盆踊りの「東京音頭」とパガニーニの「ラ・カンパネラ」とどっち?

2012/07/27 Fri

IMG_0670_convert_20120727171012.jpg

「みなさん、今日も暑かったですが、夏はまだまだこれからが本番ですよ。
今夜は、小学校で盆踊りがあるのです。
ちょうちんの準備もできて、あとは音楽がかかるばっかりです。
PTAのお母さんがやる夜店もたくさん出ていますよ。
ママ、「盆踊り特別おこづかい」を、200円くれませんか?



オリンピック関連の番組と、熱中症で亡くなった人のニュースしかないような本日のテレビ。
外には熱風が吹いている。
子供達も夏休みに入り、各地で花火大会がたけなわだ。
小学生の自分を思い出して、うふふと笑みがこぼれる。
夏休み始まってすぐの今頃は、絵日記だけ書いて、宿題になんてまったく手を着けなかったっけ…。
絵日記?
そうか、ブログはいわば絵日記だ。
私はいまや、1年中絵日記を書いているのか?
いやいや、私のではなく、これはしろちゃんの絵日記であった。


インタビュアー「あなたにとってピアノとは?」
フジコ氏   「猫達を食わせていくための道具ね」

こんな風に答えるプロの著名なピアニストがいる。
…と言えば、クラシックに興味の無い方でも興味シンシンでは?


ラ・カンパネラ イングリット・フジコ・ヘミングラ・カンパネラ イングリット・フジコ・ヘミング
(2008/06/25)
フジコ・ヘミング

商品詳細を見る


↑ フジコ・ヘミング氏の、代表曲、パガニーニの超絶技巧曲「La Campanella」(ラ・カンパネラ)


フジコ・ヘミング女史のことを書くのだが、何も音楽家としての彼女を論じるつもりはない。
一人の猫好きな、下北沢在住の孤高のピアニストのことを書く。
異才、鬼才ピアニスト「フジコ・ヘミング」をご存知だろうか。
彼女が日本国内で知られるようになったのは、1999年以降のこと、優に60歳を超えてからということになる。
ヨーロッパでの活動期も40歳代以降。
晩成のピアニストなわけでなく、運悪くその時まで、世に出るチャンスに恵まれなかっただけのこと。
1932年生まれだから、現在80歳。
60代を過ぎてやっと、母国で名が知られるようになり、まるで失った年月を取り戻すかのように、今現在も元気にコンサート活動を続けている。


IMG_0672_convert_20120727171039.jpg

「今日は僕のお話ではないのですね?
ということは、僕はたった一人で、盆踊りに出かけてもいいということですね?
だってママは、別なことに忙しいのですから

しろちゃん、それは嫉妬なの?


個性的な女性なので、彼女を好きな人も嫌いな人もいることと思う。
そのピアノの上手下手に関しても、激しく賛否両論。
私的には、彼女のピアノ演奏に関しては、一流か二流かで論じる気は毛頭ない。
テクニックや、楽譜に忠実か否かという点では、まったく問題外。
(本来クラッシックではあってはならないことだけど)
彼女よりも巧いピアニストは世界にたくさんいる。
また、彼女はミスタッチでも名を馳せてしまっているが、
そのミスタッチに関するインタビューの答えがすばらしい。

「ぶっ壊れそうな鐘があったっていいじゃない、機械じゃないんだから」
フジコさん、その通り!
音楽を聴く私達の耳のほうだって、機械仕掛けのものじゃないのだ。
音楽の教科書じゃあるまいし、感情なくして音楽はないのだ。


IMG_0667_convert_20120727171129.jpg

「そうそう、その通りです。
ぶっ壊れそうなママでもいいのです。
ロボットじゃないのですから

なんだってえ~


彼女の代表曲、パガニーニの超絶技巧曲「La Campanella」(ラ・カンパネラ)
夜中にCDで聴いて、涙がまさに滂沱の状態で頬を流れるのは、私にとって彼女の「La Campanella」だけ。
何度繰り返し聴いても、その感嘆が醒めるということがない。
他のピアニストの「La Campanella」も何度も聴いたけれど、別物と思っている。
チャンスがあったら聴いてみて。
人生の辛かったことを思い出して、聴いてみて。
ほんの6分程度の曲だから。
(you tubeから引っ張ることは、厳しい状況になったので…)
CDが欲しいという方、遠慮なく言ってください、差し上げます。
ちなみに、フジコ氏の演奏を、私は生で1回も聴いたことがない。

29歳で一人ヨーロッパに渡った彼女の人生は、苦難の連続、貧困の極みで、そのせいで聴覚まで失っているのだ。
その聴覚の40%を取り戻したのが40代で、そこからピアニストとしてのコンサート活動が始まるのだが、すべてヨーロッパでの話。
日本には、帰ってこなかったし、自負心ゆえに帰らなかったそうである。


パリ・下北沢 猫物語 (FIGARO BOOKS)パリ・下北沢 猫物語 (FIGARO BOOKS)
(2007/03/21)
フジ子 ヘミング

商品詳細を見る


↑ フジコ・ヘミング氏が、猫のことを書いた本。

彼女の上の本からの抜書き。
『優しい誰かが待っていてくれるというのは、本当にうれしいことよ。
どんなに疲れて帰ってもホッとするの。
悲しくても辛くても猫がいたから死ねないと思ったし、なんとかがんばれた。
だって、今私が居なくなったら、この猫達はどうするかと思ったら、自分のことだけ考えてはいられないでしょ。
猫と音楽は私にとって人生そのもの。
猫がいることで、どんなに辛く悲しいときも勇気づけられたし、耳が聞こえなくなってどん底に突き落とされたときも、決してピアノを弾くことをあきらめなかった。
だから今の私がいるの。
ありがとう、私の愛する猫たち。』



IMG_0673_convert_20120727171055.jpg

ありがとう、私の愛するしろちゃん。
「それよりママ~盆踊り、始まってますよ。
あの~その~200円くれませんか?



私にとっては、彼女の生き方、人生そのものが常に励ましであり、嵐の闇夜の中のともし火だ。
彼女がこのように生きてきたのなら、私だって、いかなることも乗り越えられるという勇気がわく。
何かをするのに、時間的に遅いということはなく、年齢は常に言い訳にしか過ぎないと、彼女は教えてくれた。

また、
悲しくても辛くても、しろちゃんがいるから死ねない。
だって、今私が居なくなったら、しろちゃんはどうするかと思ったら、自分のことだけ考えてはいられない。
…彼女の言ったまんまの言葉を借りたが、下北沢にいる私の嵐の闇夜のともし火は、そっと頷いてくれるだろう。


IMG_0666_convert_20120727171112.jpg

「ママの嵐の夜のともし火は、下北沢にあるのですね。
近いのですから、行ってともし火を拝んできたらどうですか?
僕の嵐の夜のともし火は、こことは別な場所になんて、ありません。
僕の嵐の夜のともし火は、ママなのです。
ともし火を目指して、入ったお家がママの住むお家だったんです。
僕も今夜は、フジコさんの弾く「La Campanella」を聴きたい気分です

あれ~、しろちゃんは盆踊りの「東京音頭」が聴きたいのじゃなくて?


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*
ビクの気まま生活のビクママさんが保護された兄弟子猫ちゃん、2にゃんの里親さん、募集しています

2012071015575121c_convert_20120713191339.jpg

↑ ビクママ家ですくすく元気に育っています。
詳細は直接ビクママさんに聞いてください。
ママのいない赤ちゃん猫のために、どうぞよろしくお願いします。
∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*


♦♫⁺♦・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚・*:..。♦♫⁺♦*
みなさん、
コメントのお返事、みなさんのブログへの訪問、遅れていてごめんなさい。
ちょっと体調が悪くて…。
明日には元気になりますので、ご心配なく。
みなさんのところにも追々伺いますね~m(__)m


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

しろちゃん、ママさん、こんばんは。

私もどんなに疲れて帰ってもしろたんが待っていてくれて毎日ホッとします。
悲しくても辛くてもしろたんがいるから死ねないと思うし、なんとかがんばっています。
だって、今私が居なくなったら、しろたんはどうするかと思ったら、自分のことだけ考えてはいられません。
私も全くおんなじ気持ちでいます。

その曲、パソコンで今度聴いてみようと思います。

今日も本当に暑いですねー。

しろちゃん、うちのしろちゃんも盆踊り一緒に行きたいって言ってましたよ 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

言われてハッとしました。
ブログって日記ですね。
コメントのやりとりなんて、まさに交換日記。(笑)
いや、日記の感想をみんなに書いてもらっているのか?
そう考えると面白いですね~(^o^)

フジコ・ヘミングさん、名前は知っていましたが
彼女の演奏する曲を聴いた事ありません。
音楽に疎い私はジャンル問わず、有名な方さえも知らない事が多いのですけど
こうやって教えてもらい知る事で、新しい発見をしたように喜んでいます。(笑)
なんともカッコイイ方ですね~。
ピアノは猫を食べさせていくための道具ですか(^o^)
私も完璧な人間では無いので同じ意見ですが
その人なりの味があってもいいと思うのですよ。
辿り着く場所が同じだとしても、そこに行く過程は人それぞれでいいのですよね。

しろちゃん、待ちくたびれちゃったかな。(笑)
200円じゃ足りないかもよ~。
思い切って500円にしてもらったら(^^)

No title

さすが、着眼点がイイですね。熱い女フジコ!
私は音楽は弱いですが、一人の女としては大好きです。
こんな強い人が小動物を愛する発言をするのは
世間に良い影響を与えてくれそうです。
もっと発言して欲しいです。力のある方に・・・

No title

初めて知りました!!
是非とも聞いてみたいです^o^
良かったらCD を貸してくださいなー☆

こんにちは。

ママさんがそこまで言うなら今聞いたら涙が止まらないもです。

ビクにちょっとした変化がありました。今度紹介します。

行き倒れパンじゃなくておチビのぼくの方です。
似ていますかねぇ(笑)

No title

私、フジコ ヘミングウェイ好きです…。
あのミスタッチへのコメントを聞いた時に「人間という生き物をわかっているんだな…」と感じたのを覚えています。そして、猫との生活も「共同生活者」であり、「私と彼らの空間」とおごりもない関係性…素敵だな~
ネコ好きと一言で言ってもいろいろな方がいるものですが、こんな風にネコと共存できるフジコさんが好き。

 彼女の「ラ・カンパネラ」はミスタッチがあるからこそなんだろうな~心臓の鼓動にも似た情熱と誠実さを感じてしまいます。

 私、下北沢って好きな街です。昔々下北はゴミゴミ~とした感じがあって田舎っぽさもあって…子どもの頃はおもちゃ箱の中にいるようなところで、そこを走り回って探検していました。そんな雰囲気に馴染んでいたからかなぁ~再開発で変わって行く下北に寂しいものを感じます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

しろたんさん、こんにちは♪

コメントのお返事遅くなりました。
しろたんさんもお元気なようで、よかったです。
フジコ・ヘミングさんの言ってること、そのまんま私達の気持ちですよね~。
猫ちゃんがいて、自分の存在が再確認できるって、すばらしいことじゃないですか。
人間は一人でも生きていけるけど、しろちゃん達は私達なしでは、もうお外の子じゃないので、生きていけないんですよね。

you yubeに出てますから聴いてみて。
CD送ってもいいですよ、遠慮なく言ってね。
私体調悪くて、少しだけ寝こんじゃった。

しろたんのしろちゃん、運動会も白猫組で一緒に組み体操かな。
盆踊りも、お手手つないで200円もって行ったと思うの♪
きっと二人とも、ライオンのお面を買ったのだと思うな~(笑)
大人しいビビリちゃん同士だから♪
しろたんも夏バテしないようにね。
コメント、ありがとうございますi-185

ミルクさん、こんにちは♪

コメントのお返事遅くなりました。
そうそう、ブログって日記だったのですよ(笑)
ライブドアがブログってものを作る前は、CGI日記とかweb日記、そういうものでしたからね。
コメントのやりとりは交換日記ですよ~。
私なんて、この交換によって、すごく助かってますもの。
ミルクさんが、夏休みに登山に行ったってこともわかっちゃうしね(笑)

フジコ・ヘミング、カッコイイですよ~。
おばあさんって年なんだけど、おばあさんなんて言う気がしない男前な人。
猫はパリに4匹、下北沢に20匹ですって。
もらったり拾ったり買ったりと、色々です。
その色々ってところもまた、好きなんです。
コピでよかったら、CD差し上げますよ~。
演奏が上手下手は、クラシックに詳しい人でないとわからないことで、私達にとってはすばらしいとしか思えませんよ。

>辿り着く場所が同じだとしても、そこに行く過程は人それぞれでいいのですよね。
↑ 仰るとおり。
どうやって、いつたどり着くかも、人それぞれなんだと思います。
だって人生は最後の最後まで挑戦だもの。

そうか、やっぱり200円じゃ、何も買えないか(笑)
乙女さんなんて、100円玉をジャラジャラ、3千円分くらいお財布に入れていそうな感じ。
ガキなしろちゃん達に、あんず飴の1個もおごってくれそうな感じ(笑)
そういえば、乙女さんこそ、男前な猫ちゃんですよね~。
男前なミルクさんの育てた子だもの。
コメント、ありがとうございますi-185

sabimamaさん、こんにちは♪

コメントのお返事遅くなりました。
ご存知でしたか、フジコさん。
私の読んだ本の中では、自分の猫ちゃんに限らず、動物を愛することに言及していますよ。
「私は有名になって少しはゆとりができたらから、動物達を少しでも救えるようになってうれしく思っている」と…
公的な発言はしないかもしれませんが、生き方そのものが、他の命を思い遣る姿勢に満ちてます。
見かけはそうじゃないのにね。
コメント、ありがとうございますi-185

のん福レオちゃんのお母さん、こんにちは♪

コメントのお返事遅くなりました。
フジコさん、見かけは頑固おばあさんのようですが、しなやかな心の持ち主。
そのギャップがね、すばらしいのです。
一流のピアニストなのに、スタンウェイのピアノが猫の毛でいつも詰まって、修理を頼んでいるのですって。
猫がどれだけピアノに乗ろうと、構わないのですって。
本当にね、ピアニストと思えないような変わったおばあさんですよ。
CDとご本を、金沢に送りますね。
(本は完売してないといいのだけど)
コメント、ありがとうございますi-185

ビクママ、こんにちは♪

コメントのお返事遅くなりました。
うんうん、ビクママも泣けちゃうと思いますよ~。
コピーでよかったらCD送りますからね。

行き倒れ、最初ドアストッパーの大きさと比較して子猫ちゃんかと思ったのですよ。
他のコメントの方がパンちゃんって書いてたから、そうだったのかと…
なんだ、やっぱり子猫ちゃんだったのね。
大きくかわいくなりましたね~♪
似てますよ~パンちゃんに!
コメント、ありがとうございますi-185

まめはなのクーさん、こんにちは♪

コメントのお返事遅くなりました。
お久しぶりです♪

フジコさん、お好きでしたか♪
彼女の演奏に関して、ミスタッチ云々を論争するのは、おかしいと思うのです。
普通に聴いている人にはわからない。
音楽家だけにはわかる譜面との違いであって、音楽性のすばらしさは何ひとつかわらないどころか、カンパネラ=フジコさんというくらいに、彼女の演奏が私は一番感動します。
実際にたくさんの猫ちゃんやワンちゃんと暮らしている彼女には、譜面どうりの正確性なんて、生きた演奏じゃないじゃないってことなのでしょうね。

>彼女の「ラ・カンパネラ」はミスタッチがあるからこそなんだろうな~心臓の鼓動にも似た情熱と誠実さを感じてしまいます。
↑ そうそう、すごいという感じですよね。
背筋に鳥肌の立つような感動です。
何度聴いても…。

まめはなのクーさんは下北沢でお育ちでしたか♪
あの町の、あのオモチャ箱をひっくり返したような、アーケードで繋がった商店街が私も大好きでした。
下町っぽいのに、オシャレな町ですよね。
大学生の頃には、ジャズのお店に通ってたし(まさこというお店です)、古い大学時代の友人は別なジャズのお店にお嫁に行っちゃった(笑)

最近は、まさにフジコさんのお家の隣にしか行ったことがございませんが(隣が某ボクシングジムなので)、再開発で変わってしまうんですね。
惜しいことです。
そちらにも後に伺いますね。
コメント、ありがとうございますi-185

こんにちは。

盆踊り~ 夏を感じますね(^◇^)
200円 しろちゃん たりるの ふふ
フジコ ヘミングさんって80歳にもなるんですね
歳とともに ピアノの音にも 魅力が増してくるんでしょうね♪
えぇ~ 耳が聞こえないんですか?
すごいなぁ~ ピアノで 気持ちを伝えてあるのかも
しれませんね・・・
愛猫家なんだ(^.^)
私も若い頃 音楽活動をしてました
サックスを 15年くらい吹いてましたね(^◇^)
そのせいか なんでもメロディーにしてしまう癖が
ついてます ふふ
チャチャとタイガにも歌いながら 語りかけたりしてますね♪
kakoboxさんも 音楽が好きなんですね♪
音楽が好きな人は 感情が 緩やかな感じがします・・・

それと kakoboxさんと しろちゃん!
リンクを貼らせてもらってもいいですか・・・?
ちょっぴりだけど 二人に会いたくて
探しちゃいました・・・(>_<)

jibouさん、こんばんは♪

盆踊り、そちらでもあるでしょう?
jibouさんも行きたくなりませんか?
やっぱり200円じゃ足りないですよね~。
買いたいものがあるのだろうし(笑)

フジコ・ヘミングさん、80歳ですよ、すばらしいですね。
確かにここ数年は枯れた感じはありますよ。
5年位前のラ・カンパネラが最高かな。
耳はね、40%くらいは回復したのだそうです。
貧困で極寒のヨーロッパでの生活で、中耳炎をこじらせてしまったのですって。
猫ちゃんは、パリに4匹、下北沢に20匹とか。

ええーっjibouさん、サックスを???
すごい!
女性サックス奏者ってなかなかいないですよね。
カッコイイ♪
ってことは、ジャズがお好きですか?

元ミュージシャンのママに、何でも歌いかけてもらって、チャチャ君タイガ君は情操教育的にとってもいいのじゃないですか?
歌を嫌いな猫ちゃんはいないそうですから。
私も音楽はオールジャンル(省く演歌)で好きですよ。
クラッシックから始まって、レゲエまで好き。

リンクの件、どうぞどうぞ~。
iibouさんはリンクしない方かな~って勝手に思ってましたよ。
こちらもリンクしますね。
コメントに行かないで、ごめんなさいね。
探してくれたとは、うれしい限りです♪
コメント、ありがとうございますi-185
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック