだけ動いて、上下運度は出来る限り避けてください。
腹筋が正常に修復するのは月単位です。
また、正常に修復しても、糸でくくってあることは永久です。
人工的な状態の負荷を、腹筋が盛り上がって助けるようになることが、3歳~4歳という今の年齢なら期待できます。
お腹の中だけで永久に溶けないプラスティックの糸で1箇所、溶ける糸で3箇所を縫い、後に抜糸する頑丈な糸で表皮を縫って、合計5箇所縫いました。」


糸だらけになってしまったしろちゃんだ。
おまけに、予想もしない、永久に存在するプラスティックの糸!
ちょっと驚いたが、マイクロチップを体内に埋め込む猫ちゃんもかなり居ることを考えると、なんてことない。

なんてことないよ、しろちゃん!
そのかがりつけた糸がもし取れてしまったら、また病院で手術してかがりつけてもらえばいい。
為すすべは、あるんだよしろちゃん。

先生
「腎臓に関しては、手術の直前はギリギリの崖の内側に入りましたから、手術も可能だったということです。
次の検査でどうなるか…。
まあまだ、普通食で大丈夫ですよ。
普通食をちゃんと食べて、栄養をつけて、筋肉を盛り上がらせないとね。」


フィ~♪
腎臓の数値の悪化が少しずつでも良くなってることは、今後も良くなるってこととママは単純に考える。
大丈夫、ママはとことん付き合ってあげる。
もし仮に、1時間おきに水を飲ませろというのなら、飲ませてあげるよ、しろちゃん。
「お水、お水、お水を飲もう♪」
あの歌を歌うと、しろちゃんはお水を飲んでくれるのだ。
ただし、水入れからではなくて、お風呂場の中の洗い桶から…だけど(笑)
しろちゃんは今現在は、多飲多尿状態にはもちろんなってはいない。

病室で眠るしろちゃんには、手術日には会うことが許されなかった。
許される場合もあるそうな…。

先生
「飼い主さんが来ると、無理して起きて帰ろうとするタイプの猫ちゃんだと思うので…」



では、明日、しろちゃんに会いに来ます。
だってママも自分を、背負って帰ろうとするタイプのママだと思うので…(笑)


IMG_0291_convert_20110123053339.jpg


小さな海のこと、僕もそう思うんだ。
ステキなことが、たくさん起きるんだもの




参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

大変な手術だったのですね。裂けたものを閉じれば済むのだと思っていました。
しろちゃん頑張ったね。そしてごめんね。
心無い人がいなければ辛い思いもせずに済んだのに。
トラウマは消えたかな。安心して穏やかに過ごしてくださいね。

生存競争から解き放たれたしろちゃん。穏やかな顔してますね。
“小さな幸運の海”素敵な喩えです。実際にも幸運をもたらしてくれていますね。

たくさんご飯を食べなきゃだめだよ。しろちゃんの為なんだからね。
2月の検査がよりよいものでありますように。

No title

大変な手術でしたね。
手術より術後の経過が大事だとは…。
ママさんが全て受け止めたからこそ、
少しずつ回復に向かっているんでしょうね。

腎臓の数値はなかなか良くならないんですよ。
だからすごいです。

強制的に食事を口に入れられると、
トラウマになり食事を拒否してしまう子がいます。
そして、腎臓値がさらに悪化します。
前の子がそうでした。

入院がよほど嫌だったみたいで、
帰宅後、隠れてチューブを取ろうとしてました。
だめだよって言ったら、目に一粒の涙がありました。

しろちゃん、しっかり食べて体力をつけてね。

小さな幸運の海の話、素敵ですね。
腸壁ヘルニアの記事、
いつも固唾を飲むように読んでます。

初めまして

すっちゃんの所から来ました。
少し、さかのぼって読ませて戴きました。
ママさんの深い深い愛情に号泣しながら…。
しろちゃんはママさんパパさんの深い深い愛情で
これからも元気に幸せな生活を送れるね!
大変な手術を受けたけど
ママ達が守ってくれてるから大丈夫だね。
可愛い可愛い、しろちゃん大好きだよ♪

つくね♂さん、ありがと♪

私もね、出たものを戻し、裂けた腹壁を縫うだけだと思ってました。
人間の脱腸の手術のように。
しろちゃんの場合、裂けた腹筋同士が届かないほど、幅を空けちゃったようです。

心無い人はどこにでもいますね。
猫ちゃん関係に限らず…。
切ないですね~。
トラウマのことも、今は何とか…また記事にしますね。

しろちゃんのこと、いつも気にかけてくださってありがとうございます。
2月の検査の結果がどうであれ、瞳の中の小さな海の消えぬよう、愛で包んで暮らしてあげたいと思ってます。

ローズキャットさん、ありがと♪

いつも気にかけていただいて、ありがとうございます。
ローズキャットさんも同じだと思いますが、病気のことを思えば「もう一人じゃないよ」と、ギューと抱きしめたくなりますね。(抱きしめればしろちゃんは逃げますが(笑)

前の猫ちゃんはやはり腎臓系だったんですね。
しろちゃんは、野良猫さん時代が1年以上ですから、腎臓病になっていたとしてもおかしくないんです。
数値はなかなか良くならないものなんですね?
今後、しろちゃんの腎臓に黄信号が灯った場合、色々と教えてください、励ましてくださいね~。
お互いに、猫ちゃんとの穏やかな日々の幸せを、祈るような気持ちで過ごしましょう。

ちよさん、初めまして~♪

すっちゃんのところから!?
ありがとうございます。
猫ちゃんの作る輪に感謝しなくちゃ♪

しろちゃんのことで泣いてくれたなんて、しろちゃんママもまた泣けます。
人間の子も育てたことがなくて、しろちゃんに対しては神経質な甘甘ママになっちゃってますが、この世には、知らなかった種類の愛情と幸せがまだまだいっぱいあると、毎日しろちゃんに教えられてます。

しろちゃんを、大好きといってもらえてすごくうれしいです♪
これからもよろしくです♪♪

すっちゃん、悪性ではなくて、本当に良かったですね。
よその子も自分の子のことのように思える…。
めわさんも書いてましたが、それが動物のもたらす愛情の連鎖ですね~。
地球全体に広がれ~!

こんばんは

こんばんは。
腎臓のことでちょっとコメントを書きます。

前の子で学んだことですが、
小魚を食べさせないほうが
いいみたいです。

今は大丈夫なのがあると聞きますが、
塩分が多いみたいです。

おかかは大丈夫だと、
当時の先生が教えてくれました。

キャットフードをお湯でちょっとふやかして、
匂いで食欲をそそる方法もいいみたいですよ。

腎臓の数値安定のためには、
しっかり食事を取ることがいいそうです。

では、失礼します。

ローズキャットさん、ありがと♪

小さなことでも、教えていただけるとうれしいです♪

小魚は現在は一応あげていませんが、今後も絶対に!あげないことにします。
おかかは、カリカリを食べてくれない時に、猫用のものをほんの少しトッピングしてますが、大丈夫ってことですね。
おにぎりを作る際には、人間用を食べたがって困りますv-292
キャットフードをお湯でふやかす…なるほど~参考になりました。
数値安定のためには、しっかり食事を取ること…うんうん、だから先生は、まだ腎臓病になったわけではないのに、闇雲に療法食にしてはいけないって言ったわけですね。
納得!
経験者の言葉は重みがあります。
またよろしくお願いしますね。
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック