秘密を聞き出そうとしてボケツを掘った猫、元気をなくす。

2012/03/17 Sat

IMG_8564_convert_20120317194100.jpg

「は~い、ママ、僕のこと、呼びましたか?
何かご用ですか?
もっと僕と、遊びたいのですかあ?
秘密のお話があるのですって?
何でしょう。
僕を信頼して、打ち明けなさい



外は雨、朝から雨、春の始まりの雨。
煙ったような街並みの中、車のテールランプが、にじんで遠ざかる。
とある集合住宅の、とある閉めきった窓の中、とある猫と人。
遊ぶ?食べる?眠る?
ささやかな幸せを、今日も紡いで話は尽きない。

明日はしろちゃんの通院だ。
何事も支障がなかればの話だが。
半年に1回の検査日だ。
健康な猫ちゃんならば、年1回のワクチンの際についでの健康診断で済むところだが、しろちゃんの場合、腎臓の数値が崖っぷちなので、半年目に来てくださいと言われた。
崖っぷちなわりには、3ヶ月に1回とかでないだけ、すいぶんマシである。
親としては、もっと頻繁に血液検査をして欲しいような気もするのだが、頻繁にしても意味が無いそうである。
変化が現れるには、ある程度の月日が経つということなのだろう。


IMG_8567_convert_20120317201723.jpg

「えーマジ???
そんな言葉を、しろちゃんは使ってはいけません


健康な猫ちゃんならばと書いたけれど、しろちゃんだって、健康な猫ちゃんなのである。
どこも悪いところは無いのである。
ただ、ちょっと、数値の上で、腎臓に問題があるだけであって、どこかが具合悪いわけではない。
腹壁ヘルニアを手術で治したしろちゃんは、もう健康な猫ちゃんなのであ~る。
…と、ママは声を大にして言うのだ。


IMG_8689_convert_20120317194312.jpg

「僕だって、声を大にして言いたいです。
ほうら、僕はこんなに立派な猫なんです。
どこもお具合が悪くはないのです。
なのに、なんで、なんで病院に行かなければならないのですか?



半年前の検査では、
BUN 尿素窒素 →36.2  (正常値17.6~32.8)
クレアチニン  → 1.7  (正常値 0.8~ 1.8)

病院によって、正常値とする値に若干の差があるものの、崖っぷちであることは確かである。
毎回減ったり増えたり変動するので、私の不安も上がったり下がったりなのだ。
獣医さん曰く
「元が野良猫さんですから、いかんせん仕方が無い部分があります。
1歳半を過ぎてまで、外で生活した子ですからね。
野生の餌のせいというよりは、残飯漁りや餌やりさんのやった安易な餌のせいでしょう。」


残飯漁りと聞くだけで、想像して涙が出てくるが、それは今のしろちゃんからの視点であって、偏った見方でしかない。
残飯漁りで生き延びる野良猫さんは、悲しいかなたくさんいる。
野良猫にとって、決して悲劇的な特別なことではないのだ。
餌やりさんの安易な餌と聞いても、少々残念な気になるが、餌やりさんが居なければ、悲惨な運命を辿っていたことにもなり、餌を食べられる環境にあっただけでマシと言わざるを得ない。
ネズミ、昆虫など、自然界の生き物だけでは、都市部の野良猫さんは生き延びられない。
野良猫さんが都市部で生き延びるには、かように厳しいのである。
こと、都市部の野良猫さんに関しては、平均寿命が4歳なのだそうだから。


IMG_8675_convert_20120317194248.jpg

「だってだって、僕はお腹が空いていたので、
食べられるものがあったら、身体にいいとか悪いとか、考える余裕は無かったんです

いいのだよ、しろちゃん、誰も怒っていませんよ。


鼻づまり気味なことも、聞いてこよう。
シーンとしている状態で呼吸に耳をかたむけると、プピップピッっと、鼻が鳴っていることが度々ある。
もっと聞こうとすると、あえて息を殺すのだ。
私にまで、弱みを見せまいとするのか、しろちゃん。
ウィルス性の猫風邪保有者だから、日によって鼻づまりになることは仕方のないことだろうけど、呼吸が苦しいなんてことはないのか。
激しく遊んで呼吸の上がったときに、呼吸困難になるなんてことはないのか。
口を開けて呼吸しないだけに、すごく心配。
鬼ごっこの途中で、急にパタンと行き倒れ猫になったりすると、サーっと血が引くほど心配になり。近寄って生存確認する私なのである。
我が家にも、AEDが欲しいくらいだ。


IMG_8591_convert_20120317203239.jpg

「お鼻なんて、つまってませんから


歯周病気味かもと、別な先生に言われたことも、聞いてこよう。
猫雑誌などで、盛んに歯磨きの必要性が言われているが、しろちゃんは歯磨きなんてしたことがない。
病院でもらったサンプルの歯磨きガムは、ひと齧りして、興味を無くした。
ブラッシングもさせない子に、ガーゼを使っての歯磨きなんてもってのほか。
子猫の時代からお世話されていた場合でないと、無理でしょうねと、獣医さんも言っていた。
段ボールの爪とぎを毎日のように齧っている。
それが歯磨き代わりになってくれているのではないかと、私は期待しているのである。


IMG_8574_convert_20120317203301.jpg

「お口の中だって、つまってませんから~
お口の中は、何もつまってませんよ。
なにも泣くことはありませんよ、しろちゃん。
予防です。


腹壁ヘルニアの修復箇所は、無事に繋がっているだろうか。
どんなに注意しつつも、地震などで慌てたときには、伸び~っと抱き上げて抱っこしてしまう。
先生の触診がすべてだ。
レントゲンで見る必要は?と尋ねたとき、まずは触診し、異状があってからレントゲンなのだと言われた。
デジタルレントゲンではあるが、放射能被曝がないわけではないのである。
数分の1程度だというだけのこと。


しろちゃんのこととなると、急に心配性になる私は、今日からもう、ドキドキハラハラだ。
今夜は私の食欲も落ちるだろう。
自分のことはどうでもいいのだ。
しろちゃんだけは、一天曇りなき健康を願わずにはいられない。
しかし、一天曇りなき健康はすでに不可能なので、一病息災と自分を慰めつつ、明日の結果をまさに今夜の雨に祈る、愚かなママなのだ。
何かあれば、どんなことだって私はしてあげよう。
しろちゃんのためには、何も厭わない。
だけど、何かあっては困るのだ。
神様、しろちゃんに、何か禍をもたらさなければならないのなら、その分は全部、私にください。


IMG_8556_convert_20120317194131.jpg

「わかりました。
行きましょう、病院へ。
ママがそこまで言うなら、僕はすすんで行こうじゃないですか。
ママに病気になられて、寝込まれることより、1回の病院のほうがずっとマシなのです。
チックンも耐えましょう。
お腹グリグリも、我慢しましょう。
その代わり神様、ママにワザワイを回すなんて、やめてください



参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

一点の曇りもない健康をと思う気持ち
何かあれば私にその災いをと思う気持ち
痛いほどよく分かります。。
福が病気の時、私の命の替えても助けてやりたいと
髪に願ったものです。。
ただ最近は、皆が生まれて来る時に約束してきた寿命と環境だと思うようになってきました。。
あがなえないものがりますね。。
シロちゃんの検査結果はどうだったのでしょうか。。
またお知らせくださいね。。

No title

しろちゃん、無事に病院に行けましたか?
察しのいいしろちゃんのことだから、
行くまでが大変だと思います。

ご飯のこと、歯石のこと・・・
前の猫ちゃんには何も考えずに接してました。
その割には歯が綺麗だったし、
健康だったので、
すごく助かっていました。

しろちゃんの数値が安定していますように。
ダンボールで歯磨きをしているのなら、
年齢相応の歯石があるだけで大丈夫だと思います。

前のコメレスを読みました。
3位だったのは、たぶんFC2の写真動物ではないかと・・・。
にほんブログ村は登録したっきり、
何も見てないものでして記憶が曖昧なんです。
ランキングなんて全然見てませんでした。
ついでに、ランキングからブログ訪問をしたことがあるのは
2~3回しかないんです。

私はしろちゃんが白猫カテゴリーで上位にいることが、
自分のように嬉しいです。

秘密のカイ君と同じように
秘密のしろちゃんを知っているような。
まるで秘密の嵐ちゃんのようですね。

しろちゃんはまだまだ若いし、
白馬に乗った王子様&アイドルで活躍しそうです。

No title

kakoboxさん、こんにちは。

病院・・・なるべくなら行きたくないけれど、
カワイイうちの子の為ですものね。

家のミルクは、病院の先生にシャーシャー言って、
いつもすごいです・笑。

しろちゃんの腎臓の数値・・・心配だけれど、
しろちゃんママが、こうして気を配っていることが、
一番しろちゃんにとってのいいお薬だと思います。

人間と一緒で、しろちゃんにとっても、
精神的に安らげることが、一番健康にはイイと思うから。もちろん、ご飯も!

ミルクも、軽い感染症持ちです。
少し体調を崩したりすると、目から涙が出たりして
目やにもすごくなります。

でも、症状が出た時に病院に行くだけで済んでいます。
外に出さなければ、ひどくなることはないと言われました。やはり、捨てられた時に感染したようです。

野良ちゃんの生き方も、一つの人生・・・いや、ニャン生なんですよね。

猫ちゃんの数だけ、色んなニャン生がある・・・その中にその子にとって幸せに感じることが、少しでも多いことを祈りたいです(*^_^*)

うちも、歯磨きってしたことないです。
カリカリやたまにデンタルケアって書いてあるおやつを与えたり・・・位しか。

歯磨きは、ミルクも嫌がるだろうなぁ・・・。

こうして、kakoboxさんや他の皆さんと猫ちゃんについての色々な情報交換ができることは、とても心強いです。

しろちゃん、ママとパパと一緒に、健康に気を付けて楽しく行こうね~!(^^)!

のん福レオちゃんのお母さん、こんばんは♪

そうでした、そうでしたね、mamiさん。
悲しいことを思い出させてしまったでしょうか。
mamiさんも、自分が代わってやりたいと仰ってました。

>ただ最近は、皆が生まれて来る時に約束してきた寿命と環境だと思うようになってきました。。
↑ mamiさんがたどり着いた境地、忘れないようにしたいと思います。
mamiさんが、経験の上に得た貴重な境地ですものね。

しろちゃんの血液検査ですが、なんと今回から検査項目が増えて、外注になり、1週間くらい先なのです。
不安が間延びする嫌~な日々を送らねばなりません。
腹壁ヘルニアのほうは、無事に修復されたままだそうで(糸が千切れてなくて)、よかったです。
他にも、ああだのこうだの、質問してきましたので、記事にしますね~。
コメント、ありがとうございますi-274

ローズキャットさん、こんばんは♪

ご心配、ありがとうございます。
今回は寝込みをしろパパさんが襲い、大暴れせずに小暴れでキャリーに入れられました。
もちろん、着替えはせず、どこにもいかないような格好のままで…です(笑)
最近、しろパパさんの居る日曜日を、しろちゃんは怖がるようになってしまいました。
日曜日=安心できない日という図式を覚えてしまったのです。

ローズキャットさん家の猫ちゃん姉妹、ほんの数年前のことなのに、もう飼い方が違うということですね。
健康なまま長生きしたみいちゃん、けいちゃん(でしたよね?)の経験が、今のローズキャットさんにきっと生かされて、カイ君はきっと、元気で長生きなご長寿猫さんになると思います。

私には経験がないのでわかりませんが、歯磨きや歯石とりなど騒ぎだしたのは、ここ数年のことでしょう?
完全室内飼いに伴い、かかる疾病も変わってきたということかしら。
人と一緒に暮らしているからといって、何もスィーツを食べさせているわけではないのにねえ。

しろちゃんの血液検査ですが、項目が増えて、外注することとなり、1週間程度先に結果が出るのです。
だから、不安な気持ちのままで待つことになりました。
しろちゃんのダンボール歯磨きは、なかなか効果があることのようですよ。
しろちゃんの歯周病の疑いは、なんと、ウィルス性猫風邪の症状のひとつだったのですって!
歯周病でなはないので、歯磨きでは治せない疾病だそうです。
幸い、しろちゃんは軽い症状しかないので、このままでよいと…なんだかな~な気持ちです。
ブログでまた記事にしますね。

ローズキャットさんの3位だったのは、FC2のバナーをクリックすると3位になっていたのだと思います。
私は、「にほんブログ村」が結構好きなんです。
注目記事というジャンルがあって、そこに非常に興味があります。
審査基準を、絶対に明かさないのですよ。

しろちゃんも、みなさんのポチのおかげで、見てくださる方も増えて、長い記事を書く甲斐もできました。
ブログを持ってなくて、孤独な状態で猫ちゃんと暮らしている方の参考になればと、わかりきったことでも書いているつもりです。
コメント、第1号のローズキャットさんが、招き猫しろちゃんの縁起の良い招き人さんかな~♪

>まるで秘密の嵐ちゃんのようですね。
↑ あはははっ、ありましたね、そういう番組。
ブログで見ていると、まるで自分がカイ君と対峙してるように錯覚してしまうんですよ。
カイ君のこの1年の成長を、知っているのは私だけ~みたいな気分になっちゃいます。
それを親近感というのでしょうか。

白馬に乗った白い白猫王子…親バカなママの心の中をご理解ありがとう♪
カイ君は、何に乗りましょうか?♪
コメント、ありがとうございますi-274

あいにゃーさん、こんばんは♪

そうそう、仰るとおり、年に1回のワクチンの他は行かないで済むことが一番ですよね。
しろちゃんは元気な健康優良児のはずなのに、予想外の腹壁ヘルニアの手術があったり猫風邪キャリアだったりして、行く回数が多く、こんなことなら、保険に入っておくべきだったと思ってます。
ミルクちゃんはワクチン以外に行くことが多いですか?

へえ~ミルクちゃん、あんな美人なお顔して、シャーですか!
あのいつかの、お耳ペッタンコのシャーだと、先生も怖いかもね(笑)
しろちゃんは、シャーもフーも、誰にも1回もしたことがないのです。
私達は、しろちゃんのシャーとかフーってものを、全く知らないのですよ~。
大人しいんです、本当に。

腎臓の数値だって、野良猫さんのままだったら…と思うと、恵まれた環境にしろちゃんはいるのだと思います。
猫ちゃんはストレスが最大の脅威なのだといいますけど、ストレスが無い生活なんて、ありえないと思いませんか?
絶対に何らかのストレスは降りかかるのだと思いませんか?
だからこそ、打たれ強い子になって欲しいと思ってますが、いかんせん、年とってできた甘えん坊の一人息子なので(笑)
「しろ赤ちゃ~ん」と、私がダメダメにしているような気がします。

ミルクちゃんも軽い猫風邪キャリアですか?
そうそう、体調が悪いとテキメンに、涙を出したり鼻水出したり、目ヤニがひどくなったり赤くなったりですよね。

ワクチンをしていれば、既に感染していても軽い症状で済むのですってね。
しろちゃんの先生なんて、自分の治癒力で治ることが一番と言って、あまり点鼻薬や目薬などは出しませんよ。
しろちゃんも、母子感染か赤ちゃんの時に感染したのだろうといわれました。
仕方ないです、野良猫さんだったんだもの、100%の状態はそもそも最初から望んでいませんもの。
いまさらビックリしないよ、ママは…の気丈な気持ちで、今後も乗り切っていけたらと思ってますが、どうかな~(笑)
しろちゃんの幸福に、手助けができれば、それが私の幸福です

歯磨き、最近は当たり前のように雑誌に書いてありますけど、先生は嫌がるものを無理してする必要がないと言ってましたよ。
それこそ、ストレスで猫風邪を発症しますよ。
あっ、猫風邪は歯にも影響しているようで、しろちゃんの歯茎の赤いのは、猫風邪の症状なんだそうです。
病院で聞いてきたこと、記事にしますね。
毎回、通院の折には、こう言われたああ言われたと記事に書いてるのですよ~。
みなさん、そうそうしょっちゅうは行きませんものね。
個々に事情は違うと思いますが、少しでも情報交換になればと思います。
ミルクちゃんも、美人でかわいい元気な9歳の秘訣を教えてね♪
コメント、ありがとうございますi-274

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

お元気ですか~
応援のポチをしていきますね~☆

のん福レオちゃんのお母さん、こんにちは♪

ご心配、ありがとうございます♪
検査結果はまだですが、先取りの心配はしないことにします。
コメント、ありがとうございますi-274
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック