経過良好な、陥没、いや、「えくぼのある白猫王子」

2012/06/22 Fri

IMG_9910_convert_20120622203628.jpg

「みなさん、今日もたくさん雨こんこんが降りましたね。
流れた橋もあるそうですよ。
台風じゃないからって、油断してはいけないのです。
ママが台風の次の朝に、変てこな雲を観たのですって。
僕を起こさないで、一人で観たのです。
まあ、ママにも秘密のひとつやふたつ、あってもいいいでしょう



暑いのだか寒いのだか、なんだかよくわからない。
今朝は、音たてて降るほどの本格的な雨だった。
相次いでくるはすだった台風は、温帯低気圧に変わった。
それでも今週末も、関東は大雨だそうである。
水の被害に注意しましょう。
我が家では、窓が開けられないので、エアコンの除湿機能をもう使っている。
節電の夏だけど、部屋の中は蒸し蒸しだ。

台風一過の6月20日早朝、青空の中におもしろい雲がたくさん出ていた。
珍しい雲のオンパレードだった。
その中でも、南西方向に見えた雲が、あまりにも奇妙だったので、写真に撮って、地震雲投稿サイトに投稿した。
地震雲?
いやいや、単に雲の投稿サイトだと思って投稿してしまったのである。


IMG_9895_convert_20120622203538.jpg

↑↑↑ 雪だるまに黒い手足をつけたような大きな雲だった。

IMG_9904_convert_20120622203610.jpg

↑↑↑ それが時間とともに、大きさの違うお皿を何枚も重ねたような形になった。


その後のテレビニュースによると、台風のあとなどに、富士山の近くで観られることのある「釣鐘雲」というものだったそうだ。
東京から見て、富士山の手前のところにあったそうだ。
我が家から、南西の方向に見えたので、見事に一致する。
観た人はたくさんいて、きれいな釣鐘の形の雲も画像も紹介されていた。
私の撮ったような、手の付いた雪だるまみたいな雲ではなくて…だ。


この台風騒ぎのさなか、茅ヶ崎海岸に登場した白いアザラシの、あの子が死んだ。

139731576_v1340362080.jpg

↑↑↑ お借りした画像。

真っ黒なお目目をクリクリさせながら、みんなに左手を振っていた愛嬌のあるあの子は、最初に現れたときには、「衰弱している様子なし」とのことだった。
1回海に帰ったが、その後体調の悪い状態で再登場。
新江ノ島水族館に保護された。
保護された時の映像を観ると、色が変なことが誰の目にもわかった。
ピンクと黒のまだらだった。
…肺炎に感染していたそうだ。
冷たい海に住むアザラシが肺炎に感染?
人間のたくさんいる場所に近づいたために、肺炎菌に感染してしまったのか。
珍しいかわいい姿を、見せてくれただけでもありがとう。
日本の私達が、助けてあげられなかったこと、本当にごめんね。


IMG_9912_convert_20120622203645.jpg

「かわいそうな、アザラシちゃん。
早く誰かが、病院に連れて行ってあげればよかったのです。
最初に来たときに、保護してあげたら、よかったのじゃないですか?



自分が猫ちゃんと暮らすようになって、他の生き物すべてが愛しく思えるようになった。
もともと動物は好きであるが、抱く感情が、しろちゃんの来る前と来たあとでは全然違う。
単純に、見た目がかわいい~楽しい~おもしろい~ではなくなった。
その子の命に、思いを馳せるようになった。
どんな子も、健やかにあって欲しいと願うようになった。
すべての子の命の輝きに微笑みがこぼれるし、命の悲劇に、涙が出るようになった。
しろちゃんの存在を借りて、人として成長できているのだろう。
賢人の言う、「死ぬまで勉強、死ぬまで成長」は本当のことなのだ。


しろちゃんに、皆さんから貴重なご意見や励ましやお祈りをありがとうございました。
感謝しています。
今日現在のしろちゃんの陥没箇所は、カサブタがすっかり取れて、ピンク色のハゲになっている。


IMG_9926_convert_20120622211310.jpg

↑↑↑ うまく撮れてませんが、こんな感じ。


カサブタは、抗生物質の塗布によるのか、段々と細かくなって剥がれていった。
そのカサブタのカケラを、毎晩丁寧に毛の中から見つけて、取り省いてやった。
甘えて半抱っこ(半分身をもたせ掛ける)されてくれるからできることであって、猫ちゃんとのスキンシップが、できていることの大事さを改めて知った。

全体をつまむように触れてみても、しこりは小さくなっている感じだ。
明らかに、抗生物質が効いたものと思う。
目安は1週間だから、日曜日までは薬を塗り続け、その段階で病院に電話だ。
怪我だったのだと、今は思う。


IMG_9919_convert_20120622203759.jpg

「やめてー!って言ってるのに、無理矢理写真を撮るなんて、プリプリッ
珍しく、イカ耳ですね、しろちゃん。


※自分の足の伸びた爪による擦過傷と切り傷。
※飛び越えないよう、半分に畳んだ玄関の脱走防止柵を、無理矢理な姿勢(走り高跳びのベリーロールのような)で飛び越え、引っかかった。
猫友さんからのアドバイスにより、そのような原因も想像された。
確かに、怪我を見つける前の週の日曜日に、私は夕方~夜遅くにかけて出かけている。
出血の痕跡が見つからないことが、どうも腑に落ちないのではあるが、そのお出かけの数時間に何が起きたのか、神のみぞ知るなのである。
人間ごときが断定しちゃ、いけないのである。

怪我をさせる状態なんて100%ありえないという私の主張は、傲慢だったかもしれないと反省した。
また、しろちゃんが、100%私の監視下にあると思っていることも、私の傲慢。
しろちゃんには、しろちゃんだけの秘密の場所と秘密の遊びと、ママには秘密のあれこれがあるかもしれないのだ。
ママは詮索しないから、しろちゃんはしろちゃんの秘密を、保持してくれたまえ。
自分の世界を持ってもいいのだ、しろちゃん。
ママはただただ、君を守ることに専念しよう。
愛することは、自己の感情を主張することだけではなくて、見守ることでもあるのだから。


IMG_9915_convert_20120622203723.jpg

「僕は今日も、ひがな一日寝んねしていました。
僕はもう、なんでもないのに、ママったらお薬を塗るのです。
あ~あ、過保護なママと一人っ子って、本当に大変なのです。
みなさん、ご心配や励ましやママへのアドバイス、本当にありがとうございました。
お祈りも、ありがとうございました。
しばらくは、「えくぼのある白猫王子」って、僕を呼んでください。
では、お休みなさい



参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*
ビクの気まま生活のビクママさんが、5匹の子猫を保護されました。

1_20120524134233_convert_20120526195618.jpg

1ヶ月の赤ちゃん5匹の里親さん、預かりさん大募集!だそうです。
ビクママさんはただいま育児に奮闘中で大忙し。
男の子2にゃん、女の子3にゃんです。
詳細は直接ビクママさんに聞いてください。
お家の無い、ママのいない赤ちゃん猫のために、どうぞよろしくお願いします。
∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

釣鐘曇、初めて見ました!
これは生で見たら不思議すぎてドキドキしちゃうかも~。
自然現象って本当に不思議。

アザラシちゃん、残念でしたね。
私は映像を見ていないのですが、体が変色していたのですね。
苦しかったかな・・・。
私もkakoboxさんと同じで、全ての命ある生き物(虫は除く)に対して
命の尊さ、ありがたさを感じるようになりました。
今までだってたくさんの動物と暮らしてきましたけど
乙女さんと暮らして初めてまともにわかったような気がします。
今までは家族に任せっぱなしで、責任感がなかったのですね。
今は自分が責任を持って乙女さんと一緒に暮らしています。

しろちゃん、かさぶたが取れたようで良かったです~。
ホッとした。ホッとしましたよ~。
変な言い方ですが、ケガで良かった。
kakoboxさんとのスキンシップが、薬をちゃんとつけさせて
傷が順調に治る事につながったのですね(^^)
これで1つ、心配事が減りましたね。
そうしたら次!考えられる原因を探りましょう。
「これが正解」という事を探さなくても良いと思うのです。
考えられる可能性を箇条書きにして出すような感じで良いと思うのです。
「こういうことがあるかも」と思うだけで危機管理があるとうことですから
その先へと繋がると思うのです。
思うのです。思うのです。ばかりでスミマセン。(笑)
でも、しろちゃんの傷が回復してすごく嬉しいのです。
今、私は涙が出そうです。(えへへ~。笑)
これも愛ですよね(^^ゞ

ミルクさん、こんばんは♪

釣鐘曇、私も初めてしりましたよ~。
真下から撮った映像なんて、本当に釣鐘で、クルクル回ってる感じもしました。
まさか、富士山の手前とは…。
せいぜいが、多摩市辺りにあるものかと思えました。
…ということは、すごく大きいものだってことですね。
ドキドキしましたよ~地震かと思ってしまう妙なクセのついた自分が悲しいです。

本当に、アザラシちゃん、残念でした。
今まで出た中でも、格別に表情のある子だったので、江ノ島水族館で保護されて、いつかは人気者になるのだなって思っていた矢先です。
泣けちゃった。。。
最初に砂浜に打つ上がったとき、手を振っていたのですよ~。
「ハロー遠くから来ました♪」って、しれはかわいかったです。

ミルクさんもやっぱり、乙女さんと暮らして初めて、全ての命ある生き物(虫は除く)の尊さがわかりましたか。
アニマルプラネットを観たら、1日1回は泣けますよ。
今日は、一昔前のタイの象使いが、野生の子象を捕まえるシーンで号泣。
お母さん象と引き離して、子象だけ、飼いならすために捕獲するわけです。
捕まえた子象は、一生象使いに飼われるわけですが、お母さん象と一緒に森に生きたほうがいいに決まってます。
お母さ~んって泣き泣き、子象は象使いに奪われてゆくわけ。
思ってみれば、ペットショップの子猫も、そうして離されてきた子なわけですよね。

しろちゃんのこと、ご心配ありがとうございます。
毎日キッチリと、薬をつけましたよ。
舐めないよう、ごまかしてましたよ。
カサブタが取れたって、良いことなのですね?
抗生物質が効く=怪我だったと判断してもよろしいのですね?

>「こういうことがあるかも」と思うだけで危機管理があるとうことですから
その先へと繋がると思うのです。
↑ なるほど~さすが、ミルク先生だ。
しろちゃんは、大人しい性格ですが、やっぱり男の子なんですね。
乙女さんを見ていると、遊び方の過激さが違いますもん。
きっと一人の時間に、玄関の柵をベリーロールしちゃったのかな~。
アンヨの爪を齧るクセがあるので、爪が変な方向に曲がっていたのかもしれません。
しろちゃんのために涙が出そうだなんて、そのお気持ち、うれしく受け取らせていただきました。
感謝しています。
コメント、ありがとうございますi-2

No title

しろちゃんのえくぼが順調に治ってきているようなので安心しました。
私たちが24時間100%猫を守ることなんて確かに出来ないのだから、それならば怪我をしないように、あらかじめ家の中の危険な場所を取り除いたり、病気にならないように食事の管理等を怠らないなど、出来ることをしなければいけないなと改めて思いました。

それと、アザラシのニュースは私も残念でした。
野生の動物にむやみに手を貸してはいけないのも分かりますが、まだ子供だったのだし、親とはぐれたとしたら保護してもいいのではと今更ですが思います。
素人考えなので何とも言えませんが、やっぱり命を落としてしまったと聞いたらやるせないですよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぽぽん太夫さん、こんばんは♪

ご心配、ありがとうございます。
私の見た限りでは、傷ということで治ってきたと思ってます。
ぽぽん太夫さんは、お迎えする前から準備していたくらいですから、おしるこちゃんの生活環境は万端だと思います。
私は、しろちゃんが幸いにも大人しい子なので、ずいぶん助かってるんです。
人のものをオモチャにはしませんし、オモチャ箱から自分で出すってこともないのですよ。
でも、棒がついたもの、尖ったものは、絶対に一人では遊ばせませんよ。
羽物も、羽に芯のあるものは肉球の隙間に挟まるってことがわかったので、買いません。
それぐらいに神経質にしているので、怪我に納得いかなかったわけですが、病気より怪我であったほうが、今回はいいわけです。
ホっペがへこむ病気だったら怖い病気ですものね。

ご飯のことも非常に大事ですよね。
おしるこちゃんは、身体にふさわしいご飯はもう見つかりましたか?

アザラシ、親とはぐれたかもと懸念して、保護しなかったのでしょうか。
かわいい姿を見ちゃったので、変色した姿は切なかったし、水族館で保護されたから元気になるかなと思ったのに。。。
ひとつの小さな身体の命と一緒に暮らしていると、他の動物のことも、気にかかりますよね~。
自分の愛情の大きさが変わったのかな。
コメント、ありがとうございますi-2

おはようございます。

しろちゃ~ん!よかった よかった(^.^)
あまり心配いらない傷みたいで・・
えくぼの白猫王子様ですね♪
しろちゃんは正真正銘の王子です!
ごめんなさい(*_*)

珍しい雲の写真が撮れましたね(^.^)
久しく雲とかを見上げることがありませんでした・・
気持ちに余裕がないのかな・・
綺麗な風景を見ると心が晴れますね♪
台風の後とかは空気もきれいに感じますし・・

アザラシ君は可愛そうでしたね(T_T)
とっても残念です・・
鳥さんやアザラシ君とかいろいろな動物の事を
気がかりにされててkakoboxさんは ほんと優しいなぁ~
しろちゃんは幸せ者だしkakoboxさんも しろちゃんのおかげで 優しさ倍増ですね❤

イカ耳かわいい~(=^・^=)

No title

そうですね、本当に、
動物たちと一緒に生活すると
全ての生き物の命に想いが馳せますね。。
皆が平和に暮らせますように。。
哀しい命がなくなりますように。。
釣鐘雲、まだ見たことがありません。。
不思議な雲ですね。。
しろちゃんの秘密~
意外にたくさんあるかもですよ^-^

No title

kakoboxさん、こんにちは。
なかなか来られなくて、本当にごめんなさい(T_T)

釣鐘雲・・・初めて見ました。
1番最初の雪だるまさんみたいな雲も不思議な形ですよね。その写真、ずっと見ていたら、母に反抗する時の「悪魔の羽が生えているイタズラするときのミルク」のようにも見えました・笑(^_^)/

前の記事も拝見しましたが、
しろちゃん、ケガだったのですね・・・。
ホント、目の周りが晴れているけれど、目の周りをどこかにぶつけたのかな?とかは考えるけど、まさかほっぺたに異常があるとは、考え付かないですよね・・・。

でも、今回の記事の傷跡を見て、良くなってきたんだぁ・・・と感じました。抗生剤とkakoboxさんのケアが良かったおかげだと思います♪

ミルクもよく、色んなところにぶつかったりしています。気を付けていても、やっぱり猫ちゃんは、猫ちゃんの遊びの中で、けがをしちゃったりってあると思います。

だから、kakoboxさんがご自分を責める必要はないですよ。むしろ、kakoboxさんがいつもしろちゃんを気にかけているから、早く発見できて、こんなに早く良くなりつつあるのだと思います!

それに、しろちゃんを抱っこして、七つの子を歌ってあげたkakoboxさんに、しろちゃんは、いつもと変わらぬ愛情を受けて、安心し、それに、しろちゃんの体の中の細胞が反応して、白血球もたくさん頑張ってくれたのだと思います(*^^)v

だから、しろちゃんが良くなっているのは、kakoboxさんの愛情も、とってもいいお薬として働いているのだと私は思いますよ(*^^)v

あともう少し、完全に良くなるまで、私もミルクも「しろちゃんのお顔の傷が早く良くなりますように」ってお祈りしますよ~(^_-)-☆

しろちゃんのお写真、手前の所に柊みたいな赤い実と、緑の葉っぱの飾りがありますね。しろちゃんの真っ白い毛に映えて、とても綺麗で、その反対に、その赤と緑が対比になって、しろちゃんの真っ白い毛も一段と白く綺麗ですね~。

しろちゃん、柊の蝶ネクタイを飾って、どこへお出かけするのかな?うちのミルクもオシャレして行くから、見かけたら、ダンスに誘ってくれますか?しろちゃんとミルクのダンス、見て見たいな♪・・・でも、ミルクはドジだから、しろちゃんの足踏んじゃうかも(>_<)そうなったら、ゴメンね、しろちゃん!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

どうですか。しろちゃんは良くなりましたか。
先生はなんて仰っていましたか。
何もない部屋でも床が滑れば壁にぶつかります。
しろちゃんの秘密を守りながらも、
危険は予め低くしてあげると安心ですね。

釣鐘雲ですか。笠雲が何層にも重なったものなのかな。
雲っていくら見ていても飽きないですよね。
これからの季節、入道雲を見るのが好きです。
双眼鏡や望遠鏡で見る雲もいいですよ。

jibouさん、こんばんは♪

いつも気にかけてくださって、ありがとうございます。
毎日コツコツ薬を塗ってみたら、カサブタが取れ、しこりが無くなった=ただの傷ってことだと思います。
調子よく行ってるので、今日行くはずだった病院は延期ということになりました。
えくぼの白猫王子ってのも、かわいいですよ←親バカ
ハゲとも言いますけどね(笑)

この雲ね、見た時にはビックリだったのですが、夕方のニュースでも取り上げられていたので、見た方は多かったようです。
関東の人は、地震雲?って思っちゃうのですけど、雲の学者によると、台風のあとなどによく見られる雲だそうです。
まさか富士山の手前のものとは思いませんでした。

雲を見るか見ないかって、住宅状況にもよると思います。
私も前の戸建てに住んでいた時には、外にでも出ないと見ませんでしたよ。
今は、前に高い建物の無い6階なので、窓の外は空ばっかり(笑)

アザラシ、今までも何頭も登場してますけど、今回の子は、格別に愛嬌があって…江ノ島水族館に保護されてよかったと思ったのに…。
あっけなく死んでしまいましたね。
動物の命のはかなさみたいなものを感じ、切ない気持ちになります。

私が優しいのではないのですよ。
しろちゃんが、気づかせてくれるようになったのです。
ママ、命はみんな一緒だから、アザラシちゃんのことも気にかけてあげてねって…。

しろちゃんのイカ耳、なかなか珍しいのですよ~怒らない子なのかも。
コメント、ありがとうございますi-2

のん福レオちゃんのお母さん、こんばんは♪

ね~そうですよね~♪
自然界の動物も、よそ様のお宅の子も、みんな愛しく思えますよね。
そして、動物の悲しいニュースには、涙が出るほど心が騒ぐ。
飼い猫に情操教育されてるのかしらね、私達(笑)

釣鐘雲、私も初めて観ましたよ。
高い山の近くでできるようなのです。
東京では地震に怯えてますから、地震雲かと、不安になってしまいました。
吉兆の雲だといいのですけど。
しろちゃんの秘密、知らぬはママばかりなり…でしょうね(笑)
mamiさんのお宅でも、のんちゃん主催の秘密の猫会議なんてあるかもしれませんよ~。
スケ坊、もうすっかり傷は癒えましたか?
スケ坊、フクチョウの、病気知らずな健やかな成長を願っています。
コメント、ありがとうございますi-2

あいにゃーさん、こんばんは♪

お仕事は落ち着きましたか?
ミルクちゃんは、ご家族の猫ちゃんだから、忙しいときでも一人にならないで、幸せですよね~。

釣鐘雲・・・地震雲かと思っちゃいましたよ~実際あまりにも不気味だったんです。
大きい怪獣がせまってくる感じ。
「悪魔の羽が生えているイタズラするときのミルク」…表現がかわいいですね♪。
悪魔の羽が生えているミルクちゃんの写真、ブログにも時々出てきますよね。
白いかわいい天使から悪魔への、落差の激しいミルクちゃん♪

しろちゃん、怪我だったと思うのです。
怪我じゃなかったほうが、厄介なことになりますものね。
そりゃ、怪我はさせた覚えもないし、させたくないですが、病気で潰瘍ができているよりは怪我で済んだほうがずっとマシ。
目の周り、やっぱり腫れてるでしょう?
眉毛のようにひっかき傷があるのですけど、まさか、ほっぺに大きな陥没があるとは、ゆめゆめ思ってませんでした。
ほっぺって、毛の密度が濃く、ほわほわフカフカなのですね。
毎日触れていても、気づかないなんて、本当に狐につままれたような感じです。
でも、お薬をしっかりびっしり、塗りましたからね~。
塗ったあとは、舐めないように見張ってるのです(笑)
抗生物質で治癒したら、ただの怪我と言われてましたので、ただの怪我だと思います。
病院には、もしかすると電話報告で済むかもです。
薬とヒルズのa/d缶、多めの睡眠…猫ちゃんの自然治癒力はすごいですから、グングンと治ってしまいますね。

ミルクちゃんも、色んなところにぶつかったりしているのですって?
感情は豊かでも、動きの大人しい子だから、怪我なんてしそうもないけれど、やっぱりしちゃうんですね。
しろちゃんは、いったんスイッチが入ると、瞳孔爛々ではしゃぎますからね。
でも、怪我だとしたら、私の留守の間だと思います。
アンヨの爪か、玄関の脱走防止柵が怪しいような気がします。
見つけたときには、一時的に自分を責めたし、がっくりきましたよ~。
かわいいかわいいと毎日撫でまわしているクセに、大事なことを発見できないなんて、失格だと思いました。

「七つの子」、あいにゃーさんも1回声に出して歌ってみてください。
声に出して歌うと、ジーンときますから。。。

ミルクちゃんと一緒に、何回もお祈りありがとうございます。
猫友さんは、私にとって、本当に頼もしい存在です。
お会いしたこともなくても、お互いに思い遣れるって、ステキなことですね♪
ミルクちゃんも、ありがとう♪
しろちゃんが白猫王子なら、ミルクちゃんは優しい白猫のお姫様ですね。

しろちゃんの写真の手前にいつもあるあの飾りは、去年のクリスマスケーキの飾りなのですよ~うふふっ。
鈴がリンリンって音がするので、手前の籠の角に刺してあり、それが写真に写りこんでいるのです。
柊の蝶ネクタイか~かわいいですね~。

ミルクちゃんがオシャレしたら、相当なオシャレさんでしょうね~あいにゃーさん製作のシルバーアクセなんて、着けてきちゃうのかな♪
もちろん、ダンスにお誘いさせてください。
年下の内弁慶しろちゃんでもよかったら。
しろちゃんも精一杯、オシャレしないと…ミルクちゃんにつりあうように。
お顔も、きれいに熱いタオルでゴシゴシ拭かないと…(笑)
いつも優しいお気遣い、yれしいです。
コメント、ありがとうございますi-2

つくね♂さん、こんばんは♪

いつもお気遣い、ありがとうございます。
日曜日は、病院には行ってないのです。
行くとしたら、水曜日です。
よくなった=抗生物質が効いた=単なる怪我だったと、私は判断しているのですが。

猫ちゃんの目線の高さで、家中を見たら、きっといろんな危険に気づくのかもしれませんね。
そんなことをしたら、首がどうにかなりそうですけど。
危険はなくしているつもりなのですが、しろちゃんの遊びの時以外の大人しさ、人のものに触れないところに、甘えている感は否めません。

そうそう、釣鐘雲は、笠雲が何層にも重なったものに似ています。
釣鐘に見えるのは、まさに雲の下から見たら…ということで、御殿場とか箱根で撮られた写真では、お寺の釣鐘がグルグル回っているような感じでしたよ。
こちらから観ると、横から観ることになり、笠雲の重なりに見えるのでしょう。

これからの季節は入道雲ですね。
入道雲のちゃんと見える夏って、正しい日本の夏と言う気がしていいですよね~。
今年はどうなのでしょう。
ちくわちゃんもつみれちゃんも、初めての夏を健やかなままで乗り切ってくれるよう、願っています。
コメント、ありがとうございますi-2
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック