北極の白熊の悲劇と我が家のぶれない白猫

2013/07/12 Fri

IMG_4442_convert_20130711192114.jpg

「みなさん、お元気ですか?
毎日暑いですが、プールや海に行きましたか?
僕は行かれません。
どうやらママが、僕を連れて行くのが怖いらしいのです。
もしやママは泳げないのでは?と、僕は気にかけているのです。
ママがかわいそうなので、連れて行ってとは言わないことにしています

気にかけてくれて、ありがとう、しろちゃん。
ママが泳いで太平洋を渡っても、泣かないようにね~。


関東地方では、七夕前の6日に、あっけなく梅雨が明けた。
今年の梅雨は長いだとかグズグズと降るだとか、梅雨入り前にはさんざん予想されていた。
いざ梅雨入りしてみたら、早く始まって短い期間でキリっと終った。
場所によっては水害もあったのだが、概ね、潔い梅雨だったといえる。
今のところ、夏の始まりが早いので、「長く暑い夏」という気象庁の予報だが、果たして結果はどうだろう。


IMG_4448_convert_20130711182858.jpg

「今日は少し悲しいお話なのです。
北極のシロクマさんが、氷のカケラに乗って迷子になったのです。
氷のカケラに乗って、どこに行くつもりだったのでしょう。
えっ、まさか、僕のお家ですか???」

ノー天気だね~、しろちゃん。


気象庁が、時と場合に応じてフレキシブルに、一回出した予報を修正するようになったことは、大変に結構なことだと思っている。
梅雨入り、梅雨明け宣言訂正、なんて、おおいに歓迎なのである。
国家機関の気象庁。
国土交通省傘下の気象庁である。
他の省庁が、親方日の丸で税金を浪費しつつ融通の利かないことを思えば、柔軟な気象庁は立派な態度だ。
「ぶれないこと」と、「言い出したら引っ込めない頑なな態度」とは、似て非なることである。
私もしろちゃんも、なかなかの頑固ものであるが、「言い出したら引っ込めない派」であるよりは、「ぶれない派」でいたいものだと思う。


IMG_4456_convert_20130711183016.jpg

「僕は頑固ではありません。
ぶれないだけです。
生まれたときから猫のままで、まったくぶれないでコンニチまで猫のままできました。
今後も猫のままでいたいと思います。
猫バンザイ



しかし、毎日暑い。
週末まではこの猛暑日が続くそうである。
東京都内では、最高気温35度という日が続いている。
35度!!!
私が子供の頃の記憶だと、夏休み中の最高気温は、30度を上回るかどうか…だった気がする。
今日は30度に達したかどうかで、騒いでいた気がする。
今のように、晴れたら30度を超えることが当たり前なんてことは決してなかった。
30度というキリのいい数値が、猛烈に暑かった日の目星だった。
「そうそう、そうだった。」と、同意してくださる方がきっといるだろう。


IMG_4451_convert_20130711182927.jpg

「そうだった…んですか?
僕は知りません。
平成生まれの、それも平成フタケタ生まれの猫ですからね~



30度と35度では、当たり前だが5度も違う。
一気に変わるのではなく、段々と変わってゆくので騙されてしまうが、温暖化は確実に進行しつつある。
自分の生活環境下でもこの程度に明白に感じるのだから、地球規模で専門家の目から見たら、どれほどの変化が生じているのだろう。

アニマルプラネットでは、氷床の上を移動してゆくはずの北極の白熊が、蓮の葉のようなちぎれた氷の上に乗って、途方に暮れている映像を何度も流している。
ひとつがあまりにも小さいカケラの氷なので、次の氷へ渡り移れないで、ウロウロ困っている。
多少は泳げるのだが、大きな体重の白熊が、次の蓮の葉状の氷に容易にはよじ登れない。
海面に浮かべた浮き輪に、私達が簡単にはよじ登れない理屈と一緒だ。
その白熊がどうなったのか、個体の問題ではないので、結末の映像はない。


IMG_4459_convert_20130711183032.jpg

「なんですって?
シロクマさんが、氷の上でウロウロ困ってる?
そのシロクマさんがどうなったか、ママはどうでもいいと言うのですか?



白熊が途方に暮れているのだ。
乗った氷があまりにも小さな面積であり、かつ、氷の集団からグングン離れていってしまうので、途方に暮れて泣いているのだ。
白熊は、去年そうだったように、乗った氷伝いに次の氷へ乗り移れると思って、その氷のカケラに乗ったのだ。
たった一頭の白熊の個体の問題ではない。
今、この時点でも、途方に暮れた白熊は北極のどこかにいる。


IMG_4458_convert_20130711183050.jpg

「涙がこぼれるのです。
涙がこぼれて、お耳に入って、中耳炎になりそうなのです



今さらだけれど、何度言ったっていいだろう。
暑い暑い夏の昼下がり、エアコンの効いた部屋でグラスに氷をどっさり満たして飲み物を注ぐ。
せめてその時だけでも、途方に暮れた北極の白熊を気にかけたい。
白熊は、「悲しいです。」なんて、テレビのインタビューに答えはしないけれど、途方に暮れていることは確かなのだ。

例え推奨設定温度の28度に設定されたエアコン冷房だとしても、電力がなければ作動しない。
例えグラス一杯の氷だとしても、一般家庭では電力無しには作りえない。
思いもつかないほど遠い場所の何かを、犠牲にしつつ得た貴重なエネルギーで私達は生活している。


IMG_4455_convert_20130711183001.jpg

「そのシロクマさんは、今頃どこにいるのでしょう。
氷のカケラの上では、食べるものもないでしょうね。
そのシロクマさんは、ママですが?子供ですか?
ママならば、子供が泣いているでしょう。
子供ならば、ママが泣いているでしょう



だからと言って、私達は、都市部ではエアコン冷房無しには暮らせない。
冷たい飲み物くらいは、エアコンの効いた部屋にいる限りは、飲まなくても済むかもしれないが…。
「熱中症にご注意!」と、毎日のニュースでヤンヤと連呼している。
それはそうだろう。
35度にもなる夏なのだ。
人間は耐えられない。


IMG_4445_convert_20130712154144.jpg

「僕だって耐えられません
↑↑↑ かじられて、ハラワタの出てしまったエビ。


私達は、個人で北極に行き白熊を助けることは到底できない。
個人で温暖化を阻止することもない。
私達は、電力を使わずして生活はできない文化の渦の中にいる。
個人で夏場の電力消費に果敢に抵抗しても、熱中症で救急車に乗る派目になるだけだ。
非常に矛盾しているが、矛盾だということに気づこう。
白熊を助けに行くことはできなくても、白熊が、今、この時点でも途方に暮れて氷のカケラに乗っていることを気にかけよう。
気にかけることからすべては始まると思っている。

個人が気にかける小さな行為が、集まって集まって、四方八方から集まって、地球規模のウェーブになる。
先進国のつもりでいる日本の私達だからこそ、気にかけよう。
俗に言う発展途上国と言われる国が気づくことは、最も難しい。
かつての日本がそうだったように!だ。

最高気温35度という夏を迎えたのには、原因がある。
結果があって当然だ。
温暖化問題に限らずだが…。
野良猫さん問題も然りだが…。
ブツブツ、ブツブツ…。


IMG_4387_convert_20130712155401.jpg

「暑くて、ママは色んなことにブツブツブツブツ…。
でもいいのです。
熱中症になって倒れるよりは、ブツブツ文句を言ってください。
そんなブツブツが、集まって集まって、世界を変えるのでしょ?
北極のシロクマさんを、救う力になるのでしょ?
僕もブツブツ言う猫になります。
そうしていつか、世界を変えるのです。
ぶれない猫を、どうか国会へ送ってください!

いいぞ~しろちゃん。
ん?んん??


いつもコメントくださるにゃごさんが、17歳の白猫プチ子ちゃんと一緒に雑誌「ねこのきもち」に載ってます。
7月号57ページ下段、「ストレッチに参加するブーム」
8月号69ページ、人と兄弟編。「愛猫も同じタイミングでトイレへ行きます。」
プチ子ちゃんは、にゃごさんがトイレに行くのを見届けて、自分のトイレに入るそうです。
兄弟のように慕っている証だそう。
17歳のプチ子ちゃんのかわいいお顔も出てますよ~見てね。



参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*
ビクの気まま生活のビクママさんが保護された兄弟猫ちゃん、2にゃんの里親さん、募集しています



↑ ビクママ家ですくすく元気に育っています。
詳細は直接ビクママさんに聞いてください。
ママのいない仲良し兄弟猫のために、どうぞよろしくお願いします。
∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

白熊ちゃんどうなったのでしょねぇ。可哀そう・・・
本当に暑いですねぇ。家では窓を開けて網戸のままで出かけます。
ビク達は自然に涼しい場所で寝ています。バスタブとか。

しろちゃんと同じでぼくは鼻がピンクです。
パンも同じでした。

ママさん私は元気ですよ。
お父さんは富士山が大好きだったので山開きを待って天国に行ったと思います。
キノコ狩りでもしていると思います。

No title

境界線は30度。
そうそうそうでした。
今はそれが35度。
そう感じます。
30度がたいして暑くない気温と思うようになってしまいましたね。同世代のようです。

No title

おはようございま~す。。
確かに私達の小さい頃は30度を超えると「暑い~」と、言っていましたね。。
夜も今のように酷い熱帯夜は少なかった気がします。。
温暖化ですね。。
生態系の中でそのあおりを受けているもの言えぬ動物達が可愛いそうですね。。
意識して生活すること、とても大事だと思います。。
世の中の流れが、もう少し逆戻りすればと時々思います。。

ビクママ、こんばんは♪

氷のカケラに乗る白熊さん、ビクママはテレビで観たことないですか?
どんな動物でも、動物の気の毒な光景は、胸にグッときますよね。。。

まあ、ビクママは網戸のままでお出かけですか?
器用でお利口なビクちゃん、網戸を開けたりはしないの?
うちのしろちゃんは開けられませんけど(笑)
ははん、バスタブの中は確かに涼しいですよね。
日が当たらないから。

パンちゃんとぼくは、お顔は半分白猫だものね。
ぼくのピンクのお鼻、なんともかわいかったです。

ビクママ、元気を取り戻してよかったです。

本当にお父様は、山開きのタイミングを見計らっていたのかしらね。
ビクママはお疲れ様でした。
夏休みには、どこかにちょこっとお出かけできるのかしら?
暑いけれど、ご飯はいっぱい食べてくださいね~。
コメント、ありがとうございますi-4

たくさん、こんばんは♪

わ~たくさんに同意してもらえました~♪
30度が目星でしたよね?
それを超えたら大騒ぎだったですよね?
ホント、仰るとおり、今では30度ではむしろ暑くない日の感覚ですものね。
慣れって怖いですね~。
同年代ではないでしょう。
たくさんはお若いと思います。
コメント、ありがとうございますi-4

のん福レオちゃんのお母さん、こんばんは♪

そうですよね~~~。
子供の頃、30度超えの日には、ニュースになってましたよね。
そうそう、熱帯夜なんて言葉もなかったような気がします。
なんたって、エアコン無しで過ごせていたんですから。
地球規模で動物は悲劇的なことになってるようです。
暑いアフリカの動物も、温暖化で、水場がなくなってしまうのだそう。
真っ先に犠牲になるのは、物言わぬ動物、植物ですね。

>>世の中の流れが、もう少し逆戻りすればと時々思います。。
↑ 私もそう思います。
今の若い方は、戻るべき良い地点をご存知ないでしょうね。
コメント、ありがとうございますi-4

No title

こんにちは(^▽^) しろちゃん&しろちゃんママ。。
北極の白クマさん気になりますね
そのまま朽ち果ててしまうしかないのでしょうか
アニプラの取材はするのに助けることはできないの??
それともこれも生態系のひとつだから、、
たとえばライオンが狩りをする=狩られた動物は餌になる。。的な感覚で
ヒトが手を出すのはご法度???
ちょっと違うように思いますよ(≧ε≦)
これは事故なんじゃないでしょうか!
グリンピースさんとかイロイロな国際ボランティアさんたちが
なんとかしようとしてくれないかしら!
私たちが何をしたら助けてあげられるのかをまず知りたいですね。。
以前ウチから40kmくらい先の海岸にクジラがうちあげられましてね
地方版ニュースでやるんですよ
サーファーさんとか漁師さんとか出てきて…海に戻そうと頑張るんです
でも動かすのことはできないのTT
このまま放っておけば死んじゃうわけですよ
私ね、、県知事さんに電話しちゃいましたよ
このクジラを海に帰すために航空自衛隊を動かしてくれって。。
もちろん県知事さんじゃなく秘書が出て、確かに知事に伝えます。
と言ってくださいましたが結局自衛隊は動かずクジラさんも亡くなりました
もう税金なんか払うもんかって思いましたね。
このとき県知事に電話した人は何百人もいたようです
特に小学生の子を持つ親ごさんとかが多かったみたいで。。
いつも話が大きくズレてしまいます ごめんなさい
その白クマさんが大きな氷塊に出会える事を思い切り祈ります。
あ、ママさん私はもちろん平成生まれじゃーないですよぉ(^◇^ ;)
ママさんより上の場合だってあります
だから夏30℃時代でブイブイでしたね あはは(‐^▽^‐)
今日も暑かったです35℃でしたよ
プチ子さん日中何にも食べてくれなく
夜になるとチョピッとだけ食べます(ヤバイなぁ(-"-;) )
しろちゃんは元気食欲変化ありませんか?
こっちには5年ぐらい前まで40℃!到達した山あいの町があります
「日本一暑い町」というフレーズで町おこしをしそうになって
町民から反対されてナシになったとか。。
ヒトというのは愛すべき愚かな動物ですね。。

ほんとにそうですね

しろちゃん kakoさん 暑中お見舞い申し上げます。
冬はあんなに沢山雪が降って、氷点下の日々なのに、夏は夏で、けっこう時々全国暑さ上位ランキングしてしまう幅広い(?)富山です。。立山くんも、だいぶ雪が溶けちゃって、穏やかな感じです。そうですよね~、昔は、8月になって31度とかになると、真夏日だった。大きなたらいにスイカを入れてタオルをかぶせてその上から冷たい井戸水流して冷やしてたっけ。朝のにおいは、麦茶を大きなやかんに沸かす香ばしい香り。ラジオ体操係りのお兄さんのベルの音。暑かったけど、よほど無防備に長時間炎天下に居ない限りは、倒れたり、ましてや人が死んでしまうことは少なかったと記憶しています。
だって、今は、エアコン無なんて考えられないけど、当時は扇風機が主流。「不快な熱風」というよりは、「夏の暑さ」でした。打ち水をすれば夜は、扇風機でも十分寝ることができたし。。近所の猫たちも、日陰を見つけて普通に外で暮らしてた。ほんと。。徐々になんでしょうが、気がつけば、すごく熱帯になってる。。雪国なのに。。
なんか。。昭和の夏が懐かしい。。夜店で毎年新しい麦わら帽子と寝ゴザと花火を買ってもらったっけ。
 快適さをもっともっとと求めるうちに、気が付いたらわたしたち、とんでもないところに流れてきちゃった。。
 アトムもぷーちゃんも、エアコンなしでは生きていけない子になってしまってます。エアコンついていても、熱帯夜はエアコンの風の当たる場所に集合してます。。外の暑さを知ったらどうするだろう。。(冬は、雪の上にちょっと乗せてみました。固まってました(^^;))
私たちも、漂流する白クマと何らかわらないのかもしれませんよね。。もう自力で戻れないところにずんずんきちゃってて。。最初は、すぐに戻れると思ってた。いや。こんな風に遠くにきちゃうなんて考えもせず。。やがて、自分の熱と重みで足元の氷も溶けて消えちゃう。。
ただ、白クマくんとものすごく違うのは、人間は、自ら氷を割っているということですよね。。
 そう。ほんとに、一人でどうにかできるわけないし、一人で意固地になってエアコン使わずくらしていたら、救急車にのって、沢山の人に迷惑かけてしまうにすぎない結果になります。。でも、どうでもいいや。だってしかたない。と思うのと、このままではいけないと意識して暮らすのは、とてつもなく異なることですよね。少なくとも、この先のスピードを減速できるかもしれない。。動物たちは、きっと知っているんですよね。しろちゃんも。知らないとは言いませんが、動物たちほど危機感のない(だって、人間だもん。文明の力でなんでも克服できるさと思っている。。)私たち。。ちょっと不便だったけど、今より断然過ごしやすく、暑さを楽しむことが出来た時代を今更恋しく思ったりします。あ。なんだか、余計なことたくさん。。すんごく長くなっちゃいました。。
ぷーちゃんのハゲは、かなり良くなってきました。アトムに比べると食欲がなく、ちょっと顔がやつれた?感じはありますが、相変わらず飛び回ってます。
今度メールで写真送ります(=^・^=)(=^・^=)
しろちゃん・kakoさん、身体こわさんようにしてくださいね。

No title

kakoboxさん、こんばんは♪

今回のお話も、心に響きました。
でも、今回のお話は、やっぱりズ~ンと響きました・・・。

温暖化の問題は、けっこう前から言われているけれど、
私もテレビの前では、「そうだよな・・・地球が悲鳴を上げてる」とか思いながら、それを止める様な何かをしているかと思うと、何も出来ていないな・・・と情けなくなります。

温暖化の問題を人間の側からの報道が、いつしか、そう言う動物や、地球に根付く命みんなの問題としての報道になってくれたことで、考える機会がより多くなった気がします。

白クマさんのお話し・・・本当に悲しいです。しろちゃんの「氷に乗ってどこに行くの?僕のお家ですか?」って言う言葉で、少し悲しみが癒えた気がします・・・。本当にしろちゃんの純粋な言葉と瞳には、癒されます。

下から2番目の写真、エビさんと遊んでグッスリなのかな~?お手手握って一緒に隣で眠りたい♪一番下のアンヨピーンしながら、キョトーンとしたお顔のしろちゃんもとってもカワイイです(*^。^*)

毎日30度超え・・・本当暑いですね。
あ、私もkakoboxさんの意見に激しく同意です~♪昔は、30度超えるのが自分の中で小さな事件で、夏休みの日記とかにも「今日は30度を超えた!」とか書いた覚えがあります!!

今日は、いつもより涼しく感じましたが、それでも29度でしたねー・・・この暑さ、じわじわ体調に影響を与えそうな感じですよね。kakoboxさんも、しろちゃんも体調気を付けて下さいね(^_^)/

にゃごさん、こんばんは♪

いや~ここ数日、避暑地に行ったように過ごしやすい東京です。

北極の白熊さん、そのまま次の誰かの命の綱のご飯になってしまったでしょうね。
アニマルプラネットに限らず、自然動物をありのままに取材する場合には、絶対に人間は手出しをしちゃいけないって、インターナショナルの法律があるんですよ。
にゃごさんが仰るように、生態系の一つってことでね。
喰うほうも喰われるほうも、命がけ、どちらもお腹の空いた子供が待ってるお母さんかもしれません。
ただ、北極の氷のカケラが小さく千切れてしまった件に関しては、人間の人為的な行為の結果なのですから、違いますね。
白熊さんの悲劇は、生態系とは関係のないことだもの。

要するに、カメラマンの姿勢は、戦場カメラマンと同じでしょう。
一つの命を助けるよりは、その命が奪われる写真を世界に観てもらうことで、戦争の悲劇を訴えるという手法ですね。
一つの命をその場に居るカメラマンが助けても、悲惨な戦争を防ぐ行為とはならないでしょ?

地球温暖化も、知らない日本人はいないよねってほどにっはなったと思います。
家電製品買いに行くとよくわかりますよね。
省エネタイプじゃないものがない!
ただ省エネ対策を施した家電製品でも、本当にそれが要るものかどうかってところ、考えなくちゃって思いませんか?
各家庭から一個ずつ家電製品を間引きしたら、原発使わずに済むように思います。

>>以前ウチから40kmくらい先の海岸にクジラがうちあげられましてね
地方版ニュースでやるんですよ
サーファーさんとか漁師さんとか出てきて…海に戻そうと頑張るんです

それ、ニュースで観たかもしれません。
大きすぎる生き物の悲劇ですが、海岸のある場所の行政は対処の方法を前もって考えておけばいいのにね~。
にゃごさん、県知事に電話して自衛隊を動かせって提言するなんて、すごいすごい、いや偉いですよ。
それこそが、民間の声です。
クジラさんが死んだことは悲しいですが、民意を伝えることで次回に生きる何かがあるかも…ですよね。
もう税金なんか払うもんかって思いましたね。
にゃごさんも、夏は30℃ですか、ホッとしたりして(笑)
私より上なんてことは絶対にないない!(笑)

プチ子ちゃん、暑くなると食べない派なんですね。
夜に、何とか丸一日分を食べてくれるといいのにね。
しろちゃんは、暑さ寒さであまり食欲の変わらない子のようです。
いつもの自分の量を、コツコツ時間をかけて食べてますよ~。

「日本一暑い町」、ミヤネ屋が取材に来なかったのかな(笑)
愛すべき愚かな人…それの典型のようなワタクシですが、今後ともよろしくね~。
コメント、ありがとうございますi-4

猫咲トマトさん、こんばんは♪

こちらこそ、暑中お見舞いもうしあげます。
そうそう、富山や金沢など日本海側の暑いことをニュースで知って、ちょっとビックリ。
感覚的には、冬寒い=夏過ごしやすいと思ってました。
猫咲トマトさんやmamiさんと知り合えて、天気予報も観る範囲が広がりました。
それって、なかなか楽しいことです♪
立山の雪がだいぶ溶けたってことは、残雪はきっちりあるってことですね。
すごいな~立山。
そうか、ぷーちゃんアトム君、猫咲トマトさん、雪のある山の向こうに居るんですね。

猫咲トマトさんの夏の思い出、いいですね~。
セピア色のフィルターをかけたステキな思い出ね~。
私のとは一味違った風情、絵に描いてみたいです。
猫咲トマトさんの記憶の中だけじゃ、もったいない。
みんなで共有したい昭和の思い出ですよね。
その時代は、ビデオじゃなくて8ミリカメラで、普通の家庭にはまずなかった。
リアルな映像を持ってる人は周囲にいませんよ~。

ホントホント、暑さで、病気じゃない人が死ぬなんてこと、なかったですよね。
やっぱり異常だわ、ここ何年も。
毎日のニュースで、今日は何人亡くなったかカウントしているもの。
アメリカの暗部の砂漠じゃないんだからねえ~。

>>夜店で毎年新しい麦わら帽子と寝ゴザと花火を買ってもらったっけ。

へえ~へえ~いいな~いい思い出ですねえ♪
そんな思い出を、子供にさせられなかった分、猫たちにさせてあげられたらね~。
想像でさせましょう♪
ぷーちゃん、アトム君、しろちゃん、3にゃんを連れて、夜店に行きましょう。
小さな麦わら帽子、被ったら、どんなにかわいいかな~。。。
かわいい丸いお手手で、線香花火を持って目を輝かせる3にゃんが、私には目に見える~~~♪
お面は何のお面を欲しがるのでしょう、ライオンかな、アンパンマンかな。
想像力あるって、すばらしいですよね~。

快適さを求める気持ちがこ発端だけど、エアコン冷房に関しては、ないと生きられないレベルですよね。
私もしろちゃんも、救急車に乗らぬよう、熱帯夜には夜中もずっとかけっぱなしです。
停電になったら、どうするんでしょ。

猫咲トマトさん、うまいこと言いますよね。
>>ただ、白クマくんとものすごく違うのは、人間は、自ら氷を割っているということですよね。。

そのとおり!!!
私や猫咲トマトさんも、小さく割ってますよね(泣)
だから、人間のやったこと、もう食い止められないのだから、意識しましょうよって思います。
国民半分が意識したら、全然違う国になってると思うんだけど…。

そうなのそうなの、動物達は、きっと知ってるんです。
ぷーちゃんだってアトム君だってしろちゃんだってね。

「ちょっと不便だったけど、今より断然過ごしやすく、暑さを楽しむことが出来た時代」
猫咲トマトさんの言うこの時代が、良い発展のピークだったのじゃないかと思ったりします。
昔を懐かしむのは年取った証拠って言われても、ホントのこと言って何が悪いのって思いますよね~。

ぷーちゃんのハゲ、回復傾向でよかったですね。
エアコンで乾燥するのがいいのかな。
なになに、ぷーちゃん、食欲なくてやつれちゃったのね。
そうです、たまには写真を送ってくださいな~。
猫咲トマトさんも、忙しいでしょう?
熟睡できてますか。
夏ですから、たっぷり食べて、元気に乗り切ってくださいね~。
コメント、ありがとうございますi-4

あいにゃーさん、こんばんは♪

あいにゃーさん、復活バンザ~~~イ♪
ホント、心配していましたよ~。

温暖化阻止は、個人レベルでは絶対に無理ですよ。
個人では無理なレベルにしちゃったんですね。
人間の文明の進歩は実に愚かですね。
でも戦後、一生懸命日本を立ち上げた人達のこと思うと、そんなことを言うのも憚られますね。
飢えた子をなくすことが先、国民総生産を増やすことが先って、本気で真剣に考えていたんですものね。

どうすることもできないけど、まったく気にしない人が居ないことを考えると、気にかけるだけで違うと思います。
企業でやるのは無理だけど、特に都市部で、各家庭のアンペア数を、自主的に一段階下げるといいのにね。
動物っていうくくりの中の猫ちゃんと暮らしていると、何が必要で何が要らないか、よくわかりますよね~。
何が毒で、何が危険かも、わかったりしますね。

白熊さんのお話も悲しいけど、アニマルプラネットで、干ばつで飢えたアフリカのチーターの子供とか、森林伐採で行く場のなくなったインド象の痩せた子供とか観ると、涙涙です。
しろちゃんと暮らす前には、そこまで思わなかった。
しろちゃんと暮らすことで、意識が多方面に向くようになった。
そういうことが大事と思うんです。
あいにゃーさんもよく書かれてますが、猫ちゃんに教えてもらうことっていっぱいあって、結構大事なことが多いですよね。

エビさんのケリぐるみ、蹴られすぎて、ハラワタが出ちゃった(笑)
一番下の写真、キョトーンとしてて、小さな白いオッサンで(笑)、なんとも言えないでしょ?
今にも言葉をしゃべりそう、今にも二本足で立って歩きそうです。

そうか、あいにゃーさんも、お若いけど同じ意見でしたか♪
そうそう、小学校の絵日記に、「今日は30度を超えた!」って、書きましたよ~。
事件だったもの。
高校生の頃は、夏のワンピースはサッカー生地でノースリーブが定番。
エアコン無しで乗り切るために、涼しげな服が当たり前でした。
今は、エアコン無しの部屋の中じゃ、死んでしまいますよね、人も猫ちゃんも。
外の風も熱風だもの。

15、16、17日と3日間は涼しかったですよね~。
明日からまた猛暑日だそうですよ。
真夏日じゃなくて、猛暑日!
なんだか怖いような地球の変化ですね。
あいにゃーさんも、どうか無理はしないで、ご自分の都合の良いときに、かわいいミルクちゃんのお顔を見せてくださいね~。
ブログ再開してくださって、本当にうれしかったです♪
コメント、ありがとうございますi-4


プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック