狼少年と言わないで…狼はいつか来るのだ、携帯がギュイーン

2012/01/13 Fri

IMG_7814_convert_20120113185436.jpg

「昨日は、ギュイーンに、ビックリしたでしょう?。
いえいえ、僕は一人きりでお家にお留守番していましたので、その音は聞いていないのです。
だって僕はまだ、キャットフォンを買ってもらえないのですから。
ママだって、スマートフォン、買ってはダメなのであります



毎日お天気がよいので、夕暮れから夜への空の色が、とても美しい。
暖房効率のためには、カーテンを閉めるべきなのだが、眼前に広がるその色調の変化に見とれ、カーテンを閉める気になれない。
取り立てて取り得の無い我が家だけど、そこだけがうれしい。

昨日は、久々に携帯の緊急地震速報が入り、ギュイーンギュイーンと不気味な音が鳴り響いた。
ビックリした方も多いと思う。
私の携帯履歴だと、去年の8月1日以来のことだ。
滅多に遠くへ出かけない私が、たまたま、その滅多のお出掛けをした日だった。
…人の思惑の虚しさを感じた。


IMG_7808_convert_20120113185405.jpg

「あれれ、ママ、その石みたいなものは何ですか?
大事そうに包んで、チルドルームにしまったりして。
石なんて、冷蔵庫に入れなくてもいいのですよ。
道端にいけば、いくらでも拾えます



IMG_7821_convert_20120113185554.jpg

そうか、しろちゃんには、これは石なのね~。
おいしい石なのですよ。
ジューシーな石なのですよ。
広島からの頂きものなのです


あの大震災以来、できる限りしろちゃんを、一人にしないようにして暮らしてきた。
自宅待機のワタクシだから可能なことで、お仕事に出かける方には申し訳ないような気持ちだが…。
毎日毎日しろちゃんと、寝起き、生活のすべてを共にしている。
トイレタイムまで一緒、私がトイレに入ると、しろちゃんは自分のトイレを使う。
目の端に、しろちゃんが入らない時間はない。
なのにーーー
たまたま、川向こうの神奈川県側の病院まで出かけていた日に、ギュイーンが鳴るなんて!
警報にあったような地震の揺れが、ほとんど無かったからいいようなものの、大地震になっていたら、泣いても泣ききれないママなのである。

その病院は大病院なので、携帯電話通話可能区域、メールのみ可能区域、電源そのものを切らないといけない区域と、ご丁寧に張り紙がしてある。
待合室は、二段階に分断されている。
液晶パネルの番号の指示により、順番待ち3番以内に入ると、診察室直近のベンチに移動することになる。
もちろんそこは、電源そのものを切らないといけない区域だ。
そういうお約束をきっちり切るタイプの私なのに、そこで私に、悪魔の囁きが…。
しろちゃんのお顔が、急に見たくなったのだ。
バッグの中で、そっと電源を入れ、マイピクチャからカメラを開いて、


111205_202150.jpg

↑↑↑ この写真が真っ先に出てきた。
胸が、心地よい痛さでキューンとする。
しろちゃんは一人、何をして待っているのんだろう。
「ああ、しろちゃん、ママは早く帰るからね~。」
その途端、ギュイーンギュイーンギュイーン
私は小さな声で、ギャイーン
なぜって、そこは、ギュイーンは鳴らないはずの場所なのだから。

診察室から出てきた看護士さんは、
「皆さん、ただいま携帯の警報が鳴りましたが、病院は揺れないように出来ていますから安全です。
ビックリしませんでしたか?
大丈夫ですか?」と、優しい言葉をかけただけで、
「あなた、電源を切れって書いてあるでしょ!」とは、言われなかった。
いい年をして、私は叱られずに済んだ。
叱られたら、「だってしろちゃがあ…」と、しろちゃんのせいにするつもりだった


IMG_7810_convert_20120113185458.jpg

「ママねえ、それはいけません。
『社会の決まりは守りましょう』って、僕にもいつも言うではないですか!
ギュイーンが鳴ったこと、僕のせいにしたって僕はかまいませんが、世間ではそれは通りません。
猫バカは、猫友さんとの間だけでしか、通りませんからね。
ママが、おかしな人にならぬよう、僕は注意をしているのですよ

世間の皆さん、ごめんなさい。


「ここでは携帯の電源をお切りください」と、書いてある場所はたくさんある。
その中でも、こと病院に関しては、この決まりは絶対に守らなければいけない。
映画館で、他の方にかける迷惑とは、レベルの違った迷惑行為なのだ。
ペースメーカーを入れている方がそばに居ることもあるだろうし、患者さんとナースステーション、患者さんと先生のパソコンをつなぐモニターの電波が飛びかっている場所もある。
妊婦さんのお腹の中の胎児の心音を、モニターでナースステーションに送っている場合もある。
病院では、たくさんの命がかかっているのだ。

あの悪魔の囁きは、しろちゃんの呼び声か。
ミラクルなことは信じない派だが、0.何秒早く、大地の振動を感じ取ったしろちゃんの、ママへの呼び声か。
矢も盾もたまらずに、病院の中の電源切ってください区域で、しろちゃんの写真を見たくなるなんて、普通じゃない。
私にとっては、まず無いことなのだ。


IMG_7799_convert_20120113195415.jpg

「悪魔の囁きだなんて、人聞きの悪い。
僕は、ママが心配しないよう、僕はここにいますよって、携帯の中の写真を念力でママに見させたのです。
地震が来ても、ここにいれば大丈夫って、ママは僕にいつも言うでしょう?



とてつもない大きな地震であっても、今回のようにフライング気味の場合も、あの音はまったく同じなのだ。
同じギュイーンで、同じ音量で、同じ回数鳴るらしい。
賛否両論ならしいが、フライング気味でもいいから、私は続けるべきだと思う。
確証が得られなければ警報が出せないなどと、お役所的な対処をしている間に、たくさんの尊い命が失われた。
健康を害したり、取り返しのつかない放射能汚染に大地がさらされた。
無残にも愛しい人と離されて、飢え苦しみ命を落とした、たくさんの動物が居る。
去年のあの震災を見ても、お役所的対処は、遅きに逸したことは明らかだ。
狼少年と言われたっていいじゃないか。
狼が、いつかは本当に来ることを、我々はもう知ってしまった。
どうせ狼少年だからと言う前に、その都度、地震に対して身構えることなんて、なんでもないことだと思うのである。
大地震がいつ起きてもおかしくはないという日本の現実を、ゆめゆめ忘れてはいけないことだと、あの携帯のギュイーンが、教えてくれているのだ。

大きな地震でなくて、よかった。
皆さんにとっても、本当によかった。
どこにも誰にも被害がなくて、本当によかった。
しろちゃん、あれしきでママを呼ぶなんて、実に懸命な対処だと、ほめてあげようじゃないか。
寝室のベッドの上に居たことも、ほめてあげよう。
しろちゃんの呼び声で、ママの携帯が、鳴ってはいけない場所で鳴ってしまったけどね。


IMG_7813_convert_20120113185524.jpg

「ママ、社会のルールやモラルは守りましょう。
社会のルールやモラルを守ることは、自分の命を守ることにも繋がるのです。
でも、その社会のルールやモラルは、ママ達の声で作られなければいけないのです。
どじょうやうなぎさんが作った押し付けルールではないのです。

いいぞ~、しろちゃん


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

私も久しぶりの緊急地震速報を聞いて、
びっくりして動けなくなってしまいました。

その時間に母とカイ君は
一緒にお昼寝をしてたので、
カイ君は速報の音や地震に
怯えることはなかったようです。
運がいいというか・・・。
その話を聞いてホッとしました。

kakoboxさんがしろちゃんの写真を
見ようとした行動は、
目には見えないしろちゃん念力が
させたことなんでしょうね。
ママへの愛は病院の壁を越えたんですよ!

よく考えれば、余震があって当然なんですよね。

私が早朝にカイ君の写真を撮るようになってから、
朝方の雲の観察をすることが増えました。

1月1日の朝の雲は綺麗でしたが、
地震が起きる時によく見る雲でしたので、
初詣を早めに終わらせて帰ってきたんですよ。

色んな地震予想の話はありますが、
一番頼りになるのは自然からの声なのかな~
と思っています。

どじょうだろうがうなぎだろうが、
自分勝手な決め事はいけません!

どちらも丼物にすれば美味しいのですが、
ドン (ボス) にはなれない器だと思います。

No title

kakoboxさんこんにちは(^-^)

kakoboxさんが携帯で見ようとした写真は
たぶん以前送ってくれたものですね~
PCの方が大きいから可愛い表情が良くわかりますね♪
この写真は額に入れて飾っても良いかも☆

地震警報の日は通院されていたんですね。
お疲れ様でした
待合室でのエピソード
たまたまこっそり電源入れたらなっちゃうなんてスゴイ確率ですねぇ
普段真面目にしてる人が たまたま魔が差して、これぐらいいいかなぁとか思ったら運悪すぎで見つかっちゃったって感じ。
アメリカンジョークのショートコントみたいと思ってしまいました(>▽<)(笑ってしまって失礼!)

殻つきの牡蠣だ~美味しそう♪
すごい~kakoboxさんが剥いたんですかぁ?
私には出来ないことだ;

父が生きているとき活きサザエをもらって家のキッチンでバターと醤油でつぼ焼きをやったらワタが爆発して(小さいやつはそのままやっちゃったから)壁から天井までワタ入り調味料が飛び散った事がありました
(><)匂い取れないし、掃除が大変なんてもんじゃなかったです(笑)

牡蠣は剥いているとまれに中から天然の真珠が出てくる事があると聞いたんですが、kakoboxさんは経験ありますか?
なんだか憧れの出来事です
私は剥けないから一生ない事だけど☆

しろちゃんには牡蠣は見たのかな?
石かな?て思うかな~
あでも本能で生き物だってわかるかな(^-^)



ローズキャットさん、こんばんは♪

携帯の地震速報、久々なので、ビックリでししたよね。
私は二重の意味でビックリしちゃったけど(笑)
あれって、心臓に悪いような気がします。
鳴ってから、揺れるまでの間が怖いですよね。
今回は揺れなかったようですが。

カイ君は、お母様と眠ってたのね。
一番安心安全な場所に居て、よかったですね。
ローズキャットさんは、お出掛けしてもカイ君一人ぼっちではないから、恵まれてますよね。

私が携帯の写真を見たのって、やはり念力かしら。
私はそもそも、携帯写真をあまり撮らないので、観ることもまた少ないんですよ~。
出先で人に「これがうちの子♪」って見せる程度。

>愛は病院の壁を越えたんですよ!
↑ それを、ブログのタイトルにすればよかったわ。
「猫の愛は病院の壁をも超えるのだ」って。

余震はまだまだ続くのでしょうか。
余震じゃないと思っちゃうから怖いんですよね。
例の、東京直下型って奴が来ることに怯えてるのです。
津波は来ないし、揺れにも耐えるかもしれないけど、火事が起きるのでしょ?
火事だけは、猫ちゃんをどんなに安全な場所にお留守番させておいてもどうすることもできませんし、二人で一緒に居ても、うまくキャリーに入れられるかどうか、すごく心配です。

ローズキャットさんは朝に写真を撮ってますものね。
1月1日の朝の雲が、地震が起きる時によく見る雲だったのですか?
ヒャ~当たったじゃないですか!
そうそう、一番頼りになるのは自然からの声なのでしょうけど、その声を聞く静寂が、失われてしまったのですよね。
自分の感性も鈍っているような気がします。

ホント、このたびのどじょうやうなぎには、あてが外れたというか、どじょうが入ってる箱に失望したというか…。
箱自体が急作りなのでダメなのでしょうね。

>どちらも丼物にすれば美味しいのですが、ドンになれない器
↑ うまいうまい!!
座布団10枚です、ローズキャットさん♪
コメント、ありがとうございますi-189

No title

久々の緊急地震速報でしたね。
どれくらいの揺れが来るのか、ちょっと身構えてしまいました(^^;)
そして一番に思い浮かべるのはやっぱり猫。
今回、大して揺れなくて良かったなって思いました。

病院の携帯の電源を入れてはいけない待合室で
しろちゃんの顔が見たくなるなんて。。。
kakoboxさん、なんて可愛らしいんでしょう(^^)
でも、怒られなくて良かったですね。(笑)

rag mama、こんばんは♪

rag mamaも、遅い時間まで起きてますねえ。
そうそう、メールに添付した写真だと思います。
だから一番先に出てきたのかも。

>この写真は額に入れて飾っても良いかも☆
↑ しろちゃんの念力記念写真として?(笑)

アメリカンジョークみたいに笑っていいのですよ~。
いい年をしたオバサンが、こっそりバッグを開けて、バッグに頭を突っ込むようにして猫の写真を観るの図もおかしいけど、その途端ギュイーンにビックリするの図も相当ドリフ的だと思います(笑)
大きな地震でなくて何よりでしたね。

殻つきの牡蠣、広島から送られて来たものをおすそ分け頂いたのです。
はあい、ワタクシが剥きましたよ~エヘン
誰にでもできますって。
ネットで殻つき牡蠣の殻の剥き方を検索すれば出てきますよ。
ある場所をガツンとやると、参ったとばかりに殻が開くのですよ。
 
なになに、rag mamaはサザエを爆発させたって(笑)
ギャーですね。
家中が、江ノ島のような匂いになりませんでしたか。

天然の真珠が出てくるなんて、初耳だーーー!
去年はもっと大量の牡蠣を剥いたので、早く知ってれば探したのに。
天然の真珠って、なんてステキな出来事なのでしょう。
真珠が似合うのは日本人だけだそうですが、最近真珠を身に着ける人は少なくなりましたね~。

しろちゃん、牡蠣を不思議そうに見てましたよ。
匂いがどうも怪しいって顔をしてました。
牡蠣は、酒蒸しにして私だけがジャンジャン食べたのです。(しろパパさんは苦手なの)
倒れそうなほど、おいしかったですよ。
近所だったらrag mamaにも分けたのに、惜しかったねえ。
コメント、ありがとうございますi-189

ミルクさん、こんばんは♪

ミルクさんは会社で聞いたのでしょうね。
そうなの、鳴ってから揺れるまでの間が、むしろ怖いですよね。
数秒なのだからたいしたこともできず、ただただ来るぞ~と思うだけだもの。
でも、たいしたことが無くて、よかったですね。
乙女さんは賢明な猫ちゃんだから、きっと一人猫ベッドの中にもぐっていたかもしれませんね。
乙女さんて、絶対にそう言うときに頼りになる気がするのだけど…。

バカなオバサンですよね~バッグに頭突っ込みですよ(笑)
おまけに音鳴らしちゃうし…。
あれで看護士さんに叱られてたら、恥ずかしくて立ち直れなかったかも(笑)
病院は揺れないんですってさ。
手術とかの途中ってこともあるからでしょう。
しろちゃんのことさえ気がかりでなきゃ、病院の中で地震にあうなんて、一番安全な状況なのですけどね。
そちらにも、後で伺いますね~♪
コメント、ありがとうございますi-189

No title

こんばんは。
あのしろちゃんの写真、カメラ目線で可愛い~~。
緊急地震速報が鳴ったとき、私は休みでしろたんと家にいて、サンサンとお日様が入るお部屋でまったりしていました。
ちょっとびっくりしたけど、その陽気のおかげで恐怖感はありませんでした。
あまり揺れなくて、本当に良かった。
それにしてもミラクルですねー!
でもきっとしろちゃんの念力だったんだと私も思います。
そうそう、トイレタイムのお話、
私がトイレに入るとうちのしろちゃんも自分のトイレに入るってこと結構あります。
可愛いですよね(*^_^*)
あとはあくびがうつったりとか(笑)

しろちゃん最近また車の首輪してるんですね♪
おそろいでうれしいなー♪

No title

大きな地震にならなくて良かったですね。。
そんな時に限って、大事な仔と離れていたりするものです。。
私はkakoboxさんのことを決してとやかく言える立場ではないのですが・・
あまりにもしろちゃんに依存してしまうと、
心の多くを持って行っていると
私のように後が大変ですよ。。
気を悪くなさらないでね。。
kakoboxさんの気持ちは痛いほどわかるのですよ。。
できたらもう1匹お飼いになってはどうかしら。。。。
少しは気持ちが分散されますよ。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

しろたん、こんばんは♪

携帯の写真のことですかあ?ありがとう♪
確かに珍しくカメラ目線だこと。
デジカメだと、レンズがカラスの目のようで怖いらしいのですが、携帯だとレンズが出ないから怖くないってことなのかしら。

緊急地震速報の時、しろたんは、猫のしろたんとひなたぼっこだったのですね。
運がいいこと♪
ホント、揺れなくて被害もなくてよかったですね。
そうか、やっぱりミラクルでしょうか。
しろちゃん、念力が使えるのかな(笑)

へえ~しろたんのところも、トイレタイムが一緒ですか!
だからね、私はせっせと行くことにしているのです。
しろちゃんにトイレを我慢して欲しくないから。

>あくびがうつったりとか(笑)
↑ うんうん、あるかも~♪
それとね、私がキャーってかなきり声を上げると、しろちゃんもキャーっていいますよ(笑)

猫の首輪工房の首輪は、皆さんに紹介しておきながら、しろちゃんは2個しか持ってないのです。
夏バージョンのひまわり柄のを外して、洗ってあった車のほうに戻しました。
洗っても、ボロボロ感が全然ないですよ~。
しろたんとおそろいですもんね~♪
この首輪で並んで後ろ向いていたら、私達でもどっちがどっちかわからないかも(笑)
クリスマスシーズンには、すごく注文が殺到しているようでしたよ。
そろそろ、また2個くらい、買おうかと思ってます。
買ったのを見て、よかったらまたお揃いにしましょ♪
コメント、ありがとうございますi-189

mamiさん、こんばんは♪

mamiさんのほうでは、あの携帯のギュイーンって警戒音が鳴ることってありますか?
なんだか、日本海側が、最近は一番安全なような気がするこの頃であります。
原発が無いわけではないですけどね。

mamiさんの指摘してくださることの意味、よーくわかります。
私自身も、そのことを危惧しております。
しろちゃんと出会うまでは、猫に興味の無かった私が、今はすっかり猫依存症です。
mamiさんの心配してくださるように、心のほとんどすべてを、しろちゃがん占めています。
福ちゃんのことがあったとき、mamiさんのお気持ちが手に取るように感じられ、mamiさんと一緒に泣けました。
自分だったらと思うと、怖くなります。
気を悪くするなんてこと、まったくありませんよ~♪
そのものズバリを言い当ててくださってます。
そういうことが言い合えるのも、本当の猫友さんだと思います♪

もう1匹のお話ですが、私はしろちゃんと同じくらいに別の子を愛せる自信がないのです。
結果的に、えこひいきのようなことをしてしまいそうです。
そしてまた、自分が大病をした経験もあってか、もし私が入院とかこの世を去るというときに、2ニャンも置いてゆくことが憚られるってこともあります。
しろちゃんのために健康で居られるよう頑張る…それが私の力です。
危険な依存でしょうけど、引っ込みがつきません(笑)
mamiさん、これからもズバリと指摘してくださいね~。
コメント、ありがとうございますi-189
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック