滅多にない事は永遠にない事ではない、「南海トラフ巨大地震の被害想定」

2012/08/31 Fri

IMG_0945_convert_20120831181040.jpg

「蝉さんが、たくさんたくさん鳴いているのです。
きれいなお声に、僕には聞こえます。
もう夏も終わってしまいそうなので、みんな急いで土から出てきて、立派な蝉さんに羽化したのでしょう。
順番なんて待っていられないので、ケヤキの木は夏の蝉さんで満員なのです。
7年も眠っていた蝉さん、7日しかお外で生きられないって、本当ですか?



真夏に鳴くような蝉の声が、街路樹のけやきから、かまびすしい。
雨の降らない夏だったとあって、東京都では水不足が危惧されているそうだ。
29日には、度肝を抜かれるような、「南海トラフ巨大地震の被害想定」が出た。
死者数は最大で32万人超え。。。
もちろんこれは、最悪の事態に至った場合の想定で、一番悪い結果なわけであり、想定どおりの不安に怯えて暮らすこともないわけだ。
だけど、私達は去年の東日本大震災で、最悪の事態、一番悪い結果って、本当に出るものだということを知った。
滅多にないことって、永遠に決してないこととは全く違うということを知った。
永遠に決して起こらないことって、いったいなんだろうと、私は日常に探すような気持ちだ。


IMG_0943_convert_20120831181125.jpg

「テレビのニュースさん、怖いニュースをママに聞かせないでください。
ママは、僕が来てから怖がりになってしまったそうなんです。
僕が来る前には、台風が来ようが地震があろうが、へとも思わないママだったそうです。
吹けよ風、呼べよ嵐とROCKな気持ちで生きてたママが、今じゃ浪花節のように涙もろいママなのです。」

「吹けよ風、呼べよ嵐」でピーンと来た方、ご一報ください。


都内、特にしろちゃんの住まう地区では、津波や地震の直接の被害を被ることはまずないだろうと思わる。
建物が傾く、火事が類焼する…ということがあるにしても…だ。
情報伝達の問題、流通の滞る問題のほうが、重大なようだ。
「最低1週間分の備蓄を」と、ニュースでも盛んに呼びかけていた。

「最低1週間分の備蓄、最低1週間分の備蓄」と、念仏のように唱えながら、夜中に急にパソコンを開けて、猫用品のネットショップをグルグル巡る。
フード、お水、猫砂を半年分買い物かごに物を入れ始めたワタクシ。
ソフトケージを買おうとして、ハードケージを持っていることにふと気づく。
篭城ならば、やはり大きなハードケージを出すほうがいいだろう。


IMG_0940_convert_20120831181250.jpg

「篭城って言葉、ママ好きですねえ。
立てこもるということですね。
避難所には行かないで、僕とお家から出ないということですね?
たとえ傾いても、斜めのまんまで寝んねするということですね?
丸くなれば、どこでも眠れるのです。
僕に任せなさい、心配いらないのです



余談だが、
このハードケージに関して、去年の震災よりも前に、関西の保護猫さんのために貸し出す約束を交わしていた。
しろちゃんには1回も使ったことがなく、おそらく今後も使うことがないだろうとの目論見で、困っている方に無期限で貸し出す約束をしていた。
そこに、どんな猫ちゃんが入るのかまで、写真で見て知っていた。
そしてあの東日本大震災があって、勝手ながらその約束を取り消させていただいた。
震災があって、急にわが身のことしか考えられなくなった自分の狭量さ。
震災があって、急にわが子一身の大事しか、考えられなくなった身勝手さ。
本当に申し訳なかったと、そのことは今でも心の傷である。


IMG_0947_convert_20120831190801.jpg

「僕のママに、ケージを貸し出す勇気がなくて、ごめんなさい。
僕が使うかもしれないって、ママは心配になっちゃったらしいです。
本当にごめんなさい



最低1週間分の備蓄と言っても、しろちゃんの場合、2キロのフードを一袋買っただけで1ヶ月の備蓄ということになる。
猫砂の5L2袋もあれば、非常事態ゆえ全取替えはしないこととすれば、1ヶ月は十分持つ。
しろちゃんの場合、桶で飲むのだが、お水だって2Lのボトルが10本もあれば済む。
しろちゃんの避難リュックは常に用意してある。
記事はこちら→
その他に備蓄を買えばいいのだなと、夜明けの東の空を横目に眺めつつネットショッピングにせいをだす。
玄関のドアを開けたら、誰にもわかる場所に張り紙をしておこう。
フードはここ、砂はここ、お水はここ、ケージはここ…。
私の代わりに誰かが、しろちゃんのライフラインだけは見つけられるよう。


IMG_0942_convert_20120831181145.jpg

「ん~どうでしょう。
ママの代わりに誰かが…ってどういうことでしょう。
僕にママが、助けられないとでも?
僕は今、人工呼吸を習っているのです。
お布団フミフミは、その練習です

猫用AEDの開発ははまだか。


ん?
私は?
いざとなったら、しろちゃん、ママにカリカリを分けてください。
お水も分けてください。
猫トイレも使わせてください。
それで当面なんとかなるだろう。
私が何かの下敷きになったら、大きなお声で「ママはここー!」と、誰かに知らせてください。
…しろちゃんにお願いする、暗いニュースのあった日であった。


別件で慌しく、みなさんのブログの訪問&ポチが滞ってごめんなさい。
今夜にでも、楽しみにうかがわせて頂きます。



IMG_0941_convert_20120831181206.jpg

「ママったら、地震関係の予想には、いつも驚かされてしまいますね。
かわいそうに、去年の地震がよほど怖かったのですね。
僕だって、最初揺れたときには泣くほど怖かったですが、ママが飛んできて、ベッドの下から僕を引きずり出してからは、なんだか甘い思い出なのです。
ベッドの中で、何時間も何時間も、僕をお布団にグルグルに包んで抱っこしていたでしょう?
フワフワのお布団と、ママの匂いと子守歌…。
去年の地震で、悲しい目に遭った猫ちゃんに、どうか暖かい愛の手を。
虹の橋を渡った猫ちゃんに、たくさんのお星様からの贈り物を。
愛しい猫ちゃんとはぐれたママ達には、お月様が導いて、再びの出会いを。
僕は毎晩たくさんお祈りしています。
君たちのことは忘れません。



参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*
ビクの気まま生活のビクママさんが保護された兄弟子猫ちゃん、2にゃんの里親さん、募集しています

2012080712564078b_convert_20120820200717.jpg

↑ ビクママ家ですくすく元気に育っています。
詳細は直接ビクママさんに聞いてください。
ママのいない赤ちゃん猫のために、どうぞよろしくお願いします。
∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

kakoboxさん、こんばんは♪

私も中々パソコンの前に座っている時間がなくて、読んでポチするだけで、スミマセン。暑いからなのか、体がグッタリしてて・・・。でも、夜中は、ぐっすり眠れています♪ミルクは、エアコンの風が直接当たらない机の下のマットの上で、寝ています(*^。^*)

南海トラフ地震の想定・・・本当に恐ろしくなってしまいますね・・・。我が家も水の被害は、ほとんどないと思いますが、家が古いので多分傾くでしょう・・・傾くだけならいいけれど・・・・。その時、ミルクの小さい体が、どこかに挟まってしまわないかと、上から落ちて来たものに当たらないように・・・と、棚や部屋を色々と変えました。

私もフードとねこ砂は、少し多めに買ってありますが、ねこ砂と一緒に、新聞紙も一緒に置いてあります。いざとなったら、新聞紙をちぎって、ミルクのトイレにしてもいいし、暖も取れるし・・・と思って。

ケージの貸し出しの件・・・kakoboxさん、気になさらないでください!・・・って言っても、気になってしまうと思うけれど・・・。

kakoboxさんが、しろちゃんに対してはもちろん、お友達の猫ちゃん、そして、たくさんの猫ちゃんのことを考えていらっしゃる、猫ちゃんがお好きでいらっしゃることは、ここにいらしている皆さん、充分知っていらっしゃると思います(^_^)/
もちろん、私も。

kakoboxさんにとって、しろちゃんは家族。大事な一人息子です。その子のことを一番に考えるのは、当然のことです。そして、そういう自分の猫ちゃんを大事に思うこと・・・一人一人がご自分のお家の猫ちゃんを大事にすること・・・・色んな境遇の猫ちゃんのことを考えること・・・だんだんつながっていく考えだと思います(^_^)/

生意気言ってスミマセン。うまく伝わらないかもしれませんが・・・kakoboxさんの猫ちゃんへの優しい気持ち、きっと暖かいつながりとなっていくって、思います!

しろちゃんの人工呼吸の練習・・・・頼もしい限りですね。しろちゃんは賢い子だから、きっとkakoboxさんのピンチには、一番に駆けつけて、助けてくれます(=^・・^=)きっと、しろちゃんの肉球に反応して、ママもピンチでも気力がみなぎって来るんじゃないかな~?

しろちゃん、色んな猫ちゃんへのお祈り・・・ミルクと私にも一緒にさせてね・・・。しろちゃんのママは、頼りになる愛情にあふれたママだよ~♪・・・って、しろちゃんが一番わかってるね(=^・・^=)

暑い日がまだまだ続いていますが、kakoboxさんもしろちゃんも、しろパパさんも、体調に気を付けて下さいね(*^_^*)

No title

「吹けよ風、呼べよ嵐」、知ってますよ~笑

愛しい守りたいものができると
人間は急に臆病になり不安になるものですよね。。
自分が死んでもこの仔達だけでも生き延びて欲しいと思います。。
でも、私以上にこの仔達を愛してくれる人がいるでしょうか。。
だから、頑張って生きていきます。。
心折れそうになる時もあるのですが
自分たちの命に真摯な猫ちゃん達に励まされてです。。

南海トラフでどうしようもなくなったら
しろちゃんを連れて、こちらへ避難してくださいね。。

No title

もちろん、ピンク・フロイド、ですよね。

私は、エコーズが大好きです。

うちも津波の心配をする必要がないのが不幸中の幸いですが、
30年以内に起こる確率が88%、って、もう確実に来るのと同じです。

やれやれ、です。

あいにゃーさん、こんばんは♪

コメントのお返事遅くなりました。

暑い日々、お仕事に行かれるあいにゃーさん、本当にご苦労様です。
暑いから身体がグッタリって、やはりある意味夏バテしてるんですよね。
暑さで余計なエネルギーを消耗しているのでしょう。
いっぱい食べてますか?
夜中はぐっすりならば、きっと大丈夫ね♪

しろちゃんも、エアコンは必要なものの、風のあたらない場所に移動して眠っています。
起きると隣に居ないことがあって、ガッカリ。

南海トラフ地震の想定、聞かせてどうする?って思っちゃいました。
一市民に、万全の備えなんてできるわけがないし、不安が増すだけですよね。
隣近所にどのような人がいて、誰が誰を助けるか、前もって想定しておくとよいなんて、解説員が言ってましたが、賃貸マンションでは絶対無理。
まったく交流なんてないですもん。
お互い全く知りません。

お家が傾く程度なら、ミルクちゃんは必ずどこか狭い場所に隠れてくれるでしょう。
ガラスが割れるってことも心配したほうがいいのではないでしょうか。
我が家では、網戸がないので、しろちゃんを置いて出かける際には、二重窓を閉め、カーテンを閉めるようにしています。

新聞紙ね~言われて初めて気づきました。
昔は新聞紙トイレを使うこともあったそうですものね。
我が家は新聞を取ってません(泣)
毛布やブランケットなどの布類を溜め込むしかないですね。

ケージの貸し出しの件ですが、本当にいまだに申し訳ない気持ちでいっぱいなんです。
たくさんの路上の猫ちゃんを保護された方が、「貸してもらえて良かった」と安堵してくださったのに、希望に添えなかったのですから。
まさに荷造りする段階で、東日本大地震があったのです。
去年は、震度3以上の余震が長らく続いたでしょう?
怖くなっちゃったんですよね。

あいにゃーさんが励ましてくださったように、まず自分の猫ちゃんのことを大事にしなければ、他の猫ちゃんを大事にすることはできませんよね。
>自分の猫ちゃんを大事に思うこと・・・一人一人がご自分のお家の猫ちゃんを大事にすること・・・・色んな境遇の猫ちゃんのことを考えること・・・だんだんつながっていく考えだと思います(^_^)/
↑ あいにゃーさん、優しい励ましと慰めをありがとうございました。

ミルクちゃんはしませんか?人工呼吸の練習。
しろちゃんがいることで、ピンチの時にも、火事場のバカ力が出ると思うのです。
すでに、しろちゃんと暮らし始めてから、風邪で寝込んだこともありませんもの。

去年の震災の被害に遭った人、猫ちゃんに、ミルクちゃんとあいにゃーさんも一緒にお祈り、ありがとうございます。
駆けつけることはできない状態ですが、せめて起きたことを忘れないことが、私達にできる最良の祈りかと思ってます。
悲しいことも辛いことも、日本のみんなが知っていると、気持ちだけ届けて差し上げたいです。
そうですよね?
猫ブログの皆さんだって、悲しい猫ちゃんの姿やママさんの姿を見なかった人は居ないと思うのです。
心、痛めなかった人は居ないと思うのです。
募金、支援をしなかった方なんていないと思うのです。

あいにゃーさんはお仕事の環境が変わって、ストレスもあるかもしれませんけど、いつもかげながら応援しています。
かわいいミルクちゃんの待つお家に、毎日早く帰れるといいですね。
コメント、ありがとうございますi-18

のん福レオちゃんのお母さん、こんばんは♪

コメントのお返事遅くなりました。
なんとーmamiさんが「吹けよ風、呼べよ嵐」ご存知とは、すごく意外でした。
ピンクフロイドですよー間違いないですか?
さすが、同年代♪

>愛しい守りたいものができると
人間は急に臆病になり不安になるものですよね。。
↑ 私の変化は正常なのですね。
守るために強くもなりましたが、天変地異や異常事態には、臆病になり、怖くてたまりません。
その怖さは、どうやって守ろうかということと、平穏な日々が続いてほしい願いのせいでしょう。

>でも、私以上にこの仔達を愛してくれる人がいるでしょうか。。
だから、頑張って生きていきます。。
心折れそうになる時もあるのですが
自分たちの命に真摯な猫ちゃん達に励まされてです。。
↑ 読んで、涙が出てしまいました。
そうなんです。
しろちゃんだけ助かれば、どこかの誰かがもらってくれるかもしれないと思うものの、私以上にこの子を愛してくれる人がいるものか!という想いです。
どんな恵まれた環境に暮らすことになるとしても…です。
猫ちゃんは、時間が経てば忘れてしまうかもしれませんが、その時間の間に、ママはどこ?と、悲しい涙を流させることだえ、想像すると辛いです。
この自分勝手な愛こそ、動物と暮らすことの愛情の特徴かもしれませんね。

いつも私のこと、気遣っていただいて、ありがとうございます。
本当に心強くありがたい気持ちでいっぱいです(泣)
がんばらなくちゃです♪
コメント、ありがとうございますi-19

リアノンさん、こんばんは♪

おおーリアノンさんも♪
もちろん、ピンク・フロイドですよ~。
反応が誰からもないと思ってました。
ピンク・フロイドの邦題のつけ方は、いまになって思えば、斬新。
リアノンさんはエコーズがお好きですか。
比較的新しいほうのピンク・フロイドですね。
私は、
「The Dark Side Of The Moon」
「Wish You Were Here」
この二つのアルバムに、衝撃を受け、今も受けっぱなしです。
このジャンルで、これを超えるものは、今のところ、お目にかかったことがない。
誤解を招く言葉ですが、音でトリップって、あるんですよね。

リアノンさんのところも、津波のご心配がないことは良かったですね。
30年以内に起こる確率が88%ということは、確率的に1年以内も100年以内もなんら変わらないわけで…。
正直なデータを国民に開示することは良いことですが、そのデータは実はもっと以前から懸念され隠蔽されていたことでしょうから、日本各地の原発は今さらどうしてくれるんだ!ということですね。
32万の死者で済まない話です。
コメント、ありがとうございますi-19

No title

「吹けよ風、呼べよ嵐」わかりませんでした~。
でも、「嵐」で思い出したのは、石原裕次郎の「嵐を呼ぶ男」でした。(笑)

ROCKで生きてきたママも、しろちゃんという愛をしって怖さを知ってしまったのですね。
私は逆で、失う事が怖くて生きてきたんですが、乙女さんに会って強さを知りました。
愛というのは本当に紙一重ですね~。

kakoboxさんはキチンと準備しているんですね。
いつもいつも感心するとともに、勉強もさせて頂いています。
kakoboxさんはハードゲージを持っているんですね。
私は今年の春くらいにソフトゲージを買いました。
最悪、お外の生活になったら乙女さんの空間だけは確保しようと思っています。

猫用AED。
ちゃんと毛の上からでも電気が通るように開発してもらいたいです。
私としては猫用の防塵マスクも欲しいくらい。(笑)
ウチの地域は液状化と火災が怖いから、もし火災が起きた時に
猫用のマスクが欲しいのです。
こうやって話していくと、猫に必要なものってけっこうありますね~。

いつか来るものであるなら、せめて乙女さんが猫生を全うしたあとにして欲しい。
・・・・と思う勝手な飼い主なのであった(^^;)

No title

こんばんは。
昨日は防災の日でしたね。そして一昨日は、狙ったようなタイミングで
津波警報が…。丁度、地震番組を見ていたので、番組VTRのテロップか、
誤報(訓練)かと思ってしまいました(汗)

我が区は、残念ながら液状化も火災も危険区域のようです。
おまけに…場合によっては川からの浸水も…??
我が家自体は倒壊の危険は低く、浸水の可能性も極僅かでは
ありますが、色々と不安です。
32万人…対策すれば6万人まで減らせると言っていましたが
それでも東日本大震災の3倍!! すごい数字ですよね。
その中に自分もダンナも入るのかもしれない。…もし2人とも
そうなってしまったら、うちのニャンズはどうなってしまうのかと。
311の震災後、保護団体のところで飼主さんを待ち続けて
そのまま亡くなってしまったワンちゃんの話とか。
随分前にみた番組ですが、涙ナシには見られませんでした。
飼主さんも、どんなに無念だったろうかと…。

震災関連は、情報を仕入れれば仕入れるほど不安になっちゃうような。
いっそ、何も知らないほうが不安はないんでしょうけどね〜(^^;
何も知らなければ知らないで、後々困るという。。
なんだか、テスト勉強みたいだなあと思いました(苦笑)

こんばんは。

地震・・・怖いですねって恐怖ですね
この前の大雨で 避難勧告があったときは どうしようかと
慌ててしまいました
猫は連れてきてはダメだと言われ途方にくれてる時に
kakoboxさんが私のところに来なさいって言ってくれたのが
どんなに 心の支えになったことでしょう
私たちには 行くところがある と思うだけで勇気が湧いてきました
チャチャとタイガ 大切な私の息子・・・
身代わりになっても守りたいですが 私がいなくなったらと思うと 
それも心配で 考え込んでしまいますね 
猫用避難グッズ 我が家には ハードゲージだけしか用意しえませんね・・・
ごはんに お水に 猫砂・・・揃えないとですね
去年の震災で しろちゃんとkakoboxさんのエピソード
恐ろしさが伝わってきます
それなのに子守唄を歌ってあげるなんて 母は強しですね
3人になってからの地震の経験はまだないですが まえ暮らしていた子達は 
逃げ惑って かなり怖がっていました
私もオロオロするばかりで 何も出来ませんでしたね
関東地方は ちょっと心配ですね・・・
全国に 知る人ができて 地震のニュースや雨被害などあると
心配で心配でたまらなくなります
災害なんて無いと思いたいですが 心に留めておきたいです

こんにちは。

地震の話しは本当に怖いですよねぇ。恐怖が倍増しちゃいます(-"-)
今4にゃんずなのでどうしましょ(-_-;)

今~コメントの設定がおかしく「不正な投稿だと判断させました。」「パスワードが違います。」とか出てします。
コメントのお返事が出来なくてすみません<(_ _)>

ミルクさん、こんばんは♪

コメントのお返事遅くなりました。
「吹けよ風、呼べよ嵐」は、プログレッシブロックのピンク・フロイドでしたっ。
「嵐を呼ぶ男」とは、お若いミルクさんのほうが古い~(笑)

保護者の立場で愛を知るって、色んなことが怖くならないですか?
PTAの父兄が、震災ゴミの受け入れに断固反対する気持ち、すごくわかります。
私は今まさに、失うことが怖いです。
ミルクさんとは、逆の進化を辿っているものとみえる(笑)

キチンと準備だなんて、しろちゃんのものだけですよ。
素人判断で荷物を集めるだけで、実際に背負えなかったり使えなかったりするかもです。
これからネットで数を買うつもりですから、カリカリ、トイレ砂、お水に関しては、非常事態には融通しますからね♪

大きめな2段、中間トレイ付きのハードゲージを、3年前、引越し用に買ったんです。
引越しの最中に、そのケージに入れて、ジムのほうにおいておこうと思ってね。
しかし、脱走されましたので、結局使わずじまい。
引越しの終わるまで、勝手に外に居たというしろちゃんでした(笑)
へえ~、ソフトゲージ、買ったんですね。
絶対にジ準備すべきものですよね。
篭城作戦の人はハードケージ、避難所行きのつもりの方はソフトケージと思ってますが、組み立ての手間を考えると、ソフトケージは不可欠かなと思います。

猫用AED、あってもいいですよね。
>ちゃんと毛の上からでも電気が通るように開発してもらいたいです。
↑ ナイスな発想。
うんうん、猫用の防塵マスクも必要ですよね。
これだけのペットブーム、これだけの災害対策が叫ばれているのですから、どこかの会社が開発すれば、売れると思いますよね~。

災害時に猫ちゃんに必要なものは、次々浮かびますが、実際に使われることのないよう、ひたすら祈るばかりです。

>いつか来るものであるなら、せめて乙女さんが猫生を全うしたあとにして欲しい。
↑ 私も同じ勝手な気持ちです。
80年も生きるわけじゃなしの猫ちゃんが、千年に一度の災害に遭遇するなんて、あんまりです。
でも、その時に一緒にいる人と猫だったとう運命論も考えられますね。
コメント、ありがとうございますi-19

JINさん、こんばんは♪

コメントのお返事遅くなりました。
おお~私の災害対策の先生登場だわ♪

そうそう、練習かなと思うタイミングの津波警報でしたよね。
東北の方には、夜中の地震、津波警報は、どれほど怖いことでしょう。
想像するだけで、悲しい気持ちになりました。

JINさんの区は、オシャレな最新開発地域でしものね~。
でも、しっかりした分譲マンションだもの、大丈夫。
むしろ長期篭城戦ですよね。
でもそのためにJINさんが準備なさってること、いつも偉いな~と参考にさせてもらってるんです。
納戸には、相当なものが収容されていることでしょう。
(買わずにはいられないオモチャを含め…(笑))
ほんとに、JINさんの防災グッズを参考にさせてもらってるのです。
あなたの災害対策が一番的確かと思います。
例の人間用トイレは、お高いわね~。
買おうかと思ったけど、私はしろちゃんの猫砂を使うことにしました。

そうなのそうなの、私達は東日本大震災の時の、ワンちゃん猫ちゃんの悲しい姿をいやというほど知ってしまいましたよね。
悲惨なことですが、良い教訓とありがたく学ばせていただいてます。
猫ちゃんとの別離なんてことは、私達は自力で避けなければ…。
避難所でシャットアウトなんてこと、せめて都心では、もう通じないと思います。
まあ、地域的な問題もありますが、マンションの場合、火災が来ない限りは、篭城作戦が最良かなと私は思っています。
火災の類焼には、時間的に限りのあるなか、いかにして、パニックの猫ちゃんを捕まえキャリーに入れるかが、課題ですよね。
社会の中に猫が嫌いな人はたくさんいるでしょう。
嫌いな人のところに無理に持ちこむ気はなく、嫌いな人のいるところに、私もしろちゃんも絶対に行かないです。
…と、自分が生き残ることを想定していますが、確かに猫ちゃんだけ残された場合を考えると…(泣)

>いっそ、何も知らないほうが不安はないんでしょうけどね〜(^^;
↑ そう思うことも正しいかもです。
キリのない心配、キリのない準備じゃないですか。
私なんて年齢的に体力に自信もないし…。
無邪気に過ごしてたバブル期に戻りたいです(笑)
今後も防災グッズ参考にさせてくださいね。
コメント、ありがとうございますi-19

jibouさん、こんばんは♪

コメントのお返事遅くなりました。
九州は、南海トラフ地震の影響はあまりないのでしょう?
今年の夏は、雨の災害が多かったですよね。
まさにjibouさんのお住まいのほうが避難勧告の中にあったときには、ビックリしましたよ。
避難勧告が出たってブログの記事にも…。

あの大震災の後でも、猫はダメという避難所があること自体、信じられません。
東京都内だったら、大ブーイング、私だったら、避難所の前で報道カメラに向かってジャンジャン抗議しちゃいます。
私にも、地震で困った時にはいらっしゃいと言ってくださる北陸の猫友さん達がいます。
だから、自分が手を差し伸べられるときには差し伸べます。
jibouさんは一人ではないのですよ♪
もちろん、リアルなお友達もいっぱいいらっしゃることでしょうが、ブログの猫友さんは全国に散らばってるでしょ?
日本全国がどうにかならない限り、誰かが手を差し伸べてくれます。
猫友さんは大事!
会ったことがなくても大事!
しろちゃんが具合の悪いようなとき、私には近くの友達よりブログの猫友さんが頼りですもの。

ごはんに お水に 猫砂・・・少しの備蓄は必要ですね。
流通が通じているなら、私も送って差し上げられますけど、非常事態には、流通っも途絶えるでしょ?

去年の震災の時には、怖かったですよ~。
(だけど、もっと怖い思いをした方がいっぱいいるんです)
それまで戸建てに住んでいたので、ビルってものの揺れになれてなかったせいもあります。
母は強しですよ~私も自分が這ってでもしろちゃんを引きずりだしましたからね。
深夜3時頃まで、しろちゃんに覆いかぶさるようにして過ごしたこと、忘れられません。

災害グッズは準備だけして、実際には、使わないで済むことを祈ります。
だけど、そうなったとき、お互いに協力しましょう。
去年の震災のときも、電話はダメでもネットは通じました。
猫友さんと、携帯のアドレスを交換しておくって大事かもしれませんね。
コメント、ありがとうございますi-19

ビクママ、こんばんは♪

コメントのお返事遅くなりました。
地震の新たな見解がでるたび、恐怖ばかりが煽られますよね。
今回の発表で、「諦めた」という人のパーセンテージがあがったのですって。
そんなんじゃ、もう無理って、思ってしまうのも無理ない規模ですものね。

ビクママも頑丈なマンションなのですから、火災にならない限り、逃げるよりは篭城作戦にしたほうがいいのでは?
火災に備えて、4にゃんを素早く捕獲できる方法を考えておくのも大事ですね。
ちなみに、1にゃんだってパニックの時につかまらないのは同じこと。
昆虫学者が使うような大きな虫取り網みたいなもの、魚を取るタモ網みたいなものを、私は欲しいなと思ってます。
ビクママの会社に釣りが趣味っておじさんはいないの?

あらら~ビクママのブログのコメントの設定がおかしいわけですね?
解決すると良いけれど…。
コメントのお返事は、気にしないでね。
それじゃなくとも、忙しいビクママなのだから。
コメント、ありがとうございますi-19

No title

kakoboxさんこんばんは♪

南海トラフ地震の死者の予想、32万人の内
10万人が、こちら静岡県からなんですよね・・。
うちは海のすぐ側だし、本当にこの想定通りの規模のものが起きちゃったら
もう多分・・、いや絶対生き残れません(泣)
もしもそうなったら、一足お先に虹の橋を渡って
ニャンズと一緒に、まったりのんびりを楽しみますね♪

以前の記事で、綺麗なアーチの虹がありましたね。
端から端までちゃんと見ることが出来るなんて
なんだか良いことありそうですね~って、心の中でコメントしましたよ~♪

やっと忙しさも一段落で、静かになったお店を喜んでいます。
本当は、経営者が暇を喜んじゃいけないんですけどね(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

pigumiiさん、おはよう♪

コメントのお返事遅くなりました。

pigumiiさんを怖がらせるような記事を書いて、ごめんなさいね。
たとえ10万人が静岡県からだとしても、静岡県の県民数はもっと多いはず。
気の毒な猫ちゃんに目をかけて、次々とお家の子にして慈しむpigumiiさん一家を、神様は10万人の中に入れはしないから!
絶対に決まってるから。

一足お先に虹の橋…なんて弱気なことを言わずに、逃げ切ってくださいね。
pigumiiさん、約束ですよ!
逃げ切ったあとは、なんとでも協力しますからねー。
お互いのいざと言うときのために、電話番号、アドレス交換しておきませんか♪
海のそばだからこそ、それなりの対処(避難路とか)が早急になされるはず。
ニャンズと一緒に、まったりのんびり…は、年を重ねたあとのことにしましょうよ、お互いに♪

アーチの虹の写真、見てくださってありがとうございます。
本当に東京都を跨ぐアーチだったんですよ♪
pigumiiさんのほうでは、虹はきっと多いことでしょうね。
pigumiiさんのカメラで撮られた美しい虹を、待ってますね。

忙しさも一段落で、良かった。
そうそう、経営者は暇を望んではいけないのですよ(笑)
でもね、ずっとママの暇を待ってたぴぐちゃん、みいちゃん、マロン君、あいちゃんのために喜びましょう。
歩けるようになったうみちゃんのために、喜びましょう。
うみちゃんの回復には、本当に感心するばかりです。
ボロ雑巾(ごめんなさい)だった子が、あんなに愛くるしい子猫だったなんてね♪
あとでそちらにコメントに伺います。
コメント、ありがとうございますi-19
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック