2年前のしろちゃんとお庭、自然がなくても人と一緒に。

2011/10/28 Fri

IMG_0260_convert_20111028170454.jpg

「あれ~ずっ~~~と昔の僕じゃないですか!
まだまだ幼稚で、恥ずかしいなあ。
僕、このお庭からやってきたのです。
見えてる梅の大木は、僕の野良猫時代の、いわば自然のキャットタワーですね
楽しかったですねえ~あのお家の生活。
でも僕、今のほうがもっと幸せですよ

↑↑↑ たった2年前の夏、引っ越す前の家のしろちゃん。


昨日に引き続いて、今日もほぼ快晴だ。
暑いような感じ、と思って外に出たら、意外にひゃっとして、トレンチコートを取りに戻った。
ん~マンションは、外の気温がわからない。

今日は、2年前の夏、引っ越す前の家でのしろちゃんの写真を並べてみた。
この時点で2歳になっているのだから、十分成猫である。
それなのに、幼く感じるのは私だけだろうか。


IMG_0258_convert_20111028170431.jpg

「毎日僕は、お家の中からお庭を見てましたね~。
僕には、バッタさんもカマキリさんもヤモリさんもミミズさんも見えたのですよ。
楽しかったな~



2年前の夏に、今のマンションと呼ばれる集合住宅に引っ越した。
生まれてからずっと、ごく普通の戸建て住宅に住んできたので、集合住宅なるものに住むのは初めての私には、戸惑うことがたくさんあった。
最初は、コンパクトに固まった感じの間取りが、便利に感じた。
外周りの掃除が必要ないことに、気楽さを感じた。
洗濯物を干すのに、長い距離を運ばないで済む平面状にあるベランダがありがたかった。
何より、階段がないことが、オバサンの私には非常に楽である。


IMG_0262_convert_20111028170517.jpg

「通りかかる野良猫さんも、僕の親戚猫さんもきました。
大親友の黒猫のんちゃんも、毎日来ました。
ああ~のんちゃん、会いたいです。



しかし、自然から遠ざかった感じが段々寂しくなってきた。
風の音が聞こえない。
雨の音も聞こえないし、匂いもしない。
風に踊る木々のざわめきも、落ち葉の降るカサコソという秋の音も聞こえない。
雪が降ってきた、あのシンシンという音も聞こえない。

暑さ寒さがよくわからない。
窓を開けて、しばらくしないとわからない。
エアコンは冷房か暖房か、それくらいはわかるけれど、着てゆく服の選択に迷う。
生活するのには、気温差がなくて楽だけと、それがいいこととは思えない。


IMG_0256_convert_20111028170629.jpg

「自然の匂いは大好きです。
今日は何のお花が咲いたか、匂いでわかったのです。
今日は何の葉っぱが開いたか、音でわかったのです。



しろちゃんは、どうなのだろう。
自然から生まれた猫ちゃんなのに、自然からこんなに遠く離して、ビルの一角に隔離するような生活をさせて、良かったのだろうか。
時折そう思って、時折かわいそうになる。
1日数回、リビングの正面の窓を開けてやって、外の風を感じさせている。
朝の風、昼の風、夕方の風、夜の風。
時刻によって、風の種類も匂いも変わる。
しろちゃんを大気にあてさせ、風の中に四季折々の植物の匂いが漂ってくるのを、その小さなお鼻いっぱいに吸い込ませてやる。
寒暖を感じさせてやり、生き物として季節を間違えないようにさせている。


IMG_0257_convert_20111028170647.jpg

「ええ、このお庭は大好きな、思い出のお庭です。
だって、ママを見つけたお庭ですからね。
でもね、僕の心の中には、このお庭はずっとあるのです。
どこにも行かないのです。
思い出になると、どこにもいかないし、誰にも取られない自分だけのものになるのですよ



しろパパさんが帰宅すると、交差点が見える角の絶壁窓を開けてくださいとせがむ。
そこでしろちゃんが見たいのは、自然ではなく都市の光景だ。
遠くのキラキラしたビル群を眺めたい。
目の下の交差点を行きかう車を眺めたい。
大きな車、小さなバイク、ピカピカなライト、瞬くウィンカー。
それらすべてを、毎晩じっと眺めている。
飽きもせず眺めている。


IMG_1929_convert_20111028172652.jpg

「しろパパさんは、このお窓を開けてくれるのですよ。
真下の交差点に通る車が楽しいのです。
遠くのビルネオンが、ウキウキしちゃうのです
バスやトラックさんやバイクさん、みんなどこに行くのでしょう。
みんな片目をチカチカってウィンクして、僕にバイバイって合図してゆくのです

そう、そのチカチカがウィンカーっていうのですよ、しろちゃん。


自然はもちろん大好きだけれど、それだけがしろちゃんの生きがいでもないようだ。
今のしろちゃんを見ていると、そう感じる。
猫ちゃんと暮らしている人にとっては、当たり前のことだけど、猫ちゃんは人と生きているのである。
観賞用生き物として、籠に入って生きているわけではない。
愛してくれる人がそばにいて、その人の暮らしがあって、その暮らしに沿ってすべてを受け入れて生きてゆけるのが猫ちゃんだと思ってる。
(ワンちゃんもそうだろうけれど)
自然がどれほどたくさんあっても、一人きりでは寂しい。
猫ちゃんという生き物は、人が好き、人と一緒に生きることが好き。
そう思うのは、私の傲慢だろうか。
私達人間が、愛したり愛されたりすることを欲するように、猫ちゃんもまた、愛したり愛されたりすることを欲している。
そう思うのは、私の理想だろうか。



IMG_6857_convert_20111028181541.jpg

「窓の端っこに、お日様が隠れてゆきます。
お空はオレンジ色にそまって、もうじき夜がきますね、ママ。
お米を、炊飯器にセットしなくちゃいけませんね。
晩ご飯は決まりましたか?
そろそろ僕と、お夕寝しませんか?

↑↑↑ 今日のしろちゃん


綺麗な夕焼け空がやってきた。
あのお日様が、地に隠れ、夜の闇が降りてきたら、お星様に祈ろう。
被災地に今だ残る、気の毒な猫ちゃんワンちゃんのことを。
お外に居る、寄るべない野良猫さんのことを。
迷子になったたくさんの猫ちゃん達のことを。
病気と闘う、がんばる猫ちゃん達のことを。
虹の橋に渡った、誰かの愛しい猫ちゃんのことを。


IMG_6854_convert_20111028170726.jpg

「僕とママは、お月様やお星様へのお祈りを忘れてはいけませんね。
幸せは、みんなが幸せになることを願う気持ちの中から生まれるって、
僕はそう思うんです。
僕だけが、ママと幸せだからいいのじゃないのです

↑↑↑ 今日のしろちゃん


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

2年前のしろちゃん、
1歳と言っても分からないくらい、
とても幼い顔をしていますね。

今とそんなに変わっていないような気もします。

ママという大きな傘が、
しろちゃんを雨や雪から
守っているからですね。

ママという強い味方がいるから、
安心して朝寝、昼寝、夕寝を
一緒にできるんですね。

同じように、今、この星空の下で
愛する人を待っている猫ちゃんがいる。
一緒に過ごした優しく温かい時間が
今日は来なかったとしても、
明日は来るんじゃないかって
ずっとずっと信じてるんですよね。

そう思うと、とても切ないです。

ローズキャットさん、こんばんは♪

2年前の引越しの2ヶ月前なのですが、なんだか幼いですよね。
環境や育ちが人の人相に出るように、猫ちゃんのお顔にも出るのかしらね。
安心、安全で、赤ちゃん還りしたくなるような、そんな環境としろちゃんが思っているのなら、私はすごくうれしいのだけど。

朝寝、昼寝、夕寝、しろちゃんとママが一緒にしていることが、バレちゃいましたね♪
猫的な生活は、私にとっては、すごくありがたいことでした。

>同じように、今、この星空の下で
愛する人を待っている猫ちゃんがいる。
一緒に過ごした優しく温かい時間が
今日は来なかったとしても、
明日は来るんじゃないかって
ずっとずっと信じてるんですよね。
↑ そうなのですよ~切ないですね。。。
一家に一猫になれば、救われるものを。
その猫ちゃん達のことを考えると、「しろちゃん幸せです」というだけでいいのかと、思ってしまいます。
お星様にお祈りすることしかできないのですけど。
日本の野良猫問題は、賛否両論で、なかなか良いほうへ進まないですね。
コメントありがとうございますi-260

こんにちは。

2年まえより今のしろちゃんふっくらしましたかぁ?
しろちゃんここのお庭から来たんですねぇ。
この木に登ったりしていたのでしょうねぇ。
このお庭でしろちゃんはママさんを見付けたんですねぇ。
しろちゃん~お姉さんにさようならを言ったのもこのお庭ですねぇ。
今ではすっかり完全室内飼いの子になって。
愛情があればどこでも暮らせる証拠ですねぇ~(^.^)

No title

アフリカ生まれの超巨大なケヅメリクガメ軍団と生活している『ケヅメ所長』と申します。
とても可愛いですね。
全国から飼育が出来なくなってしまったケヅメリクガメを受け入れて飼育しています。
幼稚園、福祉施設などへカメを連れて行き命の尊さを再認識して頂く活動もしています。
ブログから動画も見えますので御覧下さい。
また、遊びに来ます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ビクママ、こんばんは♪

>2年まえより今のしろちゃんふっくらしましたかぁ?
↑ いえいえ、今のほうが、痩せているのですよ~。
今年の夏が、我が家に来て一番やせっぽっちだったかな。
しろちゃん、外猫さんだったときには、この大きな梅ノ木を登ったり降りたりして遊び、枝伝いに2階のベランダへ行き、そこを寝床にしていたようなんです。
(そのベランダは不便なため未使用で、机が放置してあったので、その下で寝ていたようです)

この窓から、ママを見ていてくれたんですよ。
しろちゃんに初めて会ったのも、猫姉さんにさよならしたのも、猫友達のんちゃんになよならしたのも、みんなこのお庭。
完全室内飼いになってからも、このお家で1年過ごしました。
毎日網戸にしてお外を眺めてましたよ。
いまのお家より全然自然があって、猫ちゃんにはいいお家でしょうけど、愛情があれば、どこでも幸せなんだと、しろちゃんは言ってくれてます。
人と暮らすことが、どんな猫ちゃんにも、やはり一番幸せなのでしょうと思います。
コメントありがとうございます

No title

私も、完全室内飼いの家猫が不自由だとは思っていません。。
猫ちゃん達は飼い主さんの深い愛情さえあれば、
与えられた環境を素直に受け入れてくれます。。
だから、少しでも良い環境を提供してあげたいと思ってます。。
2年前のしろちゃん、まだ幼い可愛いお顔していますね^-^

秋深し

しろちゃんkakoさんこんにちは(^^)
またまたご無沙汰しております。
携帯をスマホとやらに替えたら、すっかり文字の打てない人になってしまいました。。。(><)やはり「昭和アナログおばちゃん」の私にはスマホはまだ早いか・・・と反省です。
私ごとですが、一昨日は、95歳の祖母を連れ妹&甥で「新穂高ロープウェー」で紅葉を見に行って参りました。荒削りの穂高連邦・・キラキラの紅葉・抜けるような秋空・・標高200mを超える場所まで乗り物に乗って行けてしまうんですからすごい。。ぷーちゃんたちにも見せてあげたかったね~(=^・^=)
 ひなたぼっこいいですね。。大好きな人たちとほっこりまったりできる場所。それが「ひだまり」ですよね。
おひさまがいて、ママがいて。しろちゃんがいて。。それが揃ったら「ひだまり」です。しろちゃんがあばら家の屋根に居たのは、そこが一番ママからよく見えるって思ったんですね。早くいっしょにおひさまの所に集まろうよママ☆早くしないとこの屋根が壊れちゃいますよ~
って。そして、今は、誰にも絶対にじゃまされない。毎日がひなたぼっこ(^-^)おうちの中はいつでも陽だまりですからね。風の匂いも。木の葉のささやきも、順番にやって来るこがらしチームたちのことも、ぜーーーんぶしろちゃんは知ってる(=^・^=)お外にいなくても、お外のこともぜーーんぶわかる。ですよね(^^)
うーーーーん。。。やはり今のしろちゃんのほうがかなり幼いお顔としぐさ。。
小さいころは、ママに会うために精一杯頑張って、「しっかりしなきゃ」って。。なんか、母を訪ねて三千里の「マルコ」と勝手にかぶってしまった私。。。
で、ママに会えたしろちゃんは、空白の時間を取り戻すべく、甘え放題幸せ三昧の日々・・というのは当然のごほうびですよね。(=^・^=)(^-^)
タカラモノの毎日。
しろちゃん、ぼちぼちクリスマス子供猫会の準備をはじめなきゃね~。(^◇^)


のん福レオちゃんのお母さん、こんばんは♪

世の中には、例え野良猫でも、猫は自由気ままなほうが幸せと、言う人々は結構いるのですよね。
それはあくまでもイメージの問題であって、本質ではないと思います。
自力で生きてゆける強さがあるから、そう思われるだけで、元々愛玩動物として日本に渡来したのですものね。
安全、安心、十分なご飯、愛情のある中での完全室内飼いの猫ちゃんの満足度は、一緒に暮らしてみないとわからないものでしょうね。

>猫ちゃん達は飼い主さんの深い愛情さえあれば、
与えられた環境を素直に受け入れてくれます。。
↑ 本当に仰るとおり。
与えられた環境を、良くも悪しくも受け入れて生きる…狭くとも貧しくともなのですね。
我慢強いともいえますが、だからこそ、愛に満ちた環境の中で、生活させてあげたいです。

2年前でも2歳の成猫のはずなのに、なぜか幼く見えるのは、今だ日に日に成長している証拠でしょうか。
コメントありがとうございます

猫咲トマトさん、こんばんは♪

なになに?携帯をスマホに変えたですと!!!
この時期機種変するなら、もうスマホしかありませんものね。
ドコモは、らくらくホン、キッズ携帯を省き、新機種はすべてスマホになるらしいですね。
メール、不自由でしょう?
でも何事も習うより慣れろです。
「昭和アナログおばちゃん」でも大丈夫♪(笑)
斯く言う私はまだ普通の携帯ですけど。

おばあちゃん、95歳だったのですね、すごい~☆
もみじ狩りに一緒に行けつのもすごい~☆
標高200m→2000mの間違いでは?
私もいつの日か、連れて行ってくださいね~。

そうね、大好きな人が集まれば、そこはお家の中でも陽だまりですよね。
私も家族がいなくなってしまったけど、しろちゃんが登場して、陽だまりの暖かさを復活させることができました。

ぷーちゃんやアトム君は、お家の中で赤ちゃんから育ったけれど、しろちゃんは、お外生活をしていた子なので、木枯らしチームのことも、よーく知ってるのでしょう。
私より、自然に関することに詳しいのだと思います。
風の匂いが変わったから雨になるとか。
そんな感性を、家猫さんになっても忘れて欲しくないと思っています。

母を訪ねて三千里の「マルコ」言われてみて、しろちゃん被るかも。
前に掲載した、野良猫で外にいるしろちゃんが、一番大人っぽいもの。
一番厳しいお顔だもの。
この、引越し前の家の写真は、家猫9ヶ月目くらいですから、甘えることがうれしくて楽しくての頃なのでしょう。
手前味噌ですけど、しろちゃんがお外でしてきた苦労はすべて報われたと、私は思うのですよ。
暖かいお家とママの手の中で、一生涯、ノンノンと甘えて暮らして欲しいと思います。
暖かいお家を望む野良猫さん達にも、どうかしろちゃんのようなチャンスがめぐってくることを願ってやみません。

そうそう、猫幼稚園のクリスマス会の、お遊戯と歌を練習しなくちゃね~。
白猫聖歌隊で歌う賛美歌を捜しておきましょう。
コメントありがとうございますi-260

プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック