何でもかんでもコラボはダメ…猫ちゃん付き賃貸物件だって?

2011/10/17 Mon

IMG_6654_convert_20111017195840.jpg

「お日様の沈むのが早くなりましたね~。
その代わり、日向ぼっこに最適な長い日差しが、お家の中に入るようになりました。
えっ? 僕がプールの中にいるのかって?
プールは夏しか入りませんよ。
違いますよ、ボロのあばら家の中です。

真夏でも、プールに入れないじゃないか、怖がりしろちゃんは


10月中旬って、こんな気温だったっけ?
この数年、春と秋に関しては、普通の気温の感覚がわからなくなった。
暖かい気がする。
それでも、紅葉前線がグングン南下している。
日本列島が一番彩りに溢れる季節は、実は春ではなくて秋なのだそうだ。
紅葉した葉っぱは、一枚として同じ色はない。
地味だけど、同じ色の葉っぱはないのだそうだ。


IMG_6778_convert_20111017194812.jpg

「世界にひとつだけの葉っぱさんですね。
僕だって、あなただって、世界にひとつだけの猫なのです。
『世界にひとつだけ~のね~こ~。もっともっと特別なオンリーニャン
って、みんなで歌いましょうね。



トレーナー夫妻が、毎年広島の御墓参りに行き、毎年お土産を買ってくる。
毎年、私のリクエストはもみじ饅頭で、中でも「生もみじ、こしあん」が私の一番のお気に入り。
外側の部分はお馴染みの焼けた色の皮、食感は、生八橋のような皮であり、ほんのりと柚子の香りのする甘味を抑えたこしあん入り。
ノーマルなもみじ饅頭より厚みがない分、上品な和菓子にしあがっていて、おいしいのである。
鹿の刻印が焼き付けてあるところも、渋い魅力。

namamomijiz3.jpg

↑↑↑ 生もみじ(お店のHPから拝借)

今年は、こちらのもみじ饅頭を頂いた。↓↓↓

IMG_6769_convert_20111017194709.jpg

↑↑↑ 洋菓子屋さんのアンデルセンとのコラボの「あたらしもみじ」
チョコレートクリームとフロマージュクリームを、もみじ饅頭の中につめたもの。
外側はそのまんま、もみじ饅頭の皮。

えぇ・・・・・・
なんでもかんでも、コラボすればいいというものではないのである。
もみじ饅頭はもみじ饅頭でいいではないか。
そういうものって、世の中に結構ある。
変わらないことが、ひとつの美しさであることもあると思う。
製作サイドにはマンネリな感じがしても、お土産で頂く側には、それがいいのである。
お土産をありがとう。


IMG_6775_convert_20111017194732.jpg

「ママったら、お土産に頂いたものに、文句を言っているのですね。
いけませんねえ。
もう、一人で4個も食べちゃってから文句ですか…。
僕なんて、食べ物に文句なんて、たった一言たりとも言いませんよ。
じっと食べないでいるだけです

一言たりともねえ


コラボといえば、テレビで、おまけ付き不動産物件という特集をやっていた。
癒し物件として、一軒家を借りると、もれなく猫ちゃんとキャットタワーが付いて来る物件があるそうだ。
某有名保護猫ボランティア団体との連携物件だそうで、それはいいアイデアと思った。
そうやって、保護猫さんの里親さんを見つけてしまう手もあったのか♪
うんうん、一緒に住めば、かけがえのない家族になって、双方幸せな結果になる。

が、その後の説明に、う~~~んなのである。
「退去の折には、猫ちゃんを一緒にお連れになっても結構ですし、猫ちゃんをそのまま残されても結構です」
↑↑↑ 若干語尾が違うかもしれないが、意味はそういうこと。

はあ? 退去の折には、猫ちゃんを残されても?
猫ちゃんは、家の備品の一部ですかーーー?
家具と一緒ですかーーー?

退去の折に、しばしの間でも一緒に暮らした猫ちゃんを置いてゆけるような人に、家と一緒に猫ちゃんを預けて欲しくはないな~。
退去の折に、置いていっていいんだもの。
愛さなくても、大事にしなくても、病気になってもいいんだってことになりはしないか?
食べたい放題に、安価な餌と人間の食べ物を与えてしまったっていいんじゃない?
だって、退去すれば、その後その猫ちゃんとも関係が切れるんだもの。
その後、腎臓を病もうが、知ったことじゃないってわけですか。。。


IMG_6776_convert_20111017194753.jpg

「ママ、真意がちゃんとわかるまでは、怒っちゃいけません。
誤解かもしれないじゃないですか。
まさか、家族になった猫ちゃんを、引越しで置いてはいけないでしょ。
きっと何かの間違いですよ

…と、野良猫だった我が家の白い一人息子が言う。


某有名保護猫ボランティア団体に、急に不信感を抱いてしまった私。
テレビだから、編集のカットカットで、某有名保護猫ボランティア団体の真意は伝わっていないのかもしれないと、私は思いたい。
本当は違うのだと、思いたい。

やめて、猫ちゃんを貸家の付録にするのは!
命あるものを、備品のように賃貸するなんて、おかしい。
てっきり、里親さんを見つける手段としてのおまけ付き物件だと思って、すばらしいことと思ったのに


IMG_6773_convert_20111017194902.jpg

「ん~僕だったら、お引越しのトラックを、どこまでもどこまでも追いかけます。
僕のママだったら、あと100回お引越ししても、僕と必ず一緒ですよ。
猫は家に付く?
そんなのウソですから。
大好きな人の住んでいるお家が大好きなだけです



参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

こんばんは。
私の同じ番組を見たことがあります。
「いいな~」って思ってみてたけど、
退去時の話を聞いて「ん? 何か変?」と
固まってしまいました。

愛情を注いだらずっと一緒に暮らしたいと
思うのが当然だと思っていたので、
引っ越しの際に置いていくなんて想像できません。
ボランティアの方が世話をするんだろうけど・・・。

引っ越しする時に猫を置き去りにして行く人が多く、
動物病院で保護をしたチラシを見ると
悲しい気持ちになります。

猫を保護した方が
「人懐こい子で、その姿を見ると悲しくなります
早く名乗り出てください」と書いてました。

猫は家に居つく・・
なんていう考えは昔のことだと思って、
可愛がったぶん、
引っ越し先にも連れていってほしいです。

あと引っ越し先がペット不可だからと言って、
勝手に捨てたり保健所に連れていくことも
やめてほしいです。
自分が注いだ愛情が偽物だったと、
周囲に言っているようなもんです。
自分自身を否定する行為・・・
と言っていいのかもしれません。

残された犬猫は「あの優しかった人はどこに行ったの?」
「いつもこの時間になると帰ってくるはずなのに」と
思って、ずっとずっと待っていると思います。

こういう話が早くなくなるように、
私達の意識や考えが変わる世の中になってほしいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは。

知らなかったですよ。
しかも、にゃんこはどっちでもなんて(-_-;)
最近は不動産にも動物を使って宣伝してるとは!!!
そのにゃんこ達はどこから連れてきたのでしょねぇ?
さようなら($・・)/~~~された子はどこに行くのでしょねぇ?
簡単に宣伝して欲しくないですよねぇ。

もみじまんじゅうシャレテいますねぇ。これなら食べてみたい~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

猫付き物件反対!

びっくりしました。猫付き物件。退去の時には置いていってもいいなんて。。
次がどうしても飼えない物件であればしかたがないからということであってほしいけど。。
でもそもそも置いていける気楽さから猫付き物件に入るんでしょうね。
やっぱり猫付き物件反対!!

No title

猫付き物件、見た事あります。
が、退去時にどちらでもいいとは知りませんでした。
猫が癒しの道具みたいになっているじゃないですか~。
失礼極まりないですよ。
猫だって生きているんだもの、ご飯も食べるし、走るし
遊ぶし、引っ掻くし、トイレもするし、風邪もひくし
病気にもなるし、寂しくもなる。
手をかけてあげなければいけないんですよ。
飼い主が何回も変わるなんて猫にとってもストレスですよ。
ひどいなぁ。
悲しいなぁ。

ローズキャットさん、こんばんは♪

ローズキャットさんもみましたか!
退却の際の話が出るところまでは、いいアイディアですよね。
住む家とペットとが同時に見つかるということですから。
しかし、ひどい話。

ちなみに猫ちゃんは、はなからその家に住んでいるのでなく、保護団体の保護しているシェルター内の保護猫から選ぶのだそうです。
好きな猫を連れて行っていいんだそうです。
ここも「はあ?」なんです。
つまりは、里親さんになるというちゃんとした譲渡書類は、どうなってるのかということです。
そもそも保護団体は、「引っ越すからという事情で猫を捨てないで!」の方向で啓発しなくちゃいけないわけでしょ。
引っ越しで捨てられた猫を保護してもいるのでしょ。
それなのに、「引っ越すときに置いていっていい(保護団体に)」という条件を出したら、世の中には、「引越しでは、やはり猫は置いていってもいいものなのね」というイメージを与えると思いませんか?
保護団体としては、ありえない。

捨て猫の原因の1番は引越しだということですよね。
または、家族の離散などで、行く場がないとか。
「猫は外に出して一人でも生きて行けるから 」と思っている人が多いのでしょうね。
確かに生きてゆけるけど…そういう問題じゃないですよね。

>「人懐こい子で、その姿を見ると悲しくなります
早く名乗り出てください」と書いてました。
↑ 人懐こいとは、人の愛情を知っている証拠なのですよね。
そんな子を裏切るなんて、ひどい。

保健所=おおかたは○処分ですからね。
引越し先がペット不可なんて理由にならないですよね。
それを理由に保健所に持込む人が多いのだそうです。
私達には、考えられないことでしょう?
猫ちゃんと別れる理由なんて、どこにもないですよね。
たとえ、私がホームレスになったとしても、しろちゃん連れのホームレスになります。
しろちゃんも私と一緒にホームレスになるのです。

>残された犬猫は「あの優しかった人はどこに行ったの?」
「いつもこの時間になると帰ってくるはずなのに」と
思って、ずっとずっと待っていると思います。
↑ そうそう、犬猫はバカじゃありませんものね。
意見の異なる人が世の中にいることは事実ですが、一回でも猫ちゃんワンちゃんと暮らし、その後にバイバイできるという感覚は、どうそても理解できません。

憤りを感じますね。
コメントありがとうございますi-260

ビクママ、こんばんは♪

そのにゃんこ達はね、東京の某有名保護団体からつれてくるのです。
家の借主が、保護団体のシェルターに行って、好きな猫ちゃんを選ぶのですって。
永遠に一緒に暮らすという条件でなら、おおいに結構なお話なのですよ。
コラボ企画として、家を賃貸するのをきっかけに猫の里親さんになり、猫ちゃんには、ラッキーということなのです。
永遠に、一緒に暮らしてくれるのならばね。

退去の際のことに話が及んで、ビックリしちゃったわけです。
連れて行っても置いていってもどっちでもいいということは、その猫の所有者は、飼っている間、誰ということになってるのでしょうね。
動物愛護法では、所有者は飼育放棄をしてはいけないのです。
所有者って言い方も変だけど、法律ではそうなの。
アメリカみたいに、アニマルポリスがあればいいのにね。

>もみじまんじゅうシャレテいますねぇ。これなら食べてみたい~
↑ あらあら、それじゃ、次にこの「あたらしもみじ」をお土産で頂いたときには、そのままビクママのところに転送しましょうね。
広島出身の人が、周囲には数人いますから。

この「あたらしもみじ」イマイチだったのですよ。
やはり、和菓子は和菓子、洋菓子は洋菓子なんだなと思いました。
どっちつかずの、残念コラボ作品だったの。
コメントありがとうございますi-260

たくさん、こんばんは♪

お久しぶりです。
夕方のニュース番組の後半でやっていたのですよ。
里親さんを待っている猫ちゃんに、めぐり合いのチャンスが増えるという意味で、某保護団体は、猫付き物件に賛同したのだと思っていたら、ビックリ。
「置いていってもいいんですよ~」ですって!
つまりはまた保護団体のシェルターに帰るということなのでしょう。

>次がどうしても飼えない物件であればしかたがないからということであってほしいけど。。
↑ いやいや、これもダメです。
本当に猫ちゃんと暮らす権利のある人は、環境や人生の節目に左右されず、その子が猫生を全うするまで愛情を注げる人でないと…と、私は思います。

>でもそもそも置いていける気楽さから猫付き物件に入るんでしょうね。
↑ 退去の際に置いてゆける人は、そうだと思います。
楽しみや癒しだけを、猫ちゃんに期待しているのでしょう。
私ね、猫カフェにも反対。
1日何時間も、見知らぬ人に次々と触られて、ぐったり疲れたその夜には、お店の裏のケージやお部屋で眠るのですよ、かわいそうに。
愛情ある暮らしと飼育の違いですね~。
私達には、考えられませんね。
コメントありがとうございますi-260

ミルクさん、こんばんは♪

ご存知でしたか~猫付き物件!
保護猫と里親さんとの出会い物件になっているのなら、大賛成なのですが、そうじゃなかったのです。
もちろん、退去の際に大事に連れてゆく人もいることでしょうけど。

>猫が癒しの道具みたいになっているじゃないですか~。
↑ そうそう、まさにその通り、癒し物件というタイトルでしたから。
露天風呂が付いている物件、海に出られるテラス付き物件、癒してくれる猫付き物件の紹介でした。
賃貸じゃないのなら、まだわかるでしょ。
条件が猫の所有権の譲渡なら。
猫ごと貸してくれると考えたほうが早い物件でした。
ひどい。。。

ミルクさんの言うとおり、猫ちゃんはぬいぐるみでも置物でもないですよね。
感情があって、尊厳があって、ちゃんと考えて生きている。
生きているからこそ、吐いたりもするしウンチもする。
かわいいだけじゃ飼ってはいけないですよね~。
結婚するよりもっと確固たる気持ちで一緒に暮らすべきかも。
だって、結婚は離婚できるけど、猫ちゃんとは、話し合ってお別れなんてありえないんだもの。
全面的に信頼して全身で身を任せて、その猫生のすべてを託してくれるのが、私達の猫ちゃんという認識でしょう。
引越しするからバイバイなんて、言えます~?
そもそも、保護団体が、「引越しの際には、置いていってもいいです」とは絶対に言ってはいけないと思うのです。
引越しの際に、飼い主さんに捨てられる犬猫さんがたくさんいて、それをも保護しているわけでしょ。
「猫を捨てないで!」という啓発にもならないじゃないですか!プリプリッ。
引越し=猫とのお別れのきっかけみたいに聞こえるじゃないですか!プリプリッ
悲しい、嫌~な気分になったお話でした。
一緒に憤ってくれて、本望です。
コメントありがとうございますi-260

悲しいですね…
酷すぎます。
なんでこんなふうに軽く扱われてしまうんでしょうかね…
アザラシのあらちゃんに住民票のニュースがありましたが、猫にも発行して欲しいです。

No title

生もみじ、お土産で頂いたことがあります。
美味しいですよね~♪
コラボは…お菓子に限らず、私も「なんだかなあ…」って思います;
AとBのコラボがあったとして、私が好きなのはAなんだよ~、
Bはいらないのに…って思う事が度々。。

猫付き物件。私も(たぶん別の番組で)見ました。
退去時の話は「!?」だけど、考えようによっては、
賃貸=最低でも1年くらいは住むだろうから
1年(以上)一緒に暮らした猫を置いていける人に
無理して連れていって貰うのも…って言う事なのかな?とか。
まあ、ほとんどの人はそのまま連れて行くんだろうけど。。。
でも、なんだかスッキリしないですねー(汗)
その某団体から譲り受けようかな、なんて思ってた時もあったので
一体どういう理由でそんな物件、条件を作ったのかが気になります~

しろたん、こんばんは♪

わ~しろたん、mixiにお返事出してなくてごめんなさい。
待っててね~。
ニュースでは、楽しい物件紹介番組だったのですよ。
保護団体の真意がどこにあるのか、しっかり調べてませんが、「退去の際にはどちらでも」は、それはないですよね。
日本では、ひどいことに猫は物ですからね。
警察に届ける際には、遺失物扱いです。
アメリカのように、アニマルポリスができればいいのにね。
アザラシのあらちゃん、志木市民になったのですよね♪
移動したら、住民票も移動かしら。
コメントありがとうございますi-260

JINさん、こんばんは♪

生もみじ、ご存知でしたか。
モチモチですが、上品な味ですよね~。
なんだかなあのコラボ、結構ありますよね。
そのAとBが、双方しっかりしたコンセプトのもとに作られているものだと、余計に変。
大好きなものは、洋服でもバッグでも、コラボして欲しくないですよね。
住宅にも、コラボがあるでしょ。
はやり廃り、一時の気分で家を建ててもいいのかって思います。

>考えようによっては、 賃貸=最低でも1年くらいは住むだろうから
1年(以上)一緒に暮らした猫を置いていける人に
無理して連れていって貰うのも…って言う事なのかな?とか。
↑ そうそうそうなんですよ。
それほど執着のない人に、無理して連れてゆけというほうが、猫ちゃんには酷な環境が待ってるからと私も思います。
また、保護団体の目論見は、最初の動機づけがあれば、きっとそのまま猫ちゃんを愛するようになり、結果、里親さんになってしまうという、里親さん探しだと思うのです。
しかし、その1年、さほど執着なく猫ちゃんと暮らす人、暮らす猫。
この環境はいかがなものでしょう。
食べているものや生活環境を、保護団体が把握していればいいのですが、密室の中状態になってしまうわけでしょ?
また、次々暮らす相手が変わるのも、どうなのでしょう。

ほとんどの方が次の場所に引っ越す際には連れてゆくのだと、私も思いますが、引越し=猫とお別れするチャンスと捉えられかねないことを、曲がりなりにも保護団体の名前を出して、言って欲しくはなかったなという感じです。

>その某団体から譲り受けようかな、なんて思ってた時もあったので
一体どういう理由でそんな物件、条件を作ったのかが気になります~
↑ そうだったのですか!
ちなみにその団体は、2~3ヶ月で去勢避妊手術をするっていうことですが、本当でしょうか?
某団体、私もそのニュースを見るまでは、大きな信頼のあるものだと思ってました。
何の意味もありませんが、ことの真意、鋭意調べ中であります。
(こういうとこ、JINさんに似てない(笑)
コメントありがとうございますi-260

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

え~、その話は本当ですか。。
本当なら酷い話です。。
小さな生き物を物扱いして・・・
世も末的な感じで悲しくなります。。

のん福レオちゃんのお母さん、こんにちは♪

本当なのですが、テレビのニュース番組の情報部分のことゆえ、若干誤解を招くようなところもあったと思います。
HPで調べ、保護団体の主旨を今日19日の記事にしますが、それでも、なんだかな~の感じです。
保護猫さんの預かり先が主たる目的だそうですが、猫ちゃんは本当に幸せか、疑問の残るところです。
小さな命を物扱いと言えば、猫カフェの実情もひどいものだそうですよ。
私達のような、猫の親にならんとするかかわり方の人間には、どうもイマイチ理解できませんよね。
いつもコメントありがとうございますi-260

プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック