首都直下地震の震度修正、緑色の防空壕に入る猫

2012/03/30 Fri

IMG_8579_convert_20120330184308.jpg

「今日は春の嵐ですね。
窓を開けると、網戸ごと飛んで行ってしまいそうなのです。
今日は、このパオ、ママいわく緑色の防空壕に、こもって遊ぶことにします。
とっても安全なんです



今日は風がとっても強い。
雨や風の音が全く聞こえない、それは寂しい二重窓の建物だけど、今日は強風のあまり、ゴオオオオッと音がする。
怖いけど、自然の音にホッとしもする。
我が家では、今日を春一番と認定しよう。


しろちゃんは、ずっとずーとずーーーと、私にオモチャの類を買ってもらったことがない。
しろちゃんにと、贈られてきたもので遊んでいる。
みんな、オバサンオジサンお姉さんから頂いたものばかり。
オバサンオジサンお姉さんと言っても、我が家の親戚でもなんでもない。
血のつながりは皆目ない方々だ。
しかし、もっと濃いつながりがある…と私は思っている。
みんな大切な猫友さんなのだから。
いわば、しろちゃんの作った「猫親戚」さんなのだ。
近いホントの親戚よりも、しろちゃんの作った猫親戚さんのほうが、ずっと濃いつながりだと、私は思うのだ。


IMG_8547_convert_20120330184410.jpg

「僕のパオです。
富山のぷーちゃん、アトム君のママが贈ってくれました。
僕のママは防空壕だっていうのですけど、防空壕って、いったい何のことですか?

言っておきますが、ママだって、入ったことはありませんから~!!


本日、文部科学省の地震プロジェクトチーム(東大地震研究所)が、首都圏直下型地震の予測で、
東京湾北部でマグニチュード7級の地震が発生した場合、各地がどの程度揺れるかを予測した震度分布図を公表した。
湾岸などは震度7、東京23区内全域、川崎市の一部が震度6強と、悪いほうに見直されたと発表があった。
我が家は23区に限りなく近いほうの多摩地区だから、ほぼ震度6強。
研究結果を公表してくれるのはいいが、だったらどうする?の、対策論のほうが研究されていない、できないのが、地震の怖いところだ。
台風ならば、来るときが予測でき、一時をしのげばいいのだが、地震はいつ来るともわからない。
各個人、各家庭で災害に対応する工夫に重きが置かれているのが、なんとも悲しい災害なのである。


IMG_8573_convert_20120330184535.jpg

「中に入ると落ち着くのです。
暖かい猫母さんの胸の中にいるみたいなのです

あら~人間のママの胸の中ではないのね


あの大震災以降、各省庁、各大学の研究室で地震に関する発表がなされるたび、良い発表のあったことなんて一度もない。
研究が進むに連れて、どんどん悪いほうへと修正されていくばかりだ。
一時期の、東大地震研究所平田教授の「4年以内に70%」が、低いほうへ訂正されたことくらいが、若干息のつけるものだった程度だ。
首都圏の人は、本当はみんな疲れているのじゃないか。
畳み掛けるように続く悪い発表で、心身ともに疲弊しているのが本音じゃないのか。
去年の大震災の被害に遭われた方々のことさえ、思い遣れなくなってしまうほど、
自分達に迫り来る地震の予測で、疲れていはしまいか。


IMG_8549_convert_20120330184453.jpg

「こんな風に隠れて遊ぶと、とてもおもしろいのです。
僕はライオンの気分になれます



我が家の緑色のパオは、ある場所に常設になっている。
リビングの一角なのだが、そこは、地震の揺れで倒壊の危険のある家具、普段使わない食器を収納する食器棚のある前である。
そもそも、その食器棚を撤去すべきなのだが、変わりの低い食器棚を買うまでは…のつもりで、ダラダラとそのままだ。
天井の梁にくっつきそうな高さなので、ツッパリ棒ができない。
東西方向に揺れた際には、絶対に倒れると思っている。
去年の東日本大震災の折には、中の食器も、ドアから飛び出した食器も割れた。
そのため、外出時には、扉にガムテープを貼ってゆく。


IMG_8550_convert_20120330184512.jpg

「通り過ぎるママの足に、ガウッってすることもできるんですよ


その食器棚が倒れた場合、キャットタワーに引っかかって、斜めの状態で途中で止まることには、一応なっている。
(斜め50℃程度の位置で)
しろちゃんが仮にその場に居たとしても、食器棚の下敷きにはならない予定になっている。
思えば、キャットタワーは、土台が重たく頑丈で、震度7の揺れが来たとしてもビクともしないだろうと思う。
東日本大震災以前に作られたものであるのに、あっぱれキャットタワーなのだ。

だがしかし、食器は雨あられと降ってくる。
もちろん、俊敏な猫ちゃんは、落ちてくる食器にやられるほど、ボヤボヤとしてはいないだろう。
パオをそこにおいてある意味は、とっさに逃げ込めるように…だ。
パオの中にいてくれさえすれば、いいのである。
食器棚は斜めにキャットタワーに倒れかかって止まり、そこから飛び出した食器は、パオの中に居るしろちゃんを直撃しない。
パオの素材は、板のように厚く硬いフェルトなのだ。
かつ頂点に硬いプラスティックの三角錐があり、四方は梁が入って型崩れがしない。
パオにガラスや陶器が当たったとしても、しろちゃんは怪我しない。
しかし、とっさの場合、しろちゃんは入れるのか?


IMG_8566_convert_20120330184657.jpg

「丈夫で分厚いパオなのです。
この中にさえいれば、怪我はしないでしょうと、ママは言うのです。
でもね、残念ながら、ママは一緒に入れないのです

いいのです、しろちゃんさえ怪我がなければ、ママはどうなろうとも本望なのです。


考え抜いてそうしたわけではないが、お掃除に動かす以外は、パオを食器棚の前の位置常においておく。
なんとなくの気休めでもいいから、想像してそこにおいておく。
常時しろちゃんはそこに入っているわけではない。
食器や照明器具が雨あられと降り注いだとき、防空壕のようになって、しろちゃんがそこに入りはしないかと期待している。
危ないものの落下から、しろちゃんを守ってくれると、想像して期待している。

パオをくださった猫咲トマトさんは、何もそこまで考えて選んでくださったわけではないだろう。
しろちゃんのお遊びハウスとして、楽しく遊ぶようにと贈ってくださったのだ。
だがしかし、思いのほかの避難グッズとなっているのである。
しろちゃんがリビングに出て、キャットタワーで遊んでいたりした際の、屋内防空壕なのだ。
寝室に逃げ込むことが間に合わない場合の防空壕だ。
想像することは容易だが、実際そんなことにならぬよう、祈りたい。
祈っても願っても、地震ばっかりは避けることはできないだろうが、災禍の中でも、生き延びてくれさえすればいいのである。

そもそも、「その食器棚をそこからどかせー!」と思った皆さん、仰るとおり。
鋭意検討中であります。


IMG_8578_convert_20120330184245.jpg

「本当にママは何ひとつオモチャを買ってくれないのです。
でもね、全然いいのです。
だって、猫親戚のオバサンオジサンお姉さんから、たくさんたくさん頂いて、僕はもう、たくさんたくさん、オモチャを持っているのです。
「しろちゃん元気?」って聞いてくれる皆さん、
「今日のしろちゃんはどうかな~」って、そっとお顔を見てくれた皆さん、
僕のことに、優しい心をありがとうなのです

しろちゃんを、わが子のように心配したり、見守ってくださりコメントくださる皆さん、遠くどこかでそっと見ていてくださる皆さんに、本当に感謝していますm(__)m


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

ニュース^^;

車を止めてニュースを見ました。とにかく自分で対策する方向でいます。
家のキッチンは箱型のキッチンなので食器類が飛んでも、そこだけなので。
食器棚は壁と結んであります。
幸い家は食器棚と冷蔵庫以外は低いチェストしかないので、小物の飛び散りも少ないと思います。
金魚ちゃんは助けてあげれるか心配です(-"-)
ビクパンは、去年の様に柱にへばり付いていると思います。
:しろちゃんを、わが子のように心配したり、見守ってくださりコメントくださる皆さん、遠くどこかでそっと見ていてくださる皆さんに、本当に感謝していますm(__)m
↑これはみなさんお互い様で、こちらこそ、ありがとうございます。

シャンプー
とてもいい感じでした。春らしい香りでした。

No title

首都直下型地震が来ると言われていますが、
昨年の震災対策では不十分なので、
今年は家具をL字型の留め具を使って固定したり、
低い家具の購入を検討しています。
人間用というより、カイ君用の対策です。

地震がいつ来るか分からないので、
万が一、誰も家にいなかった場合、
出来る限り怪我をさせないようにしなくては・・・
と思いまして。

しろちゃんの沢山の猫親戚が、
いつの間か増えましたね。
有名税で親戚が増えたのではなくて、
心から親しみと優しい気持ちを持って
広がったものだから、
それはとてもとても大切な財産だと思います。

No title

地震のニュース・・・去年の被災地の方の心情もそうですし、自分たちの生活にかかって来る負担を考えたりして、kakoboxさんのおっしゃっているように、時々色々考えすぎて、不安になってしまいます。でも、しっかりしなきゃですね!!

私も、ミルクと一緒にいつでも逃げられるよう、寝る前には自分の部屋にもキャリーを置くようにしました。1階の部屋にも、古いキャリーを置いてあります。

家は古いので、非難の前に倒壊の危機も大きいですが、家にいる人が、ミルクを連れて逃げられるように…と考えています。

うちも倒れてしまいそうな本棚とかの防災対策をしなくては・・・。

しろちゃんの緑の防空壕・・・ある時は、しろちゃんの秘密基地・・・そして、危なくなった時にスッと入れる、頼れる防空壕だと思います。

猫親戚・・・kakoboxさん、素敵な言葉をいつも書いてくださいますね~。心が暖かくなります。

猫ちゃんを介して、自分のお家だけではなく、他のお家のねこちゃんのことも愛しく思う、暖かい心の連鎖・・・。素晴らしいですね(=^・・^=)

ホント、ネットを通して、皆さんの心がつながるっていうことが、ファンタジーのようでもあり、リアルでありがたい気持ちもあり・・・すごいなぁ。

私もこのブログを拝見していて、しろちゃんのことを、もう何年も前から知っているかのように、当たり前のことになりつつあります。

3枚目のしろちゃんの表情・・・たまりません。挑発しているようにも、甘えているようにも見えます。桜色のお鼻・・・チョイチョイって触りたいな~(*^。^*)

ビクママ、おはよう♪

ビクママは、何かにつけ、強いですよね。
私は強気なだけで、実際には怖がりなのかもと思います。
自分ひとりなら、さっさと首都圏から脱出してたかも…。

確かにキッチンは、箱型と言えば箱型ですよね。
そこの中だけで被害が収まってくれれば、ドアを閉めればいいことよね。

食器棚を壁と結ぶって?
壁にフックとか取り付けて結んだってこと?
すごいな~そういうアイデアもあったのね。
動かなきゃいいのですものね。

低いチェストばかりなんて理想的ですね。
低いと、屈んで取ることが腰に来るので、ついつい高さの高いほうを選んでしまいがちな私。
ん~金魚ちゃんは難しいかもしれませんね~。
非常電源付きポンプと水の確保と割れない水槽が必要ですね。

ビクちゃんパンちゃんは、去年の地震の時は柱にへばりついてたの?
いや~ん、健気で涙が出そう。
今後も地震のあったときには、ビクちゃんがきっとパンちゃんを守ってビクママを待ってますよ。
賢い子だから、ビクちゃんは絶対に大丈夫。

あらあら、こちらこそ、猫の親戚さん、ありがとうございます♪
桜のシャンプー、春らしい香りでしたか。
春だもの、こんな暗い話題を聞かなかったことにしたいですね。
コメント、ありがとうございますi-19

ローズキャットさん、おはよう♪

記事に書いたあとで思ったのですが、あまりこういうことは書かないほうがいいのかしら。
読むこともまた、ストレスでしょう?
悪いほうに修正ばかりされているので、地震対策も、変化していきますね。
今までの常識が通じなくなった感があります。
家具のツッパリ棒、滑り止めのシリコンは、直下型の場合無意味と、テレビで実験やってましたよ。
低重心の低い家具がやはりいいようです。

一昨年の今頃は、こんな話を日常的にするようになるとは、思ってもいませんでしたね。
被災地以外の場所の、震災後の人の心理的な変化を追った本が出ると、雑誌で読みました。
「被災地の方にしたら笑止千万かもしれないが、私達もこんなに生活が変わった」というような内容だと思います。
旅行しなくなったとか、外食しなくなったとか、不動産の購入をやめたとか、いかに人々に変化が生じているかに、興味があります。

ホント、一人でお留守番させるときが一番不安ですよね。
怖い思いはしても、怪我さえせずに隠れていてくれれば、いいんですものね。
猫だから、数日は待てることでしょう。
私は、ガラス窓が割れ、しろちゃんが外に出てしまうことが一番怖いです。
怖がりすぎかな~。

猫親戚さん、いつしか増えました~。
有名税で増えるほど、しろちゃん有名じゃないですから、心からの親しみと優しい気持ちを持って、猫友さんになってくださったと信じています。
コメント、ありがとうございますi-19

あいにゃーさん、おはよう♪

去年の大震災の時には、あいにゃーさん、まだ登場なさってなかったですね~。
ミルクちゃんはどうでしたか?
日常的に地震のことが頭から離れない日々を過ごすなんて、なんだか悲しい気持ちです。
あの震災前の日々には、東京も二度とは戻れませんね。
あいにゃーさんの言うように、私達はしっかりしなきゃ!です。

キャリー及びキャリーの代用になるようなもの、各部屋にひとつはあったほうがいいと思います。
私は寝室と廊下にハードキャリーを置いてます。
洗濯の毛布を洗う大判ネットを、各部屋に用意しておくのもいいと思いますよ。
パニックになった猫ちゃんを、捕まえることが難しくなりますものね。
ケージを持ってますか?
家が倒壊しても避難所に行っても、ケージがあれば猫ちゃんの場所、何とか確保できるでしょ?
フードとトイレとお水の買い置きはありますか?
人間の分はそのうち補給されることと期待してますが、猫ちゃんの分は後回しと思います。

しかし、あんまりこういうことばかり考えてるのも、疲れちゃいますね。
春なのに。。。

猫親戚さん、なかなかいいでしょ?♪
猫ちゃんは、ワンちゃんのようなお散歩友達ができないので、ブログを通しての繋がりしかないといっても過言ではありませんね。
ファンタジーじゃないですよ~。
いざというときには、皆さんがあいにゃーさんのことも、助けてくれるはず。
手を伸ばせば、助けてくれますよ♪
私はしろちゃんの病気や具合の悪いことで、皆さんにとっても助けられましたから。

猫さんのお鼻は、どんな子もかわいいですよね~。
3枚目の写真がツボでしたか?
しろちゃんに、チョイチョイしてやってくださいな~♪
コメント、ありがとうございますi-19

No title

うん、うん、皆がしろちゃんを応援しているからね♪
地震も、起こるかもしれない、起こらないかもしれないです。。
後者を願って生活しましょうね。。
いざとなったら、北陸まで避難してきてください^-^

No title

この前、ニュースで見ました。
私の住んでいる地域は地盤が悪いので、たぶん震度7クラスだと思われます(-_-;)
この前の揺れでかなりビビリましたから7クラスは想像するだけで怖いです。
でも何よりも自分が家にいない時に起きたら・・・猫が心配でたまりません。
前回の地震で、食器が割れたんですね!
住んでいる階層と食器棚高さ、揺れる方向とかも関係あるんでしょうね。
キャットタワーも突っ張り棒として使えるように配置を考えているんですね(^^)
そしてしろちゃんの逃げ場もちゃんと用意している。
さすがkakoboxさんです。

「猫親戚」っていいですね(*^_^*)
一人一人の力が集まれば大きな力になりますもんね。
出来れば災害など来ない事を祈りたい。
みなさんのお家の愛猫が、こうやってジャラシで遊んでいる姿を
いつも見ていたいなぁ~って思います。

No title

しろちゃん地震は大丈夫だった?
先程の地震は緊急地震速報よりも地響きと揺れの方が
早かったです。
新年度も始まり、気を引き締めなさいと言っているのかも知れません。

食器棚も早めに改善してくださいね。
しろちゃんだけが助かっても、しろちゃんひとりでは
生きていけませんからね。

キャットウォークもつみれ用に少しだけ改善しました。
まるで購入したみたいですよ。

のん福レオちゃんのお母さん、こんにちは♪

いつも優しいお気持ちをありがとうございます。
mamiさんの仰ることで、また目線が変わりました。
>地震も、起こるかもしれない、起こらないかもしれないです。。
↑ 100%起こるとは限らないのですよね。
たとえ90%としても、起こらない可能性も10%!
細分化されて、エネルギーが雲散霧消ということもあるかも。
北陸の地があること、猫親戚さんが居ることを、頼もしく感じています♪
コメント、ありがとうございますi-19

ミルクさん、こんにちは♪

スカイツリーがあんなによく見えるミルクさんのところは、江戸の昔から人が好んで住まったところだということをお忘れなくね。
震度7クラスに入っていたとしても、再生できないような場所に、何百年も人が好んで住まうわけはありません。
さらに、ミルクさんのマンションは、頑丈なメッシュ入りの窓だから、家の中にさえいれば大丈夫。
乙女さんは賢明に布団の中にでももぐって、絶対に無事ですよ。

前回の地震で、そちらは食器が割れませんでしたか?
キャットタワーが、突っ張り棒の役目を果たすと気づきましたが、家具は撤去の方向で検討しています。
私もしろちゃんのことばかりが気がかりで…一人だったら、あまり気にしないタイプなんですけどね。
守るべきものがあると、人は怖がりになりますね。

ミルクさんも猫親戚さんですから、何かあったら、助けに行きますよ。
そうそう、災害の小さく済むことを祈ってましょう。
だって、金曜に発表されたのは、最悪なシナリオなんですから。
乙女さんが、プチプチ天国で毎日のんびりと過ごせることは、当たり前のようですが、宝物のような時間なのですね。
コメント、ありがとうございますi-19

つくね♂さん、こんにちは♪

昨日は、つくね♂さんのほうは震度4だったのではないですか?
地響きがしたということは、地面の浅い場所だったのですね。
1週間も外に出ないのに、あんなときに限って外にいた私。
しろちゃんは、布団の中に収まっていたようです。
ちくわ、つみれちゃんは昨年の大震災を知りませんから、驚いたことでしょうね。
知らなくて、よかったかも。

食器棚、そこから撤去したとてどこかにおかねばならず、はまり込むようなスペースがないものかと考え中です。
しろちゃんだけが助かったら、しろちゃんがかえってかわいそうかもしれませんね。
あの元の生活に戻ることになるのですから。

キャットウォーク、拝見しましたよ~すばらしい。
売ってるものより良いというより、そもそも売ってませんよ。
つくね♂さんが器用だから、ちくわちゃん、つみれちゃんは本当に楽しく過ごせますね。
猫ちゃん遊園地の中に、つくね♂さんが住むという感じかな~♪
後ほど訪問しますね。
コメント、ありがとうございますi-19

こんにちは。

今日は嵐になると言っていますね。こっちも雨・風が強くなる気配です。

>壁にフックとか取り付けて結んだってこと?
そうです。L字のプラ製ですがネジで止めてあります。

パンはそっか昔の事があるからなんですね。いくらでも食べちゃうんですよ。
ビクは取られても平気な顏をしています(笑)またもらえると思っていると思います(^_^)
ビクパン少しご飯控えさせないと~~~

三井アウトレットパーク 入間良かったです。
散歩にもなるので。行けば10,000歩以上は歩きます。
運動靴とリュックで。昔靴ずれで酷い思いをしたので。

今度、買った物を紹介しますねぇ。

今日は早く帰りたいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック