アンヨの症状をめぐっての二つの愛の攻防戦 その1

2013/08/29 Thu

IMG_4800_convert_20130829170440.jpg

「みなさん、今日はまた暑い日が戻ってきましたが、お元気ですか?
もうじき夏休みも終わってしまうわけですが、宿題はしましたか?
今日をいれて、あと3日しかありません。
夏休みの宿題を終わっていない人、ママやパパに手伝ってもらいましょう。
大事なのは宿題じゃなくて、長いお休みをどう過ごしたかってことですよね



都市部では、一昨日までの二日間、急に秋が姿を見せた。
昼間でも冷房要らずな気温、夜には肌寒く感じる気温だった。
本日、「地球規模の異常気象で地球規模に問題」だと、NASAが緊急発表したそうだ。
NASAは今年の1月に、2013年は過去最高の暑さになると長期気象予測を発表している。
NASAが!というところが怖い。
アメリカの気象局ではなく、NASAである。
いかに、このたびの異常気象が地球規模の危機かという証拠だろう。
今後の追加発表を待つのも、さらに怖いような気がする。


昨日水曜日、しろちゃんの左のアンヨに問題発生で、病院に連れて行った。
本来は、半年に一回の血液検査を9月中にする予定だったが、ついでに早めに済ませてしまった。


IMG_4801_convert_20130829170502.jpg

「ふいをついて、連れて行かれたのです。
大丈夫だって、僕は何度も言ったのですが、ママは理解できないようでした。
残念だったのです

病院に行かれないことのほうが、残念なのですよ、しろちゃん。


三日前の月曜日に、ソファの横で寝そべるしろちゃんの足の裏に、異常なものを見つけてしまったのである。
左の足の裏が真っ黒!!!
汚れで黒いレベルではない。
「ギャー、なんなのーーー?」
しろちゃんも、
「見つかっちゃいましたか!」
とばかり、ビックリしたようなお顔をしている。
息詰まるような数秒のあと、足の裏を見ようとする私、見せまいとするしろちゃん。
双方目を見開いたままの攻防が始まる。
さっきまで、普通にごく普通に、私の横で伸びていたのに、意識の変化ってすごい。
身も心も、何もかも投げ出してママに甘えて無防備だったのに、この変化は何?

いや、「ギャー、なんなのーーー?」の言葉をしろちゃんは理解したのだと思っている。
言わないで、静かに観察するべきだったけど、そういうわけにはいかないのである。
私はしろちゃんの親のつもりであり、学校の先生や獣医さんではないのだから。


IMG_4802_convert_20130829170516.jpg

「見つかっちゃったのです。
ママは見ないほうがいいですよって、あんなに気をつかって僕が隠しておいたのに…。
ママって恐るべしなのです



過去に似たような問題があった。
その時には、オモチャに付いた鳥の羽の芯が折れ、肉球と指との深い溝に食い込んだという怪我だった。
病院に行ったら、鳥の羽の芯は既に自然に抜けていて、ただ軽微な傷痕があっただけだった。
その時には、お手手だったので、しろちゃんは簡単に見せてくれた。
お手手とアンヨは、しろちゃんにとっては危機感が違うのか?
今回は足を触らせるどころか、ママが見ることも嫌がって、わざと隠す。
前回より数年経って、それだけ賢くなったということなのか?

ここをごり押しで見ても、後にいいことはひとつも無い。
問題発生の箇所に自己防衛のハードルを作らせないこと。
うまく表現できないが、それ以上は踏み込まないことが、後々のために賢明なのである。


IMG_4799_convert_20130829170557.jpg

「そんなものを出されても、誘惑には負けないのです。
それ、ムカデですか?
あ~~~誘惑には負けないのです。
わが道をゆく…なのです



しろちゃんがお昼寝で眠っている隙に、そっと見てみようとも思うが、あえてアンヨを隠し気味に眠っている。
自分の身に起きたトラブルには徹底的な秘密主義であることに、しろちゃんの野生を垣間見た気がする。
私は、またしても鳥の羽がらみの怪我であると思い、なんとか足の裏の臭いを嗅ごうと試みる。
化膿している場合、臭いをかげば一発でわかる。
過去、お外の猫だったしろちゃんの、数々の怪我により、怪我の深刻度合いは臭いから…ということを学習した。
だがしかし、しろちゃんの足の裏に顔を近づけただけで、しろちゃんはお目目を開く。
睡眠中でも息で殺気を感じて起きるなんて、すごいぞ。
なんて、妙なことに感心して私は撤退。
しろちゃん以外の猫ちゃんもそうであるかどうかはわからないが、一旦、動物ならではの野生の秘密みたいな部分がよみがえると、その警戒が解けるまで一両日時間がかかる。


IMG_4798_convert_20130829170545.jpg

「ムカデニョロニョロ、おもしろそうですね。
ママが一人で遊んでください。
僕はちょっと、忙しいのです



その日一日しろちゃんの行動を見ていて、足の裏は運動に、何ら支障はもたらしていないことがわかった。
傷が痛かったら、走り回りはしないだろうし、タンスの上から飛び降りもしないだろう。
その日一日、家の中のあちこちを観察したが、血液の痕跡らしきものはどこにもなかった。
足の裏が真っ黒ということは、流血の惨事が起こったわけなのだけど…。
しかし、チラリチラリと見える足の裏は真っ黒。
不気味な不安ではあるが、過去の、鳥の羽の芯がお手手に刺さった経験が囁く。
ほっといても、刺さった異物は抜けますよ。
大事に至ってたら、走り回りはしませんよ。
化膿臭もしなかったでしょ。


IMG_4807_convert_20130829170617.jpg

「はい、お手手をどうぞ。
失礼な、6歳の僕に、加齢臭なんて、するわけがないじゃないですか!!!

化膿臭なのですが…(笑)


いつもどおりに夜を迎え、いつもどおりに私の横に、ピッタリと背中をくっ付けて眠るしろちゃん。
「くく」
「く」の字のダブルで、深夜のしじまの中を眠りに就く。
外側の「く」である私は、内側の「く」であるしろちゃんの胴に左腕を回す。
なすがままに身を任せ、かわいい寝息を立てて眠りの船に乗るしろちゃんだが、左のアンヨはしっかりと畳み込んでいる。
心身ともにこんなに近いのに、水臭いしろちゃん。
「僕のアンヨのことは、見なかったことにしてください。」
と言わんばかりに、しっかりと足はくつろがない。
この距離感が悲しい。
今は見ません、知らなかったことにしておきますが、ママは見ちゃったんですよね~。
見ちゃったことは取り消せないのです、しろちゃん。

普段どんなに近く接していても、抱いて眠っていても、足の裏って意外に見ていなかったりする。
猫ちゃん健康チェックは、床に着いて見えない場所から…とシミジミ思った次第。
(長くなるので、2回にわけます。)


IMG_4803_convert_20130829170528.jpg

「はあ~人間の子供になるって、大変ですね。
秘密もなにも、あったものじゃありません。
ママが心配するからって、僕は隠しておいたのです。
アンヨの裏なんて見たがらないで、ママは僕のお顔だけ見て、抱っこして寝んねすればいいのです。
ママの幸せを、僕は考えてした行動なのです。
僕がママを想う気持ち、ママは知らないのです。
残念です



いつもコメントくださるにゃごさんが、17歳の白猫プチ子ちゃんと一緒に雑誌「ねこのきもち」に載ってます。
7月号57ページ下段、「ストレッチに参加するブーム」
8月号69ページ、人と兄弟編。「愛猫も同じタイミングでトイレへ行きます。」
9月号45ページ左下、「シニア猫にひもを見せて、元気があるかを毎日確認」
17歳のプチ子ちゃんの、とってもかわいいお顔が出てますよ~見てね。



参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*
ビクの気まま生活のビクママさんが保護された兄弟猫ちゃん、2にゃんの里親さん、募集しています



↑ ビクママ家ですくすく元気に育っています。
詳細は直接ビクママさんに聞いてください。
ママのいない仲良し兄弟猫のために、どうぞよろしくお願いします。
∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

とっても気になりますね。。
獣医さんへ行ってどうだったのかしら??
2回に分けるなんてじれったいです~。。

徹底的に隠すしろちゃん、野生の頃の本能でしょうか。。
大事にしてあげてくださいね。。

こんにちは。

しろちゃん見せてくれないなんて。
どうしちゃったのでしょうかぁ?
早く結果が知りたいです。
しろちゃんも野生に帰るのですねぇ。本能が働くのでしょ~

>ビクママは、家中のものを捨てにかかってるのかな?
そうです。整理しています。結構使わない物もあります。

>ソファカバーで対応するって手もあったわよ~。
ソファーもボロボロと剥げてきたので処分しました。
カバーで対応出来る様な剥げ方ではなかったので(^^ゞ
床に座る生活はなれません!!!

のん福レオちゃんのお母さん、こんばんは♪

じれったい記事になってごめんなさい。
獣医さんに行って、一応の診断結果はアレルギー性皮膚炎の炎症→悪化と出て、後はこの後どうなるかって問題です。
がんばってるのんちゃんのことを思えば、しろちゃんのアンヨなんて、どってことないですよね~。
mamiさんのお気持ちも再認識できた次第です。

お外の生活が一年以上ありますから、野生の本能は、鷹が爪を隠すように、しろちゃんの中にあるものと思います。
2回目の記事、急いで書くようにしますね。
コメント、ありがとうございますi-41

ビクママ、こんばんは♪

しろちゃん、自分の弱みみたいなことは、見せない主義なのです。
まったく、家の子になって5年も経とうというのに、水臭いところがあるんですよ~(泣)
一年以上もお外の子でしたからね、野生の本能はちゃんとあるんですね。
ぱんちゃんもそうでしょ?
ぱんちゃんは姿そのものを消していますものね。
その分、野生に近い自然治癒力も失っていないといいのですが。

ビクママは家の中を整理しているのね。
捨てたときには、不自由かと思いますが、所詮捨てるようなものは要らないものだったって気づきますよね。
断捨離ですね。
コメント、ありがとうございますi-41

No title

しろちゃんのオッサン座り
何度見てもすごいわ~(^^)
そのままお腹もペロペロ出来ちゃうんですね。(笑)

足の裏が真っ黒ってなんですか?!
肉球じゃなくて、毛の生えている部分??
すっごい気になる。
気になるよ~。

No title

うわ~気になります><
野生の本能の如く隠し続けられると
よけいにハンター本能を刺激されます。私ならですが。。
まる一日一緒に居てもうまいタイミングが計れない、、
わかる気がします
私ならひっくりかえして見てしまうと思います
チカラワザ(力技)ですけど。。
でもその間ギャオギャオ騒ぎ立てるのはわかってるし
こんなに嫌がって心臓が止まっちゃったら?っていう
不安もあります(知人の猫が実際”怒り死に”したそうなんです)
そこをしろちゃんに付き合ってタイミングをはかっているしろちゃんママが
とても優しい品の有る方なんだな~って思います
と思います
「く」の字寝、、いいですね~うらやましいわぁ~
足の裏は見れないけど愛があふれてるじゃないですか♡
プチ子さんはここ2年ぐらい一緒に寝てくれません
私につかまると給餌されるとでも思ってるのか。。
すっかり嫌われてるんですよ~TT
親の心子知らず!とでも言いたいです
投薬などのお世話が必要になると、そのイヤさから
飼い主さんを避けるようになる子は多いみたいです
ああ、それでも、嫌われてもなおお世話は続けなきゃーです
しろちゃんのアンヨどーやって確認したんでしょうね?
で、なんで真っ黒だったんでしょう?
次を楽しみにしてますね~^0^

ミルクさん、こんばんは♪

しろちゃんのオッサン座り、最近はますます磨きがかかってます。
オッサン座りに、人気があると思っている節あり(笑)
この座り方、乙女さんはしないですか?
しろちゃんにとっては日常ですよ。
あまりにも密接なせいで、人化してるのかしら(笑)

足の裏が真っ黒って、肉球含め肉球の周辺の毛の生えてる部分すべてです。
肉球から出血→毛の部分にも染みたって感じです。
ただいま、コツコツと治癒中で、やっと嫌がらず見せてくれるようになりました。
黒い部分は取れましたよ~。
まったく外に出るわけでもないのに、病院通いばっかりのトラブル児であります(笑)
コメント、ありがとうございますi-61

にゃごさん、こんばんは♪

気にしてくださって、ありがとう。
この書き方じゃ、気になりますよね~。
引っ張ってるわけではなく、途中で記事書く集中が切れちゃった(笑)
アレルギーの掻き壊しなようです。
獣医さんも消去法で知るしかないみたいです。

にゃごさんは力技ですか。
しろちゃんね~腹壁ヘルニアの手術でお腹の中にプラスティックの糸が入ったままなので、力技、禁止令なんです。
腕持って、持ち上げたりもしませんよ~。
大事大事にしとかないと、また裂けたら手術で大変と思ってます。
抱っこはしますが、壊れ物のように扱ってます(笑)

そうですよね、猫ちゃんが極端に嫌がることを力ずくでするのって、心臓にどうなの?と思っちゃいますよね。
怒り死に…ひえ~あるんですね、怖いですね。
しろちゃんは心臓が悪いわけではないですが、病院に連れて行くとき、しろちゃんの心臓の鼓動が不安になります。
イチゴサイズなんですってね、猫ちゃんの心臓は。

くの字寝、私も自慢です♪
1歳半までお外に居た子が、よくぞここまで一緒に生活するようになってくれたと、おやすみのたびに感激してます。
プチ子さんは、一緒に寝ない?
投薬や強制給餌のせいだとしたら、なんか切ないけれど、にゃごさんは偉い。
どっちが大事かといったら、くの字寝よりは、命を繋ぐことが大事に決まってます。
プチ子ちゃんも猫なのだから、きっと物言わぬ心の中で、にゃごさんの注ぐすべての愛情を理解してますって♪
いつも着けてるあの布のエリザベスカラーに、にゃごさんの愛が溢れてる。
プチ子ちゃん、がんばれ~♪

アンヨは病院で先生と一緒に見るまで、見てません(笑)
真っ黒は固まった血。
引っ張ったようになってごめんなさいね~。
コメント、ありがとうございますi-41
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック