覚めた猫、バッタさんをかじりながら甘美な夢の話を聞く

2011/12/17 Sat

IMG_7410_convert_20111217173334.jpg

「僕のママ、昨日は魔法にかかってしまったのです。
星の粉が、お目目に入ったそうなのです。
とてもうれしくて楽しくて、甘い味の夢をみたのですって。
僕も甘い味の夢を、見てみたいものです



昨日の夕方、眠くて眠くてらまらなくて、半端なブログを書いた。
その後、しろちゃんを伴って、寝室のベッドの中にちゃんと眠った。
眠いときには、素直に眠らなくちゃ…。
しろちゃんが教えてくれた処世術は、社会的生活を営むには支障があるものだが、楽しく生きるには、心地がいいのである。


IMG_7406_convert_20111217173416.jpg

「毎日お家にいるママに、たいした支障があるとは、僕には思えませんけど
生意気言うのではありませ~ん


そして、夢を見た。
甘~い夢を。
楽しくてうれしくて、幸福で甘美な夢を。
夢の中であんなに笑ったことは、しばらくぶりな気がする。


IMG_7442_convert_20111217173648.jpg

「ママの夢って、どんな夢だったのでしょう。
非常に興味のある僕なのです

↑ はらわたの出たバッタさんのオモチャ、もう捨ててもいいんじゃないかな。


以下、夢の中のお話。

しろちゃんと私は、何かを観るために、プラスティックの座席に座っているのであった。
スタジアム型の建物で、観戦しているのは野球か、はたまたサーカスか、子供向けのお芝居かミュージカルか、そんなものだと思う。
何を観ているのか、正面は終始夢には出てこないのである。
私の右側の座席に、しろちゃんがいる。
なんとーーー、座席の上にアンヨで立っているのである
もちろん、ハーネス&リードがあるわけではない。
どこかへ跳んで行ってしまうという心配が、まったくないことになっている。
サイズはまったくしろちゃんの、そのまま、このサイズである。


IMG_7412_convert_20111217173446.jpg

どこかへ跳んで行ってしまうなんて、それはママの危惧というものですよ。
僕だって、バカじゃないのですから、あっちこっち跳んで逃げてしまったりはしません。
特別の理由がない限りはね

特別な理由ってなにーーー?しろちゃん。


しろちゃんは、正面を観ながら「あはははっ、ママも観て観て、あはははっっと笑うのである。
いやいや、猫語で、ではないのである。
普通に人間の言葉で、人間の子供のような口調で話しているのである。
声は、まさにしろちゃんのなき声のトーンそのもので、それはしろちゃんの声に間違いはないのである。
「あはははっ」っと、しろちゃんは、細いアンヨで立った状態で、両手を叩いて喜んでいる。
顔もしっかり笑って、白い歯がこぼれている。
「しろちゃん、おもしろい?」
「はあい、おもしろいですよ~ママ~あはははっ」
そしてまた、白い両手を叩くしろちゃん。


IMG_7414_convert_20111217173509.jpg

「このバッタさんの触角をひっぱりたいのです。
キーーー



しろちゃんが人間の言葉を話していることを、私は不思議とは思っていない。
不思議とは思っていないが、そのことが、すごくうれしいのである。
たまらなくうれしいのである。
まるで、ある日突然、人間の言葉が話せるようになりましたという感じ。
「ママ、アイスはいつ買ってくれるのですか?
「しろちゃん、アイスを食べたいの?」
「僕、アイスが食べたいですよ~ポップコーンも食べたいです
「じゃあ、売店に買いに行こうね♪
そうだ、そうしよう、売店に買いに行こう。」
「はあい、そうしましょう、ママ~
私も、言葉に表せないような幸福感に包まれて、うれしくて楽しくてウキウキしている。
しろちゃんは、小さな子供がよくそうするように、椅子に手をついて、椅子から後ろ向きに下りた。
そこで夢は、あっけなくおしまい。


IMG_7415_convert_20111217173529.jpg

「アムアムアム~バッタさんはおいしいのです。
夏の野原の味がするのです。

残酷なしろちゃん。


たったそれだけのことなのだけど、夢が覚めたあとも、そのうれしい気持ち、楽しい気持ち、幸福な気持ちが、余韻として残った。
なんだ夢だったのねと、右手に手を伸ばすと、しろちゃんが背中を向けて横向きに、丸くなって私の横に眠っている。
まさか、息が止まっていはしないよねと、顔に手を当ててみる。
小さな鼻からの息が、私の手のひらに、小さくかかった。
背中の毛に触れたら、眠りが浅くなったのか、ビューンと伸びをしてまた寝入った。
身体の下に手を入れて、グイっと抱き寄せてみたら、嫌がった。
私の顔の真横に眠っているのではあるが、抱っこされるのが嫌なのである。


IMG_7416_convert_20111217173547.jpg

「こんにちは、バッタさん。
また元気に復活しましたね。
僕と遊ぶのです

バッタさんは、食べちゃってもまた復活するのね、しろちゃんの頭の中では…。


こんな夢を見たのは、その直前にブログ記事を書いていたからであろうと思う。
ブログの中では、しろちゃんは普通に言葉をしゃべっている。
アイスが出てきたのは、冷凍庫の中のアイスノンが影響しているものと思う(笑)
単純なワタクシ。
だけど、あの幸福感は何なのだろう。
うれしくて楽しくて甘美で、私は溶けそうな気持ちだったのである。


IMG_7417_convert_20111217173606.jpg

「この触角が、なかなか取れないのです。
あっバッタさんは甘い味ではないのです。
どっちかというと苦い味ですよ

ちなみにヤモリさんは、どんな味だった?
ネズミさんは、どんな味だった?


ミラクルなことやスピリチュアルなこと、オバケや円盤の類は、あまり信じないタイプの私だけれど、まるで魔法にでもかかったように急に睡魔に襲われたことと関係があるように思われてならない。
少しお疲れ気味の私に、神様が、この上ない幸福な体験をプレゼントしてくれたのだろうか。
笑うしろちゃんのお顔。
こぼれる歯。
甲高い笑い声。
小さな白いお手手を、喜んで打ち合わせる様子。
いつものクリクリした瞳で、アイスはいつ買ってくれるのかと、私を見上げるしろちゃん。
アンヨで、しっかり立ったままのしろちゃん。


IMG_7418_convert_20111217173626.jpg

「キーーー
歯が痛くなりそうです

あら、いいんじゃないの?、糸楊枝だと思えば。


あまりな親バカな私に、神様がほんのちょっと、サービスしてくれたのだろうか。
時期も時期だし、聖なる星の粉でも、私の瞼にこぼしてくれたのだろうか。
何も、しろちゃんが人間の子供だったら…と願っているわけではない。
断固、決してそうじゃない。
しろちゃんはしろちゃんのままで、そのままで、私のかけがえのない一人息子なのだ。
白い白猫の王子様なのだ。
猫ちゃんに生まれたしろちゃんを、ママは愛しているのです。

たまにはこんな親バカを、ダラダラと書こうじゃないか。
…と照れ隠しに言ってみる。(恥)


IMG_7411_convert_20111217173354.jpg

「なんですって? 神様が星の粉を? ああ、はい。
ええええ、わかってますとも。
いいのですよ、ママもお疲れ気味だったのだから。
それからね、たまには親バカを…とは言わないように!
ママはいつも親バカですから。
だけど僕は、そんなママのこと、こっそり自慢に思ってますよ。
お外からやってきた僕を、白い王子様だと人に平気で言う、そんなママが大好きです



参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

しろちゃんの言う通り、kakoboxさんはいつでも親バカです。(笑)
なぁ~んて言っていますが、私含め猫ブログをやっているみなさんは
みんな親バカですよね(^^ゞ
すごく楽しそうな夢ですね。
しろちゃんがイスの上に立って、手を叩いて笑っている姿が目に浮かんできました。
そう、しろちゃんはしろちゃんでなくちゃいけないのです。
そのままのしろちゃんが好きなのですよね。
その気持ちわかりますよ(^^)
私は、たくさん夢を見る人なんですけど
なぜか身近な人はあまり夢に出てきません。
そんな楽しい夢なら私も見たいなぁ~。

ミルクさん、こんばんは♪その3

確かに~猫ブログの人は親バカが多いかも(笑)
みんな自分が親バカって認めてますしね。
バカになれるくらい、愛せる生き物だってことですね♪

いや~夢は楽しかったですよ~久々に覚めてからも「うふふっ」が止まらない(笑)
うれしかったですよ~夢でもいいから見たいって類のものでしたから。
夢の中では、矛盾とか、消え去るじゃないですか。
素直に、しろちゃんは話せるようになったのだと、いう設定になっているのですよ。

あのまるんとしたドラえもんのお手手を、叩いてるのですよ~かわいいでしょう?
そうそう、ママキャラであっても、人間の子だと思って育てているわけではなく、猫ちゃんのしろちゃんが好きなのです。
つまり私は、ママ猫なのであります。
夢に身近な人が出てこないのですって?
私の場合、身近な人の夢ばかりですよ~。
遠くても、昔の友達や昔の恋人かな(うひひっ)
リアルすぎて、怖いような夢が多いです。
たまには、空を飛ぶとか宇宙に行くとか、そういった夢らしい夢が見てみたいわ。
コメントありがとうございますi-260
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック