虹の橋から届いたご本? 福ちゃんのために歌を練習したい猫

2011/11/05 Sat

IMG_6669_convert_20111007165413.jpg

「何かが届くことは、いつもとてもうれしいことなのです。
福ちゃんのお母さんから、ご本が届きました。
ワイワイと僕が開けようとしたら、「お祈りしてから開けなさい」とママが言いました。
なんで?どうして?
僕はいつも、猫同士の心の声で、福ちゃんとお話してますよ。
福ちゃんは、「しろちゃん、今日は何して遊んだの?」って、昨日も僕に聞いたばっかりです




薄曇の空を、遠く鳥がV字になって飛ぶ。
枯れた葉が、ベランダに落ちる。
籠の中で小さく丸まるしろちゃん。
窓を開けてあげよう。
北の国の雪の匂いがするかもしれない。
遠くのお友達の声が聞こえるかもしれない。

金曜日に、石川県から、愛の入ったゆうパック500が届いた。
「スコクラブ」のmamiさん=のん福レオちゃんのお母さんから、ステキなご本が届いたのだ。
ダヤンのバスボールも一緒に。
溶けると中から何かが出てくるそうだ、楽しみ~♪
mamiさん、ありがとうございます♪


IMG_6915_convert_20111105064658.jpg


写真で見ると小さな絵本に見えるかもしれないが、立派なハードカバーの大きな本である。
数ページごとに美しい絵がついた、読む絵本である。
前帯によると、
「だれも愛していなかったエドワードにとって、愛を知ることは、失う辛さを知ることでもありました。
再び心を閉ざそうとするエドワードに、もう一度愛は訪れるのでしょうか……」

一気に読むのはもったいない類の本である。
眠る前の静かなひと時に、夜の音を聞きながら、ひとつの電灯の下で、ゆっくりと読むのにふさわしい本だ。

帯の書評には、
「この魅惑的な物語を、誰かをひざにのせて大きな声で語ってあげたい」とある。
そう、もちろん私の場合、しろちゃんを膝に乗せて、わかるまで何回も、同じページ、同じ行を読んであげたい。
しろちゃんが、挿絵の絵に興味を持って見入るまで…。


IMG_6913_convert_20111105064717.jpg

「僕に、ご本が届きました。
わ~初めての僕の本です
ウサギさんのお話なのですね。
楽しみだな~。
ママにも、読ませますね、福ちゃん。」

違うでしょ、これはママのご本で、しろちゃんは「ママに読んでもらいますね」でしょ


スコクラブは、3匹のスコティッシュフォールド、のんちゃん♀、福ちゃん♂、レオちゃん♂と、mamiさんご夫妻が織り成す愛情溢れたブログである。
私は、ずっと前から知っていたわけではない。
7月の終わりに、「四方山話」のつくね♂さんの紹介で訪れた。
つくね♂さんが紹介してくれたのにも、訳があるのであって…。。。

もしも、個人のブログに意義があるとするなら、それは情報を発信することと、誰かと誰かのつながりを辿って、遠い誰かと心を通わすこと。
誰かの喜びに一緒に喜び、誰かの悲しみに一緒に涙し、人として存在することのささやかな証を、そこに残すこと。

のん福レオちゃんの中の福ちゃんは、8月6日に、3歳と7ヶ月で虹の橋を渡った。


21d3dc3be6247acdf17891c180eee211_convert_20111105064457.jpg

↑↑↑ かわいい福ちゃん。


昨年晩秋頃から、「好酸球性肉芽腫」という自己免疫疾患で、闘病生活をしていた。
その頃を私はリアルタイムで知らないのだけれど、明るい闘病生活を目指すとのmamiさんの言葉通り、その日々はブログで見るととても明るい日々。
こんなにかわいい子が病気だなんて、とても思えないという写真ばかり。
mamiさんが、これ以上の闘病よりは祈りを…という日々になってから、やっと存在を知った私。
mamiさんに力や励ましを届けたいけれど、上手に言葉になんてできなかった。

今、確かに言えることは、福ちゃんは、うらやましいぐらいに愛情たっぷりなご夫妻の間で、愛情の湖に溺れるくらいに愛されながら、楽しいとか、うれしいとか、幸せという言葉しかない時間を過ごして、穏やかに旅だったということ。
人にとっては短い猫生だったかもしれないが、時間の長さが、=その子の幸福な猫生とは限らない。
猫ちゃんに、時間の概念はないのである。
福ちゃんは、自分の猫生が短いとか長いとかなどと、ゆめゆめ思っていない。
神様から与えられた時間を、目一杯幸福に過ごしたと思っているだけ、ただそれだけ。
そして今は、心をmamiさんご夫妻のおそばに残し、身体は虹の橋の向こうで、声を立てて笑って遊んでいることでしょう。

そのことを、mamiさんご夫妻にお伝えしたい。


IMG_6914_convert_20111105064735.jpg

「ママ~、福ちゃんやのんちゃん、レオ君の匂いがします。
福ちゃんの声も聞こえますよ。
『僕は今日、お友達とクリスマスの歌を練習したよ、しろちゃんは歌が歌えるの?』ですって。
ママ~僕に歌を、教えてくれてないじゃないですか
福ちゃん、僕も今日から練習します。
クリスマスには、一緒に歌おうね、福ちゃん



1320445600JKU0MfIG_convert_20111105151620.gif

「約束ですよ~福ちゃん
男の子どうしも、ウィンクするのね


猫ちゃんとの関係性は人様々だけど、mamiさんとご主人の、福ちゃんとのかかわり方は、私に似ているかもしれない。
猫ちゃんではあるが、わが子同然なのでなく、まさにわが子なのだ。
mamiさんとご主人の嘆きは、想像するに余りあるもの。
想像するに余りあるものではあるが、もしも、わがしろちゃんだったらと思い、何度もらい泣きしたことだろう。
これ以上書くと、またmamiさんを悲しませることになりかねないので、ここでおしまい。
mamiさんは、どん底に落ちた気持ちを一歩一歩前進させて、明るい明日へ踏み出された。
「みなさん、力をください、励ましをください」と言っていたけれど、本当に前に向かって進ませたのは、mamiさんご自身の力に他ならない。
ご自身の力だからこそ、進んだ一歩はさらに前へ前へと、繋がってゆくのだ。

本来は私がふさわしいご本を見つけてさしあげるはずだったのに、mamiさんから送っていただいてしまった。
励ますつもりの私が、励まされるはずのmamiさんから、愛をもらってしまったのだ。
ご自身の力で立ち直るすべを見出した人の愛情は、かように深い。


いつか、はるかずっと先の遠い日、私もmamiさんに教えを乞おうと思う。


IMG_5992_convert_20111105160908.jpg

「mamiさん、福ちゃん、ご本をありがとう。
ママが力にならなくちゃいけないのに、ママに愛をありがとう。
その代わりと言ってはなんですが、僕がお歌を練習しておきます。
クリスマスまでには、石川県まで届くよう、大きな声で歌えるようになりますからね。
お友達猫さんみんなで、大合唱しましょうよ。
ね、のんちゃん、福ちゃん、レオちゃんも一緒にね。




参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

kakoboxさん、しろちゃん、優しい心をありがとうございます。。
このように紹介していただいて、とても嬉しく思います。。
確かに福は、他の2匹が目に入らないほど
私達を魅了した猫ちゃんでした。。
愛おしさと可愛さは今も変わりません・・。。

本は、エドワードが持ち主を変えていく様が
命の転生輪廻のようにも思われました。。
どうぞ、ゆっくり読まれてくださいね。。
本当に、ありがとうございました。。
感謝します^-^

No title

私も mami さん(のん福レオのお母さん)から
同じ本をいただきました。

とても切なく泣けてしまいました。
ラストは涙ものでした。
すでに2回、読んでいます。

文章だけじゃなく挿絵も素晴らしいです。
ネタばれになってしまうので申し訳ないのですが、
エドワードがカカシとして働いている姿が、
一瞬、磔刑されたイエスに見えました。

テーマが 「愛」 だから、
そう見えたのかもしれません。

この本を作るために関わった方々の
優しさと愛、丁寧な本を作るという誇りを
すごく感じました。

のん福レオちゃんのお母さん、こんばんは♪

こちらこそ、愛の本を送っていただけて、うれしかったです。
海から引き上げられたところまで読んでいますが、すでにジーンです。
絵もとても丁寧で、すばらしいですね。

福ちゃんの写真を載せるのに、迷ってしまいました。
mamiさんを悲しませないようにするには、どうしたらいいか、私の今考えることはそれなのです。
しかしながら、悲しみも思い出も永遠に去ることはなく、涙の温度が優しく温かくなるだけと、私は思っています。
優しく温かい涙になったら、福ちゃんも安心することでしょう。
自分に経験の無いことを言うのは僭越ですが…。
福ちゃんに対する特別な想いは、ブログからも十分に伝わってきますよ~。

福ちゃんを知ったこと、mamiさんに出会えたことに、私こそ感謝しています。
これからもよろしくお願いします。
コメントありがとうございますi-260

ローズキャットさん、こんばんは♪

mamiさんには、かえって気遣いを頂いて、申し訳なかったですけど、この本、うれしかったですね~。
ジワジワと読んでいる私は、今、エドワードが海から引き上げられたところです。

そうそう、挿絵がすばらしいの。
挿絵というより、絵ですよね。
また、エドワードの姿が…。。。

最初の頃の、女の子が大切にしているエドワードの姿に、2歳の時から持っている自分のお人形がダブります。
そのお人形、今も寝室のタンスの上で寝ているんですよ。
もう、アンティークの領域で価値のある物だと思うわ~(笑)

誰かを膝に乗せて読みたい本と帯にあったけれど、カイ君もしろちゃんも無理かな~。
猫ちゃんがじっと聞き入ってくれたら、どんなに楽しいことでしょうね。
コメントありがとうございます。i-260


プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック