蝶々か蛾か、区別がつく猫の遠慮がちな律儀な性格。

2012/02/06 Mon

IMG_8069_convert_20120206185355.jpg

「今日は残念ながら、雨コンコンですね。
鳩さんも、自分のお家にこもったままで、今日は遊ばないのですって。
冬の雨コンコンは冷たいですねえ。
早く、白い天使に変わらないかな~と僕は期待して待ってます



今日の都内は冷たい雨。
モノトーンに沈んだ街を、キャットタワーに居るしろちゃんと眺めてみる。
毛をビッショリにして庭から飛び込んで来た、家猫さんになりきる前の雨の日のしろちゃんを思い出す。
泥んこの足に泥のはねたお顔。
床にペタペタと泥の足跡。
しろちゃんがスリスリスリスリした、私のパンツも泥だらけ。
あはははっと笑ってたしろちゃん。
懐かしさと切ない気持ちに、胸がキューンとする。
キャットタワーの上に居る今のしろちゃんを、思わず抱きしめてみる。


IMG_8046_convert_20120206185619.jpg

「またママは、古い思い出話にひたっていますね。
過去しか振り返れないようになったら、人間おしまいですよ。
前向きにいきましょう。
今年、イタリアに旅行するお話でもしませんか?

…と猫に励まされる。
イタリアに旅行なんて、君がいる限り、行こうにも行けませんから~


前回の記事には、コメント、拍手コメント、鍵コメなどでたくさんの反響を頂いて、思い切って書いた甲斐がありました。
知人の知人のことなので、ソフトに柔らかにオブラートで包むように書いたつもり。
オブラートに包まない裏記事でも、書こうかな


今日の写真は数日前の写真ばかりの羅列。
ひたすら遊ぶ猫ちゃんの写真で、前記事のイライラムカムカを、放出していただければ幸い。
私は、ここ半年、いやもっと前から、猫用のオモチャの類を買ったことがない。
某猫雑誌の付録、また、みなさんに折々に頂くオモチャで、事足りている。
雑誌の付録は別として、しろちゃんは、自分で自分のオモチャを手に入れる猫なのだ。
だからしろちゃん、「カメラやめて~とか、言っちゃいけないのである。
謙虚に、写真に収まるのだよ。
できる限りでいいから、かわいいお顔をしなさいね。


IMG_8022_convert_20120206185513.jpg

「みなさん、ベロベロバア~
し~ろ~ちゃん、お尻を出しなさい


この蝶々じゃらしは、「レモングラスが大好きな猫」のミルクさんから頂いたもの。
9歳になる、気難しいがとっても子猫美人の乙女さんが遊ぶオモチャなだけあって、しろちゃんはこのオモチャにあっけなく陥落した。
「お子ちゃまだねえ」と笑う乙女さんの声が聞こえてきそうだ。
宙に振り回すと、ビューンと音がする。
上下に振ると、ピラピラ小刻みにも動く。
柔らかいプラスティック、棒の先にモコモコ付きで、猫ちゃんが遊ぶ上での安全配慮もなされている。


IMG_8045_convert_20120206185558.jpg

「あははっ、棒をかじるの大好き~

IMG_8018_convert_20120206185419.jpg

「羽は4枚で、とまっても羽をたたむことはない。
したがってこれは、蝶々ではなく蛾じゃないですか?ママ

将来は、生物学者か、しろちゃん


しろちゃんには、大きなオモチャ箱が作ってある。
その箱ごと、目の前に出してやっても、しろちゃんはじっとしているだけ。
中身を覗き込んで、今日はどれで遊ぼうかなと自分で選ぶこともしない。
よく言えば、私が出してくれるのを大人しく待っている。
悪く言えば、ぼーっと見ている。


IMG_8020_convert_20120206185437.jpg

「ぼーっとだなんて、人聞きの悪い。」
…と、ぼーっと蝶々を見ているしろちゃん。


たま~に、テーブルの下にしまったままの箱を、箱につかまって立って覗きこんでいることがある。
その覗き込んでいるところを、私に見付かると、
「いやいや、ちょっと見ていただけですから~」と、しどろもどろになる。
勝手に見ようが出そうが、全然構わないのだ、しろちゃんのものだもの。
何を遠慮しているのだ、しろちゃんは。


IMG_8021_convert_20120206185453.jpg

「遠慮なんか、していませんよ。
僕は僕なりに、僕らしく生きているのです。
ママの白い一人息子として立派でいようなんて、
からっきし、思っちゃいませんから



しろちゃんは、オモチャ箱を勝手に覗き込むことは、してはいけないことと思い込んでいる。
しろちゃんとは、そういう性格の猫。
私が厳しくしているから…というわけでは、決してないのであ~る。
「何をしてもいいんだから~ほうら覗いて遊んで取ってえ」とも、敢えて強要しない。
そういう性格を尊重して暮らすことが、私にはむしろ、楽しいことなのである。
猫ちゃんが、こんなにはっきりした性格を持つなんて、長い間知らなかった。
相手=人間の気持ちを読んで行動するとは、長い間知らなかった。
長い間、私は無知な人間だったということだ。
猫ちゃんに対して、恥ずかしい。


IMG_8048_convert_20120206185638.jpg

「恥かしいと、気づいただけで進歩ですよ、ママ。
猫だって犬だって、鳩さんだってヘビさんだって、みんな性格があるのです。
仲良くなると、おもしろいんです。
仲良くなれる前に、嫌いって思っちゃうことは、寂しいことなのです

生意気言うのも、しろちゃんの性格なの~?
「ママに似たのです



参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

過去には全身びしょぬれで、泥をつけたしろちゃんが
kakoboxさんのお家に来ていたのですね~。
その様な環境から抜け出せて良かったです(^^)

あはは(^o^)
しろちゃんも棒を齧りますか!
ウチもその棒は乙女さんの歯型だらけですよ~。
このおもちゃ、振り回すと羽の部分が鳴るんですよね。
そういうのもそそられるのかな?
色々なお宅の猫ちゃんに人気のおもちゃらしいですよ(^^)
しろちゃんも気に入ったようで良かったわ。
たくさん遊んで、ご飯をモリモリ食べるのだよ(^o^)

from 白い天使ラッシュの町

 しろちゃんkakoさんこんにちは。
あたり一面白くて、何をするにも白い塊をずらさないと話になりません。(><)白い天使たちは集団でやって来て、かわいいんですが、みるみる太って。。積み上げるのが大変になってます(^^;)昨日今日と気温が高いので、久々に雨。でも、明日からまた白いご一行様がいらっしゃるらしい。。一度溶けて重くなった雪上に更に積もると、合体して再氷結してとっても重くて堅い物体になります。母子家庭の我が家は、鉄の角スコ(先が四角いスコップ)担いで、雪かき・・いや。。もはや、土木工事作業に等しい重労働・・(^^;))慣れていても、年々きついです。。
前回のチェンジのお話しについて。。怒りで言葉失いました。以前にちらっとお話ししたかもしれませんが、ブリーダーさんから譲ってもらったぷーちゃんが、家に来てから血液検査をしたら、小さい子供なのに腎臓の数値が悪くて、長く生きられない宣告をされ。。悲しみと動揺で、いてもたってもいられず、ブリーダーのママさんに電話して、涙ながらにどうしたらいいか訴えました。。ブリーダーさんは、(職務柄なのでしょう)違う子と交換する?と聞いてくれました。とんでもない!ぷーちゃんは、家にやってきたその瞬間から。いえ、私がその子のママになりますと申し入れたその時からうちの子です!どんな子でもそんなの関係ない。私がすがったのは、腎臓が悪化しないためにどうしたらいいかということを聞きたかったことでもなく、せっかく大事に育てて、私のもとにぷーちゃんを渡してくれたその人になんだか「申し訳ない」と、思ってしまったのです。そして、どんなことがあっても、この子を絶対にものすごく幸せにする!たとえ、ほんとうに短い命でも、何倍も濃い時間を過ごして、幸せの濃縮版をあげたい!と思いました。一人では抱えられない不安な思いと、必ず幸せにするという決意を、その人に聞いてもらいたくて気がついたら電話していました。
だって、その頃の私は、今みたいに、kakoさんや、みなさんという仲間もいなくて、本当に怖かったんです。なんせ、一人と2ニャンですから。。
 なんか、チェンジの話。。あまりに世界がちがって。。洋服やカバンの不良品交換と同じレベルかよ!!と。。いえ。。なんか、正直、なんて言ったらいいかわからんくらいに憤りと悲しさを感じます。
あ。とりとめなく長くなってしまいました。。
もうすぐ5歳ですね。(=^・^=)(=^・^=)(=^・^=)
小さいけど大きな存在。かんたんにだっこ出来るけととてつもなく重い命。私たちは、出逢ったこの子たちの人生の全てを任されて、このこたちの生きている世界の全てが私たちなんですよね。ほんと。kakoさんの言うとおり。ごはんをスーパーやネットで勝手に買えない。うんちも自分で捨てに行けない。私たちが与えてあげるものがこの子たちの世界の全てなんですよね。。
時間も空間も。。自分以外の生き物(自分が産んでもいない)の命を預かっている。これはすごいことです。とても重いことです。
そして、神様が下さった素敵な贈りものですよね。大切に大切に大切にするんだもんね。。。(=^・^=)(^-^)(=^・^=)

ミルクさん、こんばんは♪

そうですよ~。
完全な家猫さんになるまでに、月日を費やしましたからね~。
だからこそ、生粋の野良猫さんなのに、無理なく室内飼いができたのだと思ってます。
びしょぬれ、泥こんこ、雪まみれ、枯葉まみれ、ペンキに染まる、結膜炎、猫風邪でグチャグチャ…。
今思い出すと、ぞっとするような環境で、よく元気に育ってくれたと思ってます。
お腹は腹壁ヘルニアになってましたけどね。

大ヒットですよ、蛾、いや蝶々のじゃらし(笑)
ありがとうございました。
ビュンビュン振り回すと、ハッスルスイッチが入っちゃうんです。
立って捕まえようとするので、それを見たさに振り回したりして…(笑)
ピラピラあっちこっち逃げてやると、目を四角にして追いかけてますよ~。
乙女さんがこの棒で遊んでる写真を見ましたけど、わ~しろちゃんも同じことしてるって、感心しました。
歯型、付いてますよ。
その歯型が、また愛しくて…親バカですねえ。
相当な運動量になるようで、これで遊んだ後は、熟睡してくれます。
ご飯、モリモリ食べるようになるといいのですけどね。
コメント、ありがとうございますi-178

No title

雨にびしょ濡れになって寒さに震えていたのでしょうか。。
辛かったであろう過去を思うと胸が痛みますよね。。
でもその分、今はとっても幸せなシロちゃんですよね♪
たとえおもちゃ箱の前でボーっとしていても満たされているでしょうね。。
写真のシロちゃんの目はいつもkakoboxさんを追っているようです^-^

猫咲トマトさん、こんばんは♪

雪で、どうにかなってるかと心配しちゃいましたよ~。
テレビで観ると、すごいですね。
また今夜辺りから、豪雪になるそうで、十分にお気をつけくださいね。
こちらでは白い天使でも、富山では、太った白い怪獣ですね。
一度溶けた雪が、ものすごく重いものだって、テレビでやってました。
猫咲トマトさん、土木工事作業に等しい重労働・・かわいそうに。
お仕事もあるのだから、慣れてるとかそういった問題ではないですよね。
行政からの支援ってないのですか?

チェンジのお話、怒り心頭になるでしょ?
私も煮えくり返るようなお腹の中なのです。
皆さん、同じような意見で、怒りを分散しちゃった感もありますが、こういう真実もあるのだと、知らせることができよかったです。

ぷーちゃんもやはり、腎臓が良くないことの発覚の時には、交換する?ってお話が出てたんですね。
それって、ブリーダーにとっては、職業上の誠意ってヤツなのでしょうか。
欠陥品を売ってしまった意識なのかしら。
命あるものに、欠陥品なんて絶対にあるもんですか!!!
現に、ぷーちゃんは、特別な治療をすることもなく、全く元気に5歳を迎えようとしていますものね。

>ぷーちゃんは、家にやってきたその瞬間から。いえ、私がその子のママになりますと申し入れたその時からうちの子です!どんな子でもそんなの関係ない。
↑ うんうん、猫咲トマトさんの仰ることが人間として正常ですとも!
ブリーダーは、売ることに慣れてしまってそういう発想なのでしょうね。

>どんなことがあっても、この子を絶対にものすごく幸せにする!たとえ、ほんとうに短い命でも、何倍も濃い時間を過ごして、幸せの濃縮版をあげたい!と思いました。
↑ 買ったにせよ、そういう猫咲トマトさんの子になって、ぷーちゃんは運がよかったわね。
ぷーちゃんがA子さんのような人に買われていたら、サックリと交換されたことでしょう。
手厚いお世話も受けないままで、ぷーちゃんは本当に短い命だったかもしれませんよ。
ぷーちゃんの運命を動かした猫咲トマトさん、そのことに自信を持ちましょうよ♪

白い息子達、もうすぐ5歳ですね~なんだか、うれしいような寂しいような…。
限りがあるからこそ、一生懸命生きる命なのですが、時間の流れが止まって欲しい気持ちもします。

うちの子にした以上、猫ちゃんの命は私達の掌の上。
生かすも生かさないも…ね。
でもその命は、私達のものじゃなくて、神様から預かった宝物なのですよね。

どっさりな白い怪獣に負けないように!
雪かきで、怪我しないようにしてくださいね~。
あまりに重労働だったら、人手を頼むとか、したほうがいいのでは?
コメント、ありがとうございますi-178

のん福レオちゃんのお母さん、こんばんは♪

そうなんです。
しろちゃんは、普通の野良猫一家の末っ子だったようです。
寒さに震えていても、泥んこでも、ニャンニャン笑って庭から入ってくる子だったのですよ~。
過去のことだけど、雨にも雪にも夏の日にも思い出し、胸の中がギューンっと痛くなって、しろちゃんを抱きしめちゃいます。
ああ、一緒に暮らせて本当によかったと、神様の采配に感謝してます。
もちろん、しろちゃんだけを救って、他の野良猫のことはどうでもいいのかと言われれは、言葉を失いますが…。

おもちゃ箱の前でボーっとしているのも、私としては胸がいっぱいな光景です。
オモチャなんて、一生見ることもなかったかもしれない子ですから。
しろちゃんの目、私を追ってますか?
うれしいわ~、本望です。
雪、また降り出すようですが、怪我をしないよう、ご注意くださいね。
コメント、ありがとうございますi-178
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック