マタタビに酔いつつも、ブログの真意を理解する猫

2011/10/07 Fri

IMG_6669_convert_20111007165413.jpg

「とってもピカピカの秋の一日でしたね。
やっと晴れたので、鳩さんは飛び回るのに忙しく、ベランダに寄ってくれません。
ママは今日、いやにたくさん僕と遊んでくれました。
なんでも昨日、寂しい猫ちゃんを見て、胸に迫るものがあったらしいです。
何がママの胸に迫ったのでしょうね



今日は本当に爽やかな秋の一日だ。
外に吹く風は、サラサラとした薄緑色だった。
コンビニ帰りに、そのままどこまでも歩いてゆきたくなるような、ワタクシだったのである。
「ちょっとそこまで、すぐ帰るね」と、しろちゃんに約束したから帰ってきたものの…。

前回の記事で、ミルクさんに頂いたプレゼントの中の、キャンディ型お手玉。
実はマタタビが仕込んである。


IMG_6571_convert_20111007165132.jpg

「もしやこれは…怪しい匂いがします

IMG_6553_convert_20111007164640.jpg

「あひ? マタタビさんじゃあ、ございませんか!」

IMG_6554_convert_20111007164702.jpg

「むふふふふ~
台所の流しの下から、一升瓶を見つけた、昭和の酒飲みオヤジのよう。


↑↑↑ このしろちゃんの執着ぶりで、私がすぐにわかった。
ボケボケな写真ばっかりで申し訳ないが、それほどにハッスルしてしまったしろちゃんなのだ。
動画にすれば良かった…と気づいたときにはもう遅い


以降、写真と記事の内容は別々に進みます。

話はしろちゃんの写真と関係ないが、奄美大島で、飼い猫の登録が条例化されたと、テレビのニュースで観た。
理由は、アマミノクロウサギなど、その島特有種の絶滅を防ぐため。
つまり、雄大な自然の中で野生化した野良猫さんが、アマミノクロウサギや特有種の鳥などを餌として捕獲し、食べてしまうからだそうである。
それはそうだろう。
都市部の野良猫さんだって、生きること=食べ物の確保、餌になる生き物の捕獲なのだから。
野生化した野良猫さんは、食べられる生き物があったら、なんだって食べるだろう。
しかし、その陰に、悲しい人為的現実がある。


IMG_6556_convert_20111007164730.jpg

IMG_6557_convert_20111007164754.jpg

IMG_6559_convert_20111007164817.jpg

「お手玉のふりをしつつも、本当はマタタビさんじゃないですか♪
乙女姉さん、僕の好みをご存知だったのですか!



そもそも、海で本土と断絶している島で野良猫さんが急激に増えてしまったのには、理由がある。
島の人が猫を捨ててしまうだけではなく、捨てに来る人がいるのだそうだ。
奄美大島まで行けば、自然の中で、捨てても生きていけると思うのか。
それとも、海を隔てた島に捨てれば、物理的に帰ってこれないと思うのか。
どっちの理由も人として許せない行為だが、後者の理由を考えると、胸が締め付けられる。
歩いて帰ってこれる場所ならば、捨てても帰ってきてしまうだろうから、海を隔てた島に捨てる???
ふざけちゃいけませんよ!
そうまでして、自分の家、一緒に暮らした人のもとに帰ってくる猫の生態を知っていながら、よくもできたものだ

「陸続きだと、帰ってきちゃうかもしれないから。」
そう思って捨てた人の口に、右ストレートをぶち込んでやりたいものだ。


IMG_6563_convert_20111007164844.jpg

IMG_6566_convert_20111007164909.jpg

「ハヒハヒフーッ
ママも一服どうですか?
悲しいことも辛いことも、忘れられますよ



その野生化した野良猫さんに、どこにでもいる悪意のない、ひたすら猫のためを思ってする餌やりさんと、その場の思いつきでお弁当の残りなどをやる人間がいる。
だから、自然淘汰ということもなく、どんどん増えてゆき、また餌やりされる公園などに猫がたむろして、汚す。
猫は、自分の食べた後のプラスティックの容器を、ゴミ箱に入れることなんてできないから。
トイレという概念のない野生化した猫に、公園を汚すなと言っても無理な話だから。
都市部に限って言えば、野良猫さんに対する餌やりさんに、私は一応、一概に反対ではない。
やった餌の始末と餌をやったことの結果の責任、猫の数の把握ができる場合に限りだ。
しろちゃんだって、誰かにどこかでご飯をもらったことがきっとあると思うのだ。


IMG_6572_convert_20111007165202.jpg

「うひ~酔いました。
僕、赤くなってませんか?
恥ずかしい


IMG_6573_convert_20111007165222.jpg

「はいはい、酔っぱらってますよ~僕は~。
ママ~お蒲団に運んでくださいな



奄美大島の条例もにもまた問題がある。
※登録によって、飼い猫と野良猫を区別する。
※捨てた人を確定する。
※外に放し飼いの場合、避妊去勢手術を努力義務とする。(放し飼いの状態で努力義務では、増えてゆく猫を防ぐことはできないと思うが)
…が主なる目的だが、野良猫のほうはどうなる?
今現在いる、たくさんの野良猫さん達はどうなる?

今いる野良猫に対する条例はないが、捕獲処分は、場合によってはするそうである。
ただの野良猫ではない。
野生化した野良猫なのだ。
行政が、里親さんを見つけてくれるとは、到底思えない。

テレビの映像で、かわいい顔をカメラに向ける子猫を見てしまった。
あの子が野生化していって、条例の都合によっては、○処分されるのか。
奄美大島だけのお話とは限らないが、同じ猫ちゃんという生き物を、わが子といとおしんで愛しみ、大事に大事に胸に抱えて生きる身としては、胸が締め付けられるようなのである。


IMG_6649_convert_20111007184145.jpg

「ママ、奄美大島の子猫ちゃんの映像に、涙でお目目が曇ったのですか?
それとも、猫を捨てた人への怒りでお手手が震えたのですか?
僕のお顔が、ボケボケになってしまいましたね。
ああでも、僕はいいのです。
ボケた写真だろうが、ぶれた動画だろうが、僕としては構わないのです。
元は汚い野良猫さんでしたけど、僕は今、こんな風に元気に楽しくノビノビと、たくさんのお友達に囲まれて生きています。
みなさんに、そのことが伝えたいのでしょ?ママも…




参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

こんにちは(^.^)



そんなニュースがあったとは・・・
奄美大島まで捨てに行くなんて最低ですねぇ。罰があたりますよ(ー_ー)!!
特有の動物が絶滅する事は阻止するべきだけど・・・
野良猫と野生化した野良猫の違いをはっきり判断できるのかぁ~???どう違うのかわかりません。
小さな命を○処分なんて・・・
猫は犬と違って簡単に捨てる人が多いから~ちゃんと避妊をしないとダメですよね。
会社にもたくさんの野良がいてまた増えちゃって(>_<)社長が可愛がっているから~避妊をした方が良いと言っても言う事を聞いてくれないし・・・
会社にも猫を捨てる人がいるから。良い例がパンなので。

http://victory20090406.blog24.fc2.com/blog-entry-5.html

会社の野良ちゃん達です。悲しい子達です。

本当に!しろちゃんとパンは強運の持ち主です。一歩間違っていたら!どうなっていた事やら(>_<)
つい最近も、助けてあげられなかった子がいて後悔しています。
今では車に丈夫なキャリーバックを積んでいます。

しろちゃん本当に酔いしれて・・・こんな時が動画ですねぇ(^.^)元気が一番です(^.^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

しろちゃんもまたたびを堪能していますね。
人間にもまたたびが効くといいのにな。

種の保存、食物連鎖という観点から考えると
野良猫よりも在来種、固有種のほうが尊いということになるのでしょうか。
尊い生命という事であれば、どちらも同じということになるでしょうか。
野良と野生って、似て非なるものなんですよね。

小笠原諸島では野良猫さんを引き取って家猫にしようという
取り組みがNPO団体でなされていますね。
本当は、人間の都合で放棄される猫さんがなくなることが
共生へのなによりの近道だと思います。
どこかで誰かがしわ寄せを受けるのって、本当は違うよなと思いますけどね。

“一緒に”暮らしていきたいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ビクママ、こんばんは♪

ビクママの言うとおり、罰が当たります!
おばあちゃんが昔、言ってました。
犬でも猫でも小鳥でも、飼えば人に恩義を感じて生きている。
食べちゃうお魚も家畜も、粗末にすると罰があたるよと。
そのニュースも、結構無責任な終わり方でしたよ。
「○処分になるそうです!」
プツってそこで終わるなって感じ。
何かいい対策はないものでしょうかとか、コメントしたっていいじゃないですかねえ。

奄美大島在住の方が捨てるのか、近隣の島の方が捨てるのか、はたまた本土から捨てに来るのか、その辺は曖昧にしてましたけど、奄美大島の方々は、そもそも猫の室内飼いが少ないので、あえて捨てるということもないわけで、他のところから捨てに来た数が多いのではと思います。
ひどいですよね~泳いで海を渡れないのをいいことに。

パンちゃんだってしろちゃんだって、野生化というまでのことはないけど、野良猫さんから家猫さんにするには、そうそうたやすいことじゃなかったですよね。
ビクちゃんとの違いをビクママはきっとわかっていることと思います。
お膝には乗らない、抱っこは嫌い、神経質、臆病、警戒心が強いなど、人に心を開くには、辛抱強く人が接して信頼を得ないとね。

>小さな命を○処分なんて・・・
↑ 東京の保健所でも同じことが起きているのですよね。
鑑札がないから簡単に捨てるのか、猫のほうが一人で生きていけると思って捨てるのか。
そもそも、生き物を捨てるって、理解できませんよね。

会社の野良猫さんの写真見ました。
避妊をしたほうがいいと言っても、言うことを聞いてくれないのは社長なの?
野良猫さんの場合、助成金が出るのですよね。(豊島区は4千円しか出ませんね)
捨てられた野良猫さんや生まれつきの野良猫さんでも、暖かいお家の無い猫ちゃんの写真を観るのは、辛いものがあります。
野良猫さんが野良猫さんとして、立派に生きてゆけた昔が懐かしいです。
あっちこっちのお宅から残飯をもらいながら、凛として気丈に生きてた野良猫さんが理想なのですけど。

しろちゃんもパンちゃんも幸せな子だったのね。
その当時、毒餌を使って野良猫狩りをする業者のうわさがあって、余計に保護に勢いがつきました。

>今では車に丈夫なキャリーバックを積んでいます。
↑ ビクママは偉いわ~。
いざとなれば、行動するつもりがあるんだもの。
連休なのにコメントありがとうございます
i-260

つくね♂さん、こんばんは♪

>人間にもまたたびが効くといいのにな。
↑ そうだとすると、私はマタタビ中毒になってると思います~(笑)

種の保存は大事ですけど、そのために、雑種な猫が大量に抹○されるという事態は、ダーウィンもビックリでしょうね。
人為的に故意にする種の保存には、いかがなものかと思うこともあります。
種の保存って、ダーウィンに言わせれば、固体に備わった遺伝子のなせる業なのですよね。
鳥のトキのつがいを、大事に大事に保護して繁殖させる…そういうことではないのです。
野生化した野良猫だって、種の保存の法則にしたがって、野生化しているわけでしょ。

>野良と野生って、似て非なるものなんですよね。
↑ そうなんですよね。
奄美大島では、「野生化してしまった」という表現をしてましたが、野生化したという子猫がカメラに向ける顔を見ていると、それはただの子猫なのですよ。
ちくわちゃんと、何ら変わらないかわいい子猫ちゃんなのです。

>小笠原諸島では野良猫さんを引き取って家猫にしようという
取り組みがNPO団体でなされていますね。
↑ テレビで観ました。
本土からその運動に賛同して迎えに行く心ある人もいましたね。

猫には、本来の野良猫さんなんて居ないのですよね。
貴重な愛玩動物として、江戸期に持込まれたのですから。
「人間の都合で放棄される猫さん」←これが一番許せませんね。
じゃ、はなから手を出さないでくれと思います。
思いのほか、これって多いらしいのです。
都合が悪くなったときに捨てられるような飼い主さんは、そもそも飼っていた時分から真の愛情なんてないのではと思います。
つくねちゃんを、ちくわちゃんを、どんなことがあったって、捨てられませんよね?
私もそう、どんな都合、運命も一連托生です。
コメントありがとうございますi-260

2個目の鍵コメさんへ♪

後ほど、メールしますね♪

No title

し、知らなかった・・・。
陸続きになっていない島に捨てに行くなんて
悪意丸出しですよー。確信犯ですよ!
人間って物事の関心事に温度差がありますよね。
こんなに大きな原発問題があった動物達が取り残されて
人間不信や野生化してしまった動物がいても
対処は後手後手、中途半端でしたもんね。
私の考えは幼稚で大雑把ですが、天下り官僚を無くして
その分のお金を野良猫の保護&避妊・去勢手術にまわしたらいいのに・・・。
全国の動物病院で一斉プロジェクトとかやらないかなぁ~。
おっと、またまた子供みたいな事を言ってしまいました(^^;)

ホント、しろちゃん昭和の酒飲みオヤジのよう。(笑)
器用に両手で掴んでカワイイですね~(^^)
しろちゃんは本当にマタタビが好きなんですね♪
しろちゃん、遊んでくれてありがとう(*^_^*)

ありえない[i:63650]

しろちゃんkakoさんおはようございます
信じられない!残念ながら猫を簡単に捨てちゃう話はそう珍しくないことですが 島にわざわざ捨てに行くなんて もう 言葉に出来ない憤り!!まさか捨てられるとは知らず どんな思いで海を渡ったんだろう ダメ
その光景は 考えただけでも辛くて腹立たしくて悲しすぎる
人間はなんとなんと傲慢な嫌な生き物になってしまったんでしょう
偉そうに!!何様キングス?!
地球を占領したつもりですか?!
やだやだやだやだやだそんなことした人は猫の神様が天罰を下します!

以前にトルコに行ったとき 町は野良猫ちゃんだらけ野良犬もいて みんな穏やかにくらしてました 誰ともなく 毎日ちゃんとごはんをあげているんです
なんとレストランでは窓の外にやってきたカモメにもボーイさんがパンをあげていました なんといい国かと思いました みんなで楽しく幸せに生きている国だな~ととても気持ちよかったです
なのに…島に捨てに行く私達の国って…近頃は自分の子供を餓死させたり 虐待する親もいたり…
言葉がないです。

だけど…しろちゃんみたいに幸せを掴むラッキー猫ちゃんもいます☆悲しいねこちゃんたちを島に助けには行けないけど そんなことした人がせめて 取り返しのつかないひどいことした自分に気づいてくれることを願います そして 人間のせいで野生化してしまったねこちゃんたちが 幸せに暮らせるように祈ります

しろちゃんよかったね~マタタビキャンディー私もウィスキーボンボン好きって ちがうか?!
しろちゃんの夢中になってる姿すごくかわいいね~
足も後ろ頭も☆勿論お顔も
そうだね しろちゃんはママを見つけてアタックしてママのハートをロックオン そりゃあパパさん妬いちゃうね~
幸せ三人家族しろちゃん一家はいつも賑やかであたたかい 遠足にはビデオカメラ持ってくよ~ きっとしろちゃんもぷーちゃんもはしゃいで動きっぱなしでしょうからね

No title

同じ猫ちゃん、同じ生き物なのに
そう思うと、胸が痛みますね。。
しかもそれが、人為的なことが
拍車をかけているとすればなおのことです。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ミルクさん、こんばんは♪

コメント返信遅くなってごめんなさい。

陸続きになっていない島ってところが、確信犯ですよね。
帰ってくると思ってるからこそ、島なのでしょう。
帰ってくる猫ちゃんの気持ちを、よくもまあ、裏切れるものですね。
そもそも、猫を捨てるという発想のある人間だから、裏切るも何もないか。

>人間って物事の関心事に温度差がありますよね。
↑ ありますよね。
身近でもあります。
大きな組織になってしまうと、個人の温度なんて反映されないのでしょうね。

原発事故でいまだに動物達が取り残されている問題、人命第一なのはわかりますが、人命の次を助けていい頃合ってあるじゃない。
1ヶ月後とかね。
指揮系統もめちゃくちゃ、専門分野は専門家に任せるというある程度の政治の大人度が必要だったのだと思います。
福島の警戒避難区域内にいまだにいるということは、どういうこと?
想像するだけで、気が変になりそうでしょ。
そもそも最初の避難で、隠蔽工作をしたのが間違い、ペットも一緒の避難をさせなかったのが間違い。
避難場所なんて、あとからどうにでもなるものだと思うのです。
地域的に外飼いの猫ちゃんも多いそうで、最初の段階で家族が捕獲できなかったということもあるようです。
政府の、一斉捕獲の話はどうなったのでしょう。
…と、そういう問題を話し出すと、止まらないオバサンであります。

幼稚で大雑把でいいんですよ。
実はそれが根本だったりしますから。
しかし、ひとつの国には、動物嫌い、犬猫嫌いな人が共生していることも事実ですね。

昭和の酒飲みオヤジ、イメージ伝わりましたか(笑)
両手で掴んでるところなんて、一升瓶でしょ(笑)
そういえばしろちゃんは、オモチャは何でも両手で掴んで遊びます。
しろちゃんにまでうれしい記念品を、ありがとうございました。
コメントありがとうございますi-260

猫咲トマトさん、こんばんは♪

コメント返信、遅れてごめんなさい。
ひどい話ですよね。
でもニュースのテーマは、野生化した野良猫のせいで、固有種が絶滅してしまう危惧がテーマだったのです。
捨てられた猫に光はあたっていないのです。
固有種が絶滅することと、里親さんが見つかりそうもない野生化した野良猫が○処分されること、命に差があるのでしょうか。

島にわざわざ捨てに行った人は、海を隔てていれば帰ってこれないだろうって思ったのでしょ。
そこがなんとも残酷でしょう。
海が隔てていなかったらば、帰ってきたかも知れない=懐いていた猫ということなのですよ。
天罰が下れ!です。
週間文春の伊集院静のエッセイにあった文章なのですが、「子供に、自分以外の人、生きているものの命の大切さを教えることができたら、教育の半分は完了したと思え」…このような内容でした。

>人間はなんとなんと傲慢な嫌な生き物になってしまったんでしょう
偉そうに!!何様キングス?!
↑ 真剣な憤りなんだけど、何様キングス?には大爆笑。
いいな~昭和のダジャレは♪
猫咲トマトさんも、私と同じ位に憤っているのですね。
やだやだやだやだ…ありえない、考えられないことですよ。

>以前にトルコに行ったとき 町は野良猫ちゃんだらけ野良犬もいて みんな穏やかにくらしてました 誰ともなく 毎日ちゃんとごはんをあげているんです
↑ そういうの、いいですよね。
(トルコに行ったというのも、いいですね~☆☆☆)
私達が子供の頃は日本でもそうだった。
野良猫さんがやってきたら、ご飯の残りをあげていた。
野良猫さんは、どこの家でももらえるので、あげたからといって、居ついたりもしなかった。

そうそう今は、自分の子供さえ、虐待したり餓死させたり…そのくせ、若い年齢層の出産が増えているってご存知でしたか?
全般的な出生率の上昇ならいいのですが、若い女性に特化して増えているそうなのです。
育てる責任の持てない状態で生むことは、母親の負担にしかならないということなのでしょうか。

しろちゃんのブログは、しろちゃんみたいな子が増えてほしいという気持ちもこめて書いてます。
人様はどう思うかわからないけれど、しろちゃんを幸せにできなかったら、私は人間じゃないでしょう。
人間のせいで野生化してしまった猫ちゃん達、なんとか獣医さんやボランティアさんが入って、里親さんが見つかるといいのですが。
テレビでは、野生化しているので難しいとコメントしていたのです。
難しい=固有種のアマミノクロウサギを絶滅させても困るので、捕獲→○処分です。
カメラに向かって、子猫ちゃんがニャ~って泣いていました。
その声が、篤志ある方々に届いて、動きがあればいいなと思ってます。
私も、自分ができないくせに、言いたいことだけ言うようですが、せめて言わなければ、猫ちゃん達は救われませんものね。

あれれ~猫咲トマトさんもウィスキーボンボン好き?
私も大好きです。お酒ものinチョコレート♪
全然飲めませんが、飲めないからこそ、ウィスキーボンボンとかラム酒入りチョコで、十分にいい気分♪

ぷーちゃんアトム君は、元気にしてますか。
ご飯の内緒メール待っててね。
なんだか、毎日どうして時間がないんだろう。
あっ、記事が長いせいか(笑)
遠足、しろちゃんも楽しみにしてますよ。
エンソクってゆっくり言ってやると、お話を聞く体勢に入ります。
コメントありがとうございますi-260

のん福レオちゃんのお母さん、こんばんは♪

コメントの返信、遅くなってごめんなさい。
まったく心の痛むニュースが多いですね。
しかしこのニュースは、アマミノクロウサギなどの固有種を野生化した猫から守りたいほうがテーマで、野良猫さんは悪者になってました。
アマミノクロウサギを食べちゃう野良猫さんの映像を見て、「ひどい、あんな猫たちは処分してしまえ」と思った人も多数いるのでしょうね。

元々の野生の猫も野良猫も、日本には居ないのですよね。
みんな人の手から放たれたもの。
命の重さを、知るチャンスを持たない人が多すぎますね。
私達は、愛する猫ちゃんと暮らすことで、知ることができてよかったと思いましょうね。
コメントありがとうございますi-260

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック