検査通院その①、チックンで泣いたのは僕じゃないです。

2012/10/06 Sat

IMG_1467_convert_20121006160622.jpg

「今日は曇ったり晴れたりで、とてもおもしろいお天気なのです。
鳩さんが3人も来て、街の様子をおしゃべりしてくれたのです。
ちょっとうらやましいようなお話もありましたけど、僕はお家の中で、のんのんと、ママに甘えて生きていることを、やっぱり最良の選択と思っているのです



ブログを更新しない間に、外はすっかり秋だ。
街路樹のケヤキの葉が、ところどころ色が茶系に変わっている。
この葉がすべて落ちる頃には、冷たく澄んだ美しい冬が来る。
冬の朝の、キーンと澄んだ大気の匂いが、
冬の夜の、神々しいまでに輝く月が、ひたすら待ち遠しい。

しろちゃんは、9月23日に病院に行った。
※腎臓の数値が崖っぷちなための半年に1回の血液検査、※腹壁ヘルニアの術後の経過観察のためが主目的だ。
ついでに、11月末の予定のワクチンも、早めに済ませてしまった。
定期的には半年に1回ではあるが、その間に、風邪だの虫刺されだのカサブタだの擦り傷だので、最低でも3ヶ月に1回は病院に行くことになる。

半年前の検査結果の記事→

IMG_8821_convert_20120326192144_convert_20121006160412.jpg

↑ 半年前の腎臓関係検査結果


IMG_1279_convert_20121006160507.jpg

↑ 今回の腎臓関係検査結果


微妙だけれど、まあまあ、変化無しということと判断している。
ギリギリの縁で、踏みとどまってくれている。
良かった良かった♪
戻らないと言われる腎臓の悪い数値を、手繰り寄せ引き戻し引き戻し、なんとかここまで来れたのは、
ただただ、しろちゃんの持つ力だ。
ご飯はロイヤルカナンのエクシジェントのみ。
週に1回のオヤツ、モンプチクリスピーキス小袋一個orモンプチスープ。
1日1回の、無添加鶏けずりのふりかけ。
これ以外は絶対に口にしない。
口にさせないのではなく、しろちゃんが自分で食べたがらないのだ。


IMG_1353_convert_20121006173647.jpg

「きびなごさんだったら、食べますよ。
きびなごさん、もう3年も、見たことがありませんけど…

きびなごさんは、食べなくともよいのです。


お外からやってきた最初の時点の、BUN尿素窒素、クレアチニンの検査結果は、今手元に見つからないけれど、まさに崖のあっち側。
その時点では、担当獣医さんも今とは違った。
その獣医さんは、「お外からやってくる猫ちゃんが、額に怪我をしているので、病院に連れて来た」という認識だったので、今後の指示など何もなかった。
もちろんその時点では未去勢だった。
「よかったですね、重篤な感染症もありませんよ。
腎臓の数値は悪いですが、1歳を過ぎた野良猫さんはみんなこんなものです。
怪我が治るまでは、お家の中で養生させてくださいね。」
と言われた言葉を、今もありありと覚えている。
しろちゃんはその「お家の中の養生」を境に、一生涯お外を歩かない猫ちゃんとなった。
パックリ割れた額を見て、私の中の愛情の泉は、一気に堰を切ったものらしい。
以上は過去話。



IMG_1299_convert_20121006160733.jpg

「なんですって?
額がパックリ割れた猫ちゃんがいたですって?
かわいそうに、ケンカでもして怪我をしたのでしょうね。
僕には考えられません。

そう昔、そんな白猫さんがいたのですって。


病院に行くたび、爪切りをしてもらっている。
しろちゃんのお腹の中には、腹壁ヘルニアの手術の際の永久保存糸があるため、胸やお腹をグイグイ押さえつけたり、肩を持ってビョーンと伸ばしたりしてはいけないことになっている。
病院で爪切りをしてもらうことが、私にとっては安心の種。
診察台の上のしろちゃんは、借りてきた猫そのもの。
ワナワナと震えて肉球に汗をかくだけで、何の抵抗も威嚇もしない。
そもそも、しろちゃんの「シャー、フーッ」を、私は一緒に暮らして以来、1回も聞いたことがない。
先生曰く、「シャー、フーッをまったくしない猫ちゃんもいるんです。
だからって平気なわけではなく、恐怖心を我慢しているだけなんです。」

私は、我慢しているしろちゃんのお尻を、両手で包み込むようにして、診察を見守るしかない。


IMG_1300_convert_20121006160754.jpg

「病院はやっぱり嫌いです。
チックンは痛いのです。
先生に触られると、お腹ジョッキンの時を思い出して、怖くてブルブル振るえちゃうのです。
しかたがないのです

チックンは注射、お腹ジョッキンは手術@我が家用語


病院の爪切りは、人間で言えばかなりな深爪だ。
どこまで血管が通っているか、完全に把握できる獣医さんだからこその「サービス深爪」と我が家では言っている。
帰宅後、ツルンツルンの指先に爪とぎもできないで、しろちゃんは戸惑っている。

しろちゃんのかかりつけの病院は、血液検査のため、受付であらかじめしろちゃんをキャリーごと預ける。
その後に診察があって、何事もなければ、血液検査結果の用紙だけが後日送付されてくるシステムだ。
日曜日とあって、そこそこ混んでおり、診察の順番を待合室のベンチで待つこととなった。
ワンワン、キャンキャン、ニャンニャン、ミューミュー。
診察を待つワンちゃん猫ちゃん達が、それぞれに不安な泣き声を交わしている。


IMG_1304_convert_20121006160834.jpg

「僕、アンヨにチックンの針が刺さるとき、あぁママ~…ってちょっと思っただけです。
泣いてなんか、いません

うんうん、しろちゃんは強い子だもの、泣いたりしないね。


「ミャッミャオーン」
ひときわ高い泣き声が、処置室のほうから聞こえた。
ママにはわかる、あれはまぎれもなくしろちゃんの声だ。
今、血液検査のための採血の針が刺さったのだろう。
血液検査は、血管の細い猫ちゃんには相当痛いものと聞いた。
「しろちゃん、我慢我慢。」
届きはしないが、声に出して言ってみる。

人生には、「プラスマイナス自浄作用」というものがあるそうだ。
人間の子の母親にはなったことはないけれど、今、しろちゃんの母親になることによって、私は自浄されているのだろう。
良いことも悪いことも喜びも悲しみも、この子から学びこの子から得、この子とともに私は成長するのだろう。
ペットという概念は、私の中にはまったく無い!
バカな親にならぬよう、賢明な親であれるよう、ブログは私としろちゃんの成長の証だ。
バカな人にならぬよう、賢明な人であれるよう、しろちゃんは今日も、あどけない瞳で私を導く。


通院のお話は次回に続きます。
猫友さんへのご訪問が遅れていて、本当にごめんなさい。
体調の良し悪しもそうだけれど、人間には、誹謗中傷という悪しき面があります。
ネット上の情報の取捨選択は、ここを訪れてくださる賢明な皆さんの賢明なご判断にお任せします。
忌憚のないコメントをどうぞ書いてください。



IMG_1323_convert_20121006160854.jpg

「どうやらママは、レベッカのあのお歌を忘れてしまったようなので、
僕がママに、あのお歌を歌ってあげましょう。
♪だけど明日は、きっといいこと
あると信じて、生きてたいの Maybe tomorrow♪

ママ、明日を期待しない猫ちゃんなんて、どこにもいないのです。
どんな猫ちゃんにも、いいことのある明日は必ず来るのです。
そしてママは、猫ちゃんのママだってこと、忘れちゃいけません



参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*
ビクの気まま生活のビクママさんが保護された兄弟子猫ちゃん、2にゃんの里親さん、募集しています

2012080712564078b_convert_20120820200717.jpg

↑ ビクママ家ですくすく元気に育っています。
詳細は直接ビクママさんに聞いてください。
ママのいない赤ちゃん猫のために、どうぞよろしくお願いします。
∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

しろちゃん エライ

しろちゃん チックン頑張りましたね。エライ エライ。ママさん、何かお辛いのでしょうか…世の中自分以外は全て考えの違う他人です。どうぞお気になさらぬように。私はママさん、しろちゃんが大好きですよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

しろちゃんを思う気持ちが
毎回痛いほどヒシヒシと伝わってきます。。

血液検査の結果、ギリギリの崖っぷちでも踏みとどまってくれていて良かったです。。
ママの努力が報われますね。。

大事なしろちゃんとの日々が、穏やかにお二人の上を流れていきますように。。

何か嫌なコメントでも入りましたか??
いろんな人がおいでます、あまり気にしないでね。。

No title

しろちゃんが声を出したのは、「注射、どんとこい!」っていう
かけ声だったのですよね(^^)
気合い十分、さすが男の子。
検査数値もギリギリだろうが治まっていてなにより。
現状維持は簡単なようで難しい。
しろちゃん、よく頑張りました!

忌憚だなんてまた難しい単語を。。。
みんなもっとシンプルにいられたらいいのにな~。

No title

おはようございます。
世の中には、いろいろな考えを持ち行動する人がいます。
例え自分の意見と異なっていたとしても
発言を禁じて、行動を起こしてもいけないとなってしまうと
どこぞの独裁国家の管理体制と同じです。
気に入らない事は発言するなでは、まるで言論統制ですよね。

反響が大きかった今回の件で様々な意見が現場にも
寄せられていることでしょう。
応援、苦言、アドバイスいろいろあると思います。
現に広報スタッフさんは、そういった要望を拾って
毎日ブログで現地の様子を発信しています。

何を書かれたのか存じませんが、感情論や暴言ならば、お手上げですが
遠方で支援する者に対する誹謗中傷の類ではなく
建設的な意見や論理的な反論になら答える事も出来ましょう。

こんにちは

しろちゃんの検査結果が あまり心配ないものでよかったですね ふふ 
チックンも嫌だったねぇ~
クリスピーキッスも おやつで食べてるんですね
我が家も一緒ですって 週二一回どころか毎日あげちゃってます トホホ
おウチの中での養生が ずっと続いてるって 
もうしろちゃんのおウチだもんねぇ~
でも家族になった時の思い出ですね\(//∇//)\
病院ではチャチャは注射でグルグル 
タイガは看護婦さんにデレデレ~だったんですが
去勢の日は 怖かったみたいで
しょんぼりしてました 少しかわいそかったですね・・・
採血の注射にはタイガは無反応 チャチャは泣きわめいていました・・・
しろちゃんは我慢する子なんですね いじらしい子です
爪切りも病院でしてもらうほうが安心できれいにしてくれるでしょうね・・・
我が家では人用の爪切りでジョッキン!
子猫の頃チャチャの爪を切りすぎて流血騒動がありました・・・
今ではすっかり慣れましたけどね
誹謗中傷コメント みなさんの意見ですからね
私も 受け止めていきたいと思っています
寒くなってきましたから お体には一層 お気を付けて♪ 

No title

しろちゃん、頑張ってますね。
ギリギリでも踏みとどまるって
いうのは大変なことですものね。
しろちゃんママには心配かけまいと
一生懸命なんでしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは。

しろちゃん痛かったでしょ。
そろそろパンもワクチンですよ。肉球がしっとり緊張しちゃうのがわかります。
ビクもワクチンの時は「シャー」って言います。


No title

しろちゃん、キビナゴさん好きなのですね。
うちもつくねも鰹節が大好きだったけれど、
尿結晶になってから禁止になってしまいました。
男の子の尿結晶は痛いみたいだから、しろちゃんも我慢かな。
辛抱と我慢は“似て非なるもの”だけれどね。

医者から止められているのにビールを飲んでいる自分が言ってもと
思うけれど、経験者の意見は聞いておいて損はないですよ。

うちでは爪切りをしていません。
タワーやキャットウォークから落ちそうになることがあるので。
それに、爪を出すこともないというので。(つくねを除く。)

しろちゃんは怖いのを我慢しているのですか。
猫風邪が早くよくなりますように。
先生によっても言うことが違ったりしますね。
本当に信頼できる先生にたどり着くまでに
どれほどの我慢が必要になるのでしょうか。

診察室から別の動物であっても、動物たちの苦しみと一緒に暮らし、
病院へ連れてきた家族の気持ちを思うと、悲痛な鳴き声が聞こえてくるたび
涙が出そうになります。

誹謗中傷、面倒なこの世にはたくさんありますね・・・。
濡れ衣を着せられたり、因縁付けられたり、身の覚えのないことを言われたり。
めんどくさい世の中です。

No title

コメントのお返事、大変遅くなりました。
しろちゃんは、一端キャリーに入ってしまえば、本当に良い子で診察を受けてくれるんですよ~。
威嚇する子ではなく、怯える子なのでしょうね。

ミーコさんの仰るように、考え方の違いと思えばいいのですよね。
訪れる猫友さん達に優しく励まされて、本当に助かってます。
私やしろちゃんのこと、大好きって言ってくださって、ありがとう♪
これからもしろちゃんを見に来てくださいね~。
コメント、ありがとうございますi-41
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック