買おうにも売ってない、ただの普通の雑種の白猫なのだ。

2011/11/19 Sat

IMG_7010_convert_20111119180435.jpg

「今日は雨こんこん、風ビュービューですねえ。
鳩さんも、雨に濡れては飛べないので、今日は来れません。
僕は退屈で、眠くなってしまいます。
アゴ枕の中に、ホッカイロを、ママが入れてくれました。
毛布の下にも、入ってるんですよ。
いよいよ僕のお家にも、冬がやってきたのです

しろちゃん、冬は、日本中に等しくやってくるのです。


今日はザンザン降りの雨。
雨のしずくが、小さな流れ星の群れのように、窓をつたう。
こんな雨の日を、私は大好きだ。
しろちゃんが1日眠ってばかりいてくれるから。
…じゃなくて、静謐な図書館の本棚の森の中を、歩いているような気がするから。

先日、お出掛けの日、帰り道でホームセンターに寄った。
ホームセンターといえば、お決まりのペットショップ。
生体が展示され販売されているその大きなペットショップは、私には、あってほしくない場所。
だけど、見たいような見たくないような、複雑な気持ちで必ず寄ってしまう。
ペットショップなのだから、しろちゃんのグッズやオヤツやオモチャだって買えるじゃないか。
そんな言い訳を、自分にしつつ。
されど、不快だからといって、見なければいいってわけでもないだろう。
世の中の出来事は、見なければ、何が問題なのか、何が真相なのか、わからないのである。
誹謗中傷になりかねないので、断っておくが、そこは調布市内ではなく、漠然と東京都内。


IMG_7003_convert_20111119180456.jpg

「ハハーン
あの日、僕が心配して待っていたのに、ママはかわいい赤ちゃん猫を見にいったのですね。
そういうのを、ウワキっていうのだそうです



上下3段のステンレスのケージが、ぎっしり横並びに並んでいる。
その入り口の角に、大きなショールームがひとつある。
3畳程度の床面積で、高さは2メートル態度ありそうな三角形のショールーム。
ワンちゃんのほうが売っている数は多いのに、このショールームは猫専用。
猫専用ショールームには、キャットタワーが2~3台、猫ベッドが2個程度、ケリぐるみやぬいぐるみのオモチャ、爪とぎハウスなどが設置されている。
要は、「猫を飼ったお部屋のイメージ像」なのだろう。
「こんな風に猫ちゃんはお部屋の中で楽しく暮らしますよ~」ということだ。
そのショールームの中には、本日の一押し猫ちゃんがいる。
毎日見ているわけではなく、数ヶ月に1回しか見ないことなので、あくまでも推測である。
このショールームはなぜ猫専用かというと、犬の本日の一押し赤ちゃんは、ケージごと通路に出してある。
誰でも触れてみられるように…



IMG_7009_convert_20111119180653.jpg

「僕みたいな、ただの普通の雑種の猫は、いませんでしたか?
えっ売ってない?
僕は貴重な猫なんですね~。
買おうにも買えないのですから

ん~相当な勘違いだけど、そうとも言えなくもない。
買おうにも、どこにも売ってないね、しろちゃんみたいな猫ちゃんは


その日は、スコティッシュホールドが一押し猫ちゃんだった。
濃いベージュの3ヶ月弱の子猫が、キャットタワーの最上階で、身体をいっぱいに伸ばして眠っていた。
お外を知らない猫ちゃん特有の、かわいい無防備さ。
今日のショールーム独占で遊びつかれたのか、ダラリーっと落っこちそうな姿勢で寝息さえ聞こえそうだ。
横並びのケージは、まず猫ちゃんの展示から始まる。
私は何も、ケチをつけようとして見ていたわけではない。
正直なところ、かわいい子猫見たさ半分、生体展示販売の実情を監察したい気持ち半分だ。


IMG_7004_convert_20111119192506.jpg

「本日の、一押し僕です。
11日の写真と同じようなのですが、撮った日は明らかに今日なのであります。」



上段、スコティッシュホールド2匹。
黒っぽいほうの子は、2ヶ月半程度で、ガラスに背中を向けて横向きに、ケージの奥のほうで眠っていた。
その黒っぽい子の頭のそばに、なにやら白っぽいものが…。
ん? なに?
なんとーーーっ! ものすごく小さい赤ちゃん猫だ。
こちらを向いているにも関わらず、あまりに小さいので、そこに何があるのかわからなかったのだ。
生成りのような色をしたその赤ちゃん猫は、一応9月末生まれとなっている(それでも2ヶ月には満たないが)
しかし、どうみたって、私にはそう見えない。
私はしろちゃん以外の猫は飼ったことがないが、他のブログで猫ちゃんの成長は見ている。
2週間はこんな風、1ヶ月はこんな風、2ヶ月はこんな風…と。
その白っぽい赤ちゃん猫は「手乗りサイズ」に近いものがあった。
毛はポヨポヨ、顔はまだぼんやり、はれぼったいような瞼、耳が確認できない。
赤ちゃん猫を称して、宇宙人みたいなとよく言われるが、そう、宇宙人みたいだった。
ウソ~。
表示されている月齢を、お店ないしはブリーダーさんが詐称するってことはあるのだろうか。
その宇宙人は、猫ベッドの壁に手をかけて、目を閉じたままグーパーしていた。


IMG_7014_convert_20111119180535.jpg

「なんですって?
宇宙人が、猫の赤ちゃんとして売られていたのですって?
許せません



中段、アメリカンカール1匹。
キャメル色のその子も表示では2ヶ月ギリギリといったところ。
しかし、しかしね~こんなに小さい2ヶ月はあるだろうか。
たまたま発育不良なのか?
そのきれいなキャメル色の子は、起きていて、ガラスに向かって左右に揺れながら歩いてきた。
あまりにも小さいので、頭が重たいらしい。
ちっちゃ~い!
オメメもお耳もお手手も…。
これで2ヶ月? ウソ~。
元はピンクの猫ベッドは、そもそも全体が薄汚れた色になっていて、ウンチの染み、オシッコらしき染みが、あちこちについてとても汚かった。
たった1日で、こうなるものじゃないだろう。
ずっと替えていないのか。
背後の餌の入れ物には、干からびたように見えるウェットフード。
その横のお皿には、明らかに分離してしまって固形分が浮かんだミルク。
その横には、白いトイレチップが浮き、濁ったお水。


IMG_7021_convert_20111119180557.jpg

「ひどいです!
その子は、ミルクも飲めなくて、お水も飲めなくて、かわいそうじゃないですか!
汚いお蒲団でも、ケージの中だから、自分で他の場所を選べないじゃないですか!
赤ちゃんだから、文句も言わないって?
そういうこと、猫は一生忘れませんよ

しろちゃん、怒りでオメメが四角になってる~こわい


下段、アメリカンショートヘアー2匹。
双方、ガラスの前で、横向きに眠っていた。
左側の子の表示は、4月生まれだから、生後7ヶ月ということになる。
確かに大きい。
普通サイズの猫と言っても過言ではない。
右側の子のほうは、たしか5ヶ月程度じゃなかったかと曖昧な記憶。
普通サイズに見える子は、ガラスの前でさんざんアピールした後、そのままそこで眠ってしまったという風体だ。
こんなに大きくても、ペットショップの商品として成り立つのね。
と、ホッとした気持ちもつかの間、あることに気づく。
この子は、7ヶ月の今日まで、ケージから出たことがないのか?
たまに本日の一押しで、ショールームに入る時以外は、飛び上がることも走ることもしたことがないのか?
いやいや7ヶ月では、おそらく本日の一押し猫ちゃんとしてショールームに入ることも、とんとないだろう。
猫ちゃんなのに、ジャンプも運動会もしないままで、7ヶ月!
人目にさらされ続けて7ヶ月!
これじゃ、動物園じゃないか。
その子は、手足をヒクヒクと動かしている。
マズル(上唇)を、まるで話すようにモニョモニョっと動かしている。
夢を見ているのだ。


IMG_7012_convert_20111119180636.jpg

「かわいそうに
アンヨが弱くなっちゃうのじゃないですか?
ジャンプが二度とできない子になってしまうかもしれませんね



この子の見る夢はどんな夢?
優しい誰かがやってきて、暖かい腕に抱かれ、お家に迎えてもらった夢?
いやいや、夢は、脳の中での過去の経験の反復、または飛躍だ。
買われたことがないのだから、誰かが迎えに来る期待さえ、抱いたことがないかもしれない。
遠い繁殖場で、やはり狭いケージの中にいるであろう、猫母さんの夢だろうか。

ごめんね、オバちゃんは何もしてあげることができなくて…。
ただ、君達の境遇は、小さなブログだけれど、世間にさらしてあげる。
お店の本社に、クレームのメールか電話を入れようじゃないか。
8月の「動物取扱業の適正化について(案)」のパブリックコメントに続いて、第二弾、「動物愛護管理法改正のためのパブリックコメント募集がある。
少しでも良い方向へ向かうものと確信して、第二弾も必ず出すからね。

犬猫のペットショップでの生体販売に、私は反対である。
だがしかし、いったんお店に出た子には、何の罪もない。
命の扱いが、展示商品体質であることが問題なのだ。
売れなかったらどうなるのか、子供の頃には不思議だったけど、大人なのだから想像はつく。
君達が、優しい人に買ってもらって、暖かいお家で飛び回り、大切に愛されて暮らすことを、しろちゃんとともに心から祈っている。



IMG_7026_convert_20111119180618.jpg

「僕も心から祈ってます。
そりゃあ僕は、ペットショップを、見たことも行ったこともありません。
ですが、僕は、ママは間違っていないと、いつも思うのであります。
なんたって、僕のママですからね。
胸の中に、冷たい風が吹くようなお話を聞いて、僕は眠れなくなりました。
僕が大人になって、立派になり、大きなお屋敷に住むようになったら、みんなを全員、僕のお家に迎えてあげます。
それまでみんな、待っててね

しろちゃん、大人になった暁には、独り立ちするつもりなのか?
ママをおいていかないで~



参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

こんにちは。

汚いペットショップありますよねぇ。
私は汚いと店員さんを呼んで「うん○食べていますよ。(ワンコは意外に多いです)」とか「毛にうん○付いていますよ」とか言います。
本日のセールとか書いてありますよね(>_<)
セールの子を見ると可哀そうと思いながら、手を差し伸べない自分がいます。
可愛い子がなんでセールなのと思います(>_<)
悪徳業者には法律を定める事を願います。

明日からまた会社のPC修復です(-_-;)


No title

冬が近づき、外猫ちゃんも寒かろうと思うのですが、
ペットショップの猫ちゃん達は四季を通してズーッと
狭いケージの中で暮らしています。。
しかも、とても小さい頃から・・。。
とても悲しい話です。。

No title

ペットショプですか・・・。
正直近寄りたくないところですね。
大型ホームセンターの買い物番組でアメショを
衝動買いしていたタレントがいましたっけ。

ブリーダーが詐称することはあるようですよ。
それとは別に、仔犬の体重がこれだけですよ~って販売しているのも
ネットで見かけます。
要は小さければ小さいほど商品価値があるのです。
行政の譲渡が子犬や子猫に限っているという所があるのも
事実ですし。
“消費者”である自分たちにも問題があるのではないでしょうか。

うちにいる3にゃん全て金銭を以て売買されたものではありません。
でも、自分には同じ猫に見えます。
仔猫の時点から一緒に暮らしているという点では自分も同じかも知れません。

No title

こんばんは。
ペットショップは、正直言って無くなれば良いと思ってます。
だって、優しい家族を待っている子は、そこにもここにも
いっぱいいっぱい居るんだもん、産ませて売って
売れ残ったら処分なんて、もうヤメにして欲しい。
でもね・・それをヤメる事が出来ないなら、せめて
営業時間外は店員さんが、お家の子として連れて帰ってお世話するとかして欲しいな。
さあ今日のお仕事はおしまいだよ、一緒に帰ろうね
なんて会話がある、そんなペットショップが良いな・・なんて、無理ですね。

あいちゃんの膀胱炎、軽く済んだようで、もう殆ど治っているようです。
もちろん、まだまだ安心せず、しっかりお薬を飲ませます。
先生のお話しで、いろいろな原因の中の一つは、やっぱり普段のフードだそうで
これを機会に、メインのフードを見直すことにしました。
とりあえず、サイエンスダイエットのインドアキャットでいこうかな・・と、思っています。
あいちゃんは、まだまだずっと療法食ですけどね。

ビクママ、こんばんは♪

ビクママは偉い!
店員さんを呼んで、ちゃんと注意するんですね。
それが人間として当然のことかも。
見たのに、その場で店員さんを呼ばなかった私は失格だわ。
そのペットショップのアルバイト店員と1回だけ話したことがあるんです。
「猫ちゃん飼ってみませんか?」と声をかけられたので、「我が家には自分で外からきた猫がいますから」と答えたら、なんと、「汚いですよ~野良猫は…何の病気持ちだかわからないしね」と言われました。
失礼極まりないでしょ。

セールの子が何でセールなのかを考えると、ただ単に大きくなったからとかいう理由でしょ。
その都度手を差し伸べていたら、ビクママ家は猫屋敷になってしまいますよ。
大きくなったからと買わない人間が、おかしいんですけどね。
悪徳業者、悪徳ブリーダーをぎゃふんといわせる法律が新たにできることを願うばかりですね。
またパブコメがあります。
今度は動物を飼う側の法改正だそうで、見本また載せますから、お願いしますね。

会社のPCはビクママが治しているの?
頭が痛いわね~。
コメントありがとうございますi-260

のん福レオちゃんのお母さん、こんばんは♪

私達は冬を美しいと感じますが、野良猫さんにとっては過酷な生死のかかった季節なのですよね。
想像するだけで、胸が痛いですね。
>ペットショップの猫ちゃん達は四季を通してズーッと
狭いケージの中で暮らしています。。
しかも、とても小さい頃から・・。。
↑ やはり、お店が終わった後も、ケージの中なのですよね。
のんちゃん福ちゃんレオちゃん、mamiさんの暖かいお家に迎えられて、本当に幸せでしたね。
お店に出た以上、すべての子が絶対に買われるシステムになればいいのに。
コメントありがとうございますi-260

つくね♂さん、こんばんは♪

ペットショップに行かないことのほうが、非買運動に近いものはありますが、そこに確かに赤ちゃん猫はいるわけで、どうにも気になるワタクシは覗いてしまうのです。

>大型ホームセンターの買い物番組でアメショを
衝動買いしていたタレントがいましたっけ。
↑ ホントですか。
ひどいな~。
ああ~もしかして、お笑いタレントとアイドルが4人くらいで買い物をする番組ではないですか?
イケアに買い物編を、私は見たことがあります。
とりあえず生体は、衝動買いをできないシステムにして欲しいけど、犬猫で商売しているほうは、衝動買いこそ、して欲しいことなのでしょうね。
酔っ払いが、高価な猫をホステスに衝動買いでプレゼント。。。
いつか新宿で見た悲しい光景こそが、商売になるのでしょうね。

やはり、ブリーダーが詐称することはあるのですね。
実際に見て欲しいくらいに、月齢と大きさがちぐはぐでしたよ。
今気づきましたけど、写メを撮ってくればよかった。
犬でも、血統書が偽造されている時代ですものね。
ブリーダーさんが詐称したら、ショップも詐称することになりますものね。
ありえないってほど、赤ちゃんだったのですよ。

>要は小さければ小さいほど商品価値があるのです。
↑ それって、若ければ若いほどいいという日本のアイドル事情に似ていませんか?
日本人男性の女性の好みとも。
これは国民的な問題なのかしら。
私は純粋に、しろちゃんの赤ちゃん、子猫時代が見てみたいです。
つくね♂さんはそういった意味で、うらやましいのです。
コメントありがとうございますi-260

pigumiiさん、こんばんは♪

日本のペットショップ、欧米のような形になればいいのですよね。
ペット用品販売とブリーダーさんとの橋渡しだけする商売に。

里親さんという言葉の問題かなと思うことがあるのです。
私達は誰でも知ってますが、まったく犬猫に縁のない方は、里親さん募集という言葉にぴんとこないのではないかと。
まだまだ、衆知が足りないのかなと思います。
猫カフェなんて作る前に、里親さん募集カフェでも作ればいいのに。

新宿コマ劇場近くには、まさに深夜の時間帯にオープンしているお店があるのですよ。
飲んだ帰りのお客やホステス目当てと聞きました。
3年前の時点では、深夜1時に煌々と照明をつけて、子猫子犬をケージで展示してました。
希望すれば抱かせてやるのです。
ひどいですよね。
どんな細菌が感染するとも限らない。

>店員さんが、お家の子として連れて帰ってお世話するとかして欲しいな。
さあ今日のお仕事はおしまいだよ、一緒に帰ろうね
なんて会話がある、そんなペットショップが良いな・・
↑ その気持ち、わかります。
店じまいした後の、売られてる子達の様子が、一番かわいそうですよね。

あいちゃんの膀胱炎、もう殆ど治っているのですって?
よかったよかった。
体内に残る細菌を全滅するためにも、お薬は症状がなくなってからも飲ませないといけませんね。
症状が無くなった=細菌が死滅したじゃないそうです。

原因の中の一つはフードだったのですね。
やはり毎日それを食べる猫ちゃんには、フード選びは大事ですね。
サイエンスダイエットのインドアキャットが嫌いなら、次々とトライしてみてください。
欧米物を強くお勧めします。
あいちゃん、療法食も終えて、早く普通のご飯に戻れますように☆
コメントありがとうございますi-260

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック