猫のひなたぼっこ考…人間にも効きます

2012/01/05 Thu

IMG_7723_convert_20120105165913.jpg

「特別なお休みの日々が終わりましたね。
僕も昨日から元気に、2012年の猫の「なりわい」を始めています。
えっ、猫のなりわいってなんですかって?
ん~僕の場合、遊んで食べて眠って、
ひと時も離れず、ママと一緒に居てあげることでしょうか



お正月三が日も終わった。
私にとっては、慌しく気ぜわしい日々も去った。
今日からはまた、しろちゃんと2人の母子家庭状態が続いてゆく。

年末からずっとお天気の良い日が続いて、どこの猫ちゃん達も、ひなたぼっこに精を出している日々だろう。
ひなたぼっこする猫ちゃんの姿は、猫ちゃんと暮らす私達にとって、平和な光景そのものだ。
見ていていやな気分になる人はいないだろう。
猫ちゃんにとってはどうなのか。
警戒心なく、日の当たる場所に座ったり横たわったりするのだから、猫ちゃんも気分は平和そのものに違いない。


IMG_7719_convert_20120105165817.jpg

「でへ~平和、平和なのです。
お正月の、良い子にしていなくちゃいけない日々も終わりましたし、
身を投げ出して、好きな場所で好きなときに眠る「行き倒れ寝」こそ、猫に生まれたダイゴミなのです。」



警戒心を解けない野良猫さんだって、ひなたぼっこはしている。
しろちゃんは、お外に居た時代、よく隣の家の物置の屋根でひなたぼっこしていた。
斜めになった木造の屋根に、滑り落ちることもなく、うまいこと眠っていた。
我が家の2階から眺めると、アースカラーの中に、くっきりと白い猫。
白猫が、自然界の中で、生き延びにくい理由がわかる。
白猫の白猫たるゆえの性格的特長は、神経質、警戒心が強い、臆病だ。
そのくせ、野良猫軍団のボス猫に白猫が多かったりするそうである。
生きにくい世界で生き延びる白猫は、それだけ強くなってしまうということだ。


IMG_7720_convert_20120105165835.jpg

「お外では、厳しいことがいっぱいあるのです。
なんたって白猫は、目立ってしまうのです。
カラスさんも、真っ先に僕を見つけて急降下してくるのです。
猫の不良グループも、僕に目をつけるのです。
怪我をしても、すぐにバレちゃうのです。
だから僕は、一日も早く、ママのお家の子になりたかったのです。



しろちゃんの猫父さんはまさに、それ。
百戦錬磨の傷痕いっぱいな大きな身体で、ノシノシ堂々と歩いていた。
しろちゃんがどうだったかというと、はなはだ疑問だ。
初めてしろちゃんを、大怪我で獣医さんに連れていったとき、今とは別の獣医さんは言った。
「この子の傷はすべて、顔や頭にあるでしょう?
面と向かって闘った証拠、逃げなかった証拠ですよ。
逃げ腰の猫は、お尻や足に怪我を負いますからね。」
その獣医さんの言葉を以ってして、「しろちゃんは強い男らしい猫だったのだ」と、しろパパさんは言うのである。
甘えんぼのママっ子のダメダメっ子にしてしまったのは、私のせいだと…。
ん~いかがなものか。


IMG_7722_convert_20120105165856.jpg

「しろパパさん、ママは悪くありません。
甘えん坊のダメダメっ子になったのは、僕がそうなりたかったからであって、ママのせいではありません。
猫の世界では、グングンと大人になることよりは、ずっと子猫の気分でいることのほうが、幸せなことなのです。
ママを悪く言うと、僕は本気で怒りますよ



ひなたぼっこって、猫ちゃんにとってフィジカルには、どんな効果があるのだろう。
ひなたぼっこは、猫ちゃんにとって欠かせない重要なものなのだ。
南向きの部屋がないとか、日当たりの悪いお家ってことも、生活環境上あるだろう。
だからといって、悲観することもないのだ。
朝や夕方のちょっとの時間だけでもいいのだ。
本棚の棚の中でも、冷蔵庫の上でも、机の上でも、日光の入る場所を猫ちゃんは自分で探すから、そこにいさせてあげよう。
よしんば、直射日光の当たらない部屋であっても、太陽の光はちゃんと入ってくるのである。
比較的明るい場所へ、猫ちゃんをいさせてあげよう。
絶対的に日光の入らない地下室のような場所だったら、そこに猫ちゃんを閉じ込めることは、もはや虐待だ。
日光消毒という言葉があるが、猫ちゃんのひなたぼっこはまさにそれ。
日光によって、皮膚や毛の殺菌消毒をしているのである。
また、被毛を乾燥させることによって、皮膚病を防いでもいる。
二重三重に重なった被毛の中の皮膚が濡れていることは、湿疹などの原因になる。


IMG_7728_convert_20120105170043.jpg

「だって、お日様が、こっちに来なさいって僕を呼ぶのです。
ポカポカでホワホワでノホホンな気持ちにしてあげますよって、僕を呼ぶのです。
身体についた虫さんも消毒してあげますよって、言うのです。
僕には虫さんなんて居ませんって、僕は言うのですが、
目に見えない「細菌」って名前の虫さんもいるかもしれないんですって



猫の毛の根元の皮脂腺には、日光を浴びることによってビタミンDが生成される成分がある。
人間の場合、体内で同じことが起きている。
人間は体内でビタミンDを生成するが、猫ちゃんは、日光を浴びた毛を毛づくろいして舐めることで、皮脂腺からビタミンDを舐め取ることになる。
人間がビタミンD不足で「くる病」になるように、猫ちゃんもまた、くる病による骨形成異常、慢性疲労状態になってしまうのである。
お日様でビタミンD補給、皮膚の衛生、皮膚疾患の予防。
さあ、猫ちゃんも人も、一緒にひなたぼっこだ。


理屈はこうなのだが、猫ちゃんには理屈以前に、自然の呼び声が聞こえるらしい。
放っておいても、積極的にひなたぼっこをしようとする。
お日様の暖かさを求めるだけではないのである。
日光を浴びようとするのである。
自分の身体をベストコンディションに保つ術を知るということを、見習いたいものである。
感性に頼る生き方を忘れてしまった人間達は。


IMG_7726_convert_20120105165953.jpg

「ふ~気持ちがいいので眠たくなりました。
ママ、いくら僕がかわいいからって、カメラをしまって、少しは安眠させてください。
いっそ、ママもキャットタワーを枕に、一緒にお昼寝しませんか?
目に見えないママの身体の中の虫さんも、消毒されます。
イライラの元の癇の虫も、消毒できますよ。
元気の成分が、お日様からたっぷりもらえるんです。
こんなに良いことはないのです。



参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

しろちゃん~

おはようございます。

まったりしろちゃん可愛いねぇ。日向ぼっこには意味があったんですねぇ。

年明けは年賀状整理です^^;地味な仕事キライ・・・

ビクママ、こんにちは♪

猫ちゃんのまったり姿は癒されますよね~。
こういう姿をいつもしていられるよう、平和な日本であるといいですね。
ひなたぼっこは、すごーく意味があるのですよ。
地味な仕事は嫌いなビクママから、早く地味な仕事が片付きますように☆
コメントありがとうございます。i-1

No title

太陽の日差しを浴びて、
気持ちよさそうに寝てますね。
しろちゃん、すごく幸せって顔をしています。

年末にデータの保存作業をしたのですが、
一年分の写真を見て泣いてしまいました。

全ての写真にカイ君の自分(飼い主)への
ひたむきな愛情と信頼が写っていたからです。

しろちゃんも同じだと思います。
全部、kakoboxさんだけを見ているはずです。
(寝ていて、こちらを見ていなくてもです)

年明けからデジイチで撮影をしていますが、
室内で撮っているのに慣れた分、
屋外での撮影が上手に出来ないんです。
コンデジだと感度やF値が自動的に
良い数値になるのですが、
デジイチだと、どちらかを優先にすると
シャッターが遅くなったり、色の濃淡が出たりと
ごちゃごちゃしてしまって、
どの設定で撮ればいいのか分からなくなります。

分からない時はPモード(コンデジのオート設定)で
撮っていますが、
微妙な感じがするので、
どこかで写真の1日講座でも受けようかと思っています。

カイ君は絞り優先モードで撮っているので、
暗い部屋でも明るい感じで撮れています。

しばらくは、寝てばかりいるカイ君ばかりを
撮ると思います。
今までと違ってカメラが大きいので、
距離をとる感覚が掴めてないんです。

No title

お日様がしろちゃんを呼ぶのですね♪
うふふ、私も日向ぼっこして癇の虫を消毒せねばですよ。。

北陸はめっきり日差しがなくなる冬なのですが、
時折出る太陽に猫ともども人間も喜んでいます。。
日が差すといっぺんに部屋の中も暖かくなり、太陽の力って素晴らしいと思います。。

ローズキャットさん、こんばんは♪

ひなたぼっこの写真は、カイ君も多いのでは?
カイ君は、どこに居ても普通にしていても、ご機嫌さんなお顔が多いですよね。
生活環境が、ベストなのだと思います。

>一年分の写真を見て泣いてしまいました。
↑ 泣いてしまうそのお気持ち、すごくわかります。
愛情と信頼無くしては、本物の写真って撮れませんものね。
こんなとき、あんなときと写真を次々観てゆくと、かわいいを通り越して、胸が痛くなりますよね。
小さな身体で大きな愛情を私達に寄せてくれるのですから。
言葉が通じないことなんて関係ない世界を、猫ちゃんと私達は築いているのですよね。

やっぱりデジイチは難しそうですねえ。
室内、室外で設定を変えるわけですね。
そして室内でも、急にカメラを持ち出してヒョイと撮るってことも、コンデジだからできることで、デジイチを使ってる場合、何らかの設定変更をするわけですね。
大変だわ~私には遠い先のことみたいです。
デジイチを使ってる皆さんは、急には撮ってないってことなのですね。
取説さえ読まずに物を使う私じゃ無理かも(笑)

そうですよね、カメラも大きいわけで、扱いづらくはないですか?
オモチャで遊ばせながら撮るなんて、できるのでしょうか。
背景がボケる、対象が浮き上がるように写るのは、本当にうらやましくて、デジイチが欲しいなと思った私です。
私の場合、外に出かけて写真を撮ることもなく、撮るのはしろちゃんばっかりなので、デジイチは贅沢かも。
二度とない時間を、上手に残してあげたい気持ちはありますけど。

ローズキャットさんの写真では、もうちゃんと変化がわかりますものね~。
ちゃんと学習するローズキャットさんだから、しばらく、学習の様子を写真から拝見してますね♪
コメントありがとうございますi-1

のん福レオちゃんのお母さん、こんばんは♪

お日様に呼ばれたように、猫ちゃんて、ひなたに引き寄せられてゆくでしょう?
のんちゃんも、ひなたにあるピンクの敷物の上で、でノビノビ~と伸びてましたね♪

そうそう、癇の虫は、指の先からモワモワと出てくるそうですよ。
出ちゃうと、しばらくは大人しい女性になれるそうであります(笑)
お互いに、ひなたぼっこで昼寝でもしたいですね。

北陸は、やはり日差しが減るのですね。
こちらとは、反対の現象になるってことですね。
こちらでは、クリスマス以降来る日も来る日も、部屋の奥までお日様が入りこみ、冬だな~なんて感慨にふけってます。
太陽は本当にありがたいですね。
昨今は電気も作れちゃうんですから、お日様さまですね♪
コメントありがとうございますi-1

No title

しろちゃんのお外時代と今では全く違う顔をしていますよね。
毛足も短く見えます。

獣医さんの言うことは当たっているように思います。
つくねも頭にしか傷がありません。
なるとは背中に傷を負いました。
性格を考えると合点が行きます。
確かにしろパパさんの言うように、外では強く男らしい猫さんだったのでしょう。
でも、室内で暮らすためには必要ありませんもの。
ダメダメっ子かどうかは分かりませんが、しろちゃんの今のお顔をみる限りでは
とても幸せそうですよ。^^
一緒に日向ぼっこして、疳の虫?を退治してはいかがでしょうか。^^;

そうそう、越谷や宇都宮で手に入れてこようとしたのは
招喜屋というショップの品物です。
宇都宮にもなくなっていましたので、
関東では手に入れることができなくなりました。
今は別のものを思案中です。
深大寺の根付はよそでも見たことがありません。

つくね♂さん、こんばんは♪

コメントのお返事、遅くなりました。
そうなんです、ちょっとそこが自慢だったりします。
お外時代の過酷だったことなど、忘れさせてあげられたかなと。
やはり冬の写真は、外の猫ちゃんのほうが、毛足は長く多くもっさりという感じですよね。
それだけ、冬のお外の生活は厳しいということでしょう。

つくねちゃんも、外猫さん時代がないというのに、お出掛けでケンカするなんて、うふふっと思う女の子ですね。
キャンディキャンディですもんね♪
性格という意味で言えば、つくねちゃんはしっかりしたお姉さん。
だけど、子供が嫌いよというタイプなのでしょう。

室内で暮らすためにはケンカ強さは必要ありませんし、室内で暮らす猫にするよう、手を加えて道を曲げたのは人間ですから、ひたすらかわいらしさ、穏やかさを、愛でてあげてもいいと思うのです。
猫らしくありたまえなんて、全然思いません。

しろちゃんの今のお顔、幸せそうですか?
何回言われても、うれしい言葉であります♪
第三者の意見って、的を得ていますものね。

癇の虫退治と骨粗しょう症予防に、昼間はしろちゃんとひたすら昼寝して過ごすってことでいいのでしょうか(笑)

招喜屋というショップ、ネットで見ました。
つくね♂さんはよくご存知ですねえ。
かわいい猫グッズがいっぱいですね。
>深大寺の根付はよそでも見たことがありません。
↑ この一言で、俄然衝撃を受けた私です。
そんなことなら、もっと本気でかき集めておけばよかったわ。
深大寺に行くチャンスがあったら、つくね♂さんの分も買ってきますね。
コメントありがとうございます
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック