何をしても叱られた昨日のお歌は「月の砂漠」

2011/11/15 Tue

IMG_7039_convert_20111115175549.jpg

「皆さん、お元気ですか?
僕は元気でご飯もモリモリ食べています。
今日は僕がブログを書こうと思い、ママの椅子に座っています。
ピカピカパチパチ(しろちゃん用語でパソコンのこと)を開いて、ボタンを押して…と。」

ママの椅子に座って、なんだか偉そうなしろちゃん


天気予報に反して、薄曇りの今日。
天気予報でさえ、この程度の精度なのだから、地震、津波など天災の予測が如何に難しいものか。
予測でき、想定できると思うこと自体が人間の傲慢である。
人事の及ばないところと思い、作らなければならない想定範囲を大きく!
防波堤はどれだけ巨大にしてもキリがない。
効果的に逃げる算段のほうに、国と自治体は財源を注ぐべきと思う。

今日の記事は昨日のことである。
いつもの曜日にいつものようにアップしようとしたが、できなかった事情がある。
そういうことが、結構ストレスになる私の変な律儀な面は、そのまんま、しろちゃんの性格となって反映されてしまったらしい。


IMG_7037_convert_20111115175612.jpg

「今日はママがお具合が悪いのです。
起きたら、ポンポンが痛いと言うのです。
『ウンチをしなさい、ママ』って僕は言ったのですが、
「そんなうまい具合にはいかないの~。」と言われてしまいました。
じゃあ、『僕の酵素を飲みなさい』って言ったんです。
本当に飲んだのでしょうか。



ポンポンじゃなくて、胃なんです。
胃が痛かっただけのこと。
私にはよくあることで、自分でも何ら不安はないのである。
※消化薬
※胃を動かし消化を強制的に促す薬。
※胃酸を抑える薬。
※胃粘膜を保護する薬。
※胃に麻酔をかけて動きを沈静化し、とりあえず痛みを止めてしまう薬。
等々、ちょっとした小さな村の処方箋薬局になれそうなくらいに、どっさりな病院の薬を私は持っているのである。
何で胃痛になったかというと、冷えている状態の胃の中に、消化しにくい食べ物を入れてしまったから。
寒くなるこれからの時期、皆さんもご注意を!


IMG_7033_convert_20111115175631.jpg

「ママったら、掃除機をかけて、クイックルワイパーで床を水拭きすることだけは、どうしてもやめられないのだといって、ひいひい言いながらお掃除してました。
僕が、何か小さな尖ったカケラで肉球を切らないよう。
僕が、肉球に付いた食べてはいけないもののカケラを、舐めてしまわないよう。
僕が、白猫じゃなく灰色猫にならぬようって…


IMG_7032_convert_20111115175650.jpg

「みんな僕のためってことじゃないですか。
ママったら。。。。。
僕はお外で暮らしていた猫ですから、そんなことは大丈夫なのです。
木の枝が刺さったり、洗剤を舐めちゃったり、泥んこになったりすることは平気なのです。
平気、大丈夫、僕は全然構わないって、ひいひいお掃除するママに僕は必死に抗議しました。

「どうしてうるさく付きまとうの!」
って、反対に叱られてしまいました。
僕はエーンって泣いちゃいました。

「もっとうるさいわ」って、また叱られました。


その後ママは、お薬をたくさん飲んで、僕を連れてベッドに寝んねしました。
僕はもちろん、いつものように静かに一緒に寝んねしました。
時間が経ち、僕がおメメを覚ましても、ママは起っきしません。
僕は、眠っているママの顔を眺めたり、毛づくろいをしたり、ママの匂いを嗅いだり、真っ白の壁に写る影を眺めたりして過ごしました。
あんまり起っきしないので、心配になり、ママのお鼻に口を近づけてみると、フーって息をしてました。
良かった、ママは生きていたのです。


IMG_7042_convert_20111115175754.jpg

「しかたない、それでは僕が…と思って、ママのお椅子に座ったのです。
ブログを書いて、アップして、ご飯の支度をしてあげようと思ったのです。
ママのお椅子には座ったものの…僕は急に寂しくなって、またここで泣いたのです。
あまりにもエーンエーンと大声で泣いちゃったので、ママが起っきしてきました。

「しろちゃん、なんなのよ~。
またまたママに叱られました。

ママを助けたいと思ったのに、反対のことばかりになってしまって、僕は悲しかったです。

ママは僕を抱っこしてお椅子に座り、ママの好きなお歌を歌ってくれました。


「「しろちゃん。、ママが本当に叱るわけがないじゃないか。
ママの、白い白猫の一人息子だもの。
何をしたって、ママの責任だし、何をしたって、愛してるよ~しろちゃん








IMG_7041_convert_20111115175731.jpg


「寂しいお歌ですねえ、ママ



参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

kakoboxさん、無理しないでくださいね。
しろちゃんと、ゆっくり寝てください。

たかが胃痛、されど胃痛。
私も胃痛に悩まされ、家に帰ると寝てばかりいたことがあります。
その時は、いつもカイ君が添い寝してくれて、
体温で私の胃を温めてくれたんです。
私の調子が良くなり起きると、
カイ君も嬉しそうに起きてくれて。。。

今はピロリ菌除去をしたので、
胃が激痛に襲われることはないです。

月の沙漠の歌詞を読みました。
ロマンチックなようでいて、秘密と痛み、切なさが
混じっている感じがしました。

うまく言えなくてすみません。

どうか、お体をご自愛ください。

ローズキャットさん、こんばんは♪

優しいお気遣い、ありがとうございます。
胃痛のほうは、だいたい治りました。
こうするとこうなるってわかるのに、ついやっちゃう失敗です。

ローズキャットさんも胃痛持ちだったのですね。
胃痛を知らないという人もいるらしいですよ。
カイ君が添い寝してくれるなんて…カイ君も何か異変を感じてるのでしょうね。
>体温で私の胃を温めてくれたんです。
ホメオパシーでしたっけ?
文字通り、手当て=手を当て体温を伝達することで痛みを緩和するのですよね。
カイ君、写真で見るよりもっと、ホットな心の持ち主だったのですね。

ピロリ菌除去、前に記事にもありましたけど、胃カメラでやるのですか?
それ以降、胃痛がないなんて、すごい効き目ですね。
私の場合、胃酸過多なのですよ、常に。

>ロマンチックなようでいて、秘密と痛み、切なさが
混じっている感じがしました。
↑ 表現がお上手ですね。
この歌、小さい頃に聞いても、悲しい気持ちになりました。
ジャンルは童謡ですけど、大人の歌ですよね。
王子様とお姫様は、どこかへ隠れて逃れようとしているのでしょうか。
幸福な旅でないことは確かですよね。
載せた動画は、由紀さおり&安田祥子姉妹の声が震えるほどに幻想的です。

寒くなったので、ローズキャットさんも内臓の冷えにご注意くださいね。
コメントありがとうございます。i-260

No title

胃痛は治りましたか。。
私も胃弱な方なので、胃薬は手離せません。。
その割には、寒くなっても毎晩ビールを飲んでいるのですからどうしようもないですね。。
小さな命を愛おしく思えば思うほど、
切なく悲しくなる時がありますね。。
どうしてなんでしょう。。
体調のすぐれない時かと思いますが
今日のスコクラブを覗いていただけませんか。。
コメントは要らないですからね~^-^

No title

kakoboxさん、その後胃の調子はいかがですか?

しろちゃんもkakoboxさんもお互いを思いやる気持ちが強いので
ちょっと切ないお話になってしまいましたね。
良かれと思ってやっているお互いの行動。
それが時として裏目に出る事になってしまいましたね。
しろちゃん、すごくいい息子ですよ(^^)
自分の出来る事を考え、そして胃痛に苦しむママに
『僕は強い子だから大丈夫!』と教えてくれたんですから。
しろちゃんに生存確認をされたのですね。(笑)
私、されたことない。
猫パンチされた事はあるけど。(笑)

のん福レオちゃんのお母さん、おはよう♪

胃痛は治りました。
ご心配ありがとうございます。
mamiさんも胃弱だったのですね。
頭痛持ちと言う言葉があるように、胃痛持ちという言葉があってもいいですよね(笑)
周囲に、胃痛を知らない、胃がどこだかわからないって人もいるんですよ。
健康なんですね~。

毎晩ビール、ご夫妻で飲むのですからいいじゃないですか♪
暖かい部屋で冷たいビールにおいしい手料理、mamiさんがうらやましいです。

そうそう、愛するって、切なく悲しいことでもあるのですよね。
愛し始めた途端に、別離が怖くなる、お互いの命の限りを感じるからかもしれません。
でも、輪廻転生ですものね♪

スコクラブ、拝見しましたよ~。
mamiさんがうれしそうで、私もうれしくなりました。
雪の季節が待ち遠しいですね。
コメントありがとうございますi-260

ミルクさん、おはよう♪

ご心配ありがとう♪
もう大丈夫ですよ。
ミルクさんも胃が痛くなることってある?

この記事はちょっと切なかったですね。
私が、イライラしながら書いたからかもしれません。
本当にこの通りのことがおきて、結局この椅子の上で、お膝に抱っこで子守唄状態になってしまいました。
体調が悪いときって、明るい歌が出てこないんですよね~。
月の砂漠を、しろちゃんとトボトボゆくような気分でしたよ。
でもどんなときにも、しろちゃんは一緒です。
ママの運命に一蓮托生です。

>しろちゃん、すごくいい息子ですよ(^^)
↑ デレデレ~~~(笑)
歳をとった暁には、しろちゃんに、介護してもらわなかればなりませんからね(笑)
今のうちに、愛情を溢れるほど注いでおきましょう。

しろちゃんのする生存確認は、ヒゲがソワソワしてくすぐったいのなんの(笑)
そうか、乙女さんのミルクさんに対する生存確認は、猫パンチか~(笑)
確実な確認方じゃないですか!(笑)
コメントありがとうございますi-260
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック