腹壁ヘルニア 番外編

2011/01/19 Wed

しろいねこ すえこちゃん、無事お家に帰れて、ひとまず安心、良かったですね♪♪♪
穏やかな猫生をゆったりと過ごされますように。お大事に






IMG_2289_convert_20110119170615.jpg


いきなり術後の写真になるが、術後服を着ているしろちゃん。
ソファーを足場にやっとのことで窓際のカウンターに上がり、本物の招き猫と一緒に、招き猫しろちゃんの役割を果たそうとしているけなげ~な一枚

(この場所で写真を撮ると、なぜかいつもボケボケにボケる)



猫の術後服というものがあるのを、ご存知だろうか。
「術後服」なんて固い言葉を使うからわかりにくいが、女の子猫ちゃんは、避妊手術の後に、下腹部を守るお洋服を着たことがあるかもね。
術後の傷をホコリ、毛などから保護する、舐めないようにするのが主な目的ですが、着慣れない服を着せるということで、猫ちゃんは歩きにくくなり、術後の行動を抑制するという役割もあるんだそう。

しろちゃんと暮らすようになってから、猫関係の色んなブログを見るようになった。
その中には、病気と静かに闘う猫ちゃんや障害を持って元気に生きる猫ちゃん達がいる。
しろちゃんが腹壁ヘルニアとわからず、奇形だが元気…という段階の頃、既成のものやママ手作りの術後服を着て病気と闘う猫ちゃんを、感動しながら見ていた。
ママやパパ達、保護主さん達は、猫ちゃんが快適に行動できるよう形に工夫をこらし、色や柄やリボンで少しでも悲壮感を無くし、明るい術後を送らせてあげようと、かわいい術後服を着せている。
愛情とは、受け取り手の問題ではなく、差し出す側の心のあり様なのだとしみじみ思った。
着なければならないものならば、施術をした病院が医療用として出すだろう。


「しろちゃんに、術後服って着せてもいいですか?」
先生
「じゅうご服?」

私「いえ、術後服です。」

(先生、いくら命のかかった闘いとはいえ、しろちゃんを戦争に行かせないでーーー銃後服じゃありませんって!)

先生もご存知なかったようだ。
先生
「通気を妨げないもので形状に問題ないものであれば…」


「退院時に、先生がOKでしたら着せてください。」


IMG_2127_convert_20110119170003.jpg


↑ 背面から見たところ


IMG_2129_convert_20110119170025.jpg


↑ 側面から見たところ
 
IMG_2133_convert_20110119170051.jpg


↑ 生地のアップ。
これが白猫さん仕様でなくて、なんであろうという一品。
たまたまなのだ。
期日も差し迫っていたため、たまたまこの柄しかサイズ的に選択肢が無かったのだ。
まるで服のほうが、待っていてくれたかのように…。
こういう「めぐり合わせ」って、ありますよね~。

背中部分はダブルガーゼ素材で、背開き仕様であり、3つのスナップ留め。
猫ちゃんが自分で脱げないように工夫されている。
お腹部分は綿ストレッチ素材で、ぴったりとお腹を守る感じ。
脚首部分はなんと淡い水色の伸縮包帯。
これがまた、なんともかわいいし、汚れたらここだけ伸縮包帯を付け替えてねってこと。
首は前面だけハイネックで、首の後ろでリボンで結ぶ。
これまた、自分ではどうすることもできない工夫。

地は淡い水色。
柄は男の子女の子の白猫がたくさん飛んでる柄♪♪♪
お腹側の柄は青のボーダー。
背中部分とお腹部分がまったく違う柄なのだが、素材的にそういうことになっちゃうのでしょうね。
猫ちゃんは立って歩くことはないので、同時には見えないってことで、OK。
むしろ、着たままリバーシブルって感じで、かわいいです。

とにかく、華奢ですごくかわいい術後服なんですよ~♪
猫ちゃんのためというよりはむしろ、猫ちゃんの手術で心痛める飼い主さんを、優しく癒してくれる服かもしれない。
それもまた、術後服の役目なんだと私は思う。
猫ちゃんは身体を痛め、ママパパさんは心を痛め…ですから。

私には、とてもじゃないが手作りはできない。
おこぽけっと」という、手作りで術後服を作っている個人の方のネットショップから購入した。
たくさんの種類は無いけど、手術をした猫ちゃんのことを心から考えて、試行錯誤の末にひとつひとつ手作りなさってるんだな~と感じられる丁寧な物でした♪
月並みな表現ですが、愛が感じられる術後服です。
オーダーもできるそうですよ。

とってもかわいい術後服だけど、避妊手術の女の子以外に、この服にお世話になることがありませんように☆
皆さんの猫ちゃんが、健康で穏やかな長い猫生を送られるよう、心から願ってます。


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

病気と闘う猫さん、障害を持つ猫さんも
ひたすら前向きに生きていますね。
そして一緒に暮らす方々の変わらぬ愛情。
ほんの少しでも、すべての人に優しさが伝わったなら
不幸な子が減ると思います。

愛情溢れるかわいい術後服ですね。^^ 術後服としてでなく
普通の服として着てくれたら毛玉を吐かなくなるし
外で付けてくるホコリ対策にもなりそうです。
間違いなく嫌がるでしょうが。

一番上の写真、blogのタイトルそのままですね。^^

つくね♂さん、ありがとう♪

本当に、病気と闘う猫ちゃん、障害を持つ猫ちゃんは、健康な猫ちゃん以上に猫生をエンジョイしてますよね~♪
何がかけがえのないものなのか、よく知ってるんでしょうね。

この術後服、しろちゃんも当然のことながら嫌がりますよ。
退院時に病院で着せられて、通院で一回脱がせたら、二度と着せられなくなっちゃいました。
あんまり動けなくなるので、この服着たら、つくねちゃん、お散歩に出なくなっちゃうかも…。

一番最初の写真、まったくそうなんです♪
術後服じゃないバージョンもあるんですが、タイトルにぴったりなのに、ボケボケで使うのを控えました。
うまいタイミングで美しく撮るのは至難の技ですね。

No title

kakoboxさん

お礼が遅くなって、本当にすみません。
迷子のしらすのために記事まで書いて
いただいてありがとうございます。

こんなおしゃれな術後服を見たの
初めてですぅ。
これちゃんと着ていたんですか?
うちの子たちは、避妊手術をした時に
サポーターまでとっちゃうんですよ。
するるなんて、自分で抜糸までしちゃい
ましたよ。抜糸に行ったら、獣医さんが
「糸がない」って・・・。

するるさん、コメントありがと♪

どういたしまして♪
また時期が経ったら、記事載せますね♪

術後服、4日目に便秘で通院するまでは着てましたよ。
あっち引っ張り、こっち引っ張りしてやらないと、肩を抜いた芸者さんの着物みたいになっちゃうんですけどね(笑)

するるちゃんは、自分で抜糸!v-12
猫ちゃんは、痛いことよりは、何か自分の身体にくっついてることのほうに危機感を感じるんでしょうね。
でもすごい!
そういうガッツが、大病を克服する源だったのかな。
忙しいのにコメントありがとうございますv-254
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック