眠たい雨の日に、しろちゃんの寝床事情を暴露なのだ。

2012/05/02 Wed

IMG_9273_convert_20120502182621.jpg

「朝からずっと雨こんこんです。
猫ちゃんたち、今日は眠くてしかたがないことでしょう。
僕?
僕は眠たくなんかないですよ。
もう5歳ですからね。
ブログを書くママのお手伝いをするのです



ゴールデンウィークの中の普通の日。
外は降りしきる雨。
遠くの丘が墨絵になって霞む。
雨の日には、生物学的に眠くてたまらない猫と、眠くてたまらない猫を見ていると眠くてたまらなくなる、感性で生きる人間の私とのせめぎあい…。

ということで、今日はしろちゃんの寝床事情を…。


IMG_9278_convert_20120502182637.jpg

「なんですって?
僕の寝床事情ですか?
はあい、僕はこのベッドで眠っています。
もちろん、一人で!ですよ

しろちゃんにも、張りたい見栄ってものがあるわけね


しろちゃんは、自分の猫ベッドを持っていない。
色んな種類の猫ベッドがたくさん売られているのに、私は買おうと思ったこともない。
買う必要性も感じない。
いやむしろ、買いたくはない。
なぜならば、
しろちゃんは、今日からお家の子、お外に出ちゃダメですと言ったその日から、私のベッドで一緒に寝ているからである。
1日も欠かさず、私と一緒に眠っているからである。

昨日まで外に寝ていた子が、私の隣に眠ってくれたのである。
昨日まで外に寝ていた子を、自分のベッドに入れた私なのである。
うれしかった。
しろちゃんにすれば、ママとして選んだとはそういうことなのだろうし、私も、ママに選ばれるとはそういうことだと思った。
虫がいるとか汚れているとか、なぜだか不思議に考えたこともなかった。
無知と言えば無知だが、何か強~い力が、私としろちゃんを1日も早く結びつけようとしていたように思える。
しろちゃんのために敷いた毛布は真っ黒になるし、私は毎日、どこかが痒かった。


ここから、現在のしろちゃんの寝床事情。

IMG_9267_convert_20120502182539.jpg

↑↑↑ しろちゃんが向かって左、私は右。


猫ちゃんなので、しょっちゅう仮眠しているわけであるが、そういう場合は、キッチンカウンターの籠の中だったり、ソファだったり、床に身を無造作に投げ出して眠っている。
ひとたび、ちゃんと眠るとなった際には、必ず私のベッドの自分のスペースに身を横たえる。
必ず必ず、その場所でしか眠らない。
そのちゃんと眠るが、私としろちゃんの場合、本寝とお夕寝を含めて1日に2回ある。

よほど寒いときとか、具合の悪いときには、私の懐に入って、お腹をくっつけて眠る。
そうでない場合、しろちゃんは、人と一緒に布団の中にもぐるということをしない、してくれない。
一人では、よくもぐっている。
恥ずかしいのか、外猫だったときの矜持なのか、変なところがキッチリな子なのである。


IMG_9259_convert_20120502182415.jpg

↑↑↑ 夏掛け羽毛布団の4回畳み=8枚重ね。
ふんわり感を出してあげようと思って…。


IMG_9264_convert_20120502182511.jpg

↑↑↑ 寒い時期には、その間に、人間用座布団型のホットマットを敷いている。


IMG_9262_convert_20120502182434.jpg

↑↑↑ そして、8枚重ね布団の上に猫毛布を敷いてできあがり。
夏場も、しろちゃんはバスタオルでなく猫毛布である。
このまま、ホットマットを抜いた状態で眠る。
人間のエアコンが寒いらしいのだ。


眠る時、猫毛布の上でひとしきり儀式がある。
しろちゃんは、いきなり身を横たえたりはしないのだ。
四つの手足で、毛布の上に、普通に立っている。
彫刻になったかのように、窓のほうを向いてじっと立っている。
「しろちゃん、寝んねエンチャイ!」と、お尻を撫でて数回言わないと身を横たえない。
(ちなみに、エンチャイは、赤ちゃん言葉で座りなさいの意。)


IMG_9280_convert_20120502182653.jpg

「ママったら…。
また僕が、世間に顔向けできないような恥ずかしいお話を、しているのではないですか?
もうっ、僕にだって恥じらいってあるのですからね~。
お嫁ちゃんが来なくなっちゃうじゃないですか

大丈夫、お嫁ちゃんは、ママがちゃんと探してあげます


身を横たえてからも、眠るまでがまた長いのである。
私のほうを向いたり、背を向けたり、向きをたびたび変える。
その間、人間の赤ちゃんにそうするように、トントンし続けないと許されないのである。
お尻の辺りを、トントントントン、猫の心拍の頻度程度で軽く叩いてやる。
尻尾の先が、フ~リフ~リと、優しく左右に揺れている。
ご機嫌なのだろう。
子猫の頃に、猫母さんの胸で聞いた猫母さんの心拍が、優しい眠りにいざなうのならと、最初の日から始めた習慣だ。
習慣とは恐ろしいもので、それ無しには眠れない猫ちゃんになってしまった。
私が眠くなって手を止めると、フ~リフ~リ優しく動いていた尻尾で、パタンパタンと私の手を叩くのである。
従って私はトントンしながら、薄暗い中、尻尾の先を注目していることになる。
しろちゃんの尻尾の先が動かなくなったら、眠った証拠なのだ。
その時に、トントンをやめて、その手をそのままお尻の辺りの上に置く。
猫ちゃんにとったら、人間の手は重たいだろうと思うのだが、
そこに私の手があることが、眠りの国への船出の、安心なお守りなようなのである。


IMG_9282_convert_20120502182714.jpg

「あ~もう、僕、恥ずかしくてお外を歩けません
いいのですよ~お外なんか歩かなくとも



しろちゃんにしたら、5歳にもなって恥ずかしいことを、暴露だ。
しろちゃんに会ったら、「そんなこと知りません」と、言ってあげてください。
ママのトントンが無くては眠れない子にしたのは私。
親バカな親は、子供を永遠に自分の子供にしておきたいものなのかもしれない。

腹壁ヘルニアで、病院に3泊入院した際に、3泊とも、しろちゃんは身を横たえて眠らなかったそうである。
そのことを看護師さんから聞いた。
「しろちゃん、ずっと座っていましたよ。」と…。
退院してそうそう、しろちゃんは、ベッドの中の私の懐の中に、生まれて初めて飛び込んできた。
飛び込んで、両方のお手手で私のお腹にしがみついた。
小さな嗚咽が聞こえたような気がした。


IMG_9269_convert_20120502182559.jpg

「僕は猫ベッドを持っていませんが、人間のベッドに堂々と眠っていますので、ご心配なくです。
だって、ママが一人では眠れないというので、毎日毎日、尻尾をフ~リフ~リして、
眠くなれ~っておまじないをかけてあげるのです。
ママが眠ったな~と思ったら、尻尾フ~リフ~リを止めるのです。
結構疲れるのですが、プーピーって言うママの寝息を聞くと、僕は幸せな気分になれるんです。
いい歳をして、かわいいママなのです



参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

kakoboxさん、こんばんは。

しろちゃんのベット事情・・・参考にもなりましたし、それよりも、心がホッとした記事でした(^_^)/

私も、初代猫ワタル、2代目猫ルリ共に、野良ちゃんの家系から戴いてきたのですが、私もその日のうちに一緒のお布団に寝ました。

でも、遠くの足もとにいて、しろちゃんのように、お布団の中には入ってくれなかったなぁ・・・。お布団の中に入ってくれるのには、時間がかかりました。

私もしばらくは、ノミさんにさされまくりましたぁ~・笑。あれ、かゆいですよね。でも、そんなの気にならなかったなぁ。

ミルクは、保護親さんの所からもらって来た日から、同じ部屋では寝てくれたけど、最初は私の布団の横に布団を重ねた上に寝てましたよ(^_^)/

本当に、しろちゃんは、自分でママを選んでお庭からやってきたんですね・・・なんだか、そのことを考えると、心にジーンとした物が浮かんできます。絵本のような、素敵な出来事・・・でも、絵本のような出来事も、しろちゃんとママの絆があってこそのリアルな素敵な物語ですね(^_-)-☆

しろちゃん、ママのお尻ポンポンで安心するんですね。そして、しろちゃんの尻尾の様子で、ママも安眠の準備が出来る・・・素敵な安眠の連鎖(^◇^)

ミルクは、寒いとお布団の中に入るので、お互いに暖めあって寝ます。夏は、枕の横に寝ています。

しろちゃんや、ミルクの寝息・・・とても愛しいですよね。でも、きっとしろちゃんも言っているように、私たちの寝息も、しろちゃんとミルクにとっては、とっても愛しい音なんだと思います(*^_^*)

しろちゃんのお嫁さん、どんな子だろうな~?もうちょっと若かったら、ミルクも立候補したい位です。でも、家のミルクは、気が強いので、優しいしろちゃんはお尻に敷かれちゃうかも~・・・・って、何だかそんな想像をしているだけで、なんだか幸せ(^◇^)

今日は寒いので、リビングにいる今は、ミルクも専用のホットカーペットでヌクヌクしています。kakoboxさんも、しろちゃんも、体調に気を付けて下さいね(^_-)-☆

こんにちは。

雨ですねぇ。
しろちゃんはママさんとベッタリ寝ているのですね(^.^)
しろちゃん恥ずかしい事なんかないよ~~~ママさんと寄り添って寝ているしろちゃんは幸せ(^.^)
ビクパンは自由人なので~でもお気に入りの場所でそれぞれです(^.^)
パンは最近~私の部屋のソファーにバスタオルを置いていたらそこで寝ているので(^.^)そのままです。

宮城には自分で現場を確かめるために行きました。
まだ復興は出来ていません。

No title

こんにちは! まめはなのクーです。
 シロちゃん、お外からお家に?よかったね…君を見つめてくれる、あたたかいまなざしがあったんだね。シロちゃんは愛されているんだな。なにがあっても安心だね。それを幸せってい言うんだと思うよ。

 シロちゃんはきれいなニャンコさんね。
とってもきれいなシロちゃん…静かに日々を送るシロちゃんで、心が穏やかになりましたよ^^

あいにゃーさん、こんばんは♪

しろちゃんのベット事情・・・笑いませんでしたか?
猫ちゃんは、みんなかわいい猫ベッドを持ってるじゃない?
しろちゃんは、そういえば持ってないな~と…。
ミルクちゃんも、あいにゃーさんのベッドで一緒なのですね。

あいにゃーさん家はミルクちゃんで3代目だったのですね。
じゃあ、猫ちゃんのベテランですね。
「野良ちゃんの家系から戴いてきた」という言い方がおかしいですね(笑)
そうか、確かに、私もしろちゃん一家からしろちゃんを拉致しちゃったとも言える。
ルリちゃんってかわいいお名前ですねえ。
瞳の色から名づけたのでしょうか。

あいにゃーさんも痒かったのね(笑)
普通の場合、野良猫さんだった子を家猫さんにするときには、まずは病院に連れてゆき、検査、駆虫、ノミ取りシャンプーで洗ってもらったりするそうですね。
私はまったく恐ろしい無知でした。
猫ちゃんてものは、ペットショップで買わない限り、お外に居る子を家に入れてみんな飼っているのだと思ってました(笑)

ミルクちゃんは、保護ボランティアさんのところで、きれいになっていたことでしょうね。
>最初は私の布団の横に布団を重ねた上に寝てましたよ(^_^)/
↑ どこかのお殿様やお姫様みたいよね、お布団を重ねるなんて…。

本当に、しろちゃんは、自分でママを選んでくれたんですよ。
他にも野良猫さんが来ていたんです。
でもね、しろちゃんだけなの、日がな1日窓辺で部屋の中を覗きこんでいたのは。
日がな1日、庭に出る窓のところの段ボールので眠ってるんです。
窓が開いて、私が顔を出すのをずっと待ってるの。
入る?と聞くと、ほんの入り口のところにあがって、大人しくしているんです。
出かけると玄関で待ってるの。
私も思い出しただけで、ジーンとします。
絆ってあるんですよね~。

ミルクちゃんは、寒いとお布団の中に入るのですって?
うらやましいわ。
夏は、枕の横じゃ私と一緒ですね♪

そうそう、猫ちゃんの寝息やイビキ、愛おしいですよね。
一生懸命生きてるんだな~って、感動しちゃいます。
寝言言いませんか?
しろちゃんは夢を見て、おおきな声で寝言を言ったり手足を宙に向かって動かしたりしてます。
ビックリしちゃいますよ。
ミルクちゃんは寝言言いませんか?

ミルクちゃん、もうちょっと若かったら、なんて言わずに、しろちゃんのお嫁ちゃん候補になってくださいな。
でも、しろちゃんがあまりにもお子チャマなので、強気のミルクちゃんに愛想を付かされそうです。
白猫同士だと、赤ちゃんも100%真っ白な子でしょうね。
白猫遺伝子は、優性遺伝子ですから。
わ~ん、なんてかわいいんでしょ。
お目目の大きな、アイスブルーの瞳とグリーンの瞳の白猫の赤ちゃん達♪
私も、こういう想像をするのが大好き~。
考えただけで、心がふんわり、幸せな気持ちになります。

昨日は我が家もホットカーペットつけてましたよ。
いつも優しいお気遣い、ありがとうございます♪
コメント、ありがとうございますi-196

ビクママ、こんばんは♪

せっかくのお休みなのに、ビクママには雨で気の毒ですねえ。
しろちゃん、眠る時もベッタリですよ。
ビクママのところのように、自立心のある子に育てられなかったってことかな。
ビクちゃんは、自分のケージの中のベッドにでも入って眠るのかしら。
パンちゃん、ちょっとずつ距離が縮まって、うれしいじゃないですか。

行き先は宮城だったんですね。
記事を読んでmビックリしました。
>自分で現場を確かめるために行きました。
↑ そういう気持ちが偉い!
みゅママさんて、ヤフーペットのみゅママさんだったんですね!
3にゃんの名前を見て、やっと結びついた。
今まで気づきませんでした。
私、みゅママさんには、ヤフーペットで本当にお世話になったのです。
足を向けて寝られないような方です。
ビクママのところ、コメント閉じてたから、入れられませんでした。
(あとで鍵コメします)
復興なんて、テレビの演出ですね。
まだまだ応援しなくちゃいけませんね。
コメント、ありがとうございますi-196

まめはなのクーさん、こんばんは♪

初めまして、ようこそ、まめはなのクーさん♪
そうなんです。
しろちゃんは、2008年の晩秋にお家の子になってくれたのです。
自分の足でお庭からやってきて、私を選んでくれました。
猫好きじゃなかった私なのに、猫ちゃんに選ばれるなんて、こんなに幸せなことはないと思ってます。

しろちゃんをほめてくださって、とてもうれしいです。
大人しい律儀なとっても良い子ですよ。
これからも、そっと誰かの心を癒せるブログであったらいいと思ってます。
また来てくださいね~♪
そちらにも伺いますね。
コメント、ありがとうございますi-196

No title

kakoboxさんとしろちゃんは、
深い深い愛情と絆でむすばれているのですね。。
今日はつくづくとそう感じました。。
そんな幸せな日々が長く続きますように祈ってますね^-^

のん福レオちゃんのお母さん、こんばんは♪

いつも記事を読んでくださって、ありがとうございます。
mamiさんのところだって、いくつもの奇跡と絆で、家族となったのですものね。
すれ違ったら、知らないままで終わるかもしれない子と、かけがえの無い家族になって、その家族が増えている。
mamiさんの大きな愛情がなければできないことです。
すれ違ったら、そのままだったと思うと、お互いに何かの力でひきつけあったとしか思えませんね。
チビダーズも、間違えずにmamiさん宅に舞い降りてくれて、これから先、いくつの喜びをもたらしてくれることでしょう。
コメント、ありがとうございますi-196
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック