パンダの赤ちゃん死す…重たい命、軽い命、重たい死、軽い死。

2012/07/11 Wed

IMG_9977_convert_20120711160424.jpg

「ママ、今なんて言いましたか?
えっパンダの赤ちゃんが死んだ?
だって生まれたばかりじゃないですか。
保育器を出た、の間違いじゃないですか?



上野動物園の、パンダの赤ちゃんが死んだ。
シンシン母さんの赤ちゃんが死んだ。
名前もないまま、この世を去った。
生まれて七日、初七日の日に死んだ。
母乳が気管に入っての、つまり人間でいう誤嚥性肺炎のようなものか。

お母さんパンダのお腹の上で、仰向けになっていたところを発見し、保育器に入れて、人工呼吸など手当てをしたが、その甲斐もなく死んだそうだ。
獣医さん、飼育員さんなど、たくさんの人の目に24時間体勢で見守られながら死んだ。
パンダの赤ちゃん誕生に注目していたたくさんの人達に、その死は、これから時間が絶つとともに惜しまれることだろう。
ニュース速報が流れ、上野動物園の記者会見もあった。
知れば、私だって、涙がこぼれる。


IMG_9976_convert_20120711160454.jpg


そのいっぽうで、野良猫の赤ちゃんが死んだ。
どこのどの猫の、とは特定されないが、多分、今、この時にも死んでいる。
名前もないことが当然の野良猫の赤ちゃんだ。
目も開かないまま、泣けもしないままだったかもしれない。
死因も特定されない。
生後何日か、猫母さんも数えられない。

お母さん猫の懐に抱かれて、死んだだろう。
が、お母さん猫ともども、朝露に濡れた野の草の上かもしれないし、クモの巣の張ったどこかの軒下かもしれない。
見守る人の目なんて、ひとつもなかった。
清潔で暖かい布の一枚もかけてやれずに、お母さんはわが子を失った。
生まれたことを知る人もいなければ、死んだことを知る人もいない。
知れば、私だって、涙がこぼれる。
パンダの赤ちゃん以上に?
そう、パンダの赤ちゃん以上にだ。
パンダの赤ちゃん以上に、私には猫ちゃんが身近な存在だから。
その死を、想像することが容易だから。


IMG_9978_convert_20120711160516.jpg


重たい命、軽い命、重たい死、軽い死、熱い涙、乾いた涙。
それがこの世の現実というものだけれど、そんなことをしろちゃんには言えない。
命に差別や格差があるなどと、しろちゃんには伝えられない。
わけがわからないまま、パンダが映るので、じっとテレビに見入る子の表情が切ない。
しろちゃんのお顔が、どんどん悲しげなお顔になってゆくように見えるのは、親バカ心か。


IMG_9979_convert_20120711160532.jpg

「パンダの赤ちゃんのご冥福を、謹んでお祈りいたします。
パンダ天国で、笹をいっぱい食べて大きくなって、たくさん楽しく遊んでください

私のバッグの陰に、とうとう隠れてしまったしろちゃんであった。


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

本当に悲しいニュースでしたね。
その一方でkakoboxさんの言うとおり今もどこかで猫の命も失われている。
命の重さについて改めて考えさせられました。

No title

本当に悲しいですね・・・。

私はこのことを知ったのは、仕事から帰って来る途中で、携帯のニュースで知りました。心の中で、パンダの赤ちゃんがすくすく育って、そしていつか、お母さんたちと一緒に竹を食べている姿を見る日が来る・・・・それが当たり前だと思っていました。

帰ってきたら、夕刊の一面には「子パンダすくすく」という見出しが躍っていて、お帰り~と私の顔を見上げるミルクに「シンシンの赤ちゃん、亡くなったんだって・・・」と言ったら、ミルクも一瞬、悲しげな顔をした気がしました。

しろちゃんは、優しい子だから、テレビからと、ママの心を読んで、悲しいことが起こったことを心から悲しんでいるのだと思います。

kakoboxさんの今回の記事・・・読んでいるだけで、私涙が出てきてしまいました。朝露の草の上も、雲の巣の貼った軒下も、そう言う場面があるんだよな・・・それが野良ちゃんの現実でもある。そんなことを考えました。

そして、もっと悪いのは、人間が、助かる命を消してしまうという現実があること。でも、受け止めて、考えていかなければならないことですよね(つらいけれど・・・)

そんなニュースを目にして、悲しみと怒りが湧いてくるけれど、自分のリア友の猫ちゃんに対する愛情、そして、ブログを始めてから出会った、たくさんの猫ちゃんへの愛情を込めたブログを拝見して、心温かく、心強く思ったことも、現実です。

しろちゃんや、ミルク、たくさんの猫ちゃんパワーで、不幸な消え方をする命が、少しでもなくなるように祈りたいし、考えたいです。

悲しい出来事でしたね

本当に驚きました。
そして、命の大切さを改めて考えさせられました。

しろちゃんにもこの悲しさは伝わっていると思いますよ。
しろちゃんはずーーっと元気でいようね!

No title

「お母さんのお腹の上で・・・」と言うのが
せめてもの救いでした。。
一つの命に重い軽いがあってはいけないのですが
猫ちゃんは人にも慣れる生き物だから
切ないですね。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

パンダの赤ちゃんが亡くなったと知った時
思わず「えっ!」っと声が出てしまいました(^_^;)
ビックリしました。
生きると言う事は奇跡であって当たり前の事ではないのですよね。
野良猫さんもその赤ちゃんも、みんな一生懸命生きているんですよね。
車に轢かれて瀕死の重傷を負った仔猫を病院に連れて行った事があります。
その時も子猫は一生懸命鳴いていました。
「痛い」というんじゃなく「生きたい!」って鳴いていたように感じます。

生きているのは当たり前ではなく奇跡。
そんな風に感じました。

No title

献花台を設置したとさっきニュースで聞きました。
期待のパンダちゃんだったので本当に残念です。
自然交配だったので期待していました。

私が保護した子はお蔭様で元気に育っています。
報告ももらい嬉しく感じています。

今日は雨が降っているので野良ちゃん達は可哀そう。


ぽぽん太夫さん、こんにちは♪

生まれたのも急、死んだのも急で、なんだかあっけにとられてしまいましたね。
小さな赤ちゃんの映像を観ていただけに、悲しかったです。
パンダも猫ちゃんも人間も、赤ちゃんが生まれて成長できるって、当たり前のことじゃなくって、みんな奇跡なんですよね。
コメント、ありがとうございますi-3

こんにちは。

シンシンの赤ちゃんの死・・私もテレビで知りました・・
愕然としてしまいました・・・
他人事のように思ってましたが、死んだと聞かされると
とても悲しくなってしまい泣きそうでした(T_T)
でも外には猫たちの いろんな死があるんですよね。
考えるときりがありませんが ついつい 考え込んでしまいます・・・
チャチャとタイガの事があるからでしょうか・・・
世間では かなしい風が すこし続きそうですね・・・

あいにゃーさん、こんにちは♪

そうそう、なんのかんの言っても、パンダの赤ちゃんの映像を毎日楽しみに待ってしまいましたよね。
白い産毛とピンクの赤ちゃんを見て、なんだかミルクちゃんやしろちゃんのお仲間のような気がしませんでしたか?
命には、当たり前のことなんて、何ひとつないんですね。
ミルクちゃんも、あいにゃーさんの伝えてる感情はわかるのだと思います。

この写真、リアルでしょ。
パンダだから喜んで観ていたのに、人の口調で喜ばしいことじゃないとわかったのかも。

パンダの赤ちゃんの死は悲しいことですが、こういう折に、世間の人たちも、他の動物の死も考えて欲しいですよね。
野良猫さんは世間の嫌われ者ですが、野良猫さんが野良猫さんのままで赤ちゃんを産み育てるって、すごいことですよね。
でも、その野良猫の出産なんて、望む人は誰もいません。
TNRで、野良猫さんの子が増えることを阻止することが保護活動の主旨ですが、理想的には、生まれた命は喜んであげたい=野良猫さんが野良猫さんとして立派に生活できる国だったらよかったのに。

ひとつの命を大事にするって意味でも、猫ちゃんブログを観ていると人間は捨てたものじゃないなって思えますよね。
親バカだろうがなんだろうが、猫ちゃんに対する愛情を感じるブログから、たくさんのことを学んだり励ましをもらったりできますものね。
すべての猫ブログが、すべての猫ちゃんへの命への警鐘になればと思います。
コメント、ありがとうございますi-3

pinoさん、こんにちは♪

わあ~pinoさん、ご来訪ありがとう♪
生まれたのも急、死んだのも急で、命の不思議さはかなさを感じましたね。
でもパンダの赤ちゃんには手を尽くされたのだから、人事の及ばないことだったと思わざるを得ませんね。

めりちゃんもしろちゃんも、皆さんの猫ちゃん達も、健やかに同じような日々を送ってくれることが一番。
そこに居るだけで、私達は幸せですものね。
コメント、ありがとうございますi-3

のん福レオちゃんのお母さん、こんにちは♪

そう、本当にそうですね。
「お母さんのお腹の上で・・・」で、よかったです。
保育器よりもかえってよかったですよね。
最後の最後まで、お母さんの体温を感じていたことでしょうから。

現実には、命に格差がありますよね。
わが子を些細なことで病院に連れて行くと、野良猫さんの生活が思い遣られて、後ろめたいような気がすることがあります。
でもお互いに、出会った命を抱きしめて過ごしましょ♪
私達には、それしかできないんですもの。
コメント、ありがとうございますi-3

ミルクさん、こんにちは♪

急でしたよね、生まれたことも死んだことも…。
どれだけ優秀な獣医さんや飼育員さんが24時間体制で見守っていても、命は人事の及ばないことなのでしょう。

>生きると言う事は奇跡であって当たり前の事ではないのですよね。
↑ 仰るとおり!
生まれることが奇跡なのですよね。
パンダも猫ちゃんも人間も自分も…。

>車に轢かれて瀕死の重傷を負った仔猫を病院に連れて行った事があります。
↑ 車に轢かれるって、猫ちゃんにとったら、いったいどんなことなのでしょう。
人間社会にやられちゃったという感じなのでしょうか。
最後の最後まで、死にたいと思う猫ちゃんは居ませんものね。
病気で病むを得ない安楽死は別として…。
生きたいって泣く小さな子猫を大きな人間がどうして生きられるようにしてあげられなかったかと、虚しい気持ちになりますね。
命の問題は難しいです。
コメント、ありがとうございますi-3

jibouさん、こんにちは♪


>他人事のように思ってましたが、死んだと聞かされると
とても悲しくなってしまい泣きそうでした(T_T)
↑ 人として、当然のことかと思います。
パンダの赤ちゃんがどんなに騒がれても、他人事には違いないですね。
私達には、もっと手前に大事な命がありますもの。
でも死んだと聞くと、悲しい。

外の猫ちゃんの死も、考え出したらきりがありませんね。
きりがないから、その分、自分の出会った子を大事に愛しむことしか、ないのだと思います。
そうやって、外の子のことにも思いを馳せることが大事かと。
だって、すべての猫ちゃんを救える人は誰もいませんもの。
そちらの大雨、ご注意くださいね。
コメント、ありがとうございますi-3

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

kakoboxさんのストレートな意見とコメントのお返事は、皆さんが共感すると思います。
ですから、久しぶりに伺っても良い話しが聞けて真剣に拝見しちゃう。
パンダもノラちゃんも同じですね。可愛そうな結末でした・・・

(私の1話を見て頂きありがとうございました)ドキリとした感動は、相当でした。
ホント私が口にしないなら、誰も知らない猫でしょう・・・・
あんなに綺麗な猫だったのに・・・
理由で書きましたが、それを教訓に「名も無いノラの人生を集めて百話頑張ろう・・・
と、ブログを始めました。」
いろいろ逸れてしまいましたが、kakoboxさんのストレートな意見が正直で好きです。
何をするとか、では無くて真剣な意見を伝える事は大事です。
また、時々ですが伺います。宜しくお願い致します。

sabimamaさん、こんばんは♪

ちゃんと読んでくださって、うれしいです。
ストレートな意見も、これでも遠慮がちに言ってるつもり。
だって、実際に行動しているsabimamaさんのような方に比べたら、申し訳なくて…。
でもね、sabimamaさんの言うように、
「何をするとか、では無くて真剣な意見を伝える事は大事です。」
と、思っています。
コメントのお返事も、コメント欄を通じて教えられること、学ぶことがたくさんあり、コミュニケーションとして大事に思ってます。

パンダの赤ちゃんは育つ割合が4割に満たないそうですが、動物の命をつなぐはかなさを感じさせられました。
猫の赤ちゃんも同じですね。
だからこそ、生きている子がみんな、命をつないでいって欲しいと思っています。
センター送りになるなんて、命の冒涜ですよね。

「名も無いノラの人生を集めて百話頑張ろう・・・ 」
百話物語はそういうことでしたか。
すばらしい。

どうしたって、自分の猫の話に終始する親バカブログですが、出来事とその対処が、誰かのお役に立てれば幸いです。
sabimamaさんのほうにも訪問させていただきますね。
コメント、ありがとうございますi-3

No title

お返事まで、真摯に!
ありがとうございました。
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック