里子に出したカブトムシとのさよならに泣いたママ。

2012/09/21 Fri

IMG_0800_convert_20120921180653.jpg

「みなさん、一昨日はカミナリで、ピカピカ怖かったですね。
今日はトンボさんが、たくさんたくさん僕に会いに来たのです。
誰が誰だか、見分けがつかないのですが、みんな「トンボさん」って名前のお友達なのです



トンボの群れが、ケヤキの木の上を乱舞していた。
残暑はあるものの、すっかり秋だ。
トンボ(アキアカネ)は、時と場合によって異常発生することがあるそうだ。
たまたま異常発生したトンボが、しろちゃんに会いに来たのかもしれない。


前回の、悲しいお話、SOS 北海道北見 飼育放棄の47匹の猫たちに、コメントをたくさん頂いた。
初コメントの方もいらっしゃって、それなりの反響のあったことに、書いてよかったと思っている。
アクセスログを見ても、数が急に増えていた。
こういうことは、反響がなければ意味がない。
コメントを書いてくださっても読んだだけであっても、猫友さんの知り合い=自分に近い場所でこんな悲劇が起きているということを、伝えた意義はあったと思う。
自分に近い場所だったからこそ、私は切なく悲しい気持ちでいっぱいなのだけど。


IMG_0805_convert_20120921180723.jpg

「寒い季節の来る前に助かって、本当によかったですね。
北海道の冬は、どれだけ寒いことでしょう。
冷蔵庫の冷凍室くらいですか?



個々の猫ちゃんの写真もアップされたので、随時HPを見てください。
この子達が「K」のもとにあった時、生き抜くためにどれだけの競争をしてきたか、一人ひとりのお顔を見て、思い遣ってあげて欲しい。
「がんばったね」と、声をかけてあげて欲しい。


banner_s_kitami47cats.jpg
"北海道北見飼育放棄の47匹の猫たち""

↑ クリックすれば、HPに飛びます。



あなたの猫ちゃんは、十分に選ばれた食事を過不足なく食べて、食べられなかったなんて悲しい夜は、決してないことと思う。
食べるために、子猫を踏みつけにして争うなんてこともなかったと思う。
野良猫ではないのだ。
完全室内飼いの猫ちゃん達なのだ。
自分で食べ物を探しにゆくことなんて、できない子達だったのだ。
こんな悲しいことがあって、いいものか(泣)
赤ちゃん猫を食べた…くらいなことはあったかもしれない。
赤ちゃん猫は、どんどん生まれてきたにも関わらず、育つことは稀なのだから。


IMG_0806_convert_20120921180741.jpg

「どういうことですか?
赤ちゃんは食べられちゃったのですか?
まさかあ、そんなことはないでしょう

そうそう、そんなことはありませんよ


辛く悲しいお話ばかりでもなんなので…

お盆の頃の記事の、
お馬に乗ってやってきたカブトムシ
数日前に里子に出した。
一人きりで冬を越すのはかわいそうとの思いから、カブトムシを飼っているお孫さんのいる出入りのモップ屋さんに、里子に出すことに決めてあった。
いざ、お願いしようとしたら、そのお孫さんのカブトムシも一人きりだったそうで、お孫さんの通う幼稚園で飼うカブトムシ達の仲間に入れたのだそうである。
結局、我が家のカブトムシも、幼稚園のカブトムシ達のところへ、仲間に入れてもらうこととなった。
今頃は、大勢のお仲間と一緒に、楽しい時間を過ごしていることだろう。


IMG_0817_convert_20120921180846.jpg

↑ 一緒に持たせたカブトムシの餌


いつでも自由に飛んでゆけるよう、玄関の外に蓋無しで出してあったこともあって、私はお昼に水を撒き、水と餌を与えるだけのことだった。
ジップロックの袋を手にして、いざカブトムシを入れようとしたら、藁の馬にしがみついて離れない。
トゲのような突起のある足を引き離しつつ、私にはためらいが生じた。
このカブトムシにも、気持ちはあるのかも…と。

それでも、どうしたって一人で冬を越すことは、意味もなく死ぬだけだ。
心を鬼にして、少し入り口を開けたままのジップロックに入れた。
不覚にも、涙が溢れてきた。
「やっぱり少しの間でも飼ったのだから、寂しいでしょ?」と、モップ屋さんが声をかけてくれた。
「よろしくお願いします。」と餌とカブトムシを渡し、玄関を入ると、涙が頬を伝った。


IMG_0776_convert_20120921180919.jpg

「カブトムシさん、幼稚園に里子に行ったのです。
でも、どの子がその子か、わからなくなると、モップのおじちゃんは言ってました



腐葉土の上に水を撒いて、入れ物に水を満たし、餌を置くだけだった。
たったそれだけのお世話だった。
「一寸の虫にも五分の魂」
いにしえの賢人の言葉が、頭をよぎる。
あのカブトムシの今後の幸せを、ただただ祈ろう。


IMG_0777_convert_20120921180937.jpg

「なので、結局、
ママは僕一人だけのママに、戻ったんです。
うふふっ



皆様、たくさんのコメントありがとうございます。
お返事が遅れていますが、全てのコメントに必ずお返事させていただきます。
ちょっと待ってやってください。
ごめんなさい。


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*
ビクの気まま生活のビクママさんが保護された兄弟子猫ちゃん、2にゃんの里親さん、募集しています

2012080712564078b_convert_20120820200717.jpg

↑ ビクママ家ですくすく元気に育っています。
詳細は直接ビクママさんに聞いてください。
ママのいない赤ちゃん猫のために、どうぞよろしくお願いします。
∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

カブトムシでも惜別の念で涙するのに
北見の事件は、可哀想で胸が潰れそうになります。。
遅くなりましたが、今日のブログでリンクを貼りました。。
少しでも協力できて
啓蒙できたらと思います。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

kakoboxさんこんばんは♪
カブトムシさんは、たくさんの仲間たちの所へ行ったのですね。
お別れは寂しいけれど、今頃「ここは楽しいな」って
そう思ってくれていたら良いですね。
北海道北見の猫たち・・、思うと悲しくなります。
きっととても辛い日々で・・・。
どうかこれから、いっぱいいっぱい幸せ感じられますように。

しろちゃんへ
お医者さんが出す薬よりも何よりも、しろちゃんがママの1番のお薬だよね。
きっとしろちゃんは、ママが元気になる方法を知っていると思うから
ママのこと任せましたよ、頑張れしろちゃん♪
そして病気に負けるなkakoboxさん(^-^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

kakoboxさん、こんばんは。
お加減はいかがですか??

今回の猫ちゃんたちの記事・・・本当に悲しいことです。
どうか・・・どうか、これ以上悲しい命の連鎖が起きないよう、祈るばかりです・・・。そして、保護された子たちが、安らぎと幸せを少しでも感じることが出来る様、お祈りしたいです。

カブトムシさんのお話しに、涙がじんわり、でも、心が暖かくなる感じもじんわり伝わってきました。新しいお家でも、きっとkakoboxさんの母性と、しろちゃんというお兄ちゃんの優しさで、きっとたくましく生きてくれると思います(^_^)/

kakoboxさん、kakoboxさんは、とても優しい方です。だからきっと、他の方(猫ちゃんも)のダメージも、一緒に受け取ってしまうのだと思います。そのダメージを、しろちゃんが一番初めにわかって、癒してくれるとは思いますが、きっと、ここにいらしている猫友さんや、猫友さんのお家の猫ちゃんも、kakoboxさんのダメージを癒してくれ、応援していますよー♪

もちろん、ミルクも私もです(*^_^*)
ご無理なさらないで、少しでもお体と心の辛さがなくなりますよう、引き続きミルクとお祈りしています(^_^)/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

のん福レオちゃんのお母さん、こんばんは♪

コメントのお返事、大変遅くなりました。
ごめんなさいね。

カブトムシって別に好きでもなかったのですが、毎日お世話をすると、心が移るものですね。
北見の件は、1年以上も見ていて、通報しなかったことが本当に悔やまれます。
通報した方もいらっしゃったようですが、受け止めてもらえなかったようですよ。
実は他にも、危ない多頭飼いブログがあるのですよ~。

mamiさんのところまでリンクを張っていただいて、本当にありがとうございあす。
SOSは、個人から保護団体へと大人の事情で姿を変えましたが、猫ちゃん達には何の関係もないこと。
すべての子に、適切な治療と暖かいお家へ迎えられることを願ってやみません。

コメント、ありがとうございますi-260

pigumiiさん、こんばんは♪

コメントのお返事、大変遅くなりました。
ごめんなさいね。

そうなんです。
カブトムシさんは、幼稚園で今頃はみんなのアイドルになっていることと思います。
冬を、愛する家族と友に過ごせるといいと思います。
一寸の虫にも五分の魂ですね、なかなか指から離れようとはしないのですよ(泣)

北海道北見の猫たち、1年以上前から見てましたけど、ほとんどの子が避妊去勢をされず、2DKの家で過ごしていたのですよ!
保健所から引き出して、あげくの果てには、保健所に持ち込み!
ひどい話ですよね。
適切な飼育環境のもと、元気と健康を取り戻し、おのおの暖かいご家庭に引き取られることを願うばかりです。

pigumiiさんへ。
僕は毎日毎日、ママのそばでじっと静かにして見守っています。
あまり遊べないけど、僕はママがそばにいれば、それでいいんです。
僕の暖かい身体に触れるだけで、ママはなんだって頑張れるそうなんです。

うみちゃん、少しは太れたかな。あとでコメントしに伺いますね。
ご心配感謝します。
コメント、ありがとうございますi-260

あいにゃーさん、こんばんは♪

あいにゃーさんにも、記事に賛同いただけて、ありがたく思ってます。
今は、適正な保護環境下、医療も順にうけられるようになってきたようです。
幸せなお家の猫ちゃんとして、もらわれてゆくことを願うばかりです。
大人の事情でSOSのHPは閉鎖ですが、保護ブログは生きてますよ。
一時期は70匹もの猫ちゃんを、2DKのアパートで、去勢避妊もせずに飼育していたのです。
増えて当たり前ですね。
赤ちゃんの写真をよく載せて、注目されたい願望の強い女性だったんです。
幸せ芝居ですね。

カブトムシさん、お互いに涙のお別れだったと私は信じています。
でもね、大勢のお仲間とともに、毎日幼稚園児に話しかけられ、きっと幸せになったことと思います。
私も、しろちゃんと出会えたことで、母性ってものが自分に目覚めたのかしら(笑)
カブトムシさん、どうしても指にしがみついて離れなかったのですよ(泣)

私を優しいって言ってくださるのなら、しろちゃんのおかげと言っておきます。
しろちゃんが、呼び覚ます私の優しさなんだと思います。
しろちゃん以外の猫ちゃんへ、気持ちを傾けることができるのも、しろちゃんのおかげ。
きっとしろちゃんが、「ママ、他の猫ちゃんのことにも気づいてあげて」と、私を誘っているのではないでしょうか。

猫友さん達には、皆さんに、本当に感謝しています。
会ったこともないのに、たくさんの優しさと励ましと癒しを、いつもいつも私にわけてくださいます。
リアルな友達よも、かけがえのない猫友さんです。
ブログも更新していないのに、言葉をかけていただいて、涙が出そうです。

ミルクちゃんにも、もうじき会いに行き、コメントさせていただきますね。
こうして、猫友さんとコメントを交わすだけで、現実の厳しさを離れ心安らぐことができます。
コメント、ありがとうございますi-260


プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック