8週齢規制は5年先? 幼さを金銭で買えない仕組みにしよう!

2012/08/26 Sun

IMG_0962_convert_20120826073210.jpg

「残暑が厳しいのだと、テレビもママも言ってます。
こういう年には、冬にたくさんの雪が降るのだとも。
僕は雪が降る夜のことを、想像しています。
残暑も吹っ飛ぶくらいに、凍える冬のお外のことを…。
肉球にかいた汗が、ヒューっと、思い出のかなたに消えてゆきます



残暑は厳しいけれど、とても美しい朝が続く。
東の空が、夜から朝へと変わるその刻一刻を、うまく言葉に残せたら…と思う。
うまく言葉にできないからこそ、写真というものがあるのだけど、
写真では伝わらないものもある。
言い訳ではなしに…。

今日は異例の時間に更新で、ちょっと緊張。
夜中に書いた文章は感情的になるので、必ず再読推敲しなければいけないと、国文科の教授は言った。
しかし、ラブレターに限っては夜中に書くべしとも…。


昨年、環境省のパブリックコメント募集が、夏と初冬、2回あった。
去年の猫界のことは知りませ~んという方のために、大雑把に説明。
(パブリックコメントとは、公的な機関が規則や法令を定めるときに、広く国民の意見を聞くということ=一般人が意見を言えるチャンスということ)
環境省の動物関係のパブリックコメントは、基本的に5年に1回募集され。法律が見直されるらしい。
去年の夏の第一弾は、※動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集
初冬の第二弾は、以下の二つ
※「動物愛護管理のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く)」 に対する意見の募集。
※「動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の概要」 に対する意見の募集。

こちらの記事→


IMG_0958_convert_20120826073247.jpg

「そうそう、ママは、黙っていては何も変わらないのだと、奮起したのですよね。
僕も奮起して、デモに参加したのです。
夜中の「101匹猫ちゃん大行進」ですけど…

しろちゃんも、古いディズニー映画を知ってるのねえ


ザックリおおざっぱに言えば、5年前の結果はさんざんだったそうだ。
業界(ペットショップ、ブリーダー等々ペットに関わる産業)の圧勝で、ワンちゃんや猫ちゃんと暮らす人達の意見は反映されなかったということだ。
業界が組織票で大量にパブリックコメントを出したことに対し、一般のワンちゃん猫ちゃんを本当に思う飼い主さん達に、パブリックコメントが広く周知されなかったということも、大きな一因だっただろう。
去年のパブリックコメントが、一般の飼い主さんが数において業界と匹敵→圧したのは、ブログの力が大きかったと思う。
5年前にも犬ブログ猫ブログはあったけれど、たった5年の間に、その数、その意味合いが、大きく変わったということかもしれない。

そういうわけで、去年はパブリックコメントの成果が実って、一緒にパブリックコメントを環境省に寄せてくださった皆さんの意見が、ほぼ反映される見通しということだった。
…正確には、そうなるはずだったのだ。


IMG_0960_convert_20120826073229.jpg

「えええっ、ママが一生懸命書いていたお願いは、叶わなかったのですか?
やっぱりメールじゃなくて、短冊とかに書いて、笹にぶら下げたほうが、神様にも見えたのじゃないですか?

ん~そうかもしれない。


去年夏のパブリックコメント第一弾の「犬猫の販売8週齢規制」に関して。
以下、一昨日のgooニュースより。

<ペット販売>生後56日以下は禁止 改正動物愛護法、猶予付きで成立へ
2012年8月23日(木)13:00
 生後56日以下の子犬や子猫について、繁殖業者からペット販売業者への引き渡しが禁じられる見通しになった。22日に開かれた民主党の環境部門会議で、この内容を盛り込んだ動物愛護法改正案が了承された。自民、公明、国民の生活が第一との4党実務者レベルではすでに合意され、今後、各党の正式な了承を経て、今国会で成立する見込み。

 親から早期に引き離すと社会性が身につかず、かんだりほえたりする問題行動が出てくることが多い。改正案は飼い主が飼いきれなくなり、殺処分されるのを防ぐことを目的としている。

 環境省によると、引き渡しの日数をめぐっては、欧米では「生後56日」が一般的で、国内でも動物愛護団体から支持されている。しかし、専門家の間では「生後49日」が妥当とされ、ペット販売業界は、飼育代を低く抑えたいなどの理由から「生後45日」を主張してきた。

 このため、法施行後の3年間は「生後45日」とし、その後は「生後49日」とする。施行後5年以内に環境省が調査し、「生後56日」が適切かどうか検討する。【藤野基文】
以上引用



IMG_0925_convert_20120826081044.jpg

「45日も49日も、赤ちゃんです。
僕なんて、猫母さんにしがみついて、オッパイしてました。
夜には、猫母さんの温かい胸の中に、埋もれて眠ってました。
冬の風が吹いたって、雪が降ったって、軒下の猫母さんのお胸にいれば、ホカホカでした。
かわいそうな赤ちゃん猫ちゃん

君は今も、お布団にオッパイしていませんか?
「ガーン


ん?んんん?
私には何回読んでも、今後3年間は「生後45日」がまかり通り、5年間は「生後49日」がまかり通り、検討結果が出るのは、5年後と読めるのであるが、違うだろうか。

私がどこかで読んで、早計に判断して思い込んでいただけのことかもしれないが、てっきり、今年の8月には、「生後8週齢未満の子犬子猫は、販売してはいけません」と施行されるものかと思っていた。
※急に施行すると、8週齢未満の子犬子猫を抱えるペットショップは、販売できるまでの期間の餌代がかさむために、子犬子猫を遺棄をしかねない。
※仕入れた子をなんとしても販売したいので、生年月日のほうを偽る。
↑ このような問題が生じないよう、半年以上の猶予を設けて、施行されるものと思っていた。
ホームセンターのペットショップの子、ネットのペット販売の子を観るたび、もうじきこんな8週齢未満の幼い子の姿はなくなるのだと、心待ちにすつような気持ちでいた。
だって皆さんと、あんなに大騒ぎでパブコメを提出したのだから。


IMG_0922_convert_20120826081005.jpg

「たくさんの優しいママさん、パパさん達が、パブコメ出してくれたのですよね~。
ママも流行に遅れまいと、パブコメ記事を書いたのですよね~

流行に遅れまいじゃなく、チャンスを逃すまいと言いなさい


残念ながらそれは、私の勘違いということだったらしい。
勘違いというよりは、「ええ、そんなに長期的な話とは聞いてないな。」という憤慨の気持ちだ。

私は、赤ちゃん猫を育てたこともない。
子猫と暮らしたこともない。
猫ちゃんと暮らすのは、しろちゃんが初めてで、しろちゃんがお家の子となったのは1歳半を過ぎていた。
だから、子猫の問題を論じるのは僭越だと思っている。
知らないくせに、余計なことは言いたくはない。
(言ってるかもしれないが…)
ただ、販売に関しては、あまりにも幼くして親から離すとは、人道的にも猫道的にも、非情というものではないかと思っている。
幼い子は、必ず親兄弟に、何かしら学び成長するものだからである。
親、または親代わりの愛情なくして、精神は満足に成長しないのではないかと私は思うからである。
8週齢に満たない子が、店頭のケージの中で、いったい何を誰から学ぶのだろう。
夜には、ケージの中で、一人ポツンと眠るのか。
暖かな母親の懐の変わりに、自分の手足を抱いて…。


IMG_0963_convert_20120826073341.jpg

「あむあむあむ~。
この雑誌の付録の猫ジャラシは、棒についたキャンディみたいなのです。
グ~スピ~



何回も繰り返しているが、しろちゃんは、おとなしく律儀で優しい性格の子である。
相当な神経質で、臆病でもある。
猫も人も、嫌いなように思えるが、実はそうでもないかもしれない。
シャーッフーッを、私も誰も、1回も聞いたことがない。

しろちゃんを通して、私が感じた「猫ちゃんの社会化」というものを、テマエミソだが書いておきたい。

※自分に危害が及ばない限り、噛み付くことは決してない。
甘噛みは、弱甘噛み、中甘噛み、強甘噛みの3段階で完璧にできる。
中以上の甘噛みをした後は、甘噛みした箇所を舐めるなど、取り繕う術を知っている。
※いきなり爪を出してひっかくということもない。
※トイレを買って設置したその後すぐ、完璧に使えた。
むしろ、猫ちゃんの排泄行為さえ見たことのなかった私に、こういう風ですと、教えてくれた。
少し掘って、腰を落として用を足し、済み次第速やかに向き直って砂をかける。
完全に跡形のなくなるまで、砂をかけ続ける。
匂いを嗅いで、チェックする。
※去勢手術の予約日が来るまでの10日間を省いて、今現在まで1回の粗相もない。
※母乳からの免疫がちゃんとあったと見えて、幼い猫ちゃんのかかりやすい何の悪い感染症にもなってなかった。
その代わり、母子感染で猫風邪だったけれど…。
※感情の機微を理解する、またはしようとする。
※自分のものとそうでないものの区別がはっきりしている。
※一人っ子状態なので、他の猫ちゃんとの関わり方は観察できない。


IMG_0964_convert_20120826073400.jpg

「いけないいけない、キャンディを舐めながら眠っちゃダメでした。
虫歯になっちゃいます。」

想像力の豊かなしろちゃんだこと~。
歯磨きなんて、1回もしたことがないくせに


まだまだ書きたいことは多々あるのだけれど、既に十分な親バカぶりなので、ここでやめよう。
言いたかったことは、しろちゃんは、野良猫さんの子猫時代に家族と暮らしていたのだということ。
多分、猫の子別れの時期まで、母猫さんといたのだろうということ。
兄弟猫も父さん猫も、引っ越す前の我が家の庭に登場していた。
厳しい、ひもじい生活なりに、猫として学ぶべきことは学んできたのだということ。
お蔭様で、私は、猫ちゃんとの暮らし初心者にして、元野良猫の1歳半の子と、暮らすことが楽にできた。
猫ちゃんと暮らすって、こんなに楽なものなのかと思い込んでいたが、猫友さんのブログや猫に関する本を通して、それは社会化期を正常に過ごした猫ちゃんの在り様なのだということがわかった。

しろちゃんがよい子だったのではない。
自然の摂理に基づいて、親兄弟と一緒に過ごすべき時期を過ごした猫ちゃんの持つ社会性、を身に付けられたということだと思っている。


IMG_0935_convert_20120826081025.jpg

「子猫がかわいいかわいいって?
僕だって昔は子猫だったのです。
5歳の子猫と思っていればいいじゃないですか?

オツムの中身は子猫だからね


子猫はとってもかわいい。
子猫ゆえのかわいらしさがあることもよくわかる。
だからといって、小さければ小さいほどいいという子猫への偏愛はいかがなものだろう。
赤ちゃんの状態で保護された猫ちゃんの場合は話が別だ。
売買される猫ちゃんに関して、できるだけ小さく売って小さく買いたい気持ちは、いかがなものか。
ほんの数ヶ月で過ぎ去ってしまう子猫期に、そんなに価値があるのか。
その後の20年に及ぶ成猫期の、その根っこの部分をもっと大事にしてあげるべきではないのか。


社会化が未熟なままだったが故に、手に負えない猫だからと、成猫になってから放棄する人もいるのである。
子猫の時代には、かわいから何でも許せても、大人猫さんになってしまうと許せないことがあるという、人でなしな人間もいるのである。
せめて、幼さを金銭で買えないような仕組みにできないものか。
保護した場合、拾った場合は別だが…。



IMG_0961_convert_20120826073137.jpg

「諦めてはいけませんよ、ママ。
あんなに皆さんで呼びかけて書いたパブリックコメントなのです。
きっと、いつか、心ある大臣がちゃんと読んで、良い方向に変わると僕は思います。
変わらなかった場合には、また皆さんで署名嘆願書を書けばいいじゃないですか?
世の中を変えるのは、一人ひとりの人の声なのだって、ママはいつも言ってるじゃないですか!
それが民主主義だって、僕に教えたじゃないですか



参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*
ビクの気まま生活のビクママさんが保護された兄弟子猫ちゃん、2にゃんの里親さん、募集しています

2012080712564078b_convert_20120820200717.jpg

↑ ビクママ家ですくすく元気に育っています。
詳細は直接ビクママさんに聞いてください。
ママのいない赤ちゃん猫のために、どうぞよろしくお願いします。
∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

福助や福千代も2カ月未満で売られていて
心がとても痛みました。。
福千代に至っては、小さくてガリガリで
まだミルクかけのふやかしたカリカリしか食べられず
もっと母猫のお乳を一杯飲ませてあげたかったです。。

私は大人猫が大好きです。。
子猫の可愛らしさも好きですが
それは一時の物。。
その仔の魅力は成長して性格が落ち着いてきて
共に暮らしていくうちにできる信頼関係が基礎です。。

それにしても、少なくともパブコメが通って良かったです。。
小さくても大きな進歩だと思っています。。

おはようございます。

8週齡規制ってパブリックコメントでの みなさんで作り上げた規制だったんですね!? 
知らなかった・・・
パブコメって 最近知って なんのことだろうと思ってました
よくブログに 貼り付けてありますよね・・・
我が家のチャチャとタイガは 親からはなされたのは生まれてすぐ・・・
社会性もなにも教わってませんからね・・・
私に責任があります
ガブガブ癖も チュパチュパ癖も 鳴き癖も 私にかかってますからね・・・
しろちゃんは 親とか兄弟との暮らしで ちゃんと最初からなんでも出来る子なんですね
なるほどな~と思いました
人と一緒で 親兄弟との暮らしは 社会性を身に付ける
何よりの 手段なんですね
なんでも今年は5年に一度の愛護法改正の年だそうですね
いろいろな分野で 動物たちの為に動いたり働きかけたり
してる方もたくさんで 勉強になります

のん福レオちゃんのお母さん、こんばんは♪

スケ坊フクチョンも2カ月未満でしたか。。。
売買は好きではないですか、店頭に売られた子は、優しい心ある人に買われて欲しいといつも思います。
スケ坊、フクチョンも、結果的にmamiさんが買われて良かった♪
生まれた命が、お店の裏で闇から闇へ…のことを考えると…。

ペットショップの話になると、のんちゃんのことを、私はいつも思います。
のんちゃんのペットショップでの悲惨だった状況を思い出して、今でも涙と怒りがわきます。
だからのんちゃん、どんな意固地な性格であろうとも、私は大好きです。
スコだけど三毛であるってところも、本当ののんちゃんの性格を垣間見るような気がします。
母性がまったくなくとも、今が精一杯の社会化なんだと思います。

>私は大人猫が大好きです。。
↑ そうですよね、子猫のかわいらしさは、ほんのいっときの魔法なのですもの。
それは魅力でなくて、見栄えなのですよね。
女性の若さゆえの輝きと似ていますね(笑)
若いからというだけの理由で愛されては、たまりません。

そうそう、少なくともパブコメは、私達の意見が通ったのですね。
ことあるごとに、ブログでも一緒になって声をあげましょう。
コメント、ありがとうございますi-100

jibouさん、こんばんは♪

8週齡規制は、正確に言うと、「8週齢を過ぎない赤ちゃん猫は、社会化期を終えてないので、売買すべきでない」という動物学者や獣医さんの意見なのですよ。
欧米では、徹底しているところが多いそうです。
環境省のパブリックコメントがあるというチャンスに、今の日本のペット売買の現状をみんなの声で変えよう!ってことでした。
猫ブログ界の中で、国家に物言うためのしっかりした原案を作ってくださった方が数名いらしたのです。
私や猫友さんは、その方々の原案をたたき台にさせていただいて、コメントを提出した、また、原案を出しやすいように雛形にして貼り付け、賛同をお願いしたということでした。
普段は社会的問題を書かない方も、皆さん、パブコメには関心を寄せて、それぞれ記事に取り上げたりパブコメを送ってくださって、猫ブログの皆さんは暖かいな~と感じました。

チャチャ君タイガ君も、生後すぐ離されてしまった子なのですね。。。
jibouさんの言うように、ガブガブ癖、チュパチュパ癖、鳴き癖も、離されたことに問題があると思います。
唯一の救いは今ですよ~。
二人は今学んでいるのだと思います。
jibouさんが兄弟二人を離さずに引き取ったことが、とても良かったと思います。

しろちゃんは、親兄弟との暮らしが十分な期間あったのですね。多分。
何も知らなかった私でも、何の苦労もなかったですから。
社会化期って、だから大事と思うのです。

>なんでも今年は5年に一度の愛護法改正の年だそうですね
↑ そのために、去年パブリックコメントが募集されたわけです。
今度も動物達のための働きかけは色々とあると思います。
細かいことまで私は関与できませんけど、自分にできることだけは周知、関与したいと思ってます。
jibouさんも、今度大きなパブコメでもあったら、一緒にしましょ♪
コメント、ありがとうございますi-100

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは。

私がビクを見つけた時は約2.5ヶ月でした。
と言う事はもっと前に親から離されていたと言う事ですよねぇ。

飼育代を低く抑えたいなどの理由から「生後45日」を主張してきた。
びっくりです。これってどう言う意味もなくだたお金がかかるから早く売りたいと言う意味ですよねぇ。大きい子はどんどん値段が安くなって・・・可哀そうだからホームセンターに行かない時もあります。
私は里親さんから譲ってもらえないからビクと会ったのですが。捨て猫がいたら拾っていました。

ちゃんと母親達に学ぶ物がたくさんあるのに商売となると違うのですねぇ。
ビクの場合~私を相手に飛びかかったりしていました。今では育児をしてくれるオカマちゃんだけど保護した子達には良かった結果ですよねぇ。

5年間は野放し状態ですねぇ(-"-)

ビクママ、こんばんは♪

ビクちゃんは2.5ヶ月でしたか。
そうそうビクママの言うように、店頭に出るのが2ヶ月なら、ブリーダーの元から連れてこられるのは、またその前なのですよね。
お店に出るまでの搬入経路ってものがありますものね。

全てではないでしょうけど、ペットショップでは、飼育代を抑えるために早く売りたい、売れない子は置いておきたくないというぼが本音だそうですよ。
ただ飯食いはダメということね。
ご飯代もトイレ代などもケチるために、不衛生な環境におかれている場合もあるそうです。
涙が出ちゃうお話です。
商売のために生まれて、売れなきゃ邪険にされるんですから。

私も子猫ちゃんが見たくてペットショップを覗くことがよくありますが、悲しい気持ちになっちゃいます。
トイレのペーパーチップの浮いた濁ったお水、汚物の跡で汚れた敷物…。

ビクママが最初に、里親さんとして譲ってもらえなかった理由がわかりません。
猫のベテランさんなのに…。

ビクちゃん、そういう意味では、ビクママの接しかたが良かったから、優しい子になりましたよね。
小さい子の面倒まで見られる男の子だもの。
オカマちゃんなんて言っちゃいけません。
しろちゃんもビクちゃんも立派なしっかりした男の子です。
去勢したからって、性別は変わりませんよ~。

5年間は長いですね。
なんだかがっかり。
ビクママもパブコ出してくれましたものね。
コメント、ありがとうございますi-100
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック