北風とお日様のお話が、現実になったお話

2011/10/26 Wed

IMG_6864_convert_20111026202104.jpg

「とうとう窓際でなくても、ひなたぼっこができるようになってきました。
お日様、ありがとう。
夕方には、木枯らし1号が、北の国からやってきましたね。
木枯らし1号さんお久しぶり。
次ぎの木枯らし2号さんは、いつ来るのでしょう。
木枯らし3号さんは?
木枯らしは、いったい全部で何人いるのでしょう。
木枯らしは、どうして何号と呼ぶのですか?
名前はないのですか?
夏には、どこに行ってしまうのですか?」

なんでも知りたい、お年頃なしろちゃん。


今日はとてもきれいな秋晴れだった。
気温が下がるとともに、空気は、乾燥して澄むのだろうか。
東京では、「風が寒いですね」と、テレビがしきりと伝えていた。
しかし、我が家の昼間は暑かったのである。
お掃除をするのに、エアコン冷房をつけたくなったくらいだ。
お日様の力はすばらしい。
原子力の力なんかより、ずっとすばらしい。
「北風と太陽」のお話を思い出す。
ボロな物置としろちゃんのことも…。

ひなたぼっこって、こんな色→ひなたぼっこのイメージじゃないですか?
しろちゃんがまだ外の猫さんだった頃の、おかしなひなたぼっこの思い出が私にはいつくかある。
しろちゃんは毎日、お隣の庭や我が家の庭でひなたぼっこをしていた。


IMG_6861_convert_20111026205043.jpg

「覚えています、あの屋根のこと。
腐った木やさびた釘の匂いがしました。
ささくれが、お手手に刺さったこともありました。
でもね、あそこには、お日様がテンテンと照っていて、暖かかったのです。



特に私が覚えているのは、お隣さんの庭の物置の屋根のしろちゃん。
今にも崩れそうなふるいバラックの物置の、傾斜した屋根の上で、しろちゃんは眠っていた。
汚い腐りかけた木の屋根と、真っ白いしろちゃん。
どうやって滑るのを食い止めているのか不思議だったが、しろちゃんはその傾斜の屋根で、気持ちよさそうに、お腹を出して眠っていたのである。
今より幼いしろちゃんの、幼い無防備さ。


IMG_6866_convert_20111026205555.jpg

「サビ猫姉さんは、物置の屋根に登ってこれないのです。
下から、「危ないよしろちゃん、カラスが来るよ。」と言うのです。
サビ猫姉さんは、屋根の上のポカポカを知らないので、そんなことを言うのです。
冷たい風のキーンとした匂いと、お日様のポカポカな暖かさに、ひなたぼっこはやめられないのです



2階の窓から見ると、渋いナチュラルカラー&アースカラーの中に、くっきりはっきり、しろちゃんの存在がわかる。
そんなところに無いはずの、白色がポツンとある。
白猫さんが、自然の中で生きる厳しさを、改めて思った。
カラスに目を突かれる猫ちゃんや、狸のハクビシンに襲われる猫ちゃんの話を、東京でも聞く。
もし、大きなカラスが空から急降下してきて、しろちゃんの目を突いたら…。
私は2階の窓から、何度も想像した。
想像するたび、私の中の何かが変わった。


IMG_6873_convert_20111026202216.jpg

「ママ、そんなことを思っていたのですか?
早く僕を、呼んでくれればよかったのに。
僕はタイミングを待っていたのですよ。
ママの心を溶かすタイミングを。
お日様も待っていたのですって、僕に言ってましたよ。
ママの厚いコートを脱がせるタイミングを狙ってるのよって。



猫ちゃんと暮らすという選択肢の全くなかった私。
むしろ、猫ちゃんが好きじゃなかった私。
しろちゃんが、「僕のママになってください」と申し出てくる以前に、
何かによってそっと、意識改革がなされていたのかもしれない。
吹き付ける北風にマンとは脱がなかった。
ふんわりほかほかなお日様が、私のマントを脱がせたのだ。
命の重さ、貴重さを、ひなたぼっこするしろちゃんに、ママは感じたのだ。


IMG_6852_convert_20111026202242.jpg

「ああ、なんて暖かなお日様でしょう。
どこにいても、お日様は僕についてくるのですね。
あの物置の屋根にいたときにも、今の僕のお家のキャットタワーの上でも、お日様ったら、僕のことを簡単に見つけてしまうのですね。
すごいな~お日様って。
今日もどこかで、猫ちゃん嫌いな誰かのマントを脱がせて、気の毒な猫ちゃへ、暖かいお家と幸せの道をプレゼントしているのですね。




参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

そっかあーそうですね。白猫は外猫としては無理があるんですね。狙われやすい。。
病院で外猫はほとんどが3~4年しか生きられませんと聞きました。病気以外にもそんな理由もあるかもしれませんね。
多くの猫が人と共に生きられたらいいのに。。

No title

不思議ですねえ…。
あ、しろちゃんとの出会いの事もですけど(笑)
今日のブログ呼んでたら、なんだか
泣けてきちゃいました…(何故ー!)
嫌なウルウルじゃなくて、いい感じのウルウルですよ(^^;)

日向ぼっこしてるニャンコって、なんであんなに
幸せそうなんでしょうね。
しろちゃん、屋根の上でお腹見せて寝てたとは…
落っこちなくて良かったねえ(苦笑)

たくさん、こんばんは♪

そうですよ、白猫が神経質で臆病で人嫌いなのは、目立つため、外猫として生きるのが厳しいからだそうです。
実は、喧嘩をすると、白猫が一番強いという説もあるのですよ。
目立つし、喧嘩にも弱いでは、白猫はいなくなってしまいますものね。

野良猫さんの平均寿命はだいたい4年だそうです。
感染症、怪我、病気、事故、業者による捕獲等々の理由で、寿命はなんと、年々縮まっているのですよ。
都内では、交通事故と死にいたる感染症が非常に多いです。
しろちゃんのかかりつけの動物病院は、「地域に、○○という感染症が出ていますのでご注意ください」と、ハガキで注意を促してくれます。
猫も人も同じ目線で自由に普通に生きていられた昔が懐かしいですね。
お互いに、せめて出会えた猫ちゃんだけでも、守ってあげましょう。
コメントありがとうございますi-260

JINさん、こんばんは♪

今日のブログで、泣けましたか?
それもまた、真意が伝わったということで光栄なことです、ありがとう♪
毎回、重たいネタも何なので、ひなたぼっこ、してますよ~って記事にしようかと思ったら、これだ。
私、JINさんの言う面倒くさい女かも~(笑)

>日向ぼっこしてるニャンコって、なんであんなに
幸せそうなんでしょうね。
↑ 本当ですね。猫と言えば、日向ぼっこですもんね。
お日様がうれしいってことを、全身で表してますよね。
猫ちゃんの身体がお日様の匂いなのは、日向ぼっこのおかげなのかしら。

>しろちゃん、屋根の上でお腹見せて寝てたとは…
↑ ひどいボロの物置なんですよ。
そのボロさとしろちゃんの組み合わせに、グッと来るものがあったんです。
引っ越す前の隣の家の話ですけど、こちらの庭との間に塀もなく、しろちゃんは自由に歩きまわっていました。
もっとおかしなところで寝てたことも…。
また記事にしますね。
コメントありがとうございますi-260

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

マントを脱いだ代わりに
猫飼いの幸せを見つけられましたね♪
シロちゃん、幸せになれて良かったね^-^

こんにちは。

しろちゃん、今は安全なお家で日向ぼっこが出来て嬉しい事だねぇ。
しろちゃんを保護してくれたママさんに感謝ですねぇ。
パンは北風さんが吹いてすぐに保護したからそんなに寒さは知らないんです。
これから外猫には厳しい季節です(*_*)

No title

お久しぶりです♪
1枚目と3枚目のしろちゃんの写真・・・。
ちょこっと下ぶくれで丸く見えるお顔とお口が可愛いですね~(*^_^*)

ホントお日様の力は素晴らしい!
雪国で生活してると特に実感しますよ(笑)

のん福レオちゃんのお母さん、こんばんは♪

そうなのです。
意固地にならずにマントを脱いで、良かったです。
猫飼いの幸せを、知らずに終わるところでした♪
危ない危ない(笑)
いつもコメントありがとうございますi-260

ビクママ、こんばんは♪

ああ、なるほど、パンちゃんは北風さんが吹いてじきに保護できたのですね。
北風さんが来ることで、ビクママが急いだのでしょ♪
「パンちゃん、良かったね、自分の手で幸せを掴んだのよ、パンちゃんも」

外猫さんには、厳しい季節がきますね。
私には祈ること以外何もできないけど、もっと動物に優しい日本になるといいですね。
商売は二の次にして。
コメントありがとうございますi-260

ぴいまま、こんばんは♪

お久しぶりね、ぴいまま。
パピーウォーカーのお仕事、毎日ご苦労様です。

1枚目と3枚目のしろちゃんの写真、私も大好きなんです。
仰向けになった猫ちゃんのお顔は、赤ちゃんみたいですよね。
人前で仰向けになるのは、甘えて媚びているのだとか。
そうね、お日様のすばらしさは、北国の人が一番よくご存知ですよね。
北国の野良猫さんって、雪の中を歩いているのでしょうか。

ぴいちゃんは日向ぼっこを、1階でできてますか?
ピリナちゃんに負けるな~と応援したいです♪
コメントありがとうございますi-260

No title

えぇー!!
kakoboxさん、猫が好きではなかったんですね!(驚)
そうか、そうか。
しろちゃんがkakoboxさんの心を変えていったのですね。
これってすごいことですよね~。
しろちゃんマジックですね。(笑)
嫌いとか苦手っていう意識を変えるのって大変だと思うんですよ。
だって自分で変わりたいと思っていたわけではないですよね?
目の前に現れた白猫。
いつもの定位置。
毎日目にするのが当たり前になると、姿が見えないだけで心配になったり。
そうやって時間をかけてしろちゃんはkakoboxさんの心に
スーっと染みこんでいったんですね。
でもこれはしろちゃんだからだと思います。
他の猫さんではkakoboxさんのコートは抜かせられなかったでしょうね。
だからしろちゃんマジックなんですよね(^^)

ミルクさん、こんばんは♪

コメントのお返事、遅くなってごめんなさい。
ええと、実はそうなのです。
子供の頃からの猫好きさんではないのです。
大人になってからも、あまり興味が無かった。
だから、私の飛んだハードルの高さを、思ってみてください。
人は変われますね。
まさに、しろちゃんマジックと言ってもいいと思います。
しろちゃんは、自分の猫生を変えただけでなく、背中に多くの他の猫さんの思いも背負って、私の猫ちゃんに対する意識を変えたということなんです。
我ながら、すごいと思います(笑)

私の着ていたのは、相当分厚いマント、コートだったのですよ(恥)
野良猫問題なども、下手をすると、あちら側の人間だったかもしれないのです。
今、猫を害獣だなどと言っている人たちも、きっとキッカケがあれば変わるのだと思ってます。
三重県のある自治体のニュース観ましたか?
コメントありがとうございますi-260
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック