白ヤギさんからお手紙ついた、白猫さんたら読まずに泣いた。

2012/03/26 Mon

IMG_8806_convert_20120326191933.jpg

「どこからか、お手紙きました。
ママったら、読む前から、「ヤッホー」なんていうのです。
読まないで、どうして喜べるのでしょ。
そういうの、ちゃんと読むタイプの僕には、考えられません。



春霞といきたいところだけど、薄曇りの夕方だ。
真南の、川向こうの遠くの丘の上に、奇妙な棒が空に向かって伸びていた。
昨日まで、そんなものは無かった。
とうとう、神秘的なものを見てしまったのかと思った。
望遠鏡で覗いたら、ただの巨大なクレーンだった。
現実はこんなもの。

土曜日に、病院から封書が来た。
検査結果に異状がなければ、封書で送りますということだった。
つまり、ヤッホーなのである。
心配してくださった皆さんに、お礼を申し上げます。
今回は、病院内の即検でなく、外注に出した検査だったので、本当は電話して詳細を聞きたいところだが、週の前半は、かかりつけの院長先生は、新百合ヶ丘にある分院に居るので、先生と電話で話せない。


IMG_8808_convert_20120326192005.jpg

「なんですって!
病院からお手紙ですって?
僕、ちょっとだけ悪いことしました。
夕べも、柵を飛び越えて遊びました。
先生、ごめんなさい

なにも、しろちゃん、逮捕状が来たわけではありませんよ。
とうとう自分から、悪事を白状しちゃいましたね。
しかし、アゴ、外れそうですよ~


ホルモン関係=甲状腺機能関係の項目を増やした理由を聞き忘れ、しまったと思っていたが、甲状腺機能関係を知りたかったわけではないことが、検査結果からわかった。
今回からしろちゃんは、シニア検診になったのである。
5歳でシニア?
しろちゃんはおっさん?
…そういうことではなく、シニア検診のほうが検査項目が多いので、そのほうがいいだろうということだったそうだ。
もしかすると、「何かと質問の多いうるさいしろちゃんのママさんだから、こっちにしておこう」だったかもしれない。
通常の検査が5千円のところ、6千円と千円割高だが、多いに結構なのである。
なんなら、心電図、エコー、レントゲンまで、フルコースでやって欲しいような気持ちなのだから。
しろちゃんも神経質なら、私も神経質なのである。


IMG_8814_convert_20120326192043.jpg

「ハラハラして、喉が渇いてしまいました。
ママったら、本当に大げさなんですから。
僕がシニアなわけないでしょう。
5歳なんですよ。
日本男子の平均寿命は、79.64歳なんです。
まだ74.64年、僕は生きるのです

その意気その意気


増えた項目は、
※糖尿病判定
※すい臓機能判定
※脂質代謝判定
※ホルモン検査

いずれもしろちゃんは、ありがたいことに正常値内に留まって問題なし。


IMG_8820_convert_20120326192127.jpg

↑↑↑ 先生のコメント。

IMG_8821_convert_20120326192144.jpg

↑↑↑ 腎臓関係の数値。
検査機関によっても、動物学者によっても、その数値は若干異なる。


問題の腎臓数値であるが、
BUN 尿素窒素 →33.0 (前回 36.2)
クレアチニン  → 1.7 (前回と同じ)

ギリギリの崖の上に乗っていることに違いはないが、前回の検査からBUNのほうだけでも下がったのだーーー。
しかし、本当はクレアチニンの数値のほうが大事なのだ。
BUN尿素窒素は、血液中の老廃物や毒素であり、食事の内容や代謝の良し悪しが関係する。
いっぽう、クレアチニンは、筋肉内にある物質の古くなったものなので、食事の内容に左右されない。
いずれも、腎臓機能が衰えたからこそ、尿中に排泄できずに腎臓中に増えるものだが、増えて困るのは、食事の内容に関係のないクレアチニンだということだ。
=食事療法も効かないということ。


IMG_8811_convert_20120326192110.jpg

「僕はこんなに元気なのに…。
ママ、いっそのこと病院に行かなければ、心配もしなくて済むのじゃないですか?



まあまあ、良しとしようではないか。
コメントにもそう書いてある。
すっかり完全に良好な数値など、求めるほうが高望みなのだ。
またしても同じ言葉が出てしまうが、お外で暮らしていたしろちゃんには、いたし方の無いことなのだ。
先生にも、最初の検査の際にそう言われた。
「過酷な野良猫生活をしてきた子には、腎臓の機能の低下はいたし方の無いこと。
全般に猫ちゃんは、年を取って腎臓機能不全で亡くなる子が多いのです。
自然と言ってもいいかもしれない。
野良猫さんの場合、過酷な生活を続けているから、事故で亡くなる子の数値も含めて、平均寿命が4~5歳なんです。
これから食事でケアしてゆけば、この子もここら辺で踏みとどまってくれるでしょう。」

完全な良好な腎臓に戻りますなんて、そもそも最初から言われていないのだ。


IMG_8807_convert_20120326191947.jpg

「ええ、ええ、どうせ僕は、野育ちの野良猫でしたよ
すねることはありません。
一人で立派に生きている野良猫さんは、尊いのですよ。
命の尊さはみんな同じ。


良き知らせのあった日なので、しろちゃんに、○ンプチスープのオヤツを与えた。
こういうオヤツを、まったく与えないでいることが本当の食事ケアなのだろう。
(あくまでも、ギリギリな数値のしろちゃんの場合である。
健康な子は、オヤツに食べる分には、全然問題はないと思う。)
そうと思いつつも、しろちゃんに、うれしい気持ちを分かち合うということを教えたい。
一緒に、ヤッホーと、言いたまえよ、しろちゃん。

ママは、毎日毎日、気にかけているのだから。
しろちゃんの身体が少しでも健康であるように。
心身が、猫として健全であるように。
悪いものを食べさせないように。
ストレスのたまらないように。
災難に遭いませんように。
災難に遭っても、負けませんように。
そして、ママを超えて、果てしなく元気でたっぷりと生きることを楽しんでくれるように。
猫ちゃんに生まれて良かったと、そう思って毎晩眠りにつくよう、ママはこれでも努力しているのだ、しろちゃん。
ママの子になって良かったなんて、言わなくてもいい。
「猫ちゃんに生まれて僕は本当に幸せだ」と、小さな指で今日一日の楽しかったことを数えてくれればそれでいい。


IMG_8392_convert_20120228122814.jpg

ヤッホー
猫に生まれて、僕は幸せですよ。
人間に生まれないで、よかったです。
人間に生まれたら、そうそうたやすく、ママの子にはなれませんからね。
健康って宝物、猫のお友達のみなさんも注意しましょう。
カッコイイとか美人だとか、そういうこと以前の問題だと認識しましょうね

負け惜しみだね、しろちゃん。


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

しろちゃんの「なんですって」顔に目を奪われて、
読んですぐに一番大事なことが頭に入ってきませんでした。
しろちゃん、顎が外れないのかしら?
大丈夫?

心配されていた腎臓の数値が、
大丈夫のラインでとどまっていて良かったです。

腎臓が悪化すると、まずは投薬治療をし、
それでもダメなら透析治療だったと思います。
前の猫・ミィちゃんがそうでした。
ミィちゃんにはよく猫のおやつ
(小魚)をあげてましたが、
投薬治療の時にそれをあげていたことを
すごく後悔しました。
腎臓のために食事の内容を変えても、
ミィちゃんはなぜそうなったか分からないので、
なかなか食べようとしませんでしたから。

最終的に透析治療になりましたが、
その負担が心臓にきて可哀そうでした。
先生から腎臓と心臓はつながってるから・・・と言われ、
苦しい息をするミィちゃんを見て
「よく頑張ってるね。ありがとう」しか言えませんでした。
腎臓が悪いと知った3週間後に、
ミィちゃんは虹の橋を渡りました。

しろちゃんは幸せ者です。
シニア枠に入れられてしまったとはいえ、
ママさんが食事の管理をしっかりしてるし、
深く海のような愛で包んでいますから。

しろちゃん・・・
カイ君も同じご飯を食べているから、
一緒に頑張ろうね!

No title

やっほ~!良かったですね!

しかし、なんで医者ってみんな字が汚いんですかね?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは♪
「現在心配なところはありません」
数値はギリギリでも、先生からのこの言葉
嬉しいですね、良かったですね(^_-)-☆
しろちゃん良かったね~
きっとモンプチスープも嬉しかったけど
ママがヤッホーって嬉しそうにしていることが
しろちゃんもきっと、1番嬉しかったと思います。
ね、しろちゃんそうだよね。

ローズキャットさん、こんばんは♪

あはははっ、この「なんですって」はアクビの途中をとっさに撮ったものなんです。
写真で見て、自分でもビックリしましたよ~。
ありえない開き方でしょ(笑)

いつもご心配ありがとうございます。
横ばいでよかったです。

猫の腎臓には、透析治療もあったのですか!
猫には無いと思ってました。
ミィちゃん、闘病期間は短かったんですね。
一旦好きなオヤツを覚えると、なかなかあげなくするのは難しいですよね。
獣医さんは、猫には本来、主食以外の何物もいらないと言ってましたが、どうしても自分と同じ感覚で、オヤツも欲しいのでは?と思ってしまいますよね。
私も後悔しないようにしなくちゃ。
ストレスを与えないよう、鬼の心になるって、難しいことですね。

腎臓と心臓はつながってるから・・・それも知りませんでした。
ローズキャットさんは、ミィちゃんの闘病を見た経験があるから、私よりずっとリアルに危機感を感じられるのでしょうね。
猫ちゃんは、食べ物がすべてといってもいいくらい、食べ物で健康を左右されますよね。
一昔前の猫ちゃんより飛躍的に寿命が延びたのは、フードの開発のたまものですね。

シニア枠…なんだか、えー5歳なのに?という感じですが、他の疾病も血液だけで予兆を知ることができるなら、シニア枠大歓迎です。
食事の管理をしっかりと言っても、手作りなんて1回もしたことないですから~。
フードに頼りきりです。

カイ君も同じご飯で、なんだか安心♪
キャットフォンで、また夜中に電話するからね~カイ君♪
コメント、ありがとうございますi-194

たくさん、こんばんは♪

たくさんも一緒に、ヤッホーありがとう♪
ブルー君とライト君は、健康そうで問題もなくいいですね。
ワクチンの時もワクチンだけだったでしょ?
お医者さんて、皆さん字が汚いですか?
知らなかったわ~うふふっ。
コメント、ありがとうございますi-194

pigumiiさん、こんばんは♪

>数値はギリギリでも、先生からのこの言葉
嬉しいですね、
↑ はあい、うれしいです♪
ギリギリだって、横ばいならいいのだと思ってます。
ご心配ありがとうございます。

そうか、しろちゃんには、ワイワイよかったね~ワイワイと、騒いでる私の様子がきっと伝わって、何か良いことがあったと思えるわけですものね。
ぴぐちゃんみたいに、しろちゃんも、私の顔色から世間を眺めてるような子ですから。
pigumiiさんの言葉で、改めてしろちゃんには私の感情がすべてなのだと、気づきました。
コメント、ありがとうございますi-194

おはようございます。

しろちゃんヤッター(^^)v
↑↑↑ 先生のコメント。
これが嬉しいですよねぇ。

野良ちゃんは、今そこにある食べ物を食べて命を繋いでいるから寿命が短くなるのでしょうねぇ。事故も多々あります。

しろちゃんは、ママさんの健康管理の元で今回の結果が出て本当に良かった。
しろちゃんママさんさすがですねぇ。

これから洗濯します(^.^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ビクママ、こんばんは♪

ビクママ、一緒に喜んでくださってありがとう。
一喜一憂のしろちゃんには、ホントにハラハラさせられますが、わが子ですからね~♪

>野良ちゃんは、今そこにある食べ物を食べて命を繋いでいるから寿命が短くなるのでしょうねぇ。事故も多々あります。
↑ 仰るとおりですね。
今そこにあるものさえ、口に入れるには野良猫界の序列、格闘なんてものもあるわけで、パンちゃんはまさに、口に入らなかった子ですものね。
ビクママに見つけてもらって、パンちゃんもシンデレラですね。

私、たいした健康管理なんてしてませんよ。
食べちゃいけないものを食べさせないってだけですもの。
ビクママの、自由奔放な猫育てなのに、猫ちゃんを健康なままいさせるってことが、むしろすばらしいじゃないですか。
コメント、ありがとうございますi-214

No title

「異常なし・腎臓数値も大丈夫・心配ありません」
良かったですね!まずは一安心ですね。
検査項目を多くしたんですね。
色々調べてもらいたくなる気持ち、わかりますよ~。
体の中の事は調べないとわからないし、猫は具合が悪いって
教えてくれませんからね~。
しろちゃんはしろちゃんなんだからね。
ママはそのままのしろちゃんを受け入れてくれてるからね。
安心して楽しい日々を過ごしてね(^^)
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック